スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    TPP(米国が日本に要求していること)について共産党が暴露!〜おそらく、テレビは完全にスルーするでしょうから、10分ちょっと質疑ですのでぜひご覧下さい。そして署名をお願いします。

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ってどうよ comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁


    【しんぶん赤旗】にとんでもない記事が掲載されました。


    TPP交渉に「守秘合意」 発効後4年間、内容公開せず
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122201_02_1.html
     

    現在、米国など9カ国が行っている環太平洋連携協定(TPP)交渉で、交渉内容を公表しない合意があり、交渉文書は協定発効後4年間秘匿されることが、ニュージーランドのTPP首席交渉官の発表で分かりました。
     

    ニュージーランド外務貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は11月末、情報公開を求める労働組合や非政府組織(NGO)の声に押され、同省の公式サイトに情報を公開できない事情を説明する文書を発表しました。同文書は、交渉開始に当たって各国の提案や交渉文書を極秘扱いとする合意があることを明らかにし、文書の取り扱いを説明した書簡のひな型を添付しました。
     

    それによると、交渉文書や各国の提案、関連資料を入手できるのは、政府当局者のほかは、政府の国内協議に参加する者、文書の情報を検討する必要のある者または情報を知らされる必要のある者に限られます。また、文書を入手しても、許可された者以外に見せることはできません。
     

    さらに、これらの文書は、TPP発効後4年間秘匿されます。TPPが成立しなかった場合は、交渉の最後の会合から4年間秘匿されます。
     

    米国のNGO、「パブリック・シティズン(一般市民)」は、「これまでに公表された唯一の文書は、どんな文書も公表されないという説明の文書だ」と批判しました。
     

    これまでに、米国労働総同盟産別会議(AFL―CIO)、ニュージーランド労働組合評議会、オーストラリア労働組合評議会などや各国のNGOがTPP交渉の情報を公開するよう求める公開書簡を各国政府に送っています。マレーシアの諸団体の連名の書簡は、「より透明なTPP交渉の過程が、交渉者や政府には明らかでないかもしれない誤りや、(国の)アイデンティティー(主体性)への危険に対し、基本的な防御をもたらす」と指摘しました。
     

    日本政府は、交渉に参加しないと交渉内容が分からないとして、参加を急いでいます。しかし、交渉に参加しても、交渉内容を知ることができるのは、政府内や政府が選んだ業界などに限られます。国民に影響のあることであっても、国民が交渉内容を知ったときには、TPPが国会で批准され、発効してしまっている危険があります。


    ****

    これについて、予算委員会の中で、共産党、紙智子議員が質疑され、米国が日本に要求していることを明らかにしてくれています。おそらく、テレビは完全にスルーするでしょうから、10分ちょっと質疑ですのでぜひご覧下さい。
    ※エコドライブ日記
    さんが「要約版文字起こし」をしてくださっていますので、動画の見られない方は動画下までスクロールしてご覧ください。



    平成24年参議院予算委員会にて紙議員
    01.31 TPPについて共産党が暴露!
    http://youtu.be/3XNOAooj-kA


    ANA10032009 さんが 2012/01/30 にアップロード
    ※ニコニコ動画は
    こちら


    (文字起こしここから)

    :NZ政府の公式発表によって、交渉内容の途中経過は限られた対象にしか明らかにせず、協定発行後4年間は秘匿されるという合意があることが明らかになった。あなたはこのことについて、交渉内容で公開できるものは出すと言ったが、納得できない。相手がダメだといった場合、公開しないのか。


    玄葉:条文案は出さないという参加国間の合意がある。


    野田:一般に外交交渉では(公開しないでくれという)当該国の意向を尊重するのは当然である。交渉参加に向けて協議を行なっている。得られた情報で出せるものは出す


    :APECの時の「きちんと情報公開をする」という約束は果たせないのではないか?相手が出せない情報は日本にとっては不利なことですよ。「国民的な十分な議論を行なう」ための前提が崩れることになる。あなたは分かっていて「十分な情報公開を行なう」と言っていたのか?そうであれば国民をだましていたことになる。


    玄葉:テキストについては以前から出てきませんと言っていた。情報収集をして情報を出していく。

        
    (野田、答えず)


    :大事な情報を隠したまま交渉を進めると、必ず矛盾をきたすことになる。韓国で米韓のFTAを締結をして批准に至る過程でも、議会、国民に明らかにされない部分があった。ラチェット規定、ISD条項などが後で分かって問題になり、交渉をやり直せという国会決議があがっていることを総理はご存知ですよね。


    野田:承知している。


    :日本と無関係ではない。米国元通商代表のバーセフスキー氏は、日経新聞のインタビューで「日本との関係では韓国以上の譲歩を引き出したい」と述べている。にも関わらず、交渉の中身が国民に明らかにならないというのは許されるのか。実際に米国は何を求めているのか。


    事前協議に際して、米国の通商部が日本との物品、サービス貿易に関する関税、非関税障壁の撤廃について米国内の業界から意見公募をやっていますよね。
    ※参考記事:日本の参加に賛成92% TPPで米意見公募(外務省は17日、米通商代表部(USTR)が実施した環太平洋連携協定(TPP)に関する意見公募で、日本の交渉参加に賛成する意見が条件付きも含め104件と全体の92%に上ったとの集計結果を明らかにした。反対は8件、賛否を明言しない意見は1件だった。)



    (米国の意見公募について、下に関連記事があります)13日までに113項目が出されたことが明らかになっている。総理はこれを読んだか。


    野田:ざっと目を通した。これらは米国政府に対して出されたものであり、検討されるものと承知している。全体として肯定的な意見が大勢だった。日本の団体が出しているものもあった。


    :私も読んだが驚くべき中身だった。日本への要求はあらゆる分野に関わっている。全米生米連盟はすべての米の関税を無くして、残留農薬検察についても緩和を求めている。全米酪農連盟は乳製品の関税を撤廃し、食品の添加物認証システムを緩和すべきだと要求している。

        
    それからウォールマートストアは米や乳製品、その他の食品の関税を無くせば自分たちの利益が上がるんだと言っている。全米商工会議所も政府調達から、農業から医療器具に至るまで、市場開放を要求すると言っている。


    みんな、自分たちの利益を上げるために言いたい放題言っている。日本にとっては、どれも到底受け入れることは出来ないものだ。総理、これに対してどう対応するんだ?

        
    米は重要品目としてしっかり守るということをやるのか、乳製品を守るのかどうか、食品の添加物の認証承認システムを緩和せよという要求を拒否するのか、どういう立場で対応するのか。


    野田:意見公募だから色々な意見が出る。食品の添加物が参加国の中で議論になっていることはありませんし、色々な意見すべてがTPPの議論になっているわけではない。(TPPは除外品目以外を全て自由化するネガティブリスト方式だが・・・)

        
    整理してお考えいただきたい。米などの重要品目について配慮しつつ高いレベルの経済連携に臨むというのが一昨年11月の閣議決定だ。


    :断固として守ると言っていただきたかった。なぜ言えないのか。米国の多国籍企業が日本の農産物の関税撤廃だけでなく、非関税障壁も含めて撤廃を要求している。さらに政府調達、保険、郵政への参入を求めている。どれをとっても米国の利益になるが、日本の利益を損なうのは明らかだ。そうである以上、TPP参加はやめると決断することを強く求める。


    (ここまで)



    いったいどうなっているんでしょうか、この政党は。この質疑もニュースで流れることはないんでしょうね・・・。



    TPPの交渉内容は公開しないという話
    は三橋貴明氏も12月26日ブログで触れておられます。

     ↓

    守秘合意


    結局のところ、TPPとは日本国民のためでもなければ、アメリカ国民のためでもなく、シカゴ学派など一部の新自由主義経済学者、政治家、それにフリードマンのドクトリンに乗った一部の企業群による「ビジネス」と考えると、わかりやすいかも知れません。何しろ、「交渉内容を知ることができるのは、政府内や政府が選んだ業界などに限られる」 わけです。


    国家の社会制度システムを変更することが許されているのは、少なくとも日米などの民主主義国家においては主権を持つ有権者だけです。ところが、現在の一部の経済学者、政治家、企業経営者たちは、社会制度システムを「自分の都合がいいように」勝手に変更するという手法を、あちこちの国で使っています(日本のTPPなど、甘いものです)。


    無論、一部の関係者だけで一国の社会制度システムを変えてしまうなど、許される話ではないため、「こっそりとやる」わけですね。そして、システム変更を既成事実化し、後から発表するということを繰り返しています。


    とはいえ、こっそりやろうとしても↑こんなことは簡単にはできないため、シカゴ学派などは上記を「国民がショックを受けている最中」に実現しようとします。これこそが、ショック・ドクトリンというわけです。(中略)


    震災はともかく、日本の場合、国民がTPPや増税など不利益を被る「ショック」がないじゃないかと思われるかもしれませんが、山ほどあります


    「日本は財政破綻する!」
    「日本は成長しない!」
    「日本のデフレは宿命であり、永遠に続く!」
    「日本は世界から取り残されている!」
    「国内市場が成長しない日本は、グローバルで生きるしかない!」
    「日本の閉塞感を打ち破るためにも、世界へ向かえ!」


    上記のいわゆる抽象的な「日本ダメダメ論」こそが、日本国民に急激な「改悪」を受け入れさせるためのショックというわけです。



    別にですね、TPPだろうが増税だろうが、きちんとした具体論やデータに基づき、国民が知識、情報を共有し、民主的なプロセスを経て実施されるのであれば反対しないのです。ところが、現実には民主的なプロセスを使うと、「急激な改悪」など通るはずがないわけです。


    だからこその「守秘合意」であり、「日本ダメダメ論」なのです。



    ---(ここまで)---


    振り返ってみますと、野田首相はISD条項について、全く触れませんでした。


    昨年11月11日の国会です。野田首相がTPPについて、本当に何も考えていなかったことがよく分かりましたよね。


    林芳正 「TPP集中審議」 〜参院予算委
    http://youtu.be/VsafVepf5z8

    ※動画説明文:のらりくらりと自民党の質問をかわす野田総理。林 芳正議員は首相が参加を表明した場合、どの様な判断をするのか各閣僚に確認を求めた。


    野田 佐藤ゆかりに言い負かされ TVでは"ドヤ顔"参加表明
    http://youtu.be/NL97kik6S_4



    民主党のPTでも散々議論されたはずのISD条項の問題を首相である野田が全く知らなかったんです。信じられないこの事実。わが国の口先保守首相野田はTPPについて何の勉強もしていなかったわけです。


    「全てが議論されるわけではない」じゃなく、「全てが自由化のテーブルに乗ってしまっている」のです。野田は理解しているんでしょうか。それから、意見公募の後、米国議会がどう動くのか、議会と話をしていない政府は分かっているのでしょうか。


    仮に、TPPの内容がよく理解できていない人、関心がないという人でも、こういった国会(ここであげた分だけでも)での政府の答弁を見ていたら、TPPが本当に日本にとって「いいこと」なのか、すぐ理解できると思います。「こんな政府にまかせておくわけにはいかない」って、誰もが思うことでしょう。


    だから、報道しないんです。
    今の日本はおかしくなっています。



    なんとしてでも阻止しましょう!

    阻止するために、私たちにできることがあります。

     ↓

    オンライン署名
    日本のTPP参加反対
     
    http://www.shomei.tv/project-1848.html

    提出先: 野田佳彦内閣総理大臣
    目標署名数  1,000,000 
    現在の署名数  14,972 (達成率 1.5 %) 
    期限  2012年04月08日
    ※企画者さまコメント:野田首相は、この署名TVの結果のみならず、全農が集めた、国民の十人に一人に相当するTPP反対署名も無視し、玉虫色発言で批判をかわしながら、姑息にもTPPに参加しようと懸命ですが、ゆるしてはなりません。地元議員に「国会で阻止してください。」と陳情、あるいは電話をかけましょう。あるいは、民主党をつぶして、無効にしましょう。あらゆるTPP反対行動には、可能な限り参加しましょう。

     
    【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名
    http://jump.cx/whitehouse


    TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!
    http://jump.cx/notpp



    多くの国民が無関心のままでは、本当に日本はとんでもない方向へ行き着いてしまします。あとで後悔しても遅いです。自分の国を大切に思うなら、関心をもち、行動しましょう!




    最後に、動画の文字起こしをしてくださっていたエコブログ日記さんがTPP関連のわかりやすい記事をずっとかいてくださっていますので、ぜひご訪問くださいませ。
    ⇒ http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/s/TPP
     


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        韓国は今年中に70兆円を日本に返済する必要あり、返済期限迫る
        http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50341417.html
        国家として貸し出し中の67兆5800億円(本来、1982年に完済)と、民間融資8兆9千億円。
        これ、返して貰えば増税、必要ないのではないですか?
        「ネバー・ネバー・ネバー」で、野田氏が、韓国から借金を取り立てて欲しい。

        H.24/02/02 衆議院予算委員会 小野寺五典 [大津波は予測できていた/大使館密約]
        http://www.nicovideo.jp/watch/sm16855016

        こんなのを、見つけました。
        フジテレビが韓流ぼったくりツアーを開催、倍以上の値段ってひどすぎwwww
        http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50341914.html


        朝鮮人を大量に日本に呼び込む計画が着々と進行中!?http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50341845.html

        • すずめさん
        • 2012/02/03 1:22 AM

        世界が嘲笑!サムスン、スマホ特許で恥辱の失禁自爆!!
        http://tsunami311.seesaa.net/archives/20120201-1.html

        フジテレビ同様に日本国民にウソや捏造報道を行う反日売国テレビ局・マスコミの化けの皮がはがれ
        てきました。 反日売国民主党を押したのも反日売国テレビ局・マスコミでした。 
        多くの愛国系日本人が支那人や朝鮮人に支配されたテレビ局・マスコミ及び売国民主党の実体を
        見抜き始めました。

        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2012/02/02 11:14 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM