スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    世界に拡大する”シノフォビア”←「シノ=中国」「フォビア=嫌悪」で、直訳すると「中国嫌悪」。

    笑えないニュース comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:中国関連

    正論3月号「正論壁新聞」の河添恵子さんの記事にとても共感しました。日本も、記事で紹介されているカナダ同様に”心配な状況”にあることを、しっかり認識していたいものです。



    ご存じかと思いますが、河添恵子さん(上写真)は、2007年以降、『産経新聞』『正論』『WiLL』『テーミス』などで中国の脅威を主張され続けており、また、日本における脱原発の動きに対し、原子力技術者の頭脳流出で中国・韓国を利する、核兵器開発の可能性を捨てることになるなど、日本の国益に反する行為に当たるとして反対の立場を取っておられます。


    以下、正論壁新聞より
    世界に拡大する”シノフォビア(Sinophobia)”

    ノンフィクション作家・河添恵子

    リッチモンド市の中国系人口は51%、とうとう過半数を超えたそうで・・・。市議は8名のうち2名が中国系ですよ」

    昨年11月、カナダのブリテッシュコロンビア(BC)州リッチモンド市を行政交流で訪問した、和歌山市議会議員の一人がこう語る。同市には和歌山から移民した日系人が暮らしており、それが縁で40年前から和歌山市が海外で唯一の姉妹都市関係にある。

    2008年以来、バンクーバー国際空港がある”カナダ西海岸の玄関口”リッチモンド市が”中国自治区”化した状況を『週刊文春』や拙著『中国人の世界乗っ取り計画』などでレポートしてきた私は、今も同市の”定点観測”を継続しているが、中国人&マネーの浸食度は年々アップ、環境は明らかに変容&劣化している。
    (※参考:「海外脱出」中国人がカナダで大暴走 ノンフィクション作家 河添恵子週刊文春08年7月31日


    現地で暮らす日本人女性は、最近こんなことをボヤいていた。
    コンドミニアムの住人はほとんどが中国系。ロビーのカギがある日突然、交換されていて中に入れず、大家に連絡をしたら『エレベーターに貼り紙があったでしょ』と。確かにそれらしきはあるけれど、中国語の記述のみ。カナダの公用語は英語とフランス語なのに!」

    前出の和歌山市議もこう語る。
    「行政とのレセプション後、招待されたのが中華料理屋(苦笑)。行政は中国系移民について口が重いですね。国際空港周辺は主に中国資本が開発していて、バンクーバー五輪のスピードスケート会場だったリッチモンド・オリンピック・オーバルは今、市民が格安の年会費で利用できる総合運動施設になっていますが、財源は年会費以外、中国系カジノの収益で賄われているそうなんです。ただ、街には中国系の違法風俗店が増えて社会問題にもなっています


    1月の産経新聞は米紙『ウォールストリート・ジャーナル』の内容として、中国”灰色マネー”の海外流出を報じた。昨年の6月までの約1年間、カナダの2つの主要国際空港で、入国の際に中国人741人から押収された未申告の現金は計約1280万カナダドル(約11億3千万円)。国別で断トツ1位、全体の約6割を占めるんだそうな。
    (※参考:カナダ空港で中国人の現金押収相次ぐ、断トツ1位の11億円

    さらに、おとり捜査を行うビジネスジャーナリストによる告発記事、「リッチモンド市を拠点とする中国系企業が、カナダの”絶滅危惧種”の動物の毛皮やトラの毛皮、四肢・骨などの部位の取引と中国への長期的かつ大量な供給ルートの確立を企てている」も興味深い。トラや絶滅危惧種の動物の売買は、BC州はもちろんカナダおよび国際法令で禁止されているのだ。

    そのような中、カナダの市民権・移民省は昨年10月、新たな技術移民規定として学歴や語学力に高いハードルを設けると発表、投資移民の枠も狭めている。移民の受け入れに積極的なカナダだが、ブレーキを踏む背景には大陸からの中国人の増殖を食い止めたい狙いが見え隠れする


    世界では急速に「シノフォビア(Sinophobia)」という表現が拡散されている

    「シノ=中国」「フォビア=嫌悪」で、直訳すると「中国嫌悪」

    これは中国共産党への不信感に加え、世界中に移住や観光して協調性ゼロ、声も態度もデカイ中国人への不快感など様々な意味を含む。


    カナダも例外ではない。
    表向きは、”マルチカルチャーの国”だが、中国系新移民に対するネガティブな感情
    「雇用を奪う」
    「税金は払わず社会福祉を貪(むさぼ)る」
    「カナダ経済への貢献度が少なく期待外れ」
    「不動産・株式バブルを起こす火種」
    「裏口やコネで処理したがる」
    「マナーや常識がない」
    などが散見する。

    「カナダ人のこういった不満は、政府が制定する中国関連の政策に影響を与えるはず」と現地の評論家の一人は楽観的だが、市議、州議、国会議員といった支配層に中国系もしくは媚中派がさらに増殖したら?

    ただ知人の弁、
    「カナダの場合、メディアも反中感情を抱いている」
    が正しいとすれば、その点は日本よりマシか。


    安倍内閣には、是非とも世界の秩序を乱し環境を劣化させるだけの”ヤクザ国家&人民”から足を洗う政策へと舵を切ってもらいたい。


    ここまで**


    中国人の流入・入植・・・こわいです。

    安倍内閣に、世界の秩序を乱し環境を劣化させるだけの”ヤクザ国家&人民”から足を洗う政策へと舵を切ってもらうためには、国民ひとりひとりが、もっと中国人の流入に対しての「危機感」を感じることが必要なのではないかと思いました。

    同時に、日本のメディアは、カナダと違い、”媚中”感情をお持ちのマスメディアがいっぱい存在している、という「危機感」も必要だと。


    河添恵子さんの産經記事

    “反日”便乗、日本人幹部を軟禁 中国日系企業の“従業員スト”軽くみるな
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130131/chn13013108040001-n1.htm

    【大阪「正論」懇話会で河添恵子氏講演要旨】
    ”堙主張を正論にするのが中国の常套手段 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121213/ent12121322350014-n1.htm
    ◆岼羝遊,辰真佑硫庫困譴此廚蓮峅犬魑悗琶屬后廚琉http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121213/wlf12121322280019-n1.htm

    【40×40】河添恵子 
    ・日本脱原発なら中韓が狂喜乱舞
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121206/plc12120608010005-n1.htm
     ・崩壊する隣国に警戒せよ
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120906/chn12090608130003-n1.htm
    ・中国から“売れ売れイジメ” 「日本は放置国家」
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/121108/chn12110808130002-n1.htm
    ・日中“虚構の友好”40周年
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/121004/chn12100411020001-n1.htm

    河添恵子BLOG
    http://kkuniversal.blog34.fc2.com/
    河添恵子Twitter
    https://twitter.com/kawasoe0916
    @*河添恵子−YouTube
    http://www.youtube.com/playlist?list=PLJAZIESnSOno3zZoCkw4Uo27Evk_TPuz_
    河添恵子 タグを含むニコニコ動画
    http://www.nicovideo.jp/tag/%E6%B2%B3%E6%B7%BB%E6%81%B5%E5%AD%90
    河添恵子さんの本
    http://www.amazon.co.jp/s?_encoding=UTF8&search-alias=books-jp&field-author=%E6%B2%B3%E6%B7%BB%E6%81%B5%E5%AD%90



    ”女がここまで品性下劣な文章を書くものか!?
    河添恵子だって結構なババアですよ!若づくりした写真載せてるけど。
    ホントに、馬鹿なんじゃないの、この女!?
    産経ムラに入ったが最後、ここまで馬鹿になるのです。
    河添恵子、産経ムラに媚びて、女でも何でもなくなってしまった「ホラー並みの不気味さ」の生き物です。おぞましいわ~~~。”

    と、ひどい表現で、河添さんを強く批判している方もおられます。
    よろしければご覧になってみてください。
     ↓
    ”おぞましき産経新聞・河添恵子のコラム”



    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM