スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【台湾と日本】本当に「大切な隣人」、そして「真の友好」とは何か〜教育によって、将来を担う子どもたちに「対立」と「憎悪」を植えつけ、煽り立てる国と、一方、子どもたちに「心の交流」と「助け合いの大切さ」を教える国

    台湾は大切な隣人 comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:台湾

    台湾日本のステキな関係|。´艸)

    門田隆将さんの公式ブログ「夏炉冬扇の記」より

    隣国との「真の友好」とは
    http://www.kadotaryusho.com/blog/2013/03/post_675.html
    2013.03.09

    WBC2次リーグの初戦、日本−台湾戦は、試合時間が実に4時間47分に及び、日付が変わる直前までつづいたまさに“死闘”となった。

    昨日のブログでも書いたように、延長10回、日本が中田翔(日本ハム)の犠牲フライで4対3と台湾を破ったが、試合のあと、両チームがお互いを讃え合う光景に象徴される“清々しさ”が東京ドームだけでなく日本列島を駆け抜けたように思う。

    前回(2009年)のWBC予選で、日本に勝利した韓国チームが、マウンドに韓国の国旗・太極旗を立て、精一杯戦った相手に対する敬意を感じさせない、なんとも言えない“不快感”が漂った時とは大違いだった。
    (※参考:対韓国戦で「むかついた」こと WBC日本コーチが明かす

    日本と台湾は、アンケートをすれば、お互いの国を「好きだ」と答える人が両国とも75%を超えるという近しい関係だけに、スポーツの対戦にも爽やかさが感じられるのだろう。
    (※参考:知ってた? 日本人の約8割が「台湾好き」=台湾メディア

    激戦から一夜明けた今朝の産経新聞朝刊に、吉村剛史・台北支局長が、ほのぼのとする記事を「台北発」として寄せていたので紹介したい。

    来年2月から、台湾の中学3年生用の「公民」の教科書に日本が台湾の人たちに向けて出した「感謝広告」が取り上げられることになった、というニュースである。

    これは、日本の交流協会(大使館に相当)の台北事務所が昨年3月、台湾の人々が震災の時に手を差しのべてくれた数々の支援に対して出したものだ。

    実は、震災後、民主党政権は、各国の主要新聞に支援への感謝広告を掲載したが、最も多額の義援金を送ってくれた台湾を「対象外」にしていた。

    中国に対する“いつも通り”の過剰な自己規制による遠慮だったのだろうが、そのことを申し訳なく思った日本人女性が「謝謝台湾計画」なるものを立ち上げて民間で資金を募り、2011年5月に台湾の主要2紙に感謝の広告を出した

    そして、その4か月後の2011年9月には、日本人の感謝の気持ちを直接届けようと6人の日本のスイマーが与那国島から台湾の蘇墺(そおう)までリレーで泳ぎ切り、「ありがとう台湾」という言葉を伝えて大きな話題となった。

    今回、教科書に取り上げられることになったのは、さらにその半年後の昨年3月、交流協会が台湾への感謝を表わす広告やCMを台湾メディアに出した時のものだ。

    今日の産経新聞の記事には、教科書に掲載されるその「感謝広告」の写真がそのまま載っている。宮城県石巻市の中学生らが、古タイヤを利用した手製の太鼓を打っている写真だ。

    太鼓(古タイヤ)をたたくバチを持って右手を高く掲げた石巻市の中学3年生・伊藤祐汰君の凛々しい姿と、その横に「現在我很元気 台湾、謝謝你(僕は元気です。ありがとう台湾)」と大書された文字が目に飛び込んでくる。

    (※参考記事:日本の「感謝広告」が台湾の教科書に
    東日本大震災で巨額の義援金を寄せた台湾に対し、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)が昨年3月、台湾の新聞などで展開した「感謝広告」が、来年2月以降の台湾の教科書に掲載されることになった。

    採用された広告は、宮城県石巻市の中学生らが、古タイヤを利用した手製の太鼓を打っている場面に、「元気です。ありがとう台湾」と書かれている。台湾の教科書出版大手の中学3年生用「公民」の「世界公民の基本素養」の項で、国際社会への関心の重要性を紹介する部分に資料として掲載される。)


    一瞬で、はっとさせられる広告だ。被災地の感謝と頑張りがよく伝わるものである。世界のどの国よりも早く、かつ多額の義援金を送ってくれた台湾では、震災の時、小学生たちが自分のお小遣いの中から「日本の人たちを助けてあげてください」と寄付するほどの社会現象が生じたことは知る人ぞ知る。

    背景には戦前の日本と台湾との関係や、1999年9月に死者2400人、負傷者1万人余を出した台湾中部大地震の際、日本の国際消防救助隊が地震発生の夜に、どの国よりも早く現地に救助に「駆けつけたこと」がある。

    台湾の人たちは、そのことを今も忘れていないのである

    「あの時、一番早く、そして大量の日本の救助隊の人たちが駆けつけてくれたことは忘れられません」と、私自身が台湾の人たちから何度も聞いたものである。

    その台湾では、日本の大震災の時、馬英九総統自らがテレビ番組に出演して日本への援助を呼びかけ、たちまち莫大な義援金が集まった。日本の地震と津波のニュースを涙を流しながら見る台湾の人たちもあとを絶たなかった

    そして、ついにその台湾で日本の「感謝広告」のことが中学の教科書に取り上げられることになったのである。
    吉村支局長の記事によれば、「公民」の中の国際社会への関心の重要性を紹介する項目にこれが取り上げられるのだそうだ。

    私はこの記事を読みながら、同じ“隣人”でも、子どもの時から、徹底的に日本と日本人を憎むような「反日教育」を施す中国と韓国のことを思い浮かべた。

    子どもの頃から植えつけられた知識や感情から逃れることは、誰にとっても難しい。

    つまり、両国では「反日」はいわば国是であり、いくら草の根の交流を進めようと、最後にはこれが障壁となって「真の友好」を築けないのである。

    教育によって、将来を担う子どもたちに「対立」と「憎悪」を植えつけ、煽り立てる国と、一方、子どもたちに「心の交流」と「助け合いの大切さ」を教える国――本当に「大切な隣人」を尊重し、そして「真の友好」とは何か、を私たち自身も忘れないようにしたいものである

    WBC2次リーグで両国の代表が激しい気迫でぶつかり合い、死闘を繰り広げた翌朝だけに、台北発の吉村支局長の記事が余計、心に染(し)み入るのかもしれない。

    ※参考:門田隆将さんのBLOGOSのその他記事一覧

    ===============

    8日に行われた日台戦、私も、釘づけ状態で観戦しておりましたが、本当に素晴らしいゲームでしたね。 台湾から、心温まるメッセージをたくさんいただきました。

    謝謝台湾!
    ありがとう
    (*´∀)ノ゚!台湾のみなさん!


    出典:Facebook


    残念ながら、台湾は9日のキューバ戦で敗れ、今大会の敗退が決まってしまいましたが、逆境に立たされても決して諦めない両チームの選手、そして球場の内外でつながりを広げる市民同士・・・。今回のWBCを通して、また「台日の友情」が深まったのではないでしょうか。


    WBCで「台湾代表」と呼んでくれる日本の善意=台湾メディア
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0308&f=national_0308_021.shtml
    2013/03/08(金) 12:12

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は8日、東京ドームで第2ラウンドが開幕、台湾(チャイニーズ・タイペイ)と日本が対戦する。台湾メディア・NOWnewsは8日、日本とは友好ムードの中で戦うべきだとする意見が台湾人の間から出たと報じた。

     記事は、日本にいる台湾の野球ファンが「日本のテレビ中継のとき、試合日程表に『チャイニーズ・タイペイ』ではなく『台湾』と書かれていた」ことを発見したと伝えた。



     そして、台湾が現在に至るまで五輪などの国際試合において「台湾」や「中華民国」の名称を使えない状況を紹介した上で、「どこの局かは分からないが、日本がわれわれにくれた善意は台湾ファンの心を温めた」と紹介した。

     記事はまた、日本のファンが2011年の東日本大震災の際に、台湾が多額の義援金を贈ったことなどに対する謝意を示す横断幕を用意しているとの情報と、中継では台湾代表と言ってくれることに注目し、台湾のヒップホップグループ・拷秋勤(コウチョウチン)のメンバー、范姜さんが「日本を侮辱するような標語を球場に持ち込まないで」とファンに呼びかけたと紹介した。(編集担当:柳川俊之)


    「WBC日台戦で震災支援への謝意を」日本人ネットユーザー
    http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201303080007
    2013/03/08 18:46:05



    (台北 8日 中央社)東京ドームできょう8日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の台湾−日本戦が行われる。台湾でもこの試合への注目度が高いことを踏まえ、日本のあるネットユーザーは6日、短文投稿サイトのツイッターを通して観戦者が横断幕やプラカードで震災支援への謝意を表するよう呼びかけている

    また、ほかのネットユーザーは7日、交流サイト最大手のフェイスブックに手をつないだ子猫2匹の絵を投稿し、台日友好とWBCでの共闘を訴えている

    この絵では、左側の子猫は中華民国(台湾)国旗がデザインされた鉢巻を、右側は日の丸鉢巻を巻いている。子猫同士の頭の上には、「一緒に頑張ろう」、「一起加油」、「keep trying together」の言葉が書かれ、台日間の友好関係の進展とWBCでの互いの活躍に期待が示されている

    こういった日本人の呼びかけに対し、台湾からは「私も日本が大好きですよ。頑張りましょう」、「台日で悔いのない試合をやりましょう」、「心を温めるメッセージ、ありがとう」など好意的なコメントが相次ぎ、複数のテレビ局もニュース番組などで日本人ネットユーザーのつぶやきを紹介した。

    試合の結果が台日両チームにどんな影響を与えるか分からないが、今回の対戦で双方の友情の深さが再確認されたようだ


    敵だけど友! 日台戦でしか見られない感動の情景=WBC
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0309&f=national_0309_011.shtml
    2013/03/09(土) 11:26

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンドで8日、日本と台湾(チャイニーズタイペイ)が対戦して日本が延長の末4−3で勝利した。台湾メディア・TVBSは、東北大震災に対する台湾の支援に感謝の意を示し、台湾選手に声援を送る日本人ファンの姿が見られたことを伝えた

     記事は、東京ドームにやってきた台湾在住の日本人教師と日本人留学生がそれぞれ中華民国国旗を掲げて台湾を応援する様子を紹介。留学生が「日本も台湾も好き。両方に頑張ってもらいたい」と語ったことを伝えた。

     また、日本人ファンが「東北大震災のときに台湾から多くの援助をもらったにもかかわらず、日本政府は台湾に対して感謝の意を示さなかった」と、台湾に感謝の気持ちを込めながら語ったことを併せて紹介した。

     記事はそのうえで、「試合では双方は敵同士であったにもかかわらず、日本人は台湾民衆の温かい支援に感銘を覚えて感謝し、台湾を応援するプラカードも掲げていた。敵であり友である関係、こんなシーンはおそらく日本―台湾戦でしか見られないだろう」とした。(編集担当:柳川俊之)


    「熱い試合をありがとう」、WBCで広がる台日友好の輪

    http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130309/Jpcna_CNA_20130309_201303090006.html
    フォーカス台湾2013年3月9日 21時03分



    (東京 9日 中央社)東京ドームで8日行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の台湾−日本戦。試合は延長10回の末、侍ジャパンの勝利に終わったが、一部の日本人が「震災支援、ありがとう」や、「台湾と日本の友情は永遠に」などと書かれたプラカードを掲げて観戦するなど、WBCを通して台日友好の輪が広がりつつある。

    9日付の台湾紙「中国時報」によると、延長10回の空き時間に、球場の中継モニターが「感謝TAIWAN」、「捐贈(寄付)2011.3」と書かれたプラカードを映した際、スタンドから大きな拍手が沸き起こったという。

    インターネットでも心のこもった交流が行われている。激しい攻防が繰り広げられた8日の対戦について、「チーム同士が敬意を表し全力で戦うという、スポーツの世界で理想とされるものが現実になった試合だ。感動する」、「一緒に決勝ラウンドに進もう」、「基本がしっかり身についている日本人選手のプレーに頭が下がる」など、試合の内容を評価するコメントが相次いでいる

    逆境に立たされても決して諦めない両チームの選手と、球場の内外でつながりを広げる市民同士。台日の友情が野球を通してまた深まったようだ


    試合後の台湾の野球ファン、中華民国国旗に「日本おめでとう」

    出典:保守速報


     ▽台湾代表・謝長亨監督

    出典:保守速報

    選手は素晴らしいプレーをしてくれた。
    国際試合で日本の高いレベルに近づきたいと思っていた。

    尊敬する日本に勝つことこそできなかったが、重圧をかけられた。
    残念な結果だが、いつか勝つ日が来ることを願っている。反省から学びたい。

    ※元記事:スポニチ:台湾、あと一歩及ばず…指揮官「いつか勝ちたい」
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/08/kiji/K20130308005352640.html


    その他WBC関連記事(台湾フォーカス
    ◎台日戦、記録的視聴率 台湾総人口の半分が観戦=WBC
    http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130310/Jpcna_CNA_20130310_201303100003.html
    ◎キューバ戦完敗もファンは拍手 台湾野球復活=WBC
    http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130310/Jpcna_CNA_20130310_201303100005.html


    ところで、岸田文雄外務大臣が、交流協会の『交流』1月号に同協会設立40周年への祝辞を寄せ、そこで「台湾は基本的価値観を共有する重要なパートナー」と表明されたのをご存知ですか?

    交流協会40周年で岸田外相祝辞、「日台協力関係発展に期待」
    http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130131/Jpcna_CNA_20130131_201301310008.html
    フォーカス台湾2013年1月31日 20時53分

    (台北 31日 中央社)日本の対台湾窓口機関、交流協会は31日、ホームページ上で協会設立40周年特別号とする情報誌「交流」1月号を公開した。この中では大橋光夫会長の挨拶、岸田文雄外務大臣、茂木敏充経済産業大臣からの祝辞が掲載されており、岸田外相は日台間の協力関係が引き続き着実に発展するよう期待すると述べている。

    岸田外相はこの中で、台湾は日本との間で緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーであり、世論調査の結果、東日本大震災での台湾からの破格の支援や日本側の感謝を示す活動などを挙げて良好な国民感情と日台の絆に言及し、背景に民主、自由、平和の基本的価値観の共有があると述べ、台湾の人々がこの40年間に目覚ましい経済発展と政治の民主化を実現、公平・公正な政治システムを根づかせてきたのは日本としても喜ばしいと評価している。

    さらに、地域の繁栄のため台湾海峡の平和と安定は極めて重要で、近年両岸間の対話が続けられていることを歓迎するとし、一方、経済を中心に緊密な日台間の協力関係が引き続き着実に発展するよう期待し、交流協会の活動に対して積極的に支援と協力を与えると強調している
    (※参考:岸田外相の祝辞:PDF

    交流協会は中華民国と日本の外交関係が途絶えた1972年、外務大臣、通商産業大臣(当時)の認可を受けて、日台間の実務関係を維持発展させることを目的とする財団法人として同年12月8日に設立、昨年4月に公益財団法人に移行した。
    (※参考:日本と台湾との懸け橋 交流協会HP / 財団法人交流協会−Wikipedia

     * * * 

     ”日本の外務大臣が国交のない台湾について言及するのは異例のことで、さらに一歩踏み込んで「重要なパートナー」と表明したことは、日台の断交後初めてのことだろう。

     この岸田外相のメッセージに対しても、台湾側は2月4日夜に外交部が「歓迎し、高く評価する」との公式声明を発表し、「台日関係をより緊密なものとしていきたい」と応じている。

     岸田外相が台湾を「重要なパートナー」と位置付けたことは、安倍首相の台湾への姿勢を反映した発言とみていい。安倍政権は、日台関係の強化は日本の国益という姿勢を明らかにしたのだ。

    (正論4月号【李登輝元総統からのメッセージ】榊原正敬氏の記事より抜粋)


    一日も早い国交回復を願います。


    さいごに・・・
    台湾のことをもっと知るためにも、ぜひ訪問いただきたいブログです
     ↓
    台湾は日本の生命線
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM