スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    H25年7月20日 安倍総理の最終演説@秋葉原 〜こら、毎日新聞、日の丸いっぱいのどこが悪いっ(。-`へ´-。)!

    参院選2013 comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁

    記事アップが遅くなりましたが、昨日(2013年7月20日)、秋葉原で行われた安倍総理による参院選での最終演説です。
    とても感動的ですので、ぜひご覧になってくださいませ。

    【HD】H25年7月20日 安倍総理の最終演説@秋葉原
    「NHK解体!」コールの嵐:

    http://youtu.be/BO6eXbzaXeY


    動画説明文によると、演説終了して総理が帰られた後、数千人もの「NHK解体」コー­ルが起きたそうで、その様子を、秋葉原に「お散歩」に行かれたはるはるぱぱさんがご自身のブログにて語っておられるので、ご紹介します。


    以下、逆襲の一般庶民!はるはるぱぱの政経妄言。より

    秋葉原でお散歩♪
    http://ameblo.jp/haruharu195/entry-11577142854.html
    ==================
    (前略)
    さて、
    昨日の夜は秋葉原を散歩してきました(笑)
    すると駅前(電気街口)では、選挙演説が行われていました。
    すごい人でしたね。


    拡大して見る

    JRの京浜東北線、山手線のホームからは大観衆が良く見えますので、電車に乗っている人も窓から覗き込んでいました。


    拡大して見る

    私は19時頃に駅について、大観衆の近くに行ってみたのですが、日の丸の小旗が配布されており、嬉しくて2本もらってしまいました(笑)

    演説されている人からの発表では観衆は1万人を超えたそうです。
    私もあまりの盛り上がりに圧倒され最後まで見ておりました。
    総理の演説も行われ、盛り上がりは最高潮に達しました。

    そして、20時で選挙期間は終了となり、みなさん帰り始めるのかと思いましたが、
    なぜか多くの人がそのまま残り、演説の模様を取材していたマスコミに対してコールの嵐が起こりました。

    「NHK、解体! NHK、解体! NHK、解体!」
    「マスコミ帰れ! マスコミ帰れ! マスコミ帰れ!」


    これ以外にも

    「NHKは受信料を返せ」
    「偏向報道をやめろ」
    「朝日新聞を国会で証人喚問にかけろ」
    「お前らはどこの国の放送局だ?」


    みなさん、本気で怒っていました
    マスコミって本当に嫌われているんですね。
    よく分かりました


    そして私もなぜか、腹筋がものすごく痛くなりました(笑)
    そういえば、昨年12月に秋葉原で散歩した時も、帰りに腹筋が痛すぎて途中で電車を降りたことを思い出しました。
    大声出すのって体力がいるんですね(笑)

    選挙演説を何回も行う議員の先生方は本当に大変だと思います。
    あとはもう選挙結果を待つのみです。

    祝勝会の準備をして、20時を待ちましょう。
    ↓と思われた方はクリックをお願いします。

    はるはるぱぱさんの Ranking に繋がっています。


    ここまで**


    動画でわかるように、この秋葉原での最後の演説で、
    なんと安倍首相はいままで封印してきた憲法改正について明言されました。

    産経新聞(2013.7.20 22:46 )
    「誇りある国へ」首相が最終演説で改憲訴え

    投票日を翌日に控え、街頭演説をする自民党の安倍晋三首相 =20日午後、東京都大田区(鴨川一也撮影)

     安倍晋三首相(自民党総裁)は20日夜に東京・秋葉原で行った参院選の最終演説で、これまでほとんど言及してこなかった憲法改正への強い意欲を表明した。「誇りある国をつくるためにも憲法を変えていこう。皆さん、私はやります」と訴えた。

     首相は6日の大阪、京都両市での街頭演説で「憲法改正に挑んでいく」と述べたが、その後は争点を経済に絞るために改憲の持論を封印していた。秋葉原に保守層の若者が集まったと判断して決意を示したとみられる。(後略)


    そんな安倍首相を、毎日新聞は、以下のような記事にしています。日本人の感覚として、とても違和感を感じました。
     ↓

    毎日新聞(2013/7/21 0時34分配信)
    <参院選>私たちが審判を下す
     参院選は20日、選挙運動の最終日を迎え、各党の党首らが最後の訴えに臨んだ。序盤から優勢が伝えられている自民党・安倍晋三首相の演説には多くの支持者が日の丸の小旗を打ち振ったが、その光景を冷ややかに眺める人もいた。この国はどこへ向かうのだろう。21日、私たちが審判を下す。

      ●秋葉原

     東京都千代田区のJR秋葉原駅・電気街口周辺は20日午後7時すぎ、多くの聴衆が手にした日の丸の小旗で埋めつくされた。最後の訴えに立った安倍首相は腕まくりをした白いシャツ姿。「私たちはもっと成長していくことができます」などと呼びかけると、日の丸が一斉に揺れ、歓声が上がった。約10分間の演説のほとんどは経済政策。憲法については最後に「誇りある国をつくるために憲法を変えよう」と触れただけだった

     東京都品川区の主婦、津田聡美さん(42)は「景気を良くしてほしい。民主党に期待したこともあったけど、自民党になって株も上がり、期待している」と話した。世田谷区のアルバイト、今井良樹さん(21)は「尖閣諸島や竹島の問題で、日本は韓国や中国に遠慮しすぎ。外国にも自分たちの主張を堂々とできる強い国をつくってほしい」と語った。

     一方、西東京市の団体職員、河合達夫さん(56)は「経済が上向きになっているという演説を聴くと納得する部分もあるが、今の調子が続くはずはない野党はもっとまとまって自民党に対抗してほしい」と話した。

     秋葉原は昨年12月の衆院選でも安倍首相が最後の訴えに立ち、当時も日の丸で埋まった。20日は演説会の1時間以上前から「自発的に集まった」という若者たちが日の丸の小旗を配った。

     インターネットで買ったという100本を持ち込んだ都内の女性(40)は「母国なので当たり前。米国でも大統領の演説には星条旗が振られている」。一方、夫と1歳の長男と一緒だった中野区の主婦(29)は「選挙というより何かの集会みたいで、ちょっと異様な感じがした」と語った。

     演説会は「アベソーリ」コールで締めくくられたが、ある自民党職員の男性は「盛り上がるのはうれしいが、ここまで(日の丸が)多いと一般の人が入りにくくなるかもしれない」と話していた。【長谷川豊、佐々木洋】


    この新聞はいったいどこを向いて、記事を書いているのでしょう・・・。
    日本の国を思う政治家に対して、日本人が日の丸を振るのがいかにも異常みたいに書いてるところに、違和感を感じるわけで・・・

    かの隣国のように、「日の丸は、掲げるものじゃなくて踏んだり燃やしたりするもんだろう」、とか思ってるんじゃないか?と疑ってしまう・・・。


    ま、はるはるぱぱさんのおっしゃる通り、安倍総裁自民党の祝勝会の準備をして、20時を待つことにします( *´艸`)ドキドキ。

    さ、夕飯しましょ。



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        【緊急拡散】日本政府は、2011年3月3日に311テロ実施をを知っていた!

        福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1)
        http://youtu.be/kNGH17igez8
        (動画)

         元町長・井戸川 克隆 さんが激白する東北地方太平洋沖地震の真相をしっかりと確認して下さい。 
         創価学会公明党が支配する東電が主犯のこの事件の真相は東電な会長が支那で作戦会議をしていた
         ことからも、支那人民解放軍による海底核爆発で有ると断定できる。 この事を隠蔽してきた。 
         反日売国テレビ局・マスコミが日本人の破壊者である事を確認して下さい。 事実を隠蔽・捏造・偽装した
        反日売国民主党韓(菅)内閣を摘発して起訴するべきである。

        【関連情報】
        【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
        証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

        詳細は
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/07/22 4:18 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM