スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    特定秘密保護法案は、 戦後初の「スパイ防止法」の入り口となる法案〜本当の狙いは、戦後初のスパイ組織である「国家情報局」につなげていくこと

    - comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:日本の危機を救え

    特定秘密保護法案を閣議決定 日本版NSC創設関連法案とセットで 
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131025/plc13102510160005-n1.htm
    2013.10.25 10:14
     政府は25日午前の閣議で、安全保障などに関する国家機密を漏らした国家公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案を決定した。同日夕に国会に提出する。国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法案とのセットで、今国会での成立を目指す。

     秘密保護法案は、(1)防衛(2)外交(3)特定有害活動(スパイなど)(4)テロ活動防止−の4分野の情報について、閣僚ら行政機関の長が「漏(ろう)洩(えい)すると国の安全保障に著しく支障を与える恐れがある」と判断した情報を「特定秘密」に指定。漏洩させた公務員らへの罰則は最高で懲役10年。法案には国民の「知る権利」や「報道の自由」への配慮も明記した。取材行為については「法令違反や著しく不当な方法と認められない限り正当な業務として罰しない」としている。
    ※関連記事:特定秘密保護法案原案の概要は - MSN産経ニュース


    この法案に対し、テレビや新聞などからは、

    ”国民の「知る権利」が制約されかねない”

    というコメントばかりが目に、耳に入ってきますが、

    この「特定秘密保護法案」 は、スパイ防止法の入り口となる法案で、とても大切な法案なのです。


    この法案のことを知らなくても、反対の声をあげている顔ぶれをみたら、いかにこの法案が大切なのかがうかがえたりするわけですが、やはり、この法案について知ることは日本国民の義務かと思います。


    下の図は、先日行われていた「国の機密情報を漏らした国家公務員らへの罰則強化を盛り込む「特定秘密保護法案」の概要に対する意見公募(パブリックコメント)」ページで配布されていた「参考資料(PDF)」です。 ↓


      ↑ 拡大して見る

    (別紙)特定秘密の保護に関する法律案の概要   


    「なんか、もっと分かりやすいのない?」って思われた方もおられるのでは?
    私もそうでしたから・・・


    8月28日放送の関西テレビ「スーパーニュースアンカー」で、青山繁晴さんが分かりやすく解説してくださってたのですが、ご覧になられましたか?

    毎回、番組の文字起こしをしてくださっているぼやきくっくりさんが、法案のポイントを書き出してくださっていたので、ぜひご覧になってください。この法案の重要性・必要性がわかると思います。



    脱・スパイ天国!!

     特定秘密保護法案は、

    戦後初の「スパイ防止法」の入り口となる法案です。



     

    防衛、外交、安全保障、テロ、危機管理
    、これらに直接関係あるものについて、たとえば関係省庁の大臣が、これは特定秘密だと指定をします。
    その秘密を漏らした人物は、懲役10年以下に処せられます。

    現在の法律では、国家公務員法の守秘義務違反の罰則しかありません。

    それも懲役1年以下か罰金50万円以下という軽いものなので、まず、これを厳罰化します。  (10年以下が厳罰と言えるのか、青山さんは疑問に感じています)

    さらにこの法案では、現在の法律には欠けている「情報を取得した側」への罰則も盛り込まれます。


    現状では、たとえば情報を取得した外国人スパイがいたとして、スパイ行為が発覚しても、その外国人はせいぜい国外追放になるぐらいで大した不利益を被ることはありませんでした。 

    この特定秘密保護法案は、そこを変えようという法案なのです。


      
    つまり、特定秘密法法案の最大のポイントは、特定秘密を漏えいした者だけでなく、それを取得した者も厳しく処罰するというところにあります。

    取得した側の罰則も、漏らした側と同様に懲役10年以下となっています。



     

    これまでほとんど野放し状態だった外国人スパイや、外国と通じた日本人スパイを、処罰する法律ができることになります。
    (但し画像にもあるように、騙したり脅迫したり侵入したりなど、不正な手段により情報を取得した場合に限ります)



     
    ちなみに、現在、情報を取得した側を罰することができる法律は3つしかありません。

    対象となるのは、行政手続きの個人番号、産業スパイ、MDA(日米相互防衛援助協定)だけです。

    要するに、これ以外の、たとえば防衛や外交に関する情報、テロ防止に関する情報などを取得した側を直接罰する法律は、現在まだ整備されていないということです。



     そしてこの法案の本当の狙いは、戦後初のスパイ組織である「国家情報局」につなげていくことです。

     見かけ上は主権国家であっても、情報が自立していなければ、本当の主権国家とは言えません。

     日本も他国並みにきちっと情報機関を組織して、自立していきましょうというものです。

     その他詳しいことは、8月28日放送の関西テレビ「スーパーニュースアンカー」の書き起こしをご覧になって下さい。

     先日、2020年の東京五輪開催が決定しましたが、オリンピックにテロはつきものです。

     東京五輪をターゲットにしたテロの防止のためにも、この法案の成立は欠かせないと思います。

     
    ここまで**
     

    この法案ができたら困っちゃう人、団体が「反対」しているのだと思うわけで・・・

    だから、この法案の必要性を知らない人に伝えて、
    絶対につぶされないようにしなくちゃ・・・

    「反対」の勢力に負けるわけにはいかない。絶対に・・・





    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        1300人、避難所で一夜 台風27号、全域で警戒
        http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131026/dst13102608120003-n1.htm

        【関連情報】
        初めに発表した台風27号の予定進路図
        http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131024/k10015527221000.html
        台風27号は予想進路図の途中で既に消滅している
        http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/latest/animation/WMV/last-120h.wmv

         このたび台風27号関連情報は人工台風2つを操作して、事前に作っ
        た計画の下に偽装報道を行い世論を騙す実験をしたが計画の失敗で
        結果を出せなかった。 台風27号を九州南方で停滞させて大型で強い
        台風を作った。 そして台風の予定進路図で伊豆大島に大きな災害を
        もたらすと捏造台風情報で社会不安を掻き立てるも、台風27号がゆっ
        くりと九州に接近した25日午後には勢力が衰え雲散霧消してしまい、
        付近に発生させた台風28号でエネルギーを注入して予定進路へ誘導
        したが効果はなかった。 即ち失敗作の台風27号がなくなった後も予
        想進路にもとづいた偽装報道を繰り返して大島島民の大規模避難のニ
        ュースを繰り返し報道していた。 台風27号はすでに消滅しているので
        予定の災害が発生することもなく26日になっても新たな災害の情報は
        何もなかったわけである。 反日売国テレビ局・マスコミの偽装報道・
        捏造報道を許さないために監視と抗議活動強化して行こう。 支那朝鮮
        に支配された反日売国テレビ局・マスコミが日本人はまだ騙せると考
        えているのです。 25日に韓国の陸海空軍が竹島で軍事演習を行った
        ニュースは隠蔽されて大きく報道されていません。

        詳細は
        【ケムトレイル・気象操作の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk0.cgi
        【ケムトレイル・気象操作のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/10/26 2:14 PM

        これはまだまだ入口ですが、はじめの一歩をこうして踏み出せるのは
        嬉しい限りですね。この法案はマスコミに圧力をかけることができますし、他にも下記の内容で政府がNHKに対し人事案を提出。マスコミの反日封じ込め作戦を考えてくれているのがわかります。いろんな手があるもんだと感心しました。
          ↓

        【速報】 政府、NHK経営委員に百田尚樹氏を起用でブサヨ発狂www 安倍首相、親韓機関のぶっ壊しに取り掛かる。日本始まったな!!!

        http://crx7601.com/archives/34272135.html

        • ヒスイさん
        • 2013/10/26 1:51 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM