スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ファミレスでバカ親に遭遇

    許せないバカ親ども comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    久々にファミレスでひとりでお茶してた時のこと…
    ゴクゴク ⊂(^^ )


    店はほとんどお客がいない状態で、そのシーンとした広いホールを走り回ってる3歳くらいの男の子と、まだ走るのもままならない妹らしき女の子の姿が目にとまった。


    4人掛けのテーブルに
    煙草をふかしながら、携帯を耳にあてて座っている女性が一人…
    Oo。( ̄。 ̄ )y- 〜


    派手なメイクにかがめば明らかに胸が丸見えになるだろうと想像のつくような襟ぐりのあいたセーター、膝上数cmはあるミニスカートにピンヒール。


    彼女の座っているテーブルには、
    コップやお皿が散乱していたので、
    こいつがあの子たちの母親だということは、すぐわかった。

    それにしても、
    育児真っ直中の母親とは、思えないようなかっこだ。

    !Σ( ̄ロ ̄lll)



    私の場合、子供がちっちゃいうちは、
    動きやすいかっこでと気をつけたし、お化粧やらおしゃれやら、なかなか自分のことに手をかける時間なんてもてなかったものだから、
    ついつい彼女の様子におののいてしまったわけだ。


    まぁ人それぞれだからね〜
    (;^^)


    彼女は、子供たちがホールをキャッキャッ言いながら走り回ってるのも気にしないで、私が店に入ってきたときから、ずっと携帯で誰かと話していた。



    空いているのと、彼女の喋る声があまりにもでかかったため、
    聞きたいわけでもないのに、結構聞こえてしまって・・・。
    相手の声は聞こえなかったから内容までは把握できなかったが…

    「今度、旦那出張やから〜うふふ」



    どうやら浮気相手と話してるようだ。
    道理で甘えた声だと思った… (-_-)



    彼女がいい気分で話してるところに、子供がテーブルに戻ってきた。
    走るのに疲れたのだろう・・・> 


    「ねぇ、まだお話終わらないの?」


    って言いながら彼女に抱き付こうとした。




    とその瞬間、


    (`ー´)ノ☆)>o<)/バシィ!


    と頭をはたいて、




    「(`□´) コラッ!なにしよん。おかあさんのお話の邪魔せんといて。」



    子供の頭をはりたおし、いらついた顔でそう言った。

    なにがお話や〜d(-_-)



    「だって〜つまらないんだもん。」



    頭をたたかれることに慣れているのか、子供はケロッとした様子で彼女に言った。



    「もうちょっと遊んでて〜
    (-_-x)」



    彼女は子供にそう言って、また携帯の相手とまた話出した。

    ファミレスで遊べなんて、無理あるやろ〜(-"-;)


    (  ¨)( ‥)( ..)( __)イイモンイイモン

    子供は諦めて、また妹を連れて走り出した。
    他のお客からクレームついたから、店員さんがやむを得ず子供を捕まえて注意した…
    それでも母親は知らん顔でニタニタ浮気相手?と話している…





    店員さんが、子供を彼女のところに連れてきて、他のお客からのクレームを話したようだ。
    すご〜く言いにくそうに・・・ 



    そしたら、この女、突然大声で、店員に向かって言ったのだ。



    「喋られへんやん。もうこんな店でるわ。出たらいいんやろ。」



    「申し訳ありません。」




    ひたすら店員さんが彼女に頭を下げて謝っていた。




    「こいつが悪いんやからなんも謝らんでもいいのに…」



    私は人事とはいえ、胸糞(むなくそ)悪い気分になった。
    でも、サービス業だから、お客様は神様やし、…さんが言えるはずないか・・。




    サッサと席をたち、支払いをすませ、店を出て行く彼女の後を



    「ママ〜
    待ってよ〜」
    〜〜〜〜〜(/ ̄▽)/ ママ〜



    と言いながら、妹の手をひいて追っかけて行く男の子の姿がやけに心に残っている。






    いったいあの子たちは、どんな生活をしてるんだろ…

    そして、どんな大人になるんだろ…





    振り返りもしない母親を必死に追いかける男の子の姿を見ながら、そんなことを考えてた私です。

    (-_-メ;) 許さん・・

    同じ母親としてそう感じた。>



    でも今の世の中、親の在り方までも、

    【人それぞれ事情があるわけで】…

    みたいな傾向がみられ、

    ちょっとちゃうやろ〜

    と思われてならない…




    --*--*--*--*--*--



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM