スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    “不法捕鯨大国”に住む韓国人 反捕鯨で日本大使館にデモ〜「(韓国は)許してはいけない国だということをハッキリと申し上げたい」室谷克実氏

    韓国のこと←知れば知るほど嫌いになりますが・・・ comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁

    ZAKZAKの【韓国の真実】シリーズより

    “不法捕鯨大国”に住む韓国人 反捕鯨で日本大使館にデモの欺瞞
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130703/frn1307030711000-n1.htm
     2007年の初夏のことだ。まだ、慰安婦の像がなかったころの在ソウル日本大使館。そこに押し掛けたのは、日本の調査捕鯨を非難する韓国人のデモ隊だった。

     オーストラリアやニュージーランド、あるいは欧米の日本大使館にも「捕鯨反対」のデモ隊が押し掛ける。

     しかし、それらの国々と韓国とでは全く事情が違う。

     「犬を食べている国民が、鯨を食べる国民を非難した」といったレベルではない。実は、韓国自身が大量の鯨を捕っているのだ

     では、韓国は国際捕鯨取締条約に加盟していないのか。

     いや、加盟している。加盟していて、日本のような「調査捕鯨」も行わないことになっている。

     それなのに、頭数で見れば日本の2倍以上の鯨を捕っているのだ。 

     どういうことなのか。

     「混獲(こんかく)」という。他の魚種を取るつもりで仕掛けた網に鯨の方が勝手に入ってきてしまった−というのだ。

     日本の調査捕鯨は、このところ年間1000頭前後の捕獲数で推移している。

     これに対し韓国の「混獲」数は2012年の場合、2350頭に達したと韓国放送公社(KBS)が報じていた(13年1月5日)。

     「混獲」の中心港は蔚山(ウルサン)と仁川(インチョン)。どちらの港の周辺にも「名物・鯨料理専門」の店がいくつもある。韓国全土の鯨料理専門店は100を超えると推計されている。 

     「捕鯨目的の混獲」であることは公然の秘密、欺瞞も極まる。 

     それにしても、日本大使館に押し寄せたデモ隊の参加者たちは、こんな国内事情も本当に知らなかったのだろうか。

     いや、もっと不可解なことがある。

     あの反捕鯨団体「シー・シェパード」がなぜ、韓国の「公然たる混獲」には対しては事実上、目をつぶったままなのかという闇だ。オーストラリアからの報道では、シー・シェパードは、ようやく12年夏になって「韓国船攻撃宣言」を発したというが実行されていない。

     韓国が“不法捕鯨大国”であることは、もはや国際捕鯨の関係者の間では知らない者はいない。

      そうした情勢を見て取ったのだろう。韓国政府は12年の国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会で「調査捕鯨を開始する計画」を表明した。

     お得意の「闇の公然化作戦」

     ところが、オーストラリアやニュージーランドが批判の声を上げるや、3日ほど後には「なかったことにする」と方針転換した。

     もとより、国内で事実上容認してきた「捕鯨目的の混獲」も禁止するというのではない

     それでも韓国は、第三国に対して「調査捕鯨も行っていない国」の立場で、「日本の捕鯨批判」を展開するのだろう。


    室谷克実(むろたに・かつみ)
    1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)「悪韓論」(同)などがある。


    同一国内において、日本の調査捕鯨を非難する人たちと、「混獲」といいながら日本の2倍以上の鯨を獲ってる人たちが存在するという「矛盾」について、韓国国民や、在日韓国人の人たちはどう思っているのでしょうかね・・・。


    室谷氏の【韓国の真実】シリーズ、他にもありますので、まだ読んでない方は、ぜひご覧ください。知れば知るほど嫌いになってしまう国ですが、やはり「知っておく」ことはとても大切なことだと思います。

    腐敗蔓延の韓国が国際社会で展開する「ロビー活動」 
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130628/frn1306280710000-n1.htm
    韓国の売春従事者は推計189万人 韓国紙が伝える“先進大国”ぶり
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130627/frn1306270708000-n1.htm
    韓国人がベトナムに残した悲劇 鉄面皮の歴代大統領たち
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130626/frn1306260708000-n1.htm
    朴大統領にはまともな側近もいない… 歴史認識が乏しいから出た「恨み1000年論」 
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130625/frn1306250708000-n1.htm
    韓国人の何たるかを示す“外華内貧” 内面は二の次、三の次
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130702/frn1307020710000-n1.htm
    韓国、あきれた「ウリジナル」 日本の文化・歴史を“横取り”
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130701/frn1307011131000-n1.htm
    史実を知らず、漢字を読めなくなってしまった韓国人の哀れ
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130630/frn1306300707000-n1.htm


    ◆こちらの動画もぜひご覧ください

    【室谷克実】虚飾にまみれた韓国の実態[桜H25/6/11]
    http://youtu.be/1U2Zo3a16hc

    公開日: 2013/06/11 

    【動画説明文より】時事通信社のソウル特派員としての経験から、韓国社会の虚飾性をその身に染みるほど実­感してきた室谷克実氏。そのあまりのOINKぶりは、経験談として日本人に説明しても­容易には信じてもらえないほどのもので、それを分かりやすく世に広めるために資料を纏­めていったら、『悪韓論』というタイトルを付けざるを得なくなったほどだったという。­
    それでも多くの日本人が未だ「美しき誤解」に騙されている現状を鑑み、本当は驚くほど­に内実がお粗末で、日本人とは相容れない価値観を有している「韓国」という国の実態に­ついてお話しして頂きました。


    室谷氏が、
    「(韓国は)許してはいけない国だということをハッキリと申し上げたい
    室谷克実−Wikipedia より)

    とおっしゃるのも、納得です・・・。
    知れば知るほど「嫌い」になっちゃう韓国のことを、幸か不幸か、室谷氏は知り尽くしておられるのですものね・・・・。





    悪韓論/新潮社
    室谷克実著(単行本: 223頁)
    発売日: 2013/4/17
    中古品の出品:¥ 839より



    桜チャンネルさんも、おススメ ↓
    ”これまでの嫌韓本とは次元を異にする­、室谷克実氏の『悪韓論』を皆様に推薦させて頂きます”

    【断舌一歩手前】無慈悲な現実認識『悪韓論』[桜H25/6/4]
    http://youtu.be/a4vYDt8Sobk

    公開日: 2013/06/04


    ■参考:
    【書評】『悪韓論』室谷克実著
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130526/bks13052609340006-n1.htm
    『必読!「悪韓論」 室谷克実先生』
    http://amba.to/12451Lh





    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM