スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【過去動画ですが文字起こししました】橋下徹「日本は戦争の加害者。周辺諸国に、過去、迷惑をかけたことは間違いない」

    テキスト起こしした動画 comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁

    先日(5/13)の発言と、歴史観はほとんどかわっていないように感じますが・・・。
    ということは、歴史勉強不足ではなく、「思想的」なもの、ってことなのかなと思ったりします。
    となると、やはり「要注意」人物だと思ってしまうわけであります。

    【ニココメ付】
    橋下徹「日本は戦争の加害者」
    http://youtu.be/DdO44B7Npi0
    ※文字起こしは、動画下にあります
    ※個人的に気になった部分のフォントを変えております。


    【ニコニコ動画】はこちら

    (編∋嫁劼砲弔い討竜者からの質問)

    僕、前も言いましたけども、日本を創るにあたって、命を落とされた方、ま、いろんな事情、ま、やはり日本のために、国のために命を落としたという方々に対して、きちんと敬意を表するということは、これは絶対に必要だと思いますね。

    で、日本維新の会でね、編∋嫁劼砲弔い討狼掴世靴泙靴拭7誅世箸靴討蓮△海譴聾朕佑量簑蠅世函個人の、ま、宗教心も含めてね、個人の問題でもあるんで、これは政党として方針を決める問題ではないと、いうことになりました。

    ですから、これは個人の、それぞれの態度振る舞いに、ま、委ねていくことになります。これが日本維新の会の考え方で、日本維新の会としてこうしましょう、ああしましょうと言わずに、それは個々人の政治家に委ねる、ということになりました。

    僕自身は、あの〜その先人の、ま、命を落とされた先人に対しては、敬意を表さなければいけないという思いがありますが、まずね、これ、いくつかの、ま、2点問題があって、1点は、あまり大したことではない問題、2点目はちょっとこれはまた、外交安全保障に関わる問題なんですけども、
    1点目はですね、僕がこの話をしたときにね、うちの母親からもね、僕自身も感じてたんですけど、
    「いや、あんた、そりゃね、じいちゃんの墓参りも行ってないやんか」と。で、そりゃね、記者会見でそんなね、編△紡个靴董△△鵑米押垢箸△鵑覆佞Δ砲っこいいこと言ってもね、爺さんの墓参りすら行ってないのにね、どういうことやって言われましてね、で、それはたしかにね、あの〜そうなんですよ。
    だからあの〜こうやって先人、命を落とした先人に対してね、あの〜敬意を表さなければいけないって言って、うちの爺さんも、そりゃやっぱり命・・・そういう日本のために頑張って、海軍出身ですから、あの、頑張って、ま、別に戦で死んだわけじゃないですけども、あの〜日本のために、ま〜頑張ってきた、ま、たしかにそういわれるとね、なんで急に政治家になって、急にそうやってかっこつけるんだってところはあります。

    だから、あの〜爺さんの墓参りもろくにあまり行っていない、え〜もちろんあの〜父親の、実の父親の墓参りも、ほとんど、たま〜に、ま、行くぐらいで、そう行ってない。そういう人間です。
    だから。だから、先にカッコつけんなって言われたら、そういう人間。だけど、その話もね、日本維新の会の中でもやったんだけども、それは個人の、そういう人間だけれども、役職についたら、やっぱり、国民を代表してね、え〜だから、僕はやっぱり、知事とか市長という立場にあるから、戦没者追悼式とかに出るわけですよ。だから、そういう立場としてね、編¬簑蠅鬚箸蕕┐覆ゃいけないと思ってます。

    で、そうなってきたときには、僕はね、あの〜先人に対する、あの敬意ってものを絶対に必要だけれども、僕はこの〜戦争についての、あの〜、総括っていうのもやらなきゃいけないと思ってるんですね。
    で、僕はね、メッセージの出し方、その、そういう役職についた立場になればね、メッセージの出し方ってところも非常に僕は重要だという風に思ってましてね、周辺諸国について、気を使うことはない、っていう考え方もあるかもわかりませんが、実際に日本はね、え〜過去において、え〜僕はあの〜その戦争の総括が出来きれていないから、歴史家じゃないから、確定的には言えないけども、それでもやっぱり、周辺諸国に、過去、迷惑をかけたことは間違いないわけで。

    謝り続けたらそれでいいじゃないか、っていうのはね、それはね、弁護士やっててね、日本国内において、いろんな事件、事故の代理人やりましたけどもね、加害者サイドがね、もう謝り続けたんだから、もう謝るの、いいじゃないか、ってそんな加害者は見たことない。
    加害者になったらね、そら、弁護士やってみて、そら、被害者サイドから見ればね、ず〜っと腹の中にね、恨みつらみは残りますよ、それは。
    それを、加害者サイドの方がね、もう十分謝ったんだから、もう充分、賠償金渡したんだから、もういいじゃないかっていうのは、心情として、僕は人間として、僕はそういう態度はとれないですね。
    これは弁護士やって、実際にいろんな命を落とす事件の代理人をやったときに被害者側の方にも立ったし、加害者側の方にも立ったし、国内ですらですよ、国内でも被害者の方、そら被害者はね、加害者に対してね、一生忘れるな、と、そんなのね、一生、この事件については忘れるな、この事故については忘れるなってことをやっぱり国内においても被害者は、そらね、もうほんとにそりゃ、あの〜遺族としてね、あの〜泣きたい気持ちを、言い続けるわけですよ。
    それで恨みつらみを持ち続ける場合もある。

    そうしたらね、それをね、あの〜対中国、対韓国においてね、あの〜もう謝り続けたからいいじゃないの、とかね、おカネ払ったからいいじゃないの、という、そういうことは僕は違うと思いますね。

    ただ、それを、事実、事実誤認とか、違うことを言われたら、そら、反発しますよ、そりゃ。
    僕はだから、あの慰安婦問題のね、あの〜暴行・脅迫にもって、連行、強制連行されたとか、ああいう問題に関しては、違うことは違うっていうふうに言いますけども、しかしね、加害者っていう、そういう国である以上は、やっぱりそれは、そういう気持ちをもって、そして、しかるべき立場に立った場合には、メッセージの出し方っていうのは、気をつけていかなきゃいけない

    ってなれば、編∋嫁劼砲いて、終戦記念日ってときにね、え〜その時に参拝するのかね、それとも、編⊃声劼砲いては、例大祭っていう、その〜そっちの方が重きをおいた行事であるわけだから、そっちの方でいいんじゃないかとか、そういう、あの〜判断はしなきゃいけないっていうのは思ってますね。

    だから、ま〜これもまた日本維新の会でいろいろ議論しなきゃいけないんですけども、あの〜中国や韓国にね、事実と違うこと言われたら、そら猛反発してね、抗議をしてね、日本の国家としてのプライドが落とされるようなことになれば、そりゃもう、猛攻撃しなきゃいけないし、
    それから、尖閣周辺海域においてもね、今の現状では日本が実効支配している以上は、それを実力行使でね、実効支配を変えていこうとする、そういう力に対しては、これはもう、あの〜果敢にね、そこは対抗措置をとらなければいけない。
    だから、海防力?とかね、海防の力とかね、そういうものの生身の力っていうものをしっかり備えなきゃならないと思いますけども、しかし、やっぱり、あの〜加害者であったというこの事実はね、あの〜世代を超えたとしても、やっぱり僕はわすれちゃいけないことだというのを思ってます。

    でもね、これはあなた方、考え方が違うかもわかんないけど、ま、弁護士やってた以上は、そうです、被害者側の代理人になったら、そんなの、被害者側からしたら、そんなの、何がなんでも絶対許さない、というその気持ちを否定するわけにはいきませんよね。

    記者「敬意を表するけれど、する、しないはまだ未定っていう理解でよろしいですか?」

    だから、僕はそういうしかるべき立場にたったとき、国民代表という立場に立った場合には、あ〜8月15日に行くべきなのか、春、秋の例大祭に行くべきなのか、あ〜そこは考えますと。
    だから、こういうことをカッコよく言っても、爺さんの墓参りにもろくにも行ってない、え〜そういう人間がね、先人の、あの〜そういう命に対して、敬意を表すべきだっていうふうにカッコをつけすぎるのも、やっぱよくないな、って思います。
    だからしかるべき立場に立てば、これは国民を代表してね、あの〜戦没者追悼式に行くのと同じように、だから国民を代表してしっかり、その敬意を表するね、そういうあの〜所作はしなければいけないとは思ってますけどもね。

    記者「敬意を表するのであったら、分祀であるとか、あるいはその国立の追悼施設とかいろいろなアイデアがでていると思うのですが、それについてはどう思われますか?」

    でもそれはね、あの〜神社の在り方について、え〜簡単にそれは政治家の方が、それは宗教の一番太い軸にかかることですから、あ〜簡単にそれは政治家が結論を出すべき問題じゃないと思いますね。
    それはあの〜編▲汽ぅ匹諒に、分祀ってこれ、編⊃声劼諒に対してある意味のことを要求していくことですけどもね、それもまたやっぱり違うんじゃないですか。
    そうであれば、そういう敬意を表するやり方を別に考えるっていうんであれば、それはまた、あ〜政治家のみんなで考えていったらいいと思うんですけども、でもそれは、あの〜簡単に、分祀だとか、そういうことを政治家が言うべきことではないと思いますね。

    やっぱ今の神社の、編⊃声劼箸いγ罎如△匹先人に敬意を表しながら、しかし、加害者であったということも忘れずに、このメッセージの出し方、誤ったメッセージの出し方にならないように、そこは気をつけていかなければいけないと思ってます。
    だから、8月15日にこだわるのか、僕は例大祭ってところで、しっかりと先人に対して、あの〜「ありがとうございました」ということを、で、僕はあの〜先人に対する敬意ともが十分なんではないのかな〜と思ってますけどもね。
    それはまた、あの〜自分がそういう立場に立ったときに、どうするかっていうときが、どうするかってことは、もっと考えたいと思いますけどもね。今はまだそういう立場ではないですから、今ここで、ああします、こうします、っていう状況でもないと思ってますね。

    記者「おじいさんのお墓参り、一回も?」

    いや、一回もじゃないですよ。だからもう、どれくらい行ってないのかなぁ。知事になってから行ってないかな〜。4年間行ってないですよね、行け行けって言われながら、それ、書くんですか?(笑)
    ま〜ま〜ま〜ま〜それはいいですけれど。
    ほんとに、爺さんのはそれはそりゃそうなんでね、急にカッコをつけたってしょうがないんで。

    ま、これはでも、編△北欧辰討い襦△△痢舛修留冦遒紡个靴董△△痢舛ちんと日本国民が、あの〜ず〜っと敬意を持ち続けなきゃいけないっていうのはね、やっぱりね、これはさっきの、あの〜編△力辰靴辰討いΔ發里眷くなってしまっている日本というものは、結局、中国、韓国に対しての加害者っていう意識も薄くなってることと、僕は共通すると思うんですね

    だから、やっぱりね、自分たちのね、その先代に対する、これは僕のあの〜反省もこめてですよ、編△北欧辰討い覬冦遒紡个靴討里諭△△痢禅せちっていうものを持ち続けることっていうのは、過去に対してね、やっぱり「悪かった」と思ったことは持ち続けること、これイコールですよ

    だから、あの〜これはどっちか、卵が先か、鶏が先かの話になりますけど、編⊃声劼任脇本を救ってくれたその英霊に対する気持ち、そういうものが日本国内で薄まってきてるっていうことは、あの〜中国と韓国に対するね、え〜そういう気持ちってものも、やっぱ薄まってきてしまってる
    だから僕は中国や韓国と話してね、編△力辰靴鯤原腓い辰討た場合にはね、いや、中国や韓国に対する気持ちもね、しっかり、これは日本国民としてね、あの〜代々ずっと、これは気持ちを持ち続けなきゃいけない、それと同じようにね、その英霊に対してもね、そういう気持ちを持ち続けなきゃいけない、
    要は過去に対してのね、いろんな気持ちってものは、そりゃ編△量簑蠅亘困譴董中国や韓国のことだけは、ずっとあの〜心の中で思い続けろって言ったら、こんなの無理ですよ。

    日本国民全体で、しっかりと過去のね、歴史について、思い続けるということは、これは反省の気持ちも含めれば、英霊に対する敬意も含めれば、すべて、すべてひっくるめてね、過去に対しての気持ちってものを持ち続ける、そういうことをね、中国や韓国に言って、それでどういう反応がくるのか聞きたいんですけどもね。

    だから、それを、方やこっち側で中国や韓国に対する気持ちってものをおろそかにしておきながらね、そして、編△量簑蠅里箸だけ、先人に対するね、え〜そういう思いを持ち続けなきゃいけない、だから編△覆鵑澄▲丱薀鵐梗困靴泙垢

    だから、それは全部あわせて、過去に対しての反省も敬意も含めて、すべて過去に対して日本人がしっかりとね、この思いをもち続けるんだ、ということになれば、中国や韓国に対する思いも、それから編△紡个垢觧廚い癲∩管瑤修譴蝋腓錣擦董∨佑脇本人の、あの〜日本の過去に対するしっかりとした思い、ということでまとめられるんじゃないのかな〜と思ってます。

    ただ、そう偉そうに言う前に、ま〜爺さんの墓にいかなきゃいけないんだよね、これはね。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        愛信さん、いつもコメントありがとうございます。

        ”安倍総裁を信じて日本再興をしよう。 衆議院に参議院共に自民党単独2/3議席獲得の大勝利!を達成しよう。”

        私も同じ思いです。
        安倍総裁自民党と、安倍首相を後押ししてくださっている方々が、日本の誇りを取り戻すための「日本再生」という目標に向かって進んでいけるよう、できることを探してやり続けていきたいと、今も変わらず強く思っています。

        • まったけの嫁さん
        • 2013/05/15 10:49 PM

        衆参同日選挙
        中川昭一先生の葬儀にて 弔辞・安倍晋三議員
        http://youtu.be/WHDxt10xMgg
        (動画)

        追悼 中川昭一と辛坊発言
        http://youtu.be/WguaLvFcpS0
        (動画)

        安倍総裁を信じて日本再興をしよう。 衆議院に参議院共に自民党単独2/3議席獲得の大勝利!を達成しよう。

        【要請書送信先国会議員一覧】
        http://www.aixin.jp/yskgd.cgi

        詳細は
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/05/15 1:57 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM