スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    今更ですが「河野談話の根拠崩れる」〜韓国が人選した「真実を語れる人」って、こんな人たちだったんだ・・・。証言に対し、裏付け調査や確認作業を一切しなかったってあかんでしょうよ。

    慰安婦問題について comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁


    今更ですが、やっと記事になったか、って、感じです。この記事を読んで、「え?そうだったの?」なんて驚かれている人が、結構いたりするのかな・・・と思ったりしています。
     ↓

    元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 
    慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 
    河野談話の根拠崩れる

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n1.htm
    2013.10.16 08:36 

     産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。証言の事実関係はあいまい別の機会での発言との食い違いも目立つほか、氏名や生年すら不正確な例もあり、歴史資料としては通用しない内容だった。

    軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明したことで、河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。

    産経新聞は河野氏に取材を申し入れたが、応じなかった。

     5年7月26日から30日までの5日間、ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。ところが政府は、この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった

     産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、慰安所での体験などが記されている。だまされたり、無理やり連れて行かされたりして客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。

     しかし、資料としての信頼性は薄い。当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、大半の13人が不明・不詳となっている。

     肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する。

    裏付け調査や確認作業は一切せず

     大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。

     また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している

     日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な40人余に5〜6回面会した結果、「証言者が意図的に事実を歪(わい)曲(きょく)していると思われるケース」(安氏)があったため、採用したのは19人だった

     政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない

     談話作成に関わった事務方トップの石原信雄元官房副長官は産経新聞の取材に対し「私は報告書は見ておらず、担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信(しん)憑(ぴょう)性(せい)を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくると語った。


     *  * * * * 

    河野談話作成時に事務方トップだった
    石原信雄元官房副長官
     ↓



    産経新聞のインタビューに次のように語っています。阿比留瑠比さん、佐々木美恵さんの記事です。
     ↓

    【元慰安婦報告書】
    「韓国を信頼し『公正・冷静に語れる人を』と言い韓国は約束した」 石原元官房副長官

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101610180011-n1.htm
    2013.10.16 10:16 

     −−聞き取り調査結果を見ると生年月日や氏名、出身地の明記がない者が多い

     「証言者の身元がかなりあやふやという印象を持ったわけですね。(身元は)証言内容を判断する上で非常に重要な要素だ」

     −−16人の中には、安秉直ソウル大教授(当時)らの調査で信頼性が低いとされ、韓国側の証言集から省かれた人が含まれているようだ

     「信用できない人について日本政府が聞き取りしたと?」

     −−日本の複数の新聞や韓国側の調査に対し、それぞれ異なる証言をした人も含まれている

     「うーん。そういう話になると、基本がおかしくなる。もともとの証言の信(しん)憑(ぴょう)性(せい)が揺らいでくる」

     −−そういうことになる

     「証言者の人選は韓国側が行った私たちは韓国側を信頼し『反日運動をやっておらず、公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ』と言い、韓国側がそれを約束したから調査に行った。その根っこが揺らぐと何をか言わんやだ」

     −−対日裁判を起こした当事者も5人含まれる

     「反日運動に関わっている人は外してくれと言い、韓国側はそうします、と言っていた」

     −−石原さんら日本側の理解はそうでも、現実は違っていた可能性が高い

     「残念ながら、当時の状況では身元調べというか、裏打ちするまで能力がなかった。だから信頼関係でやったわけだ、あくまで。その信頼が崩れるとなると何をか言わんやだ

     −−裁判を起こした5人についても、訴状と安氏、日本政府の聞き取りに対する証言が食い違う

     「ああ、そういうことになると、何が真実かということになってくると、証言自身の信憑性というか、価値が下がってくる

     −−調査報告書では台湾の地名を「娼家」と間違えている箇所もあった

     「証言内容をチェックする時間はなかった。私は担当官の報告を聞いて判断した。紙は見ていない。報告を聞いての心証で河野談話をまとめた

     −−河野談話が強制性を認めた根拠は、16人の証言が決め手だったはずだが

     「そうだ。担当官の報告を聞いて、大部分は家が貧しく泣く泣くなったのだろうが、中には筋の良くない人たちが相当悪(あく)辣(らつ)な手段で集めたということが否定できない。そういう心証であの文書(談話)になった

     −−業者の悪辣な行動は日本軍の責任ではない

     「だから『加藤談話』(平成4年の加藤紘一官房長官談話)は、わが方が直接連行したことを裏付けるものがないので(軍の関与は)ないとした」

     −−聞き取り調査は証拠資料たり得ないのでは

     「(証言者は)真実を語れる人、というのが調査の前提だった。その日本側の善意が裏切られたということになる。それに基づいて世界中に強制的に慰安婦にされたということが事実として広まっていくとなると、全く心外な話だ」

     −−強制性を認めるための調査ではなかったか

     「そんな意図は私にはなかった。国の名誉が関わる問題だから。ただ、役人としては時の政権の方針に従ってやるしかない。一切の弁解はしない」

    *******


    こうやって、どんどん、当時の関係者の方が、証言していってほしいですね。
    河野洋平氏も、黙ってられなくなるくらい・・・。
    たたかれるのを恐れず、どうか当時の正直な思いを証言してほしいものです。
    息子さんの河野太郎氏は、そんな風には思わないのかな・・・。





    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM