スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    「ここまで進んでいる!中国の日本占領事情」〜脅かされる日本の“重要地点”水面下で進む、謎の土地買収

    笑えないニュース comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁

     「在日中国籍者」も総動員の対象となる中国の国防動員法が、2010年7月1日から施行されてるけど、その時の「拠点」とかにするためじゃないだろうな、これ・・・・(・`ω´・;)ゞ

    国防最前線 「ここまで進んでいる!中国の日本占領事情」
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw537205
    週プレNEWS:記事一覧
    2013年3月4日(月)12時00分配信


    北海道・俱知安町で売りに出される山林。看板が英語なのは、外国人向けだからなのか?

    第一報が報じられた2008年頃は、一笑に付された中国資本による国土買収問題

    しかし、事態はここまで進んでいた。自衛隊基地隣接地、離島、原発が見える高台……実は、日本の土地制度は抜け穴だらけなのだ。

    ***

    【北海道】千歳市

    2010年、約17棟の別荘が建設されたが、購入したのはすべて中国人
    住宅には不釣り合いな巨大パラボナアンテナがいくつも設置されている。
    航空自衛隊の千歳基地、陸自の千歳・恵庭演習場から2、3キロメートルしか離れていない
    ことと関係はあるのだろうか?

    【北海道】岩内町(いわないちょう)

    泊原発の原子炉3基が目視できる高台に中国人が別荘を購入しているという。
    札幌から車で3時間近くかかるこの町でわざわざ別荘を買う理由は、まさか……?

    【北海道】倶知安町(くっちゃんちょう)

    自衛隊駐屯地から3キロメートル以内に外資が所有する土地が3件、トータル109ヘクタールある。
    そのうちのひとつは香港資本のものだが、買収から5年近くたってもそのままだ。

    【青森県】三沢市

    米国各軍と空自が所属する三沢基地周辺で、何十ヘクタールもの土地が外資に買われたといわれている。

    【新潟県】佐渡市

    中国人が校長の学校法人が、3600平方メートルの建物部分を取得
    将来、数千人の留学生が居住する可能性も。
    佐渡には全国に4ヵ所しかない、空自の弾道ミサイル監視レーダーがある。

    【新潟県】新潟市

    中国政府は、領事館の移転先として信濃川沿い4500坪の土地を取得
    現在の領事館がスタッフ17人、ビルの1フロアだけであることを考えると明らかに広すぎる……。

    【東京都】港区南麻布

    2011年、南麻布の約5700平方メートルの土地が一般競争入札にかけられ、中国大使館が約60億円で落札
    皇居まで3キロメートルほどしかない立地などが問題となり、国会でも取り上げられた。

    【長崎県】対馬

    韓国資本が海上自衛隊対馬防備隊本部の隣接地を買収
    竹島問題が取り上げられるたびに、韓国国内で対馬占領論が出てくることを考えると気にかかる。

    【長崎県】五島列島

    2010〜11年、上海から日本への最短地・福江島と中通島で、中国資本による開発計画が提示される
    「離島を相手にこれほど長期の開発計画を示されることはまれ」と話題になった。

    【鹿児島県】沖永良部島(おきのえらぶじま)

    知名町にある空自レーダーサイトの隣接地で、人民解放軍資本による山林買収の話が持ち上がった

    【沖縄県】石垣島

    海上保安庁石垣海上保安部が見えるリゾートマンションが売りに出たが、そのほとんどを中国人が買った

    ***

    脅かされる日本の“重要地点”だが、ここに挙げたのは氷山の一角。
    外国人所有の山林面積は全国で786ヘクタールとされているが、実態はその数百倍と推定する人もいるのだ。
    水面下で進む、謎の土地買収が意味するものを考えるときが来ている。

    ■週刊プレイボーイ11号「柴田哲孝×平野秀樹『中国の“日本占領”はここまで進んでいる!」より

    =================

    まだまだありそうですね。
    でも、これ、武器の持込み製造、化学兵器のための薬品なんかを備蓄する場所にはならないよね。心配症の私は、そんなことまで心配しとりますが、考えすぎですね・・・(。・人・`。)
    とにかく、一刻も早い法的規制が必要だ!そう思います。


    関連記事
    ・中国が日本への挑発を繰り返す本当の狙い
    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/02/18/17214/
    ・フォトジャーナリスト・柿谷哲也が見た中国「尖閣侵攻」の本気度
    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/02/05/16942/ 
    ・「謎の買収」が日本の国土を蝕んでいる
    http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/18/16016/



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM