スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ”自衛官というだけで就学の機会を奪い人権は無視される。内地ではありえないことがこの沖縄では昔も今もあり得る”(正論8月号読者の声より)

    沖縄、大丈夫か! comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:沖縄
     
    正論8月号の編集者へ より
    愛媛県今治市の船員、男性(58歳)から

     沖縄の以上事態について井上和彦氏が2回にわたって本誌で連載された。拝読し「反日反自衛隊」の歴史と地元メディアの異常さにあきれる他はない。

     私は自衛隊現役時、昭和50年から4年半、沖縄の地対空ミサイル部隊の陸自知念分屯地に勤務した。昭和48年に移駐した先輩方から苦労話を数多く聞かされた。官舎地区の役所が自衛官の住民登録を拒否し、自衛官の子弟が小中学校に通えないという以上事態が3ヶ月に及んだことを聞いて憤慨したのを忘れることはない。

     また海自沖縄航空隊に勤務する隊員が向学心に燃えて琉球大学の夜間部に合格し、勤務を終えて大学の校門で左翼学生に阻止され、ついぞ校門をくぐることはできなかった。大学側も学生の行動を黙認し、地元メディアは最高学府の場を汚すと大々的に報道したのだ。
    自衛官というだけで就学の機会を奪い人権は無視される。内地ではありえないことがこの沖縄では昔も今もあり得る。
    海自隊員は上司の計らいにより内地部隊に転勤し夜間大学に入り直し、卒業後幹部に昇任され定年まで勤め上げたと聞く。人権や平和を振りかざし他者の人権を平気で踏みにじる、いわゆる人権屋には腹の底から怒りを覚えるのは私一人ではあるまい。

     自衛官や米軍の善行などただの一度も沖縄のメディアは報道しない。

    スーパーで倒れた老人をたまたま居合わせた米海兵隊員と自衛官の連係プレーによって助けたことや、沖縄駐留の海兵隊司令官が亡くなる寸前に「自分の体を沖縄の人々に役立てて欲しい」と献体したことなど全く県民に知らせない。
    米軍と自衛隊員の善行はこの地沖縄では「あってはならない」こと
    なのだ。

     沖縄県民の気質は、ゆすりたかりのシナ人、朝鮮人そのものと言っても過言ではない。金さえ出せば黙るだろうと甘い汁を吸わせ補助金づけにした歴代の自民党政権と民主党の責任は極めて重い。

    沖縄の保守は基地容認を口にしようものなら徹底して叩かれ、正論を吐けば干される。

    票欲しさに基地反対を公約にせざるを得ないのが現状である。ここ日本でもまれな道理の通じない県が沖縄だ


     元海自士官、沖縄出身ジャーナリスト恵隆之介氏は、海自退官後、琉球銀行に勤めながら正論を吐くあまり県と上司の圧力によりやむなく退職した。沖縄国際大学で講座を持ち、学生に目からうろこが落ちたと絶賛を博し毎回大盛況の折、大学当局は閉鎖した。
    思い余った学生は講座の再開を陳情したが、ナシのつぶてだった。

    また、ある中小企業のオーナーが恵氏にビルの1室を事務室として貸していたが、これも県の圧力により追い出された

     恵氏はこうした圧力に屈することなく、沖縄の現状と沖縄をシナから守るために日本各地を講演でかけまわっている。頭が下がる他はない。氏の地道な啓蒙活動により若者が覚醒しつつあるのは光明を見る思いだ。

    内地の左翼と沖縄左翼は沖縄を最後の牙城として必死に喘いでいる。日露の決戦で必死で堡塁(ほうるい)を守り抜いた「一戸堡塁」ならぬ「恵堡塁」に補給を絶やしてはならない


    ※この男性のご意見への編集者からのコメントです
     ↓
     沖縄メディアは協定の存在は認めながらも、「もう空文化している」と答えていますが、現実はどうでしょう。
     より巧妙に反日反米の偏向報道を続けています。彼らは協定を結んだ時点でメディアとして自殺し、ある勢力の工作機関となったのです

    ここまで**


    沖縄の「異常な勢力」に、立ち向かっておられる恵隆之介さんの拙ブログ関連記事もぜひご覧になってくださいませ

    ・恵さんの「中国のシナリオ」沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3707

    ・正論1月号、恵隆之介さんの記事
    国を売るマスコミ ここまでするか・・・沖縄「反米」報道の異様
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3584
    米兵への嫌がらせ助長から”テロリスト”募集まで・・・
    地元2紙は沖縄と本土を分断させようとしているのか
    中国にかわって「三戦」を展開する地元沖縄2紙の悪影響は、子供達にまで及んでいます。
     
    ・危ない!!仲井真知事は 中国の帰化人で沖縄をシナに売りに行ってる〜本土の人間がうんざりするっていうのも彼等の作戦だった!?
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3172

    沖縄本島では「弾を撃たない戦争」が既に始まっている!【惠隆之介】6分
    http://www.youtube.com/channel/UCm7vuJEKhVCVnCNcCGEbCPg?feature=watch

    bouei nippon さんが 2012/06/10 に公開
    【動画説明文】HRPブックレット『迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ!』収録映像
    http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=751


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM