スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【断固阻止!】TPP推進派のウソが次々にバレています。〜2/1 14:00よりホワイトハウス宛署名はじまります!(拡散お願いします)

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁


    廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ より


    TPP推進派のウソが次々にバレています。


    TPPルール 主張困難 米「参加承認に半年」
    東京新聞 2011年11月2日 07時03分
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110290070328.html


    環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分かった。正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定のルール策定作業に実質的に加われない可能性も出てきた。


    日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ。【全文を読む】


    *****


    「ルールメイキング、ルール作りに参加することが大切だ!」という推進派の根拠が、また一つ瓦解した模様。


    公的医療保険もTPPの対象と発覚した、という話は、10月28日に既に発覚していたようです。


    しかし、こんな重大ニュースを大手マスコミはちっとも取り上げないですね…。


    *****


    医療自由化目標 「入手していた」 米国文書で厚労相 (10月28日)
    日本農業新聞
    http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=10331


    米国政府がTPP交渉で、公的医療保険の運用で自由化を求める文書を公表していたにもかかわらず、日本政府が「公的医療保険制度は交渉の対象外」と国民に説明していた問題で、小宮山洋子厚生労働相は27日、「9月16日に外務省を通じて受け取っていた」と述べ、入手していたことを明らかにした。公的医療制度の根幹である薬価の決定方法が交渉対象になる可能性も認めた。


    *****


    「公的医療保険は議論の対象外」もウソ

    http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-423.html


    「農業は関税撤廃でも補助金、所得補償で助ければ良い」もウソ

    http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-416.html

     

    *****


    「公的医療保険はTPP議論の対象外」について、

    やっと全国紙にのったかと思いきゃ…


    *****

    日経新聞11月3日1面

    国民皆保険維持を強調 政府、TPP巡り見解
    http://www.news-medical.jp/%E5%8C%BB%E7%99%82/31980.html

    政府は2日、民主党のTPPに関するプロジェクトチーム総会で、外務省がまとめた交渉参加に伴う影響の見通しを示した。

    参加反対派が懸念する公的医療保険制度の維持について「政府として国民皆保険制度を維持し、必要な医療を確保していく」と明記。

    「制度のあり方そのものは議論の対象となっていない」とも指摘した。


    *****

    「制度のあり方そのものは議論の対象となっていない」「議論の対象外」 →これ、今さら信じろと言われてもねえ・・


    *****

    以下、

    10.27参院厚生労働委の動画です。HEAT2009様のツイートより)
    ざっくり概要をご紹介(正確な再現ではありません):


    田村智子:共産党参議員 
    「医薬品へのアクセス強化のためのTPPでの目標(USTR 米通商代表部)という文書がある。
    この文書にはTPP交渉でアメリカがどういうことを要求するかを項目ごとに書かれている部分があり、

    医薬品の市場参入機会を確保するため、TPP参加国に政府の医療費償還制度そのものの見直しを要求する

    と書いてある。
    この文書を厚生労働省は把握していたか?」


    小宮山 厚生労働大臣
    「9月16日に把握」


    田村議員
    把握していて公的医療保険は交渉の対象外としているのはおかしい。政府の医療費償還制度とは公的医療保険のこと。」
    「オーストラリアでは薬価を抑える公的制度(RBS)があるが、米豪FTAによってその制度の変更が行われたのでは?」


    外務大臣官房 齋藤審議官
    「豪州は2007年8月 価格制度を改正した。米豪間の話なので第三国として見解を述べることは差し控える」


    田村議員
    「それで一部の薬価は大変高騰した。RBS全体に係る公費が著しく増大したという報告がある。これでも日本の薬価制度や医療保険制度に影響を与えないと言えるのか?


    小宮山大臣
    「制度そのものはTPPの適用除外。金融サービスの項目では適用除外」


    田村議員
    「それはごまかし。国民にとっては自分たちの医療制度がどうなるか分からなければ、TPPに参加することが良いことかどうか判断がつかない。重要なことだ。金融サービスにないなどと言っていてはいけない。」


    民主党政権は社会保障と税の一体改革と医療費の税負担を抑えようとしている。一方でオーストラリアでは(FTAで)薬価が現実に高騰していのに、TPPで同じことが起こるかどうか何の検討もしていないのは異常なこと」


    小宮山大臣
    「国民の健康と安全と守るためには、どういう条件で話をしているのかキチンとした材料を得るために交渉に参加して情報を得ることが重要


    *****


    小宮山閣下、大丈夫ですか? 再度東京新聞の記事を・・・。


    *****

    TPPルール 主張困難 米「参加承認に半年」
    東京新聞 2011年11月月2日 07時03分
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110290070328.html

    環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分かった。正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定の

    ルール策定作業に実質的に加われない可能性 も出てきた。


    日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ。


    *****

    「交渉に参加して情報を得ることが重要」 なんてのんきなことを言っている場合じゃありませんよ、小宮山大臣!


    参加したときには、情報を得るとか得ないとかじゃなくて、ルールは全部決まってます。


    つまり、残念ながら、「交渉」そのものが出来ません!


    その可能性が極めて高いということについて、大丈夫ですかい?


    *****


    これに関して、ニューヨーク・タイムズの米議会の採決リストを見ると、9月20日、米上院でTPPに「大統領貿易促進権限」を与える議案が否決されています


    ----
    ※大統領貿易促進権限とは?
    期間を限定し、行政府に対し議会への事前通告や交渉内容の限定などの条件を付す一方で、かかる条件を満たす限り、議会側は行政府の結んだ外国政府との通商合意の個々の内容の修正を求めずに、迅速な審議によって通商合意を一括して承認とするか不承認とするかのみを決することとすることを法律で定めるもの。(外務省HPより)
    ----


    これが否決されたので、TPPについて大統領は逐一通商合意の個々の内容の修正を議会から求められることになります。



    更には、この大統領貿易促進権限が与えられていたとしても、していなくても、いずれにせよオバマ大統領は、議会への事前通告や交渉内容の限定などの条件が突きつけられている、ということですね。

     

    日本では行政府、つまり内閣が国会の承認を得ずに勝手に交渉に臨めるということになっているのが問題ですね。


    ということはどうやら、野田総理には「大統領貿易促進権限」を上回る、「総理大臣貿易促進特別権限」というのがあるらしい…


    一方、「大統領貿易促進権限」が否決されているので、オバマ大統領はいちいち議会にお伺いを立てないといけないわけなのです。


    ということは、外交交渉の国内の権限の面では野田総理の方がオバマ大統領よりも、強力である、というなんとも皮肉な状況であるようですね。

     

    上記米上院の議決について


    Amendment purpose To provide trade promotion authority for the Trans-Pacific Partnership Agreement and for other trade agreements.



    trade promotion authorityというのが大統領貿易促進権限 のことです。

    これが否決されたというわけです。


    ---(ここまで)---



    やっぱりやっぱり、TPPは断固阻止せねば!


    ところで、アメリカのホワイトハウスには、陳情を出して1カ月以内に25,000人の賛成署名が集まれば、正式な回答を得られるというシステムがあります。


    昨年、11月26日に有志の方が「どの国の国民も反対派が多いTPPを見直せ」という陳情を出してくださいました。が、1割にも満たない署名に終わってしまいました。


    でも有志によって今回、もう一度陳情が出されました。(感謝です。ありがとう)


    TPP断固阻止 ホワイトハウス宛署名 より
    (とても詳しくかかれているので、ご訪問くださいませ。)


    (前略)3月の会議前に結果を出すことが効果的と考え、2月1日日本時間14:00過ぎを目標に第二回ホワイトハウス宛署名の開設に向けて準備を進めている事をお知らせできるまでになりました。


    署名サイトへの直接のURLは署名を作成次第こちらのページで告知を行いますので、それまでに以前アカウントを取得した際に届いたメールをご確認ください。そちらにログインパスワードが記載されています。


    万一メールを無くしてしまったという方もご安心ください。現在、パスワードの再取得機能が働いておりますので、登録したメールアドレスを覚えていれば問題なくログインすることができます。再取得の方法はこちら


    それでは今しばらく、この準備期間をまだまだホワイトハウス署名の存在を知らない方、そもそもTPPって何?という方への告知期間として有効にお使いいただき、連帯=SOLIDARITYを固く資、第二回はなんとしても成功させようではありませんか!
    TPPって何?では、並行して★TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!★プロジェクトも展開中です。こちらは国会議員に対して直接声を届けるという最も効果的な方法の一つですので、ぜひご一読いただき、参加していただければ幸いです


     ↓

    2月1日 14:00よりスタートです!

    前回以上に拡散し、目標の 25,000 達成しましょう!


    ***

    署名の手順の予習です。


    ** 手順

    。圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓
    ⊇靆召防要なアカウントを取得する
    ホワイトハウスから確認メールが届く
    そ靆召離據璽犬愴瑤鵑妊リックする

    **

    .曠錺ぅ肇魯Ε垢裡圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓


    これクリック

    http://bit.ly/stop_tpp


    ここに書いてある内容

    ↓↓↓


    オバマ政権は、TPP交渉をやめ、強欲な銀行家や巨大企業の利益最優先の横暴なロビイストたちのご機嫌取りをする代わりに自国民のケアをするべきです。

    TPP:環太平洋協定(環太平洋戦略的経済連携協定)は、医療・保健・金融・投資・労働および政府公共事業など、24分野に渡る超自由貿易です。これは、大企業があらゆる意味で普通の人々を搾取できる条約です。
    これは、大企業による経済的植民化策といえます。
    TPPにより、政府が国民を守るために制定する法律などがもし企業の利益を損ねるようであれば、企業は国を訴えることができます。訴えが起こった場合は、世界銀行が投資家の利益のみを基準に裁判を行います。
    TPP条約が導入された場合、雇用はますます減少し、薬の値段は上がり、保険料も値上がりし、低賃金を余儀なくされ、労働環境も悪化します。環境は破壊され、格差がますます広がり、TPP条約加盟国内の金融危機はさらに悪化するでしょう。
    1%の、1%による、1%のためのTPP条約はやめてください!

    **


    ※内容に賛成&署名してくれるかたは△( *´艸)

     


    ▲曠錺ぅ肇魯Ε垢離汽ぅ箸僚靆召防要なアカウントを取得する
    ※前回のTPP署名やチベット署名の際に、既にアカウントを取得されている場合は、そのときのメールをチェックして、送られてきているパスワードで、サインインしてください。メールが見当たらない場合はパスワードを再取得してください。メルアドを覚えていたら問題なくできます。



    少し下の方へいって
    [CREATE AN ACCOUNT]をクリックする。


    http://bit.ly/soIShx
    左側の数字が不足数です。

     

    アカウントを作る小窓が表示されます。





    First Name
    Last Name
    E-mail address
    ※Zip codeは空白でOK


    を入れて、枠内の文字(この場合は free calityu←単語の間に必ず半角スペースを入れてください)を打って、その下の 青いボタン:Register をクリック。(※私は、最初自分のPCでしたのですが、画面が小さいため、青いボタン:Register が表示されませんでしたので、主人のデスクトップを借りてやりました。)それから、単語の文字が読みにくい場合は、右側の3つのボタンの一番上を押すと、変更できます!



    そしたら、この画面にかわります。


    ※重要:まだアカウント取得は完了していません。間もなくWhiteHouse.govからメールが届きます。メールの中のURLをクリックして、アカウント取得を継続して下さい。

     


    ホワイトハウスから確認メールが届く
    ※2、3分後に届きます(・∀・)


    さっき打った宛先の受信箱を見てみる・・・、これです。

     

    届いたメール全文、英文です。正直ちんぷんかんぷんですが、メール本文の中にリンク先が4つあるので確認してください。そのうちの1番上の URL をクリックした開きます。(クリックできなければ、URLをコピーして貼り付けてください。)

     


    そ靆召離據璽が出てくる。


    そしたら、左下の緑のボタン SIGN THIS PETITION をクリック

     

    Thank you for signing this petition


    がでて完了です!!(*´∀`)人(´∀`*)



    ※右上の close で閉じて、下へいくと、自分の名前が出てます(´艸`)



    **


    これは、ホワイトハウスがまじめにやってる請願署名です。だから、「どの国も国民が超反対してるからやめてくれ」への正式な回答がもらえるそうです。


    決して難しくないですので、どうぞよろしくお願いいたします(*-ω人)
    私たちにもできることがあるのです。
    やりましょう!



     

    【TPP反対署名】12/26〆切 まだまだ足りない! ホワイトハウスに反対の声を!英語だけど1分でできます!

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁

    ※期限が26日(月)とせまってきたので、再度アップさせていただきます。


    自民党・・反対
    国民新党・・反対
    社民党・・反対
    共産党・・反対
    立ち上がれ日本・・反対

    自治体の73%・・反対

    賛成してるのはミンス閣僚と、みんなの党と売国官僚だけ。


    ****

    アメリカのホワイトハウスには、陳情を出して1カ月以内に25,000人の賛成署名が集まれば、正式な回答を得られるというシステムがあります。


    11月26日にグループのかたが「どの国の国民も反対派が多いTPPを見直せ」という陳情を出してくださいました。


    12月26日までに
    25,000 が必要



    ちなみに、12月20日、8時53分現在
     ⇒ 2,311

    まだまだ足りない



    お願いで恐縮ですが、ご協力をおねがいいたします(*-ω人)
    PCの前に座ってるだけで完了するのだけども、ぜんぶ英語なんです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


    でも、英語がまるっきしダメでも、以下の「手順」通りすれば大丈夫です。
    英語がまるっきしダメな私が言っているので、間違いないです。



    ** 手順

    。圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓
    ⊇靆召防要なアカウントを取得する
    ホワイトハウスから確認メールが届く
    そ靆召離據璽犬愴瑤鵑妊リックする

    **

     

    .曠錺ぅ肇魯Ε垢裡圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓


    これクリック

    http://bit.ly/soIShx

     

    ここに書いてある内容

    ↓↓↓


    オバマ政権は、TPP交渉をやめ、強欲な銀行家や巨大企業の利益最優先の横暴なロビイストたちのご機嫌取りをする代わりに自国民のケアをするべきです。

    TPP:環太平洋協定(環太平洋戦略的経済連携協定)は、医療・保健・金融・投資・労働および政府公共事業など、24分野に渡る超自由貿易です。これは、大企業があらゆる意味で普通の人々を搾取できる条約です。
    これは、大企業による経済的植民化策といえます。
    TPPにより、政府が国民を守るために制定する法律などがもし企業の利益を損ねるようであれば、企業は国を訴えることができます。訴えが起こった場合は、世界銀行が投資家の利益のみを基準に裁判を行います。
    TPP条約が導入された場合、雇用はますます減少し、薬の値段は上がり、保険料も値上がりし、低賃金を余儀なくされ、労働環境も悪化します。環境は破壊され、格差がますます広がり、TPP条約加盟国内の金融危機はさらに悪化するでしょう。
    1%の、1%による、1%のためのTPP条約はやめてください!

    **


    ※内容に賛成&署名してくれるかたは△( *´艸)

     


    ▲曠錺ぅ肇魯Ε垢離汽ぅ箸僚靆召防要なアカウントを取得する
    ※既にチベット署名の際に、アカウントを取得されている場合は、そのときのメールをチェックして、送られてきているパスワードで、サインインしてください。



    少し下の方へいって
    [CREATE AN ACCOUNT]をクリックする。


    http://bit.ly/soIShx

     

    アカウントを作る小窓が表示されます。





    First Name
    Last Name
    E-mail address


    を入れて、枠内の文字(この場合は free calityu)を打って、その下の 青いボタン:Register をクリック。(※私は、最初自分のPCでしたのですが、画面が小さいため、青いボタン:Register が表示されませんでしたので、主人のデスクトップを借りてやりました。)



    そしたら、この画面にかわります。


    ※重要:まだアカウント取得は完了していません。間もなくWhiteHouse.govからメールが届きます。メールの中のURLをクリックして、アカウント取得を継続して下さい。

     


    ホワイトハウスから確認メールが届く
    ※2、3分後に届きます(・∀・)


    さっき打った宛先の受信箱を見てみる・・・、これです。

     

    届いたメール全文、英文です。正直ちんぷんかんぷんですが、メール本文の中にリンク先が4つあるので確認してください。そのうちの1番上の URL をクリックした開きます。(クリックできなければ、URLをコピーして貼り付けてください。)

     


    そ靆召離據璽が出てくる。


    そしたら、左下の緑のボタン SIGN THIS PETITION をクリック

     

    Thank you for signing this petition


    がでて完了です!!(*´∀`)人(´∀`*)



    ※右上の close で閉じて、下へいくと、自分の名前が出てます(´艸`)



    **


    これはめんどくさいだけあって、ホワイトハウスがまじめにやってる請願署名。だから、「どの国も国民が超反対してるからやめてくれ」への正式な回答がもらえるそうです。


    ということは、アメリカから断ってくれれば、日本の売国奴や悪いやつらがじだばたしようがもうアウトってことですw

     

    難しくないですので、どうぞよろしくお願いいたします(*-ω人)


    ※参考ブログ:ひめのブログ さま

     

    【TPP反対署名のお願い】拡散希望 ホワイトハウスへTPP反対を直接請願しよう!!30秒でできます。

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(4) trackbacks(0) まったけの嫁


    自民党・・反対
    国民新党・・反対
    社民党・・反対
    共産党・・反対
    立ち上がれ日本・・反対

    自治体の73%・・反対

    賛成してるのはミンス閣僚と、みんなの党と売国官僚だけ。



    社民党の福島党首からは

    「なぜ総理は国会の中でこのTPP参加の表明をしないんですか?総理はどこの国の総理大臣なんですか?

     

    また、アメリカの通商代表部がわざわざ来日し、日本の官僚と意見交換。

    米通商次席代表が来日 TPP交渉参加へ説明?
    政府高官と意見交換
    [日本農業新聞 2011.11.25]
    http://bit.ly/unZ125

    山田正彦議員が追求
    「事前協議ではないのか」

    経産省や外務省、否定
    正式な協議ではない

    でも、具体的なやり取りについては示さず



    ****

    ところで、アメリカのホワイトハウスには、陳情を出して1カ月以内に25,000人の賛成署名が集まれば、正式な回答を得られるというシステムがあります。


    11月26日にグループのかたが「どの国の国民も反対派が多いTPPを見直せ」という陳情を出してくださいました。


    12月26日までに
    25,000 が必要



    ちなみに、12月4日、17時半現在
     ⇒ 1,154


    まだまだ足りない



    お願いで恐縮ですが、ご協力をおねがいいたします(*-ω人)
    PCの前に座ってるだけで完了するのだけども、ぜんぶ英語なんです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


    でも、英語がまるっきしダメでも、以下の「手順」通りすれば大丈夫です。
    英語がまるっきしダメな私が言っているので、間違いないです。



    ** 手順

    。圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓
    ⊇靆召防要なアカウントを取得する
    ホワイトハウスから確認メールが届く
    そ靆召離據璽犬愴瑤鵑妊リックする

    **

     

    .曠錺ぅ肇魯Ε垢裡圍丕佝紳仞全蠅離據璽犬惺圓


    これクリック

    http://bit.ly/soIShx

     

    ここに書いてある内容

    ↓↓↓


    オバマ政権は、TPP交渉をやめ、強欲な銀行家や巨大企業の利益最優先の横暴なロビイストたちのご機嫌取りをする代わりに自国民のケアをするべきです。

    TPP:環太平洋協定(環太平洋戦略的経済連携協定)は、医療・保健・金融・投資・労働および政府公共事業など、24分野に渡る超自由貿易です。これは、大企業があらゆる意味で普通の人々を搾取できる条約です。
    これは、大企業による経済的植民化策といえます。
    TPPにより、政府が国民を守るために制定する法律などがもし企業の利益を損ねるようであれば、企業は国を訴えることができます。訴えが起こった場合は、世界銀行が投資家の利益のみを基準に裁判を行います。
    TPP条約が導入された場合、雇用はますます減少し、薬の値段は上がり、保険料も値上がりし、低賃金を余儀なくされ、労働環境も悪化します。環境は破壊され、格差がますます広がり、TPP条約加盟国内の金融危機はさらに悪化するでしょう。
    1%の、1%による、1%のためのTPP条約はやめてください!

    **


    ※内容に賛成&署名してくれるかたは△( *´艸)

     


    ▲曠錺ぅ肇魯Ε垢離汽ぅ箸僚靆召防要なアカウントを取得する


    少し下の方へいって
    [CREATE AN ACCOUNT]をクリックする。


    http://bit.ly/soIShx

     

    アカウントを作る小窓が表示されます。





    First Name
    Last Name
    E-mail address


    を入れて、枠内の文字(この場合は free calityu)を打って、その下の 青いボタン:Register をクリック。(※私は、最初自分のPCでしたのですが、画面が小さいため、青いボタン:Register が表示されませんでしたので、主人のデスクトップを借りてやりました。)



    そしたら、この画面にかわります。


    ※重要:まだアカウント取得は完了していません。間もなくWhiteHouse.govからメールが届きます。メールの中のURLをクリックして、アカウント取得を継続して下さい。

     


    ホワイトハウスから確認メールが届く
    ※2、3分後に届きます(・∀・)


    さっき打った宛先の受信箱を見てみる・・・、これです。

     

    届いたメール全文、英文です。正直ちんぷんかんぷんですが、メール本文の中にリンク先が4つあるので確認してください。そのうちの1番上の URL をクリックした開きます。(クリックできなければ、URLをコピーして貼り付けてください。)

     


    そ靆召離據璽が出てくる。


    そしたら、左下の緑のボタン SIGN THIS PETITION をクリック

     

    Thank you for signing this petition


    がでて完了です!!(*´∀`)人(´∀`*)



    ※右上の close で閉じて、下へいくと、自分の名前が出てます(´艸`)



    **


    これはめんどくさいだけあって、ホワイトハウスがまじめにやってる請願署名。だから、「どの国も国民が超反対してるからやめてくれ」への正式な回答がもらえるそうです。


    ということは、アメリカから断ってくれれば、日本の売国奴や悪いやつらがじだばたしようがもうアウトってことですw

     

    難しくないですので、どうぞよろしくお願いいたします(*-ω人)


    ※参考ブログ:ひめのブログ さま

     

    【西田昌司】自由貿易のデメリットを徹底的に追及する〜野田首相が完全にやめると言うまで反対の声を送り続けるぞ!

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁


    【西田昌司】自由貿易のデメリットを徹底的に追及する
    超人大陸 2011(平成23)年11月21日号より


    1/3

    http://youtu.be/cpqyFL2l9Qo


    2/3

    http://youtu.be/c-yX9qVEH8k


    3/3

    http://youtu.be/Oeym0pcp5js

    ※超人大陸公式ホームページ 
    http://www.choujintairiku.com/
    ※西田昌司参議院議員(自民・京都)公式ホームページ http://www.showyou.jp/
    http://www.youtube.com/user/shoujinishida



    ロイターがオンライン世論調査をしています。 TPPに賛成か反対か 是非、皆様の一票を ⇒ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24291720111122 ←投票ボタンは画面右側の方に小さめに有ります

    ちなみに、24日9時現在の結果
     ↓
    賛成  28%
    反対  72%



    引き続き 反対の声を送りましょう!

    国民が知らない反日の実態 より
    11日の表明は交渉協議のみで参加にはなっておりませんまだまだ十分引き返せます
    野田首相が完全にやめると言うまでガンガンお願いします


    稲田朋美議員 選挙区民からの要請書は無視出来ない ※拡散推奨
    自民党の稲田議員(弁護士)によると議員というのは自分の選挙区の有権者からの要望というものは非常に重要で無視できない天の声だそうです 


    是非こちらのサイトで自分の選挙区の議員を参考にして
    http://senkyomae.com/


    全議員に(与野党問わず)渡るよう要望書(FAXもしくは手紙)をだしてください 基本的に賛成でも反対でも自選挙区には出してください(※出来るだけ目立つ郵送方法 大きな封筒や目立つ色の封筒を使うと効果大です 後地元の消印が印刷される郵便はとても有効です)

    ※要望書には必ず同選挙区の有権者であることを必ず記載してください
    ※比例選出議員には反対しないなら比例で投票しないと記述してください
    ※期間をおいて複数枚送信してください
    ※この方法はかなりのゴリゴリ推進派議員にも効果があります。是非外国人参政権や人権擁護法案などの他の売国法案にもご活用ください
    ※住所氏名年齢は匿名「奈良県奈良市 主婦 53歳」までで結構です


    要望書は水間氏のサイト下部にPDFがあります 改編して使用してください
    http://mizumajyoukou.jp/?Download



    そして、宮崎未来塾で中山成彬先生が、TPPの落とし穴をわかりやすく解説してくださっています。

    中山先生は、自民党創立以来、唯一、自民党の財政・経済関係の全六部会長をすべて務められた財政・経済のプロ中のプロであり、いま中山先生が総理大臣であれば、増税なき財政再建を実現できる唯一無二の実力者なのであります。 宮崎未来塾で中山先生が解説してくださったTPP問題の解説は、中山成彬先生のブログにもアップされてますので御一読をお勧めします。


    中山成彬先生のブログ より
    TPPは日本を崩壊させる
    http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-4336.html







     

    TPP やまと新聞号外配布プロジェクト 号外配布イベント情報〜号外を、一枚でもたくさん配ろう

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁


    11/12の記事でご紹介しました
    TPP やまと新聞号外配布の追加情報です。


    一人でも参加したい!
    号外を配りたい!


    って方はこちらをご覧ください。↓


    TPP やまと新聞号外配布プロジェクト 号外配布イベント情報
    http://www.yamatopress.com/pg38.html


    やまと新聞から
    どなたでもでも参加出来ます。見学も大歓迎です。
    こちらではいろいろな方が企画して下さっているイベント情報を掲載します。
    個人でも団体でもどんどん参加していただけたらと思います。
    参加してみたいという方はtpp@yamatopress.comまで、
    参加希望日時と場所、参加人数とお名前、をお知らせ下さい。よろしくお願い致します。

    【重要】配布に参加される皆様へ。雨天の場合について
    号外配布が雨天の場合など、当日の天候状況により各イベントリーダーが不可と判断した場合は事前予告なく配布イベントを中止する場合があります。飛び入り参加の方が多数見込まれるイベントですので、個別に中止の御知らせは困難な事をご理解下さい。
    「せっかく行ったのに中止になっていた」ということがあるかもしれませんが、ご理解頂きましてよろしくお願い致します。
    急激に寒くなってきています、決して無理をなさらずに自分のペースで配布していただけたらと思います。

    ****

    お近くの配布会に参加して、TPP交渉参加の是非を訴えてくれるやまと新聞号外を、一枚でもたくさん配ろうじゃないですか!
    皆様のご協力よろしくお願い致します。
    号外配布のご案内はこちら⇒ TPP号外特設ページ



    今度は僕らが日本を守ろう!
      

    ※やまと新聞さんが作られた動画です。


    “人食いワニ”の池へ自ら進む日本 「メディアが報じないアメリカの本音。やはり日本は狙われている」中野剛司氏〜すべての国民が怒りをぶつけ、地響きが鳴るような反対運動でも起きない限り、政府の“暴走”は止まらない。

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁


    ついにTPPに参加することがほぼ決定的となった日本。報道の裏側、アメリカの真意などを反対派の中野氏が明かしています。


    TPP反対派の急先鋒・中野剛志
    「メディアが報じないアメリカの本音。やはり日本は狙われている」
    http://wpb.shueisha.co.jp/2011/11/10/7913/




    TPPについては、むちゃくちゃな話がメディアでそのまま流れています。先日(10月27日)、私が生出演したフジテレビの『とくダネ!』なんてヒドいもんでしたよ。


    進行役のアナウンサーが、スタジオのモニターで内閣府が試算したTPP参加の経済効果を示したんですが、そこに映し出されたのは「GDP2.7兆円増加」という数字だけ。それを見たコメンテーターが「日本の年間GDPは約530兆円ですから、0・54%くらいの効果です」と解説しちゃったんです。


    オマエら、ちょっと待て、と。2.7兆円という数字は10年間の累積だろ!単年度で見ればTPPの経済効果なんてたったの2700億円。私は生放送で、なんで正確な数字を出さないんだ!とブチ切れましたよ。


    ところが、その前に放送された『新報道2001』でもフジテレビ同じ“誤報”を飛ばしました。しかも、こちらは番組スタッフが収録前の段階で10年間の累積である事実を把握していたから、私には故意に隠したとしか思えないんです。視聴者を“TPP賛成”へと誘導したい大手マスコミの狙いが透けて見えますよ。


    政府は政府で、TPPに参加することで「国を開く」などとトンチンカンなことを言う。日本の平均関税率は諸外国と比べても低いほうであり、その意味で国はすでに開かれているんです。なぜ、こんな自虐的な発言をしたのか意味不明。本当にこんな状態でTPPを進めてよいのでしょうか?



    「輸出2倍戦略」のためにアメリカはTPPを使う

    今、世界はどうなっているのかというと、08年のリーマン・ショック以降、その構造は激変しました。かつての世界恐慌がそうでしたが、今のような世界的な大不況下では、各国とも生き残りのために手段を選ばず必死になります。各国は、日本にオイシイ話やキレイ事を並べながら、えげつない計略を次々と仕掛けてくる。特に住宅バブルの崩壊で国内経済がズタボロのオバマ政権は、経済回復と支持率稼ぎのためになりふり構わなくなっています。


    そのアメリカが今、最大のターゲットにしているのが日本です。アメリカは「2014年までに輸出を2倍にする」ことを国是に掲げています。そのために利用しようとしているのがTPPです。アメリカはまず日本をTPPに誘い込み、思惑どおりに関税や非関税障壁を撤廃させる。もちろん関税撤廃には応じますが、同時にドル安(円高)に誘導して日本企業の輸出競争力を奪います。その上で、金融や農業などで日本の市場の収奪にかかる。これがアメリカの狙いです。



    日本が自ら進む“人食いワニ”の池

    このまま日本がTPPに参加すると、国内のルールや仕組みをアメリカ企業に有利になるように改定させられる恐れがあります。そこで、昨年12月に合意に至った米韓FTA(自由貿易協定)が、韓国側から見て、いかに無惨な内容だったかをお話ししましょう。


    韓国は、アメリカが韓国の自動車市場に参入しやすくなるよう、排ガス診断装置の装着や安全基準認証などの義務に関して、米国から輸入される自動車は免除するという“例外”をのまされました。


    さらに韓国では、日本と同じく国内ニーズが高い小型車に優遇税制を設けていたが、これもアメリカの要求で大型車に有利な税制に変えさせられました。そしてFTAによる関税撤廃で急伸した韓国産自動車の輸出がアメリカの自動車産業を脅かすようなら“関税を復活する”という規定も加えられたのです。


    手段を選ばないアメリカのこうした攻勢が、TPP交渉参加後は日本に及ぶことになります。自動車業界では、まず日本のエコカーが標的となるでしょう。米国車の多くは、現時点では日本政府が定めた低公害車の基準を満たしておらず、エコカー減税の対象外。これをアメリカに「参入障壁だ」と指摘されれば、韓国のように泣く泣く優遇税制を撤廃せざるを得なくなるでしょう。


    また、TPPで最も懸念されるのは、投資家保護を目的とした「ISDS条項」。これは、例えば日本への参入を図ったアメリカの投資企業が、国家政策によってなんらかの被害を受けた場合に日本を訴えることができるというもの。訴える先は日本の裁判所ではなく、世界銀行傘下のICSID(国際投資紛争解決センター)という仲裁所です。ここでの審理は原則非公開で行なわれ、下された判定に不服があっても日本政府は控訴できません。


    さらに怖いのが、審理の基準が投資家の損害だけに絞られる点。日本の政策が、国民の安全や健康、環境のためであったとしても、一切審理の材料にならないんです。もともとNAFTA(北米自由貿易協定)で入った条項ですが、これを使い、あちこちの国で訴訟を起こすアメリカを問題視する声は少なくないのです。そんな“人食いワニ”が潜んでいる池に日本政府は自ら飛び込もうとしているわけです。


    残念ながら、野田首相のハラは固まっているようです。世論で反対が多くなろうが、国会議員の過半数が異論を唱えようが、もはや民主的にそれを食い止める術はありません。交渉参加の表明は政府の専権事項、野田首相が「参加する」と宣言すれば終わりなんです。


    そして、いったん参加表明すれば、国際関係上、もう後戻りはできない。


    すべての国民が怒りをぶつけ
    地響きが鳴るような反対運動でも起きない限り、
    政府の“暴走”は止まりません。


    *****

    中野氏の最後の言葉。
    もうそれしかないように、私も思います。

    正直、署名や講義メールや・デモ・ビラ撒きなんかじゃ、売国民主党という集団には通用しないって・・・。


    【TPP問題】野田総理の国会答弁が本気で酷かった件〜どうすんだよ、この活動的な売国奴 止める方法ないのかよ・・・

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁

    昨日は、多くの国民がこうつぶやいたのではないでしょうか。

    どうすんだよ、この活動的な馬鹿
    止める方法ないのかよ・・・民主党崩壊しろ。



    本気で酷かった野田総理の国会答弁
     ↓
    TPPが国内法に優越することを知らなかった
    10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた
    今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった
    ISD条項を知らなかった
    TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた


    ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は、「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明。
    全関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らない試算だったらしいと言う話。
    (※2ちゃん的韓国ニュース より)

    ****

    一国の首相が、議員からの追及に、『ISD条項を詳しく知らない』とのうのうと抜かしたのです。11月11日の15:00でこんな醜態さらすなんてなんという根性だ・・・。
    まだ見てない人は見て。(34分は長いという方は下に3分ほどのものもありますのでそちらを絶対に見てください)
     ↓


    http://youtu.be/XJtWmYBNKck
    ※【必見】全内容文字起こしはこちらのサイトを⇒
    http://bit.ly/tzWKwW 



    問題となった内容(要約)
     ↓

    《佐藤ゆかり議員》
    貿易協定におけるISD条項について説明、
    国内法がISD条項によって曲げられる可能性について首相に質問

    《野田首相》
    国内法で対応できるよう交渉をしていく

    (一時中断)

    国内法よりも、条約のほうが上位にあり、それに対応しなければいけない現実の中で、どう対応するか考える

    《野次》
    何を言ってるんだ!どうやって対応できるんだよ!条約が上だから対応できないんだよ、国内法では!

    《野田首相》
    ISDS(ISD条項)は、あまりよく過分に詳しくしらなかった。条約と国内法との上位関係だったら、条約が上だからこそ、条約を結ぶために(国内法を)殺したり、壊したりはしない

    《佐藤ゆかり議員》
    既に日本は中身の条約・交渉は手遅れ。

    (中略)

    憲法に記載してあることを首相が即座に答えられなかったことは非常に驚愕。この件を理解せず、TPPへの参加を表明するのは国民軽視
    (※参考:naverまとめ
     
    *****

    この動画の野田悲惨
    ※全部の動画見れない人はここだけでも見て。
    まともに受け答えすらできずに席に戻ってるし・・・
     

    http://youtu.be/NL97kik6S_4



    こんな状態でも参加表明して、とっとと、APECに行っっちゃいました。

    「オバマさん喜ぶし、経団連から献金たくさんもらえるし・・・。おまえら国民のことなんかはどうでもいいんだよ!」ってことですか?こんなやつが、わが国日本の総理なんです・・・。そんな今の日本がどれだけヤバイかってこと、誰にだってわかるよね。

    なのに、日本の放送局と政治家が、TPP参加について国民に信を問う解散をするべき…だって言わない不気味さ。何か大きな力に抑え込まれているから?

    この動画見たら・・・誰だってわかる。見たら国民にわかっちゃうから、伝えない。ってことは、マスメディアも私たち国民の味方じゃないってこと・・・だよね。



    西田昌司氏のshowyouビデオレターが更新されたのでぜひご覧ください。
     ↓
    TPPはマスコミと野田総理との共同正犯だ!!

     
    http://youtu.be/0I-aShU8q1U



    「もうしょうがないよね」

    じゃなく、亡国TPPへの反対の要請を引き続きやりましょう。

    11日の表明は交渉協議のみで参加にはなっておりません。野田が完全にやめると言うまでガンガン反対の要請しようじゃないですか!
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/273.html


    そして、TPP交渉参加の是非を訴えてくれるやまと新聞号外を、一枚でもたくさん配ろうじゃないですか!
     ↓
    TPP やまと新聞号外
    11/18配布

    皆様のご協力よろしくお願い致します。
    号外配布のご案内はこちら⇒ TPP号外特設ページ

    今度は僕らが日本を守ろう!  



    最後に、産経WebでTPPの 【eアンケート】をやってます。産経はTPP賛成派なので、反対の意見を送ろうじゃないですか!⇒ http://t.co/vIu32YYA
    ※意見は11月15日午前11時まで


    ■TPP関連記事
     ↓
    民主党内の結束求める声相次ぐ…TPPで党内が混乱したことについて  
    「参議院 TPP集中審議」【野田首相がISD条項をさっぱりわかっていない件】
    【名言か迷言か】日本人を幸福にしない「民主党政権」というシステム
    TPP、首相さっそく厳しい洗礼 加盟国会合招かれず
    日本の参加で最終合意困難に? 「例外」めぐる論議が複雑化



    首相TPP表明見送り〜なぜ、見送ったのか?

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁


    首相TPP表明見送り、官房長官「党の提言受け止めた」って見出し見て、今回は日本壊国の危機を免れたのか・・・、と思ったら、一日先送りにしただけだったのね・・・。


    藤村修官房長官は10日夕の記者会見で、野田佳彦首相が10日に予定していた環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加の表明を見送ったことについて「党の『慎重に』という提言を重く受け止めた」と説明


    一方で藤村氏は、「首相の気持ちに変化は感じていない」とも強調、首相が11日に交渉参加を表明するとの見方を示した。11日に改めて政府・民主三役会議を開き、交渉参加の是非について政府・与党の方針を決めるとしている。



    まさか、1日決断を遅らせれば「慎重な判断」したと、私たち国民が思うとでも?もしそうなら、あまりにも低次元の話・・・。TPP反対派をなだめるためのポーズ?もしそうなら、国民なめるのもいい加減にしろよ!反対派に参加表明の決定が変わるかのような期待を持たせるだけ持たせといて、結論は何にも変わらない・・・。どこまでも姑息な奴だ。



    民主党のTPP反対派、石山敬貴(宮城4区)、京野公子(秋田3区)斎藤恭紀(宮城2区)中後淳(比例南関東)福嶋健一郎(熊本2区)の5議員が離党届を持って、野田豚 野田首相にTPP反対の嘆願を出した。

     ↓ 

    5人が離党届持参し抗議民主のTPP反対派5議員、離党届持参し抗議へ http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY201111100225.html


    このソースの朝日新聞記事、速攻で削除されたのか?仕事すんでから見たけどもう記事なかった。 


    民主党のことだから、もしかして今ごろ仙ダニ 仙谷なんかが、TPP反対派の中の軟弱分子の切り崩しに走り回っているんじゃないかと思ったりしてる。


    首相は世論に追い詰められてるわけで・・・、とにかく、TPP反対の国民の声を聞くべきでしょうよ。もし、国民の声を無視しても参加表明するというなら、その理由を、参加することが日本にとってどういうメリットがあるのかきっちり説明してくれ。


     ***

    ところで、やまと新聞によると、TPP参加に 国民の65%が賛成 だと言ってるそうです。正直この数字に驚かされました。

    ただ、TPPについて政府の国民への説明は十分と答えた人はたった1.4%


    TPPは、私たち国民の生活に直接影響を及ぼす大変な問題だっていうのに・・・。
    まだ、「なにが問題なの?」っておっしゃる方はとりあえずこちらを見てください。

    サルでもわかるTPP
    TPPに隠された真実を暴く



    反対署名1167万人分集まったそうです。


    TPPの内容を知り、大きな問題に気付いた人たちはみな署名したのです。


    じゃまだ知らない人に、知らせたい。と思ってたらやまと新聞さんが号外でTPP交渉参加の是非を訴えてくれるようです。 

     ↓
    TPP やまと新聞号外
    11/18配布

    <やまと新聞より>
    口蹄疫号外を上回る規模で配布したいと思います。皆様のご協力よろしくお願い致します。やまと新聞は号外でTPP交渉参加の是非を訴えます。最後の最後まであきらめてはいけない。
    号外配布のご案内はこちら⇒ TPP号外特設ページ


    号外配布のお願いとルール
    18日より全国で配布を始める予定です。現在のところ以下のルールでお願い出来ればと思います。
    ・基本的に駅前などの街頭配布でお願い致します
    ・部数に限りがあることをご了承下さい
    ・配布するものは「やまと新聞号外」のみとさせていただきます。別なチラシなどを織り込む事は禁止です
    ・ポスティングについては街頭配布が終わったあと検討させていただきます
    ・費用について、新聞紙面の制作費などはやまと新聞社と協賛各社でまかないますが、送料と代引き手数料のご負担をお願い致します。



    私も、号外送ってもらおうと思っとります。TPPの問題の大きさをいまだ知らない人に知らせたいですもの。



    最後に動画をご覧ください。↓


    今度は僕らが日本を守ろう!  


    http://www.youtube.com/watch?v=-k9daksIfXs&feature=player_embedded


    :::::


    この動画は、やまと新聞HPにアップされていたものです。ぜひ多くの人に見てもらいと思い、アップしました。

    やまと新聞は、明治から大正にかけて、発行部数全国一位だった新聞社。それは国会の中に記者室を持つ唯一の新聞社。
     
    戦前までは各社が国会の中に記者室を持っていたのだそうですが、終戦後GHQの規制で全社が国会外の記者クラブに追い出されることなり、更に国会取材にはこの記者クラブに所属し、「通行証」を貰い、今日では左傾化した記者クラブが検閲した記事しか、各社とも記事にすることが出来なくなっているそうです。
     
    ところが、GHQの指令に従わず、国会の中での記者クラブを維持し続け、安部内閣の解除が出るまで、GHQの制裁での国会内だけの販売で維持し続けた、まさに報道の自由を護り続けたのが「やまと新聞」なのです。

    「社の理念を失うことは、生活が困窮するより辛い」とここまで頑張ってきている「やまと新聞」に、多くの方々が、拡散希望、転載希望として「やまと新聞を守れ」の記事をアップしておられます。以下は、その震源記事です。 少し長いですがぜひご訪問くださいませ。
      ↓
    やまと新聞を守れ〜ねずきちのひとりごと



    私も、日本人による日本人のための新聞社、「やまと新聞」」を応援します。もちろん購読しています。


    購読申し込みはこちら(月額500円)





    【TPP阻止!】青山繁晴「TPP 参加すれば民主党は独裁政党」⇒TPPに反対している民主党議員に意見を送ろう!!

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ - - まったけの嫁

    TPPに反対している民主党議員に、
    離党して新党を立ち上げることを要請しましょう!!


    ひのもと情報交差点 より


    青山繁晴 「TPP 参加すれば民主党は独裁政党」


    http://youtu.be/656KdW1TzwU


    http://youtu.be/I22Vk8Pk-OM


    http://youtu.be/qHrNyzOKus8


    http://youtu.be/Vxz02QChmfw
    ※続きはこちら http://www.youtube.com/user/ingasungasun57#g/u



    ここからは、水間条項さん、ひめのブログさんからの転載です。


    〜〜〜〜〜


    野田首相は、TPP参加表明を11月10日にすることを明らかにしました。


    野田首相は、金正日北朝鮮国家主席や胡錦濤中国国家主席を上回る恐怖政治を始めました。


    国会軽視どころか閣議決定もしない独断専行は、ヒトラーに比肩する暴挙です。


    山田正彦衆議院議員達が必死に反対しても一切聞き入れない野田首相達は、これを千載一遇のチャンスとして、日本解体を外圧を利用して達成しようとしていたことが明らかになりました。


    この危機的状況を打破するには、民主党を解体するしか日本に未来はありません。


    野田首相は、来年の通常国会開催中に消費税導入の承認を問うため、解散総選挙を実行すると公言しましたので、すでに永田町は選挙モードに突入しています。


    そこで、浮き足立っている民主党衆議院は、民主党を捨て少しでも国民受けする新党からの出馬を臨んでいます。


    ここに(民主党と)TPP参加を葬る一石二鳥の奇計が成就する、千載一遇のチャンスがあるのです。


    覚醒されていらっしゃる皆様、TPPに反対している民主党国会議員は、約200名いますので、これを機会に離党して新党を立ち上げることを山田正彦衆議院議員に要請しましょう。


    国会議員であれば承知のことですが、政党助成金の切り換えは1月1日に政党要件を満たしている政党に支払われることになっていますので、山田正彦衆議院議員達が、100名の手勢で新党を年内に立ち上げることが出来れば、日本はギリギリ踏みとどまれるかも知れません。


    山田正彦
    ★山田正彦衆議院議員:
    問い合わせ
     ↓
    http://www.yamabiko2000.com/modules/contact/



    地元選挙区から選出されてる民主党議員がいるかたは、その人にも、心を動かすようなFAXをお願いいたします。(議員は選挙区の声に敏感。落選だけは絶対いやだからね)



    例えば、

     ↓↓↓

    「消 費税10%のニュースを見ました。私は○先生に投票したことをすごく後悔しています。民主党がこんなに酷いとは想像もしなかったです、私の周りもみんな 言ってます。野田首相がTPPを勝手に進めているニュースもありますし、ぞっとしています。私は反対署名もしたし、署名だって過去最大とか集まってるのに どういう事ですか?○先生、もう民主党から離党してください!!先生がこれ以上悪イメージになるのは堪えがたいです!!○先生を応援したいです!!どうか 離党を前向きに検討してください」



    こんな感じね(*´艸)
    これでもし民主党から大量離党とかなれば、それこそラッキー♪一石二鳥w
    ま、もし解散したとしても、与党になることは無いからね。


    お願いばかりで心底恐縮しています(*ノノ) でも、あたし1人がメールするだけじゃぜんぜん足りないんです(*ノノ) これはかなり悩んだんだけども。
    例文は載せないです。


    離党って相当の覚悟がいることだろうから。TPP阻止を本気で応援してるっていうのを伝えた方がいいとおもうんだよね。


    この人、大量の激励メール受け取るとかって慣れてなさそうじゃん?もし嬉しくて1通1通目を通してみたら、中身ぜんぶ一緒とかって微妙かも(-∀-)


    文例無いと困るっていうかたは、最悪、水間条項のURL貼るだけでもいいです(ノ∀`)


    どうぞよろしくお願いいたします。


    〜〜〜〜〜〜


    民主党議員の連絡先はこちら
    【議員検索:民主党】http://bit.ly/mQYq0J


    参加表明が10日に迫っているので、できる限りの手を尽くしましょう。幹事長の輿石氏がカギを握っているそうなので、民主党本部と幹事長に抗議を集中させましょう。


    TEL/FAX/メールフォーム
    ・幹事長 輿石東 
    055-224-5414
    055-223-6181
    http://bit.ly/o2oxgW

    ・民主党

    03-3595-9988
    03-3595-9961
    http://bit.ly/1AGKdB

    ・首相官邸
    03-3581-0101
    03-3581-3883
    http://bit.ly/4HR4PX 

    ・野田佳彦 
    メール post@nodayoshi.gr.jp

    船橋事務所
    TEL:047-496-1110
    FAX:047-496-1222
    国会事務所
    TEL:03-3508-7141
    FAX:03-3508-3441



    意見例
    :(あくまで例なので自由に考えてください)
    TPP交渉参加に反対です。もし野田首相が交渉参加を決定すれば、今後選挙で民主党に投票することは二度とありません。国政、地方問わず民主党は永遠に投票対象外になります。絶対に交渉参加表明はしないでください。


    (転載ここまで)

    【mattakeコメ】
    とにかく、できることをやりましょう。
    毎日、テレビはバラエティ番組がながれていますが、日本はおかしい方向へすすんでいます。まだ気付いていない人に知らせ、日本を守るために絶対に、阻止しましょう!




     

    TPPは日本にとって無用の長物である〜西田昌司の目覚めよ日本人より

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ - - まったけの嫁


    国民は、内容を知ればみな反対するでしょう。

    きちんと説明したら、反対するのがわかっているから説明しないのでしょう。今までから民主党政府は、そういうやり方だったように思います。都合の悪い「国民にため」にならないものは「隠れてこそこそ」。だから、とにかく知りましょう。知らせましょう。もう時間がありません。



    超人大陸 平成23年11月07日号より
    「西田昌司の目覚めよ日本人」


    ようやく自民党の腹が決まった
    TPPは日本にとって無用の長物
    西田昌司

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm16103837



    H23/11/07【TPPに関する超党派国会議員の会見】
    稲田朋美・小野寺五典


    http://www.nicovideo.jp/watch/sm16108387





    TPP請願を、今国会にも提出いたします。
    今一度、署名協力をお願いします。
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2328
    ※民主党が国民の声を聞くかどうかは、正直とても不安ですが、できることを最後まで諦めずやるしかありません。




    ***

    いよいよ論戦です。
    今日8日は一日自民の質問のようです。(NHK有)


    9:00〜10:30 
    茂木 敏充 衆議院議員(※-3)
    10:30〜11:20 
    村上 誠一郎 衆議院議員
    11:20〜12:00 
    加藤 勝信 衆議院議員
    13:00〜13:50 
    野田 毅  衆議院議員(※-8)
    13:50〜14:40 
    吉野 正芳 衆議院議員
    14:40〜15:35 
    棚橋 泰文 衆議院議
    15:35〜16:30 
    平沢 勝栄 衆議院議員
    16:30〜17:00 
    平井 たくや 衆議院議員
     


    その他関連記事
    ・H23/06/03 参院予算委・西田昌司(自民)【スーパー無双・とにかく見て!】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm14636673

    ・H23/08/11 参院予算委・西田昌司【白を切るなら首を洗って待ってなさい!】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm15277511

    ・くそおやじのブログ「今日の国会中継速報」
    → http://kuso-oyaji.jugem.jp/




    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM