スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    政府の情報統制着々〜民間人にも矛先!? 

    身近な歪み〜これでいいのか comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁

    一昨日の17日、
    またこわくなるような記事が、またでていました。 ↓
     
    「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 
    民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め
       http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011170031000-n1.htm
    2010.11.17 00:30
     
    尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、政府の情報統制がジワジワと進んでいる。かつて「政権の基本コンセプトは公開と説明だ」と明言していた仙谷由人官房長官が主導しており、国会中に「厳秘」資料を“盗撮”されたとして写真取材への規制強化にも言及した。そして統制の矛先は民間人にも向けられる。政権は「秘密国家」への道を歩み始めたのか−。

    防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」と題する中江公人事務次官名の通達を出し、自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求めた

    きっかけは3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭。自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が招待客約3千人を前に衝突事件での政府の対応を挙げ、「民主党政権は早くつぶれてほしい。皆さんも心の中でそう思っているのではないでしょうか」とあいさつした。(※航空祭でのあいさつ等の内容は、下の記事もご覧ください)

    これを伝え聞いた北沢俊美防衛相が激怒し、事務次官通達を指示したとされる。

    通達は、発言は自衛隊法などの「政治的行為の制限」違反との誤解を招く「極めて不適切な発言」と断じた上で
    (1)政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請
    (2)誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせる
    −などの対応策を指示した。

    憲法19条(思想信条の自由)の精神に反する疑いがあるだけに自衛隊幹部も「民間人への言論統制は前代未聞だ」と反発。内局幹部も「国民の率直な声を抑圧する姿勢はファシズムに近い」と批判する。自民党など野党は17日の参院予算委員会集中審議で北沢氏らを徹底追及する構えだ。

    一方、日本の在ジュネーブ国際機関代表部が、中国によるレアアース(希土類)対日輸出停滞問題を10月の世界貿易機関(WTO)会合で取り上げる準備をしていたところ、外務省が「待った」をかけたことも判明した。13日の菅直人首相と中国の胡錦濤国家主席の首脳会談に向け、波風を立てないように「配慮」したとみられる。

    日中首脳会談では福山哲郎官房副長官がやりとりを一切明らかにせず、日露首脳会談でもロシア側の説明の方が正確で詳しかった。

    メディアへの情報統制を主導するのは仙谷氏だとされる。16日も映像流出を認めた海上保安官を「捜査機関の一員が捜査関係書類を他に流出させることは驚天動地だ。考えられない」と語気を強めて批判した。

    仙谷氏は、検察当局と警視庁が国家公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕しない方針を決めたにもかかわらず、重ねて守秘義務違反に当たると強調映像内容は国民周知の事実となり、すでに秘匿性はなくなったが、今もかたくなに公開を拒み続ける

    「私たちの目標は国民に『ありがとう』といわれる公務員、国民から感謝される行政府づくり。基本コンセプトは公開と説明だ」

    仙谷氏は今年2月、国家戦略担当相として国会でこう答弁した。民主党も参院選マニフェスト(政権公約)に「行政情報の公開に積極的に取り組みます」と明記しており、情報開示には前向きだとみられていた。

    ところが、現実には政権に都合の悪いことは隠(いん)蔽(ぺい)し、首相の記者会見などでも政権に批判的なメディアに質問させない情報が漏れると「犯人捜し」ばかりに躍起となる。「民主党」の看板とは真逆の方向に進みつつある。



    当然のことながら、この方も、秘密国家へつきすすむことには賛成みたいです。
    だって、この方が裏でみ〜んな指示してるのですもの・・・。


    仙谷氏、政権批判封じる防衛省の事務次官通達に「外部の人がどこまで言っていいのか」理解示す
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011171227012-n1.htm
    2010.11.17 12:22

    仙谷由人官房長官は17日の記者会見で、防衛省が自衛隊施設での民間人による政権批判発言を封じ込める事務次官通達を出したことについて理解を示し、言論封殺には当たらないとの認識を表明した。【続きを読む】



    この通達の当事者である入間航友会の会長さんは、次のようにコメントしています。↓
      

    防衛省通達問題の当事者、
    入間航友会会長が激白「日本をつぶす気か」
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101119/stt1011190025000-n1.htm
    2010.11.19 00:17
     

    民主党の体質を露呈した航空自衛隊入間基地の航空祭=3日、埼玉県狭山市 

    防衛省が、自衛隊施設内での民間人による政権批判発言を封じ込める事務次官通達を出したことが、国会で大問題となっている。こうした中、きっかけとなる発言を行った民間団体「入間航友会」の荻野光男会長(88)が17日、夕刊フジの単独取材に応じた。荻野氏は「自民党政権時代から、自衛隊や政治に苦言を呈してきたが、今回突然、民主党政権が言論封殺に出てきた。民主党は『言論の自由』を奪い、日本をつぶす気なのか」と激白した。(夕刊フジ)

    荻野氏が注目の発言をしたのは今月3日、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で開かれた航空祭でのことだ。地元病院の理事長で、1962年に自衛隊を後援する「入間航友会」を立ち上げた荻野氏は、途中から30年ほど同会会長を務めている。例年同様、約3000人の招待客の前であいさつした。

    これを伝え聞いた北澤俊美防衛相ら政務三役が激怒して、前代未聞の次官通達に発展したというが、今回の通達について、荻野氏は「とんでもない話だ。『民主党よ、ふざけるな!』と言いたい」といい、こう続けた。

    「私は以前から、原稿なしで自由にあいさつしてきた。自民党政権時代も、民間人の立場で、自衛隊や、当時の政治に対する思いのたけを述べてきた。さんざん苦言や文句も言ってきた。航空祭には、自民党の大臣や議員もたくさん来たが、これまで一切抗議はなかった。それが、政権交代した途端、民主党は『批判するのはケシカラン』と言い出した」

    (中略)民主党政権の逆鱗に触れた荻野氏は「民主党はかつて『徹底的な情報公開』『国民目線の政治』などを掲げていたが、やっていることは正反対だ。私は別に、個人を誹謗中傷したわけじゃない。政権や政党は批判されるのが当たり前ではないのか。現に、あいさつした後、大勢の人が『よく言ってくれた』『その通りだ』と握手を求めてきた」という。

    そのうえで、「民主党は化けの皮がはがれた。このままでは、言いたいことが言えない世の中になる。来年の航空祭でも、私は同じように自由に発言する。国会に呼ばれたら、堂々と出ていく。私は『言論の自由』を守るために、断固として戦っていく」と宣戦布告した。

    これに対し、「影の宰相」こと仙谷由人官房長官は17日の記者会見で、「外部の人がどこまで言っていいのか。『政権をつぶす』とは相当、荒々しいことであるのは間違いない」といい、民間人であっても一定の発言制限は必要だとの考えを示した。

    果たして、国民はどう判断するのか。

    ----------------

    入間航友会会長の発言要旨
     
    「入間基地航空祭おめでとうございます。普段、国防の任に当たられている自衛隊のみなさん、いつも大変ご苦労さまです。さて、現在の日本は、大変な状況になっていると思います。尖閣諸島などの問題を思うとき、私は非常に不安になるわけであります。早く日本を何とかしないといけない。民主党には、もっとしっかりしてもらわないといけない」

    「領土問題がこじれたのは民主党の責任。『菅政権は冷静だ』といわれているが、何もしないだけ。柳腰外交、中国になめられているなどへの対応がなされていない。このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない」

    「まだ、自民党政権の方がまともだった。一刻も早く、菅政権をつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう。皆さんも心の中でそう思っているのでは。民主党政権では国が持たない」



    会長の発言要旨を見る限り、すべて、私も抱いていた気持ちです。
    自分たちが、言われても仕方のないことをしておいて、よくこんなことができると・・・。
    権力を濫用しているようにしか思えません。


    ところで、9月に起きた尖閣事件直後、政治結社・日本青年社という右翼団体による漁船20隻による尖閣包囲計画が、突如中止になるという事態があったようです。
    「日本青年社」は、Wikiによると、「指定暴力団住吉会傘下の右翼団体」とかかれていました。「指定暴力団傘下」に正直ひっかかりましたが、ちょっとその部分はおいておいてこれをみてください。 ↓


    政治結社200人による尖閣での抗議活動 
    海保は黙認予定だった
    http://www.news-postseven.com/archives/20101115_5782.html
    2010.11.15 10:00

    9月7日に起きた尖閣沖の中国漁船衝突事件では8日に船長、乗組員を逮捕したものの、船員は早々に釈放され、船長も後に釈放された。

    この政府の対応に動き出したのが、政治結社・日本青年社だった。日本青年社は、中国人船長の勾留期限が切れる前日の同28日に、漁船をチャーターして尖閣諸島に向けて出港、尖閣の周辺海域で国旗を掲げ、内外に日本の主権をアピールする計画を立てたのだ。

    日本青年社はかねてより尖閣問題で行動してきた。1978年4月に中国の武装漁船140隻が尖閣諸島海域に侵入し、威嚇行動を行なったことに対し、同年8月に尖閣諸島に上陸。魚釣島灯台を建設した。その灯台は2005年に国に委譲され、以来、日本政府が維持管理を行なっている。

    それだけに海上保安庁との関係は長く、中国の違法操業に強い危機感を持っている地元・石垣漁民の中にも協力する者が少なからずいる。今回の“海上行動”には、地元の漁業組合長も賛同していたという。20隻ほどの漁船をチャーターし、200人規模の参加者が石垣島から出港する予定だった。

    地元で計画に協力していた玉城栄一・石垣社友会代表の話。

    「日本青年社から要望があり、すぐに八重山漁業組合長や関係者に連絡した。“国に要請しても何もやらない。だから行動を起こさなければいけない”と相談すると、組合長も快諾し、協力する漁船を募ってくれた」

    上陸が無理ならできる限り尖閣に近い海域で国旗を掲げることでもよいとのことで、玉城氏は海上保安庁石垣海上保安部とも何度か打ち合わせを重ねた。「どういう海路で行くか、どの領域まで行くか。その間は海保と無線のやりとりをしながら、無理しないように行くという話になっていた」(前出・玉城氏)

    海保が黙認する形で、尖閣諸島海域で日本の主権をアピールするこの大規模な計画は、実現に向けて具体的に進んでいたのである。ところが9月23日、玉城氏とともに計画に協力して動いていた石垣市議会議員が、突然、海保の職員から呼び出しを受けた。職員は「この時期に出港させることはできない」といったという。

    -----------------

    【以下は松川議員と海上保安庁との会話の要約】

    松川:日本青年社議員同志連盟相談役 松川秀盛石垣市議会議員
    海保:海上保安庁
     
       
    松川: 海保が漁協へ行ったり私のところに来て話がしたいというので昨日(9月23日)12時から1時過ぎまで、5時からと2回海保の局長と話した。
    松川: 海保はこの時期、日本青年社を出港させることはできないというが日本は竹島と北方領土も既に他国に既成事実を作られているではないか、尖閣も危ない、だから日本青年社は、このたびの尖閣問題は国民に領土の重大さを知らせる大事な運動だ。今はそのチャンスでもある。 だから、日本青年社は、政府が弱腰だから国民を代表して尖閣諸島の行政区である石垣島から決起することを決断したのになぜ出港させないのか。
    海保: 日本青年社が尖閣諸島という言葉を出すだけでもだめだ。
    松川: 中国や台湾が来ているのになぜ日本青年社はだめなのか 。 
    松川: 日本青年社は言っている。海保には迷惑は掛けないし島に上陸できないなら海上から国民に領土の重要性を訴えると言っているのになぜ出港させないのか。 
    海保: 日本青年社が尖閣諸島に向うということは上のほうまで知っている。 
    海保: これは国際問題になっている、中国が中国の団体が尖閣諸島に上陸することを止めているのに、日本が日本青年社を出港させることはできない。
    海保: 我々は日本青年社の行動を長く見ているので理解しているので今までは第11管区石垣保安本部として対処してきたが、今回は上の方から来ているので我々にはどうすることもできない。 
    松川: 上の方とはどこだ。 
    海保海上保安庁第11管区、国土交通省、外務省よりもっと上のほうから指示が出てる。
    松川: その通達書は来たのか。
    海保: そうではない。口頭で言ってきた
    海保: 岸壁に係留されている船のロープをはずした時点で拘束する。
    海保: 漁船を出したらその船長を拘束する 。 
    海保: 今回は漁業法を基づき、漁業従事者でない日本青年社が漁船に乗ったら船長を拘束する。
    松川: 日本青年社は100人以上の人が来るための準備も済んでいるし、経費を掛けているのだから漁船を出港させないなら岸壁でアピールすることはどうか。日本青年社は海保にも警察にも迷惑は掛けないと言ってる。
    海保: それはそのときの判断になる。

    日本青年社の「巡視船と中国漁船の衝突事件(9月7日)に関する経緯」より
    http://www.seinensya.org/undo/ryodo/senkakushoto/100929keii.htm



    そして、こちら。この記事から、「日本青年社」と尖閣諸島との関係や、海保・石垣の人たちとの関係が想像できるかと思います。 ↓


    「船長は釈放、抗議活動は中止」ではやりきれないと海保職員
    http://www.news-postseven.com/archives/20101116_5784.html
    2010.11.16 10:00

    9月に起きた尖閣事件直後、日本青年社は漁船20隻による尖閣包囲計画をたてていた。だが、当初計画に協力していた海上保安庁が、突如中止に方向転換、計画は幻に終わった。

    政府関係者は語る。「“中止命令”は、官邸サイドから発せられたと聞いている。ちょうどその時は、中国の想定以上の反発に驚き、菅総理と仙谷官房長官が、中国人船長の釈放を決めたところだった。このタイミングで尖閣に行かれてはまずいと、極めて強いトーンで指示が出された」

    しかし、これまで第11管区石垣海上保安部は、尖閣周辺での活動を実質的に黙認してきた経緯がある。さらに突然、“上”から梯子をはずされた形になった海保職員の間には、不満の声が充満していたという。

    『日本人が行けない「日本領土」』(小学館)の著者で、フォトジャーナリストの山本皓一氏によれば、石垣島では次のような海保職員の声が上がっていたという。

    私たちは、中国の横暴に対し、体を張って命がけで仕事をしてきた。中国の漁船が来ても、中国語で『出なさい、出なさい、ここは日本の領土です』といったり、中国語ののぼりを出すだけで、絶対にこちらから手を出せない。危険な任務ですが、それでも一生懸命やってきた。それなのに、中国の船長は釈放され、尖閣への出港も認められないという。情けなくてやりきれない

    こうした思いを抱いていた海保職員は決して少なくない。そして、ビデオ流出事件は起こった―。

     

    ひらきなおって、
    政府の邪魔になるものには、権力行使で圧力ですか・・・

    ほんとに、こわい。


    --------------

    参考記事
    ▼入間航空祭フォト集
    http://www.asahi.com/photonews/gallery/091104jasdf/






    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        外国人参政権、「国民主権と矛盾せず」の政府答弁書
        http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101119/plc1011191227014-n1.htm
        日本国民を愚弄する行動や発言を繰り返す売国反日民主
        党韓内閣は即刻打倒しよう。 
        日本が危ない! 1億2000万人日本国民は今こそ
        立ちあがれ!

        【人権擁護法案反対の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
        【人権擁護法案反対タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2010/11/19 11:44 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM