スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    知ってください【米軍基地反対を叫ぶ輩の極悪非道ぶり】を。

    沖縄、大丈夫か! comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:沖縄

    これは拡散し、ひとりでも多くの人に知ってもらいたいと、思ったしだいです。

    我が国のかたち さんブログより

    米軍基地反対を叫ぶ輩の極悪非道ぶり。
    http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11477808362.html

    2013-02-24 22:48:39
    NEW ! テーマ:
    我が国のために
     
    「これは知っていただきたいこと」と思い記事にします。

    沖縄では「チーム沖縄」という団体の皆様が活動されています。その活動の中に「左翼集団が取りつけた違法設置物の撤去&清掃」というのがあります。

    違法設置物とは、沖縄の左翼活動家(つーか本土からきた左翼ども)が米軍基地のフェンスにリボンやらプラカードやら、なんやらかんやらを結びつけるという公害活動です(アイツラは抗議活動と言ってますが)。

    「このゴミを清掃する」という活動をチーム沖縄の皆さんはされています。

    この活動のことを記したブログが以下です。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------

    左翼集団が取りつけた違法設置物

    先月暮れ、2日間に渡って普天間基地野嵩ゲート前へ行ってきました。

    目的は「左翼集団が取りつけた違法設置物の撤去&清掃」

    当日は沖縄県民の有志、並びに沖縄オスプレイファンクラブのメンバー約10名が集まり、皆さん指の痛みを堪えながらフェンスに取り付けられた段ボールやガムテープ、そしてリボンを計7時間かけて撤去作業を行いました。


    http://youtu.be/VC6vuK0s59E


    有り難い事にその後すぐに在沖海兵隊さんより感謝のお言葉を頂戴致しました。

    「【2012/12/28オスプレイファンクラブによるフェンス・クリーンアップ作戦】 本日、沖縄オスプレイファンクラブのメンバー(ファンクラブのTシャツを着たチーム沖縄)が普天間基地のゲート3で、オスプレイ配備に反対する団体が基地のフェンスに無断で設置したリボン等を撤去しているところを拝見しました。

    彼らの姿は私達にとってビッグ・サプライズで、大変感激致しました。 我々米海兵隊普天間基地にとって、この一年は非常に困難な年でしたが、貴団体の真心のこもった支援活動を行う姿に強く心を打たれ、心が明るくなりました。

    我々普天間基地は、米海兵隊員と宜野湾市民は同じ地域社会の一員だと考えています。 在沖米海兵隊員は、同盟国である日本国沖縄の防衛を担うだけでなく、宜野湾市民との交流を深めようと、地元の文化や地域レク活動、お祭りといったさまざまな地域活動にも積極的に、かつ、楽しみながら自主的に参加しています。地域の一員として少しでもみなさんに喜んで頂けるのをとても嬉しく思います。本日、皆様の無私無欲で親切な行為を実際にこの目で見て、報われる思いが致しました。普天間基地司令官は現在休暇中ですので、私のほうから今日の出来事を報告させて頂きます。  

    在沖米海兵隊普天間基地とオスプレイをあたたかく応援してくださる皆様に心から感謝の意を表し、この素晴らしい友情を大切に育んでいきたいと思います。 良いお年を迎えてください(YOI OTOSHI WO MUKAETEKUDASAI!) 敬具 普天間基地米海兵隊一同」


    お陰で見違えるほどにきれいになりましたが、そういった子供のような事しかできない左翼連中に対し、怒りの気持ちでとてもじゃないけど清々しい気持ちまでは至りませんでした。

    そんな惨めな集団は朝から晩までゲート前へ集合し、基地を出入りする車両に対して罵声を浴びせるのです。

    「ヤンキーゴーホーム!」
    「F○ck you!」
    「Get out!」

    しまいには基地で働く一般の沖縄県民の女性に対して

    「Bi○ch!」


    http://youtu.be/Yf1T7fq_zy4


    こんな事が許されるはずがありません。

    抗議するのは自由です。

    ただこうやって一般市民にも迷惑をかけ、交通の妨害をして、しまいにはフェンスに無断で数々のゴミを取りつける事が大問題なのです。

    集団は所詮こんな事しか出来ないのです。惨めとしかいいようがありません。。。

    沖縄県警にも私は猛抗議させて頂きました。

    「もうね、取り締まれとは言わないのでせめて犯罪行為を未然に防止する事くらいは出来るでしょ?我々はみんな時間を割いてボランティアで撤去作業を行っているのですよ。また取りつけられた時にはあなたがた警察官も許しませんよ」と。

    我々はこのような違法行為を断固として許しません。

    今後も頻繁に基地のゲート前を巡回させて頂きます。

    このブログを見ている方で左翼集団の被害に遭われた方がいましたらご一報下さい。

    そして沖縄県民の皆さん、お時間がある際には奴らの活動を動画に収めて下さい。

    恥を全国に晒しあげましょう!

    そして違法行為が確認された場合はその動画を元に検挙する事も可能ですので、お手数ですがその際もご連絡のほうお願い致します。


    最後に・・・・

    我々は今年、相当な決心と覚悟を持って、今までにはない強靭な団結と最大限の力を発揮し反日売国左翼に挑むでしょう。

    日本国民である沖縄県民を愚弄する者は徹底して排除させて頂きます。

    転載元 チーム沖縄のブログ
    http://ameblo.jp/team-okinawa/entry-11442308751.html

    -------------------------------------------------------------------------------------------

    こーゆー活動に対して快く思わないのは言うまでもなく「違法設置物を設置したバカども」です。コヤツラの活動報告やブログを見ると、この手のリボンに関して「また、リボンを一つ一つ結んでいこう、意思を示し続けるために。」とか、

    「ひとつひとつに、平和のメッセージが書かれ…、想いが込められています。」とか、

    「フェンスの向こう側、片手に銃を持つ米軍兵士。武器を持つ兵士も浜を隔てるフェンスも支配の象徴。民衆はフェンスにリボンを結び、静かに抵抗する。」などと

    「文学崩れで世間知らずの反体制似非インテリが得意満面で書く古臭い文章」(=左翼節)を炸裂させていますが、
    そんな「違法設置物を設置したバカども」は大変卑劣で卑怯、
    そして考えられないほど危険なやり方で嫌がらせを行なっています。
    まぁ、左翼の世界では当たり前なのでしょうが。


    【オスプレイ反対運動の実態】オスプレイ反対派は普天間基地周辺のクリーン活動に子供たちが参加していることを知っています。だから、こんな低い位置にトラップを仕掛けたのでしょう。子供を狙った悪質なトラップです。


    https://twitter.com/aoumigamekun/status/305293932907094016

    本日の野嵩ゲート。500ml缶くらいの大きさの石が仕掛けられていました。
    最近、清掃活動をする人が怪我をするような仕掛けがしてあり、実際に怪我をされた方もいます。
    今日のこれは子供目線。明らかに子供に怪我させようとしています。
    許せない。


    https://twitter.com/kusatsuma/status/305293145233563648


    小さな子供だけが非常に危険な目に会っているだけではありません。大人にはもっと卑劣で危険なイヤガラセを行なっています。

    ■BASECAMP CLEAN PROJECT H25.2.24野嵩ゲート
    ■オスプレイ反対運動が有刺鉄線に取り付けた赤いビニ紐。
    それは、我々清掃活動の参加者を傷つける為のトラップ。安易にビニ紐を外すと、束ねた有刺鉄線が反動で弾けて怪我をさせる仕組み。


    【チーム沖縄】危険極まりないオスプレイ反対運動の実態

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm20176065
     

    これらを見て、思想の右左は別として

    「人間として

    どうなんでしょうか?」


    と私は問いたいです。

    文句があるのであれば堂々と言ってくれば良いだけです。
    人の身体に傷を負わすコトが彼らの正義なのでしょうか?

    常日頃「子供の命を守れ」だの「オスプレイのせいで子供が怖がっている」だのと「子供を利用」し抗議を行なっているくせに、考え・思想が異なれば「子供が怪我をしようと知ったこっちゃーねー」です。

    左翼はすべからくこうです。
    討論をすれば一方的に喋りこちらの話は一切聞かない、論点逸らし、こちらが言ってもないことを「言ったこととし」それを批判、多勢に無勢が大好き、反体制の癖に困れば警察を頼る、「グリーンだのライフだの人権だの」のキレイゴトが大好き。

    そんな左翼のババァがチーム沖縄のクリーン活動に文句を言って言い逃げしようとした動画が以下です。

    【チーム沖縄】 BASECAMP CLEANに言い逃げBBAの狂乱劇 【京都の小栗】

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm20166503


    文句を言う
     ↓
    言い逃げを図る
     ↓
    逃亡を止められればクラクションを鳴らしまくり

    「助けてーーー!!」

    「殺されるーーー!!」

    です。

    当然議論をしても聞かず、一方的
    前述の特徴を地で行く態度です。

    さて、皆さん。
    こーゆー危険なトラップを仕掛ける集団。
    こーゆーババアが言っているコト、やってるコトを許せますでしょうか。

    私は許せませんし、許しません。


    ここまで**


    私も許せません!

    この事実を知れば、多くの日本国民が、同じ思いを持たれるのではないでしょうか。
    こういった事実、日本国民は知っておくべきだと、強く思いました。

    我が国のかたちさんがコメントされているように、
    左翼がどうのこうの、という以前に「人として」どうよ、って話です。
    当事者の方々が、客観的にこのブログを読んで、どう思われるのか、感想をお聞きしたいものです。

    拡散に努めたいと思います!



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        【沖縄が危ない】中国万歳!? 沖縄で勢い増す「反日」「反米」世論 (1)
        http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/8477737545fea081f9fbd187baf890ed

        • 山本さん
        • 2013/02/26 12:58 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM