スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ブータン国王の素敵な笑顔の裏には・・・〜中国に侵略されるブータン王国  国土の18%が既に ・ ・ ・

    ブータン王国のこと comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁


    15日から、ブータンから国賓として日本を訪れているワンチュク国王と先月、結婚式を挙げたばかりのジェツン王妃。





    ありがたいお言葉ありがとうございます。


    ブータン国王が国会演説で礼賛
    「日本は震災に心の強さで対処した」
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/111117/cpd1111171541009-n1.htm
    2011.11.17 15:39


    挨拶を終えた平田健二参院議長(右手前)に一礼するブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王。左はジェツン・ペマ王妃=17日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

    国賓として来日中のブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(31)は17日昼、衆院本会議場で演説を行った。

     
    国王はブータンの民族衣装で壇上に立ち、東日本大震災について「大混乱と悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民は最悪の状況下でさえ、静かな尊厳、自信、規律、心の強さをもって対処された」と述べた。また「日本は歴史を通じてあらゆる逆境から繰り返し立ち直った」と日本をたたえた

     
    美しい容姿で注目を集めているジェツン・ペマ王妃(21)も臨席した。衆院本会議場は衆参両院議員でほぼ埋め尽くされた。
    ※関連動画:来日中のブータン国、両陛下が国会へ / 皇居でブータン国王夫妻の歓迎式典



    17日午前は、港区にある慶應義塾大学を訪問され、清家篤慶応義塾長から名誉博士号を授与される授与式典では、環境や貧困、保健衛生などの問題を克服するためには「国や人種を超えた結束が必要」と強調。学生たちに「さまざまな挑戦に打ち勝つ勇気を持ってほしい」とエールを送られたとのこと。明日18日からは福島県相馬市や京都市などを訪問されるご予定。
    ※参考記事:イケメン国王に名誉博士号 慶応大で授与式典 



    慶応大の名誉博士号の授与式典後に学生に語り掛けるブータンのワンチュク国王=17日午前、東京都港区



    笑顔が本当に素敵 ニコ(´∀`)ニコ。



    でも、この笑顔の裏側にはこんなことが・・・(´з`)。
     ↓

    中国に侵食され続けるブータン王国
    国土の18%以上が既に縮小


    http://youtu.be/nMbwpC5dEjA

    動画説明文⇒ 中国人民解放軍は毎年数kmずつブータン内部に入り込み、勝手に建設物を建てて既成事実を積み重ねてきました。その結果ブータンの国土が18%以上も中国領土にされてしま­ったのです。そしてその蛮行は今もなお続いています。



    昭和の残党 さんブログより

    国王陛下夫妻が来日中のブータン王国についてですが・・。
    中国(チベット自治区)と接するブータン北西部(下の地図の円で囲った辺り)の領土に、中国の人民解放軍がじわじわと侵入し、2006年のブータン政府の発表では、中国領になってしまったとのことだ。


    以前との差は、約8,000平方キロ。兵庫県とほぼ同じ広さである。



    下図の行政区画区分地図で見ると、4番の「ガサ県」( Gasa )の大半が侵略されている事になる。




    ちなみにGoogleマップのブータン地図では、中国領になったと思われる地域が点線で表示されている。



    呆れた事に、共産支那発行の地図では、「 不丹 」 ( ブータン ) は下記のように表記されている・・・



    強引に道路を建設し、国境線を書き換える暴虐行為
    南シナ海どころではない! ブータンでは知らぬ間に国土が2割も奪われていた
    (SAPIO 2011年7月20日号掲載) 2011年8月4日(木)配信
    http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20110804-01/1.htm

     


    日本ではひたすら笑顔の国王夫妻だが、
    いろいろ大変なんだよ。察してやってくれ・・・
     

    【ブータンはこんな国】

    1989年2月24日、34歳の先代ジグミ国王が、昭和天皇の大喪の礼参列のため、 民族衣装「ゴ」の礼服姿で数人の供を連れて来日した。他の国の首脳の多くが日本から経済的な協力を得るために、葬儀の前後に日本政府首脳と会談する弔問外交を行うなかで、ブータン国王はこうした弔問外交を行わず、大喪の礼に出席して帰国した。

    新聞記者が理由を尋ねると、国王は、「日本国天皇への弔意を示しに来たのであって、日本に金を無心しに来たのではありません」と答えた。

    そのあと国をあげて喪に服してくれたんだぜ。
    まるで自分の国の事のように・・・



     

     

    ---(転載ここまで)---


    そんな状況の中、日本を訪れてくださった国王夫妻。
    そんなお二人を招いた宮中晩餐会が、16日夜開かれました。


    先日、西田議員も話されていましたが、わが国の防衛大臣・一川保夫がこの晩餐会に欠席し、民主党の高橋千秋参議院議員の政治資金パーティーへ参加してたのです(o`・з´・)p


     これ見て ↓

    防衛相はブータン国王晩餐会に政治パーティー理由に欠席

    16日夜にブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王の晩さん会が開催されたが、一川保夫防衛相が議員パーティーへ参加したために欠席していたことが17日の参院予算委員会で明らかになった。自民党の宇都隆史氏の質問に欠席を認めた

    一川防衛相は「その席には出ておりませんでした。あったと聞いておりましたが、色々な予定の中で出席が難しいと聞いておりました」と欠席を認めた。

     
    どこに行っていたのか詳しく聞かれると、「昨日は実は、民主党のある国会議員の会合に出ていました」と答えた。

     
    宇都氏が「高橋千秋さん(参院議員)のパーティーで、『今この時間、宮中晩さん会が開かれているけど、こちらに来ている』と述べていますね」とさらに追及。

     
    一川防衛相は「ひじょうに発言は軽率だったと思いますけど、高橋千秋先生がブータンのお世話をしていると聞いているので…。たいへん申し訳なかったと反省しております」と謝罪した。

     
    ブータンは3月18日に日本に対して100万ドルの義援金を送っている。ワンチュク国王は今回の来日は国賓扱いとなっている。

    ※参考動画⇒ 【ニコニコ動画】11.17参議院予算委員会宇都隆史議員(自民)




    めちゃ、はらたつ。
    「ばれたから謝る」ってパターン。絶対、許せないε=(。・`ω´・。)。


    閣僚として国賓を迎えるのは公務でしょ。それに記事にかかれている通り、ブータンは震災の時に、多大な支援をしてくれた国でもあります。感謝の気持ちってのがないのか、こいつには (怒`・ω・´)ムキッ 。


    公務と議員活動の優先順位も分からない奴は
    とっとと国政から出てけ!!
    モウヽ(#`Д´)ノユルッツァネェ!!!!! 



     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        【重要】 ブータン国王の演説の報道は、重要な部分がことごとく反日マスコミにカットされて報道されています

        「世界史において、かくも傑出し、重要性を持つ機関である日本国、(その)国会の中で」 →★全部カット
        「ブータン国民は、常に、日本に、強い、愛着の心を持ち、何十年もの間、
        偉大な日本の成功を、心情的に分かち合ってきました。」 →★全部カット

        「このような不幸から強く立ち上がることができる国が(世界に)★ひとつ★あるとすれば、
        それは日本と日本国民であります。私はそう確信しております」 → ★「ひとつ」の部分だけカット

        「日本は、当時外国の領地(植民地)であったアジアに、自信とその進むべき道への自覚をもたらし
        以降、日本のあとに続いて世界経済の最前線に躍り出た数多くの(アジアの)国々に希望を与えてきました」 →★全部カット

        「日本は、過去においても、現代においても、世界のリーダーであり続けます」 
        「このグローバル化した世界において、日本は、技術と革新の力、勤勉さと責務、
        強固な伝統的な価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。」 →★全部カット
        「世界は、常に、日本のことを、大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた
        誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることに願望を持って、何事にも取り組む国民、
        知行合一、兄弟愛や友人、ゆるぎない強さと気丈さを併せ持つ国民、であると認識してまいりました」 →★全部カット

        「他の国であれば、国家を打ちのめし、国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に
        日本国民の皆様は、最悪の状況下でさえ、静かな尊厳、自信、規律、ここの強さを以って、対処されました」 →★全部カット

        「文化、伝統、及び、価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは
        我々の現代の世界で、他に(他の国で)、見出すことは、ほぼ不可能です。」  →★全部カット

        他にもカットシーンがたくさんあるので、元資料で↓確認してください
        http://news.nicovideo.jp/watch/nw147415
        http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=FtxuPyRNszY

        以上の様なコメントを見つけましたので、転載しました。

        • ルリさん
        • 2011/11/19 6:35 PM

        ☆ブータン国王の国会での演説を見つけました。(同時通訳で内容が良く分かります)

        11/17 ブータン王国国王ジグミ・ケサル陛下及び同王妃陛下(国賓)歓迎会
        http://nico.ms/sm16192410
        *国会での素晴らしいブータン国王の有難いお言葉を聞いて、謙虚で品格の有る立派な方だと感心しました。
        そしてブータン王国が大の親日国だったとは知りませんでした。
        ブータンの国民の年収が15万円というのに、日本に100万ドル(約8000万円)の義援金を下さり感謝致します。
        (日本では一般平民の女性と結婚したと報じられていますが、)
        遠縁同士ご結婚されたブータン国王ご夫妻を見ていると微笑ましく、昔の日本人を思いだし、ブータン王国にとても親近感を持ちました。
        きっと今の日本政府である売国民主党政権の現状をご存知なく、
        昭和の時代の日本を描いておられるのでしょうね。
        本当は、日本が強い独立国ならば…。
        ブータン王国を悪魔の手から救う事が出来るのに…。
        日本もブータン王国も中国という悪魔が領土侵略を企てていますが、それにめげずに立ち上がり強い独立国となり日本とブータン王国の友情が未来永劫続いて行きます様に…。

        • ルリさん
        • 2011/11/19 1:58 PM

        まさか、右翼と呼ばないで!さんより転記しました。
        早く見て すぐ見て 消される!!水曜のあの方
        2011 / 11 / 17 ( Thu )
        http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1426.html

        インチキ発覚!前原政調会長 政治団体 領収書「偽造」疑惑 (日刊ゲンダイ)
        http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/418.html

        TPP またしても 売国奴 枝野の仕業か
        http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/380.html
        枝野経産相が米国に「日本は非関税措置を含め、全ての品目・分野を交渉の項目とする用意がある。交渉の中でしっかり議論していきたい」と発言。
        何を見返りに国を売るのか?
        http://www2.himitsukichi.info/up/news/1321262296/  ここ見て下さい。

        • すずめさん
        • 2011/11/17 10:55 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM