スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【安倍首相】TPP参加を止める方法【交渉参加】〜TPP条文の原文を数日かけて読まれた方のブログ

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁

    【安倍首相】TPP参加を止める方法【交渉参加】
    http://ameblo.jp/free-and-obligation/entry-11491116712.html

    (前略)今回の記事にいきましょうw
     ↓ からどうぞ。
    http://mainichi.jp/select/news/20130316k0000m010016000c.html

    以下、転載です。
    ===============
    TPP:安倍首相、交渉参加を正式表明 官邸で記者会見
    2013年03月15日 18時12分
    (※同日23時46分に更新され、下線部の文章はみあたりませんでした:ブログ主加筆)


    安倍晋三首相は15日、首相官邸で記者会見し、
    環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「TPP交渉に参加する決断をした。
    その旨、交渉参加国に通知する」と述べ、交渉への参加を正式表明した。
    首相は同日、甘利明経済再生担当相をTPP担当相に任命。
    交渉参加に向けた体制づくりを加速する。
    ==================

    この記事だけで
    「もうダメだヽ(`Д´)ノウワァァァン 」
    と思った方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

    最近目が覚めた人やら、日本国内のメディア報道を額面通りに受け取ってる素直な人ほど、こういう傾向が強いんです。

    こういうのを、2chで言うところの「アキラメロン(諦めろ)を食わされる」ということになるんですが、自分としては「何で二次ソースの報道を読んで、一次ソースの政府資料などを読まないで騒ぐんだろうなぁ?」と毎回思うわけでww


    ちなみに↓から、今日のTPPに関する安倍さんの会見は確認することができます。
    http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0315kaiken.html

    これだけ見ると、安倍さんは交渉参加に乗り気なようですが、
    ここからが自分の盛大なネタバレが始まっていきますww
    色々あるんでどこから書こうか迷うわけですが、一つ一つ解説しましょう。

    まずは↓の動画をどうぞ。

    TPP問題 安倍総理記者会見を深読みする。
    http://youtu.be/2cFsoY1tqEo


    これはTPP条文の原文を数日かけて読んだ自分としては、
    「この動画のアップ主は鋭いわー」と思ったんです。
    自民党が掲げた条件を伝えて、一定の工業製品の関税撤廃に関する例外をアメリカに認めさせているんです。

    つまりこれがどういうことかというと、「農業から産業、保健医療、果ては公共事業に至るまで全て開放しないといけないTPP」の前提が崩れることになりますw

    もう既にTPPのルール作りに関する交渉は終了していますので、
    これは参加国間にとって、ものすごい迷惑なことでして。

    要するに、もう決まったものに日本が口出ししているわけですwww

    ちなみにTPP参加国である、ニュージーランドでは TPPに詳しいオークランド大学のジェーン・ケルシー教授は、「日本がTPPに参加することは危険だ」という警鐘を鳴らす書簡を安倍さんに送っているんです。
     ↓からどうぞ。
    http://www.scoop.co.nz/stories/PO1303/S00188/terms-of-japans-entry-to-tppa-talks-bad-news-for-nz.htm(英文)


    それから今回の問題というのは日本とニュージーランドのみならず、
    アメリカをも揺るがしている状況です。
     ↓の記事を読んだ方ならピンとくると思いますが。

    【アメリカ議会はTPP参加を認めていない】
    http://ameblo.jp/free-and-obligation/entry-11076507075.html

    アメリカ自体も日本と同様、今は政府が勝手に動いている状況でして、議会の承認がないとアメリカもTPPに参加できないんです。

    先月の安倍さんの訪米を受けて、民主党の下院議員であるサンダー・レビン議員が↓のように「日本がTPPに参加することはアメリカのためにならない」というコラムを書いています
    http://democrats.waysandmeans.house.gov/press-release/levin-statement-joint-us-japan-tpp-statement(英文)

    (※参考記事:米民主党議員団、自動車めぐり日本のTPP交渉参加に警鐘
    http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTJE92D01H20130314
    ロイター 2013年 03月 15日 08:25 JST

    議員団は大統領への書簡で「非常に利益率が低い業界で(25%のトラック関税や)2.5%の車関税撤廃は、米国の重要産業を利することなく日本側に大きな利益をもたらし、日本からの輸入増加、米国の生産減、米雇用の衰退につながる」とした。

    議員団には、下院歳入委員会の民主党トップであるサンダー・レビン議員(ミシガン州)や、同議員の兄弟で上院軍事委員長を務めるカール・レビン議員(ミシガン州)のほか、8人の上院議員と約40人の下院議員が名を連ねた。

    サンダー・レビン議員はロイターに対し、「書簡は日本が(TPPに)参加することに警鐘を鳴らすものだ」と述べた。)


    これを受けて、昨日(3月14日)の段階で、
    レビン議員を中心とした49人の民主党議員が
     ↓のように日本のTPP参加を懸念する書簡をオバマさんに送っているんです。
    http://levin.house.gov/press-release/bicameral-group-members-raises-alarm-japan%E2%80%99s-possible-interest-joining-tpp(英文)

    http://news.livedoor.com/article/detail/7501344/
    (※参考記事:TPP交渉、日本参加に懸念=自動車産業に脅威―米民主議員団
    時事通信社 2013年03月15日11時52分

     【ワシントン時事】米上下両院の民主党議員団は14日、オバマ米大統領宛てに、日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加への懸念を示す書簡をまとめた。日本のTPP交渉参加は「数十年も(日本企業との)不公正な競争を強いられてきた米自動車メーカーと労働者の状況を悪化させる脅威となる」と指摘。安倍晋三首相の参加表明を前に米政権に慎重な対応を迫る内容となっている。

     書簡に署名したのは、通商政策を所管する下院歳入委員会のレビン筆頭理事ら自動車産業の拠点であるミシガン州選出議員をはじめ、上下両院の民主議員49人で、大統領に同日送付した。 )


    こういう状況を踏まえると、安倍さんはこの辺りも計算に入れて動いてる可能性も無きにしもあらずで。
    で、ここで我々国民ができることというのは、自民党内の240人に上るTPP反対の議員に反対の意思を届けて、実際にTPPに参加することになったら衆院もしくは参院で止めるように動いてもらうことです。

    日本は議会制の民主主義の国家ですから、議会の決議の際に止めることができるわけです。日本に向けてミサイルを発射するどこかの国とは違いますw

    ちなみに仮にTPPに入ったとしても、そこから抜ける方法もあるにはあるんですが、現時点では日本の議会で止める方法がベターかなと。
    まだまだ騒ぐ段階ではないわけですw

    (後略)

    転載元:Freemanの音楽・政治ブログ



    ”我々国民ができることというのは、自民党内の240人に上るTPP反対の議員に反対の意思を届けて、実際にTPPに参加することになったら衆院もしくは参院で止めるように動いてもらうこと
    です”

    =======================
    ●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
    岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日
    http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html


    最後に、こちらの動画もぜひご覧になってください。

    TPP 安倍総理の施政方針演説の真意と偏向報道
    http://youtu.be/C9mO2tfx05Q



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        ヒスイさん、コメントありがとうございます。
        「保守の分断が心配」
        私も、全く同じ思いです。

        中川昭一さんの奥様も、安倍さんの表明にがっかり、という記事も目にしました。安倍さんがされていることを見ると、「国益に損なう」ことを「我がために」あえてするとは、とうてい思えないのですが、「安倍政権は支持しても、安倍さん個人を支持するのは危険」という考えを示す言葉が最近よく目に入ってきます。

        TPPには反対です。安倍さん、安倍政権の後押し、という意味でも、TPP反対の声はどんどん届けていくつもりです。

        倉山満さんの記事(月刊正論)がとても気になっています。あからさまな「潰し」では、国民はもう騙されなくなったので、「新たな手」で我欲のない命がけで「日本を取り戻そう」とする安倍さん潰しが、すでにはじまっているような気がして、とても心配になります。

        • まったけの嫁さん
        • 2013/03/21 8:42 AM

        更新ご苦労様でございます。
        Freemanさんのブログに時々書き込まれている大沼総帥さんのブログ「日本が危ない」もTPP交渉参加に関する考察が秀逸で、やはり素人が政治の上っ面だけみて軽々しく口を挟むべきでないと思い知らされる感じがします。
        三橋貴明さんのブログのコメント欄も安部さんを批判的に捉える方々が結構多いので(情報収集によって少しずつ収まってくれば良いのですが)保守分断が少し心配です。

        • ヒスイさん
        • 2013/03/19 4:22 PM

        中川昭一のラストメッセージ
        http://youtu.be/eCHQw_khBoE
        (動画)

        【人権擁護法案反対の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi

        【関連情報】
        人権擁護関連

        自民党安倍内閣は愛国系日本人の絶大な支持を受けて日本の第一政党となる事が出来たのである。 
        我々の望んでいるのはこの国日本の安心と安全である。 反日売国勢力を一掃して日本再興を実現する
        ことである。 これはTPPへの参加や不参加などの議論より優先的に処理するべきである。 
        やるべきことはたくさんあるのに、目前の重要問題から論点を逸らし、国民を騙すことはするべきでない。

        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2013/03/18 11:05 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM