スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【参院選2013】衆院選落選組のくら替え候補、多数参戦へ〜衆院がダメなら参院へ?国会議員になれればそれでいいのか?

    参院選2013 comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁

    自民党の政権復帰後初の、本格的な国政選挙となる第23回参院選ですが、本日4日公示され、21日の投開票に向けた17日間の選挙戦が始まりました。
    定数242の半数(121)が改選となり、自民、公明両党の与党が過半数(122)を確保し、衆参の「ねじれ」が解消されるかが焦点ですぞ!

    正しい「1票」を投じるために、参考になる記事を中心に書いていきたいと思っています。
    ということで、早速、こちらの記事を・・・。
     ↓

    【参院選2013】
    「議員になれれば…」 衆院選落選組のくら替え候補、多数参戦へ
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130704/elc13070401030000-n1.htm
    2013.7.4 00:58 [参院選2013]


    衆院議員選で落選した元議員の参院選候補予定者

     4日に公示される参院選では、昨年12月の衆院選で落選し、「くら替え」を狙う前衆院議員25人が立候補を予定している。
    参院は職を失った元議員の受け皿になっている半面、「ねじれ国会」を背景に党利党略が優先されているとの声もある。
    参院不要論が現実味を帯びる中、有識者は「今回は参院自体の存在意義も問われる」と指摘している。

    (中略)

     前回衆院選では自民、公明両党が圧勝したことを受け、野党で多くの落選議員が生まれ、民主、日本維新の会、みんなの党、生活、みどりの風、新党大地の前衆院議員が参院選への「くら替え組」となる

     こうした状況に対し、首をひねる有権者もいる。
    神奈川県大和市の女性会社員(31)は「衆院がダメなら参院へ、では印象がよくない。国会議員になれればそれでいいのかと思ってしまう」と話した。

     一方、「ねじれ国会の中で党利党略が優先されている」と指摘するのは、衆院選落選後に民主を離党した高井崇志氏(43)。
    今回の参院選では岡山選挙区から無所属で立候補する予定で、無所属の立場で現状を変えたい」と有権者に訴えるという。

     政治評論家の屋山太郎氏は
    「そもそも参院の本旨は衆院をチェックすることだが、ねじれ国会のもとで参院が衆院での恨みを晴らしてやろうという場になっている参院が政策を議論する場になっていない
    と述べた。その上で
    「政局そのものに終始する今の参院なら必要ない。当選した議員が制度を変えようと努力するしかない」
    と話した。

     駿河台大学の成田憲彦教授(67)=政治制度論=は
    「そもそも現行憲法では参院の存在意義が明確でない。制度上最大の問題なのに議論がなかなか深まらない」
    と、参院制度改革の必要性を訴えている。

    こちらも、あわせてご参考ください!

    平成25年6月26日参議院安倍首相への問責決議案に賛成した人の一覧です


    出典:Twitpic 串焼き 東京壁蹴り代行蠡莪豎発室 室長



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM