スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    4/25:追記あり「総連には出ていってもらおうと思っている」一時的にせよ貸借の要請があれば、国へ判断を仰ぐ方針・購入資金は金融から借り入れ←総連側が出ていくことが融資の条件に入ってる

    嬉しいニュース comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:ニュース

    4/25:追記(私的には、大手金融機関が邪魔をしてるのかな?とか思ったり・・・、それとも、最初から購入すつもりなんてなかった?といっても、5億円の保証金を没収されるわけだし・・・、今後の動きも注視していきたいと思っております)

    朝鮮総連本部落札の宗教法人、購入資金確保が難航
    TBS系(JNN) 4月25日(木)0時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130425-00000003-jnn-soci
     競売にかかっていた朝鮮総連中央本部の土地と建物をおよそ45億円で落札した鹿児島市の宗教法人の法主が資金繰りの悪化を理由に45億円を支払えない可能性を示唆しました。支払えない場合は、再び入札を行うことになります。

     「金融機関がどこに行っても応じてくれなくなった。どうしても融資がかなわなければ、これは仏様が待てと言っているのだと諦めます」(最福寺 池口恵観 法主)

     鹿児島市の宗教法人「最福寺」の池口恵観法主は東京・千代田区のホテルで行われた講演会でこのように述べ、落札した朝鮮総連中央本部の土地と建物の購入資金の確保が難航していることを明らかにしました。最福寺が落札した金額は45億1900万円で、これまでにおよそ50億円の融資を複数の大手金融機関に求めましたが、いずれも融資を断られたということです

     裁判所への支払い期限は来月10日だということですが、最福寺が45億円を支払えない場合、5億円あまりの保証金は没収され入札はやりなおしとなる見通しです。(24日22:29).

    最終更新:4月25日(木)5時57分


    「最福寺」池口恵観法主については、拙ブログ過去記事をご参照ください。
     ↓
    朝鮮総連本部(売却基準価格は約26億6800万円)を45億1900万で落札したのは、「北朝鮮側と関係が深いことで知られる人物」だそうですが・・・
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3923


    追記ここまで**
    ===========

    記事見て、ホッとしています( *´艸`)♪

    「総連には出ていってもらおうと思っている」
    購入資金は金融から借り入れ
     最福寺・池口恵観氏

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130329/trl13032919350005-n1.htm
    2013.3.29 19:33

     在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物について、宗教法人「最福寺」への売却を許可する決定を東京地裁が出したことを受け、最福寺の池口恵観(えかん)法主(ほっす)(76)は29日、別院の「江の島大師」(神奈川県藤沢市)で会見し、今後の方針について報道陣に語った。


    記者会見をする朝鮮総連中央本部を落札した池口恵観・最福寺法主(中央)=29日午後、神奈川県藤沢市江の島の江ノ島大師(宮川浩和撮影)

     オレンジ色の法衣に身を包んだ池口法主は午後5時過ぎ、本堂に集まった50人ほどの信者の前で「炎の行者」の異名の通り護摩行を終えた後、疲労感をにじませ取材に応じた。

     「(東京地裁には)私たちの出した資料をよく見て、通していただいた。非常にうれしく思います」

     池口氏は冒頭、こう感謝の言葉を述べ、笑顔を見せた。

     落札直後に行った26日の会見で「朝鮮総連側から借りたいという意向があれば検討する」と述べたことの真意について質問されると、「国が北朝鮮に制裁を行っている。国の許しがあれば、(朝鮮総連が新たに本部とする)次の場所が見つかるまで、いてもらってもいいということです。基本的には、私は出ていってもらおうと思っている」と説明。

    今後、朝鮮総連側にも伝え、一時的にせよ貸借の要請があれば、国へ判断を仰ぐ方針を示した。

     落札額の約45億円の調達については、朝鮮総連中央本部と、最福寺別院の江の島大師の土地と建物を担保にして、大半を金融機関からの借り入れで賄うという。「すでに融資オーケーの判定をもらっている」と話し、担保としての価値を確保するため「総連側が出ていくことが融資の条件に入っている」と明かした上で、「北朝鮮関係の金でないことは明言しておきます」と強調した

     また、購入後の朝鮮総連中央本部跡地の運用については、「民族の融和の拠点として、英霊の供養の場にしたい」との意向を示した。



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        捏造された大東亜戦争の意義と自虐史観

        中国人「靖国参拝で騒ぐのは中韓だけ…もしかして日本はアジアを欧米列強から開放した英雄なのでは…」
        http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1366866285/

        【関連情報】
        ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士
        http://youtu.be/3Q_4DuH1K08
        (動画)

        日本がアジアに残した功績の真実
        http://youtu.be/Kiz7N4z7c3M
        (動画)

        いわゆる先の大戦大東亜戦争の意義を捏造し、自虐史観を教育してきた反日組織日教組や支那朝鮮に
        支配された反日売国テレビ局・マスコミの主張と異なる意見が述べられています。安倍内閣の閣僚が靖国
        参拝したことで狼狽する支那や朝鮮とそれを擁護する反日売国マスコミや評論家の話の嘘が判る内容です。

        詳細は
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/04/25 11:27 PM

        韓国外務省、安倍首相新談話にまで言及 歴史認識で駐韓大使に抗議
        http://sankei.jp.msn.com/world/news/130425/kor13042513590004-n1.htm

        【関連情報】
        【正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現】マスコミ靖国参拝批判の嘘・「戦争の総括ない」
        「戦時宗教弾圧」、朝日「隣国の神経逆なでが流行」
        http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5041.html

        反日朝鮮はユスリとタカリで、日本は今まで謝罪と賠償をして来たのだから今まで通りにしろと要求している。 
        嘘である事は承知しているが60年間も嘘を教えてきたてまえ急には変えられない。
        嘘でも100回言ったら本当になると信じている彼らには関わらない方が良い。今まで日本人を騙して来れた
        反日売国テレビ局・マスコミは嘘が露呈してしまい反論すればするほどに視聴者や読者が離れていく事を知るべきだ。

        【経済・政治の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
        【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/04/25 6:02 PM

        経産省、燃料電池車の量産後押し−水素タンク技術基準見直し
        http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx1520130325qtke.html

        燃料電池車が普及すれば、水素スタンドの不足が問題となり、何処でも手軽に水素ガスボンベが購入できて使用する、
        着脱容易な方式になるだろう。 それは卓上ガスコンロのガスで安い電気が作れるようになる。

        詳細は
        【燃料電池の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
        【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        ps:
        入札価格より高いお金を誰が融資するか、そんな事はないので
        この話は詐欺だろすぐに判る。

        • 愛信さん
        • 2013/03/30 4:30 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM