スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【中国のコワさ、知ってる?】進む中国の日本侵略作戦 ― 『日本解放第二期工作要綱』より

    中国ってこんな国 comments(6) trackbacks(0) まったけの嫁


    以下の記事は、2010年のものですが、この2年で、着々と日本侵略作戦が進んでいることをしっかり理解しておきましょう。「侵略なんて大げさな・・・」と思っておられる方は特にご覧になっていただきたいです。実際におこっていることなのです。

    successのブログ より

    猶予なし! 
    進む中国共産党 「日本侵略作戦」

    多くの方がご存じのように、今、日本の領土、日本の政府で起きていることは、中国共産党による「日本侵略作戦」に基づくものである。つまり、中国共産党は、入念な計画でもって、日本侵略を進めているのである。

    ジャーナリストの櫻井よしこ氏も数々の講演の中でその存在を指摘されているのだが、この計画は

    「中国共産党 日本解放 第二期工作要綱」
    http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/kaisetsu/other/nippon-kaihou2.html

    というものにまとめられている。
    中央学院大学の西内雅 教授がアジア諸国を歴訪中偶然に手に入れた秘密文書で、昭和47年(1972年)に発見された。

    日本が中国と国交を回復したのが、昭和47年(1972年) 9月29日。
    当時の内閣総理大臣だった田中角栄が中国に出向き、中国共産党率いる中国人民共和国の周恩来(しゅうおんらい)首相と国交を樹立した。

    これに先立ち、1968年9月、創価学会の池田大作会長が、日中国交正常化を主張し。悪化していた
    対中国状勢の中、内外に賛否の論議が起こった。
    1971年7月に公明党 訪中代表団が中国を訪れ、「日中復興五原則」を提案したことなどが、布石
    として知られている。


    「日本解放 第二期工作要綱」 による
    日本侵略計画とは どのようなものか?

    この要綱は、大きく3部 「A 基本戦略・任務・手段」 「B 工作主点の行動要領」 「C 統括事項」
    に分かれ、そのすべてを貫く基本戦略は以下のとおりである。

    ■基本戦略
    日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。

    この意味は…、
    日本が現在もっている国力 (=技術力・経済力・軍事 を含むすべての国力) を中国共産党が支配し、中国の世界制覇計画に使わせる、という内容である。

    ⇒これはつまり、日本人が祖父母・父母の代より苦労して成し遂げた今の繁栄を、中国共産党
      のために捧げよ、という内容。 子ども手当とか、外国人住民基本法(外国人に日本人と同じ
    年金をあげようという法案) など、まさに当てはまります。

    中国は日本のすべての財産を支配下に置くことを計画している


    日本侵略計画は全部で3段階

    ■解放工作組の任務
    要綱では、日本の平和解放(=共産国家化)は、下の3段階を経て達成する、としている。
    http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/kaisetsu/other/nippon-kaihou2.html

    ●第一工期の目標  
    我が国との国交正常化1972年に完了

    ●第二工期の目標  
    民主連合政府の形成民主党勝利。昨年2009年9月に完了

    ●最終工期
    日本人民共和国の樹立
    天皇を戦犯の首魁(=頭領)として処刑
    !!!!

    1972年の計画のままならば、日本の侵略計画は3段階で完了することになっている。フェーズ1は 1972年に完了した「国交正常化」。フェーズ2は 昨年9月に歴史的勝利で自民を破って生まれた、民主党政権。そして、フェーズ3は、2015年とも2020年とも言われている「日本人民共和国の樹立」である。

    ⇒現在起こっている、法案のゆがみや、日米同盟への圧力は、この計画が背景にあります。つまり、共産主義思想をもつ分子が多い政党が、「民主連合政府」として誕生したことによります。 仮説からいえば、この連合政府は、中国のこの計画を忠実に進めることになる。具体的な侵略計画については、後述するとします。

    ポイントは、最終目的を達成したあと、「今上天皇(=平成天皇)を「戦犯の首謀者」として処刑することにあります。 これにより、中国が唯一アジア圏で負けた日本への復讐を果たすことにもなり、日本の解体を完全にできる最良の方法と位置付けたのでしょう。

    ⇒ 条約により戦争補償も行い、ODAで年間2000億円も支援している国に対して、それは全く
    恩義に感じず、65年前の戦争責任について、現在の天皇を断罪しようとする、人間の思考では
    考えられない戦略である。


    『天皇を殺すこと』 を、侵略の最終目的として設定している

    なるほど…、先日開催された「天皇陛下御在位20年慶祝行事」 がメディアでほとんど報道されなかったのも、うなずけます。


    侵略計画は極秘裏に進めよ

    ・任務達成の手段
    任務達成の手段工作者は 隠れた使喉者であらねばならない。工作の成否は、終始、秘密を保持しうるかどうかに懸かっている。

    この意味は…、
    実際に任務を行うもの(工作員)は隠れた指揮者でなくてはならない。(表だってはいけない)工作が成功するかどうかは、最後まで(それを行っていることを)秘密にできるかにかかっている、という内容である。

    ⇒これはつまり、侵略作戦を「極秘裏 (まったくの秘密にして)進めよ」ということを指示して
    います。 これにより、中国の工作は、「こちらが気づかないうちに進めること」 が狙いである
    ことがわかります。

    中国の計画は、日本人が全然気づかない方法で進められる

    であれば、防御する方法は、五感を凝らし、「おかしい」と潜在意識が伝えることを鋭くキャッチしてすぐに確認・検証することです。


    進む中国共産党 「日本侵略作戦」

    引き続き、中国共産党作成の 「日本解放 第二期工作要綱」を見ていく。
    主にメディア・政党と在日華僑における作成推進について書かれている 要綱に沿って、△任蓮具体的な方法論を紹介する。 今の日本の現状に、まったくおかしいほどに合致していることに気づくだろう。

    メディアを使った 具体的な誘導作戦
    http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/kaisetsu/other/nippon-kaihou2.html

    ■群衆掌握の心理戦 ― 日本国民の心理をつかむ には
    駐日大使館開設と同時になされなければならないのは、全日本人に中国への好感、親近感を抱かせる という、群衆掌握の心理戦である。好感、親近感を抱かせる目的は、我が党、我が国への警戒心を無意識の内に捨て去らせることにある。

    ⇒唯一、この計画で達成できていないのがこの部分で、小泉内閣時代を筆頭に、失敗しています。
    日本の民衆の深層心理に 「中国に対する深い猜疑心」 が根強いのが原因と思われます。
     (小泉首相はこれを承知で、徹底抗戦していたのかもかもしれません。確かにこの時期、日本から
      のODAは激減し、技術交流がなくなったことで中国はさまざまな意味で停滞し、苦しんだので。
    (( )内、 櫻井よしこ氏の論文より))

    マスコミ工作 ― マスコミを支配した者の「意思」が世論をつくる
    新聞、雑誌を含めた 「マスコミ」 を支配する集団の意思 が世論を作り上げる。 偉大なる毛主席 (毛沢東) は、「およそ政権を転覆しようとするもの
    は、必ずまず世論を作り上げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」 と教えている。


    ■新聞・雑誌へのアプローチ
    「三大紙」 (=朝日・毎日・読売の三紙)に重点を置き強化し、中央紙及び地方紙を拡大する。
    ●「民主連合政府」について←今の民主党政権にあたる。心して読みたい
     「民主連合政府」樹立を大衆が許容する温床を作り上げること、このための世論造成、これが
    本工作を 担当する者の任務である。

    「民主連合政府」反対の論調を挙げさせてはならぬ
     しかし、いかなる方式かを問わず、マスコミ自体に「民主連合政府」樹立の主張をなさしめてはならない。 これは、敵の警戒心を呼び覚ます自殺行為に等しい。

    「民主連合政府」に関連ある事項を全く報道せず、大衆はこの問題について、無知、無関心
    で あることが最も望ましい状態
    である。

    ⇒これは今、日本のメディアが国民に対して行っている 「報道しない」戦略であることに気づきます。
    また、“その反動として右寄りの強い世論が出た場合”について、「極右の悪質なデマで、取り上げるにも値しない」という否定が望ましい、と具体策を示している。
    現在の 「肝心なことは、極力報道しない」という状況に合致しており、こうなると傾向がわかるので対策が執りやすいですね。


    日本のメディアにやらせてはならないこと
    強調してはいけない 論調の方向 (これはやってほしくない方向性)
    ●蒋介石 (しょうかいせき)に関して
    大衆の親中感情 (中国への好感度) を全機能を挙げて さらに高め、蒋介石一派との関係は、完全に絶つ方向へ向かわせる

    ⇒蒋介石は、ソ連 コミンテルンを支持基盤とした毛沢東率いる 中国共産党と戦い、終われて台湾 
    へ移動し、 その地を統治した。これはつまり、台湾との関係を言っている。


    逆に 強調したい 論調の方向
    朝鮮民主主義人民共和国 並びに ベトナム民主共和国 に関して
    共産主義国2国への対

    朝鮮民主主義人民共和国 並びに ベトナム民主共和国との国交樹立を、社説はもとより、全紙面で取り上げて、強力な世論の圧力を形成し、政府にその実行を迫る。

    政府の内外政策への攻撃 と 与野党活動への支持・絶賛
    内部分裂を促進させる手法  日本の政局がもめる原因はここにある

    政府の内外政策には常に攻撃を加えて反対し、野党の反政府活動を一貫して支持する。
    特に反政府共闘(中核派等の運動組織)には無条件で賛意を表明し、その成果を高く評価・鼓舞する。
    大衆が異なる政党の共闘を怪しまず、これに馴染むことは、在野諸党の連合、政府樹立を許容する最大の温床となることを銘記し、共闘賛美を強力になさしめるべきである。 ←これは日本の連立内閣のこと。つまり常にその状態にはまっている。


    言葉の定義 : 人間の尊重 ・ 自由 ・ 民主 ・ 平和 ・ 独立の強調
    恐るべき内容。 言葉の定義の違いに驚愕


    ここに言う「人間の尊重」とは、個の尊重、全の否定を言う。
    「自由」とは、旧道徳からの解放、本能の開放を言う。
    「民主」とは、国家権力の排除を言う。
    「平和」とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。
    「独立」とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止をいう。

    ⇒これを見ると、きっちり日本が中国の戦略にはまっていることがわかる。
    つまり、中国では「人間の尊重を奪い、国家権力を骨抜きにし『反戦・不戦(戦わず)の思想を日本の国民の思考にきっちりと植え付ける」ということになる。

    日本のどこかの場所の 大規模(何万人単位の)反戦運動なんて、まさにそうではありませんか?

    憲法を見直そうと政府が動くと強烈なマスコミ攻勢が入るのは、ちがいますか?

    アメリカとの接近をさせない、まさにどこかの国に起こっていることではありませんか?

    このようにわかると、日本のばかさ加減がわかります。この文書は、昭和40年代に公開されて、本になっていたのですから。

    唯一、この作戦を切り抜け、国民の中に非常に強烈な「反中意識」を生み出せたのは小泉首相時代だった。
    中国の反日意識のみが、反日分子のマスメディアで取り上げられたが、日本の援助なくしては国の技術革新等ができにくい中国は、すぐに方向転換し、安倍内閣時には「笑顔外交」に切り替えた。

    国民がよく知っていれば、メディアに扇動されずにすんだかもしれない。


    ここまで**





    ※関連記事:
    侵略されると日本もこうなる ―報道されないアジアの真実 〔画像〕
    http://blogs.yahoo.co.jp/success0965/2732617.html

    中国共産党の日本侵略作戦
    第一段階「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」
    第二段階「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」
    第三段階「 教育の掌握。国家意識の破壊 」
    第四段階「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」
    第五段階「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」
    最終段階「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」


    中国共産党の日本侵略作戦

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17347087


    「自虐史観から完全に目覚めるために」ぜひこちらをご覧ください。そして今一度今の日本について考えてみてください。

    セットで読む歴史問題・解説ページ
    中国の歴史・中国文明
    辛亥革命〜中国近代化運動の実際
    中国はなぜ反日か?
    自虐史観の正体
    GHQの占領政策と影響
    大東亜戦争への経緯
    大東亜戦争への経緯・上級編
    南京大虐殺の正体
    沖縄戦集団自決命令問題
    韓国はなぜ反日か?
    日韓併合の真実
    偏向教科書の正体
    NHKの正体
    靖国神社と英霊の思い
    教育勅語とその精神
    右翼・左翼の歴史
    戦後レジームの正体
    マルクス主義と天皇制ファシズム論
    村上重良「国家神道論」、丸山眞男「天皇制ファシズム論」の検証
    政治の基礎知識
    歴史問題の基礎知識





     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        今の日本国民は既にGHQが成立した時点で骨抜き方向に、
        政治からの視点を反らされ、マスコミの情報操作が主流なこの国にあるのは、
        個の利己主義、損得感情、楽しみだけを追い求めてる道楽貧民に過ぎないという印象で 無知・無理論平和主義者 というところか?
        自分らの都合ばかりを見てきた、人間力すらない国民に何が出きるろうか?
        ほぼ、環境変化による刷り込み期間が長すぎて、
        もはや改修は不可能だと思う。

        • pereyさん
        • 2015/04/05 7:07 PM

        ブランドiPhone6/6plusケース,iPhone5/5sケース,iPad airケース,galaxyケース激安銀座
        http://www.umseek.com
        http://www.konaseven.com
        http://www.gookopi.com
        http://www.bothseek.com
        http://www.graseek.com
        http://www.6scase.com
        http://www.5scase.com

        尖閣諸島などのさまざまなことで日本を制圧する気なのかな?中国って本当に恐ろしいです。参議院選が近々あるみたいですのでこの際ですから、日本も核武装ぐらいすればいいと思うのですが?

        • マツモトさん
        • 2013/07/17 11:29 PM

        これは本当に怖いです。http://protectjapan.pinksaphia.com/archives/434
        日本人は眼を覚まして欲しい。

        • 名無しさん
        • 2012/10/02 8:33 PM

        かけだし鬼女の「フジテレビ抗議デモに行こう!!!」

        被災地復興目的?支那人の期限内出入国を何度でも認める数次ビザ発給へ!外務省へ凸しました。
        http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/6a52e5f6eff2007953dacc5980ef82d3

        ブログより抜粋

        Q:この数次ビザが7月めどに発給されるというのは決定事項か?
        A:はい。具体的な日にちと条件は検討中ですが、発給自体は決定です。

        去年、沖縄に同じようなビザ発行しませんでした?沖縄が、岩手、宮城、福島に変わっただけにしか、見えないのですが??

        「WJFプロジェクト」さんからの情報

        韓国人が主体と思われますが、Within Every Womenという組織が熾烈な慰安婦キャンペーンを動画で展開しています。
        http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/within-every-wo.html

        こっちも、いい加減にして欲しいです。

        • すずめさん
        • 2012/04/11 12:48 AM

        民主懇親会の出席者

        民主党が10日開いた懇親会出席者は次の通り。
        http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012041000944

        【関連情報】
        【国民が知らない反日の実体】朝鮮進駐軍の正体
        http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1080.html

         そうそうたる売国の顔ぶれ、これが民主党の実体、愛国系日本国民は確りとこの名前を記憶して
        二度と投票を騙し取られないように注意しよう。 彼等は騙される方が悪いと考える者達であり、
        日本のお国柄には相応しくない人々です。

        【経済・政治の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
        【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

        ps:
        【中国のコワさ、知ってる?】進む中国の日本侵略作戦 ― 『日本解放第二期工作要綱』より
        http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2887




        • 愛信さん
        • 2012/04/10 10:58 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM