スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【絶対反対!】河野太郎がもくろむ国籍取得特例法 『特別永住者の国籍取得特例法案』で在日は届け出だけで(一切の審査なしで)日本国籍を取得 ←重大な事実誤認のもと国籍取得を緩和しようとしてるぞ。帰国しなかった朝鮮人は自ら日本国籍を否定したのだろ〜が。

    伝えたいこと(デモ・署名など) comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:自民党(自由民主党)

    井上太郎  @kaminoishi さんのTweet より
    南朝鮮の新国籍法と改正軍法により在日は簡単に日本に帰化できなくなりました。兵役を終わらせないと日本に絶対帰化出来ません。それを可能にするには日本での法律が必要になります。この法律が「特別永住者の国籍取得特例法案」自民河野太郎が中心に民主原口と組み、法案提出しようとしています。
    2013年9月16日 8:33 PM
    https://twitter.com/kaminoishi/status/379568667987419137

    河野太郎がもくろむ国籍取得特例法。在日は届け出だけで(つまり一切の審査なしで)日本国籍を取得出来るという法律。その趣旨は、併合を植民地といい戦後意思の確認もないまま朝鮮籍にされたことへのお詫び、という事です。河野太郎、自民党の議員ですよ。大田誠一も名を連ねています。親子売国奴。
    2012年5月25日 6:07 PM

    河野太郎がもくろむ国籍取得特例法。在日は届け出だけで(一切の審査なしで)日本国籍を取得出来る法律。趣旨は、日韓併合を植民地支配といい戦後意思の確認もないまま朝鮮籍にしたことへのお詫び、という事です。メディアも応援していて、一切の報道をしません。保守大人気の桜井よし子も支持してます
    2013年9月16日 8:37 PM
    https://twitter.com/kaminoishi/status/379569748775686144
     
    河野太郎座長の「特別永住者等の国籍取得特例方案」単に在日に無条件で国籍を与えることだけではありません。「二重国籍も認める」ことも河野の私案に盛り込まれています。根拠はノーベル賞の南部博士、日本国籍でないのはもったいない、ですが、実質は在日にも適用しようとする案です。
    2013年9月16日 8:34 PM
    https://twitter.com/kaminoishi/status/379569089804378112

    ■参考:
    【緊急】河野太郎が売国法案提出へ!!『特別永住者の国籍取得特例法案』で在日は届け出だけで(一切の審査なしで)日本国籍を取得 (保守速報)
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/32156282.html


    このことは、2008年3月にすでに取り上げられていますね。在日朝鮮人が「外国人」であることをわかりやすく解説されています。ぜひ最後までお読みくださいませ。
     ↓

    以下、【貼る・ノート2】さんより

    自民党が進める「国籍取得特例法案」の危険
    http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/502594/
    http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/
    (↑リンク切れなので、こちらをご参考ください⇒http://megalodon.jp/2012-0924-0658-19/members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/
    ◆緊急集会を開きます 
    3月9日(日)  14時〜16時 在日韓国YMCA
                    (東京・水道橋)

     会費 無料
     内容 ー膾甜圈Ψ于疂鷙陝〕敬宰(確立協会長)
        ▲螢譟璽函璽「なぜ、この法律の制定をもとめるのか」
         全国各地で法制定を求めてきた方々(10分程度ずつ数人)
         会場参加者(5分程度ずつ、なるべく多く)
        9餡餤聴挨拶・決意表明
        そ顕餬莎
     主催 在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会
        電話・049−224−4646
           03ー3802ー2220
           072−695−3457

     自民党の国籍問題プロジェクトティーム(河野太郎座長)が「特別永住者等の国籍取得特例法案」を国会に提出する方針を決めました。 
    この法案の柱は在日コリアンなどの特別永住者(40余万人・植民地支配を受けていた時代から日本に住み続けてきたコリアン等およびその子孫)に限って、届け出だけで国籍取得が出来るようにすることです。

     こんな画期的なことをするのには歴史的な反省があります。
    推進者の一人・太田誠一議員は次のように述べています。

     「戦後、本人の意思を聞かれずに韓国朝鮮籍になった特別永住者に『申し訳ない』ということで簡単に国籍を取得出来るようにするもの」(『朝日新聞』1月25日)

     1952年4月28日、日本の連合国からの独立に際し、日本政府はたった一片の通達で在日コリアンの日本国籍を剥奪し、外国人にしてしまいました。彼等はこの日から主権者の地位を失い、選挙権・被選挙権を行使できなくなったばかりか、社会保障の権利も奪われました。のちに国民年金制度が作られたときにも外国人であるとして排除され、在日コリアン一世の大半は今日、無年金生活を余儀なくされています。

     朝鮮半島が日本の植民地であった時代から日本に住み、日本国民として生きてきた方々の一人一人の国籍選択権を認めなかったことは国際法に悖(もと)ることでもあります。太田議員が『申し訳ない』と言っているのはこのことをさし、遅まきながら、実質的に国籍選択権を認めるということです。

     私たちは2001年に与党案として成案を得たにもかかわらず、店(たな)ざらしにされてきた法案がようやく国会に提出されると聞き、今回こそなんとしても成立させたいと強く願うものです。在日コリアンの国籍選択権を認めることは日本の民主主義の基盤を強化することでもあります。国籍、民族を問わず、市民の皆さんの参加を呼びかけます。


    重大な事実誤認のもと自民党は国籍取得を緩和しようとしている。

    以下引用

     在日朝鮮人の国籍について、日本政府の立場からいうと次のようになる。
    1910年の日韓併合によって朝鮮が日本の植民地となったので、朝鮮人は対外的にはすべて日本国籍を有することになった。第二次世界大戦では日本はポツダム宣言を受諾して終戦となったが、その宣言のなかに朝鮮の独立が謳われており、日本は朝鮮の独立を認めた。朝鮮の独立により朝鮮に住む朝鮮人の国籍は日本国籍でなくなり、在日朝鮮人のそれについては一応外国人として扱った。
    戦後の日本は敗戦国として占領軍支配下にあったが、52年に講和条約を締結して独立国として世界に認められることにより、在日朝鮮人は正式に外国人となった。在日朝鮮人が外国人として扱われることについて、本国の韓国や北朝鮮政府だけでなく在日朝鮮人自身からも異議はなかった。

     朝鮮の方の主張は次のようになる。
    1910年の日韓併合は暴力と脅迫により強制されたものであり、無効である。その後36年間にわたる植民地化は全くの不法不当である。従ってその時の朝鮮人は日本国籍を有していたと見てはならない。朝鮮人は一貫して朝鮮・韓国籍を有していたのだ

     対立点は、日韓併合・植民地化が合法正当だったのか、不法不当なものだったのか、ということである。すなわち日本は合法正当だから日本国籍を持っていた、朝鮮側は不法不当だから日本国籍は最初からない、となる。

     65年の日韓条約締結までの日韓交渉で、最も対立し紛糾した一つがこの点(合法か不法か)であった。いま日本は北朝鮮と国交樹立に向けて交渉中ということになっているが、北朝鮮もこの点については韓国と同じ見解であるので、いずれ同じように対立することになろう。

     植民地下とはいえ自分は日本国籍をもって生まれ育ってきた、日本国籍を放棄した覚えはないと主張する在日が70年以降現れた。これはさらに、日本は敗戦の際に在日朝鮮人に朝鮮と日本の国籍を選択する権利を与えるべきだったのにそうしなかった、在日は日本国籍を剥奪されたのだ、という主張に繋がっていく

    そしてその考え方の前提は、植民地化が合法正当であったとする日本政府の立場と同じであることに注意が必要である

    またこの日本国籍剥奪論は、その考え方が正しいとしても今や遅きに失する。終戦直後の日本が連合軍の占領下にあった時に、在日朝鮮人が外国人であることは当事者自身が主張したのだ
    正確に言うと、在日朝鮮人はアメリカやイギリス・中国と同様の戦勝国民(連合国民)として扱え、敗戦国民(被占領国民)である日本人と同じにするな、というものであった。
    つまり日本国籍を維持したいという意見は全くなかったのである


    在日朝鮮人が外国人であることは認めなければならない。そして外国人が内国民より不利な取り扱いを受けることは、世界のどの国でも行なわれていることで、従って不当なことではない。
    在日も外国人であるが故に、日本人よりも不利であることは当然のことである。
    問題があるとすれば、その不利なことが合理的なものかどうか、人間としての尊厳に触れるものかどうか、ということであろう。


    以上引用
    http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuudai


    帰国しなかった朝鮮人は自ら日本国籍を否定したのだ。
    国民年金もいずれ帰国するからと加入しなかったにすぎない。
    彼らの狙いは参政権のみならず掛け金も払わない年金受給だ。



    ここまで**


    あの〜この記事を書くにあたり、「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」を見ておりましたら、とっても気になる文面がみられたのですが・・・・。
    これって、どういうこと? ↓
    ◆在日に権利としての日本国籍を!
     「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」設立記念集会より  
       
     第1部 記念講演会 
     櫻井よしこさん(ジャーナリスト)
     「在日コリアンの友へ(コリア系日本人として活躍を)」



    ※参考:目覚めよ!日本人。
    http://tomoya-jinguuji.tumblr.com/post/32119671886

    とっても気になりますが、今日は遅いので、寝ます。
    櫻井さんのことが気になって、眠れそうにありませんが・・・。




     
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        ☓河野太郎

        ◯自民党
        自民党が進める「国籍取得特例法案」の危険
        4年以上前のネタだねW
        http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/502594

        はじめまして。
        沖縄の問題について恵隆之介氏の動画を
        ユーチューブで観て、その後調べていて
        こちらのブログを拝見しました。
        読んでいて大変勉強になりました。
        また内容とは関係ないのですが、
        政治関係のブログはどれもデザインが堅くて
        読んでいて疲れるのですが、こちらのブログは
        色使いやデザインが柔らかくて大変観やすいです。
        まだごく一部しか拝見していませんが、
        これから少しずつ記事を読ませて頂きたいと
        思っています。ありがとうございました。

        • kitaさん
        • 2013/09/18 3:27 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM