スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    新藤氏ら断念し帰国、韓国大使に入国不許可で遺憾表明〜過剰反応は韓国の「弱さ」・・・というより「自身のなさ」では?

    竹島を絶対渡さない comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁


    新藤氏ら断念し帰国、
    韓国大使に入国不許可で遺憾表明
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0801&f=national_0801_242.shtml
    2011/08/01(月) 21:56 
      
     


    入国を断念し、帰国の途に就く自民党の新藤義孝衆院議員(手前)ら=1日夜、ソウルの金浦空港(聯合=共同)




    鬱陵島視察を表明している稲田朋美衆院議員の顔写真を踏みつける韓国の反日活動家たち=29日、ソウル(ロイター)



    サーチナ【佐藤優の眼光紙背】
    韓国政府による自民党視察団入国拒否にどう反撃するのが竹島問題をめぐる日本の国益に適うか
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0801&f=column_0801_019.shtml
    2011/08/01(月) 22:06 
      
     
    8月1日、韓国の鬱陵島を視察する目的で、韓国ソウル市の金浦空港に到着した自民党所属の国会議員3人が入国を拒否された。

      


    自民党視察団の鬱陵島訪問に、韓国の世論は激しく反応しているが、これは韓国の弱さを示すものだ。視察団は韓国の入国手続きに従って、入国しようとした。韓国の国家主権からすれば、何の問題もない話だ。これに対して過剰反応している韓国のナショナリズムがいかに常軌を逸しているかを示している。韓国政府もナショナリズムを沈静化するのではなく煽り立てている。以下の報道を見て欲しい。

      
    一国の国家元首が、他国の国会議員が入国すると「身の安全が憂慮される」などというのは尋常な事態ではない。しかし、このように異常な興奮をしている国家は、恐れるに値しない。国際常識を欠いた感情的行動は、国際社会の共感を得ない。


    韓国の圧力に屈せず、淡々と金浦空港に降りた新藤義孝衆議院議員、稲田朋美衆議院議員、佐藤正久参議院議員の勇気を讃えようではないか。

      
    韓国政府に知恵者がいたならば、今回の事態を反省し、より狡猾な手段を考える。それは日本の国会議員や市民を積極的に竹島に招くことだ。「是非、独島(竹島の韓国名)を訪れてください。ただし、独島は韓国の領土なので、日本のパスポートを持参し、韓国の出入国手続きに従って入国していただきます」と言う。そして、竹島に上陸したときに、「大韓民国・独島入国管理事務所」というスタンプを押す。こうなると韓国の竹島に対する支配を合法であることを日本政府が認めたという主張を韓国政府が行うことができるようになる。

      
    北方領土に関しては、日本国民がロシアの法的手続に従って北方領土を訪問することの自粛を訴えた閣議了解(平成元年9月19日、同3年10月29日、同10年4月17日、同11年9月10日)がある。しかし、竹島に関してはこのような閣議了解はない。可及(かきゅう)的(できるだけ)速やかに韓国の法的管轄に従う形での日本国民の竹島への渡航を自粛させる閣議了解を行うことが国益に適うと筆者は考える。


    もっとも、現下日本政府の混乱を考慮すると、このような政治決断を必要とする閣議了解を菅直人総理が直ちに行うことができるとは思えない。そこで提案がある。


    竹島問題を憂うる国会議員が「島根県の竹島は、わが国固有の領土であるにもかかわらず、大韓民国によって不法占拠された状態にある。日本国民が、韓国の法的手続きに従って竹島を訪問することは、日本政府の立場と相容れず、かかる訪問は自粛すべきと認識するが、この認識で間違いないか政府の立場の確認を求める」という質問主意書を提出するのだ。この質問主意書の答弁を作成するのは、外務省アジア大洋州局になる。杉山晋輔アジア大洋州局長が、腰抜け対応をしない限り、この質問主意書に対する内閣の答弁書は、肯定的なものになる。質問主意書に対する内閣の答弁書は閣議了解を必要とする。これで実質的な閣議了解を担保することができる。

      
    韓国が興奮して支離滅裂な対応をしているのに対し、日本は、冷静かつ狡猾に、竹島問題について、日本の立場を一歩前に進める仕込みをすべきだ。もちろんこのような内閣の答弁書が出れば、韓国政府は猛烈に抗議してくるであろう。大いに結構なことだ。日本政府としては、「それでは韓国の抗議に外交交渉を行いましょう」と答えればよい。韓国はこれまで竹島の領有権をめぐる問題は存在しないという立場から、外交交渉を拒否してきた。これに風穴を開けるよい機会になる。外務官僚に知恵があれば、この機会を日本に有利な方向に転換することができる。(2011年8月1日脱稿)


    ***

    自民党の佐藤正久議員が韓国を訪れたものの、空港で入国拒否された様子をTwitterで書き込みし、実況してくれました。以下は、佐藤議員がTwitterに書き込みした実況コメントの一部です。とても緊迫した状態に身が置かれていることがよくわかります。

     
    ロケットニュース24 より
     

    ・佐藤正久議員の入国拒否に関する書き込み(一部抜粋 / 時系列順)

    「おはようございます。羽田空港に向かう電話の中、昨夜、拓殖大学の下條教授が韓国で入国拒否され日本に送り返された。我々国会議員と同じグループとみなされたようだ」


    「金浦空港で法務部の方と面談開始、まだパスポートを預け歓談、言葉の中に残念との言葉も。まだ入国拒否の言葉はなし」


    「通常の入国管理とは別の部屋で待機、部屋の外には多くの報道陣、空港の外には約500人のデモ隊がいるとの情報も」


    「11時53分、出入国管理法11条1項3号で入国拒否の通告を韓国政府より受けた。理由は安全上と2国間関係に悪影響を与えるとのこと。これから細部説明を受ける」


    「これから韓国政府側から、入国拒否の根拠について納得いく説明を受けないと、「はいそうですか」というわけにはいかない」


    「今、韓国政府が入国拒否の根拠法規を、日本語に翻訳してもらう作業を依頼。時間をかけて説明を受ける。佐藤は参議院の許可を受けての出張なので、西岡議長や中曽根会長にも説明しなければいけない。丁寧な説明を聞かないと」


    「韓国の法務部の入国管理の担当が、十分な説明をしないまま、席を立ってしまった。我々の入国の理由も聞かない、適用法規の条文が我々になぜ適用するかの説明もない。韓国政府の決定とだけ、これは、あまりにも不適切、不親切な対応だ」


    「出入国管理法第11条第1項第3号「韓国の国益或は公共の安全を害する行動をとる恐れがあると認めるに足る相当の理由」により、入国禁止。これは害を及ぼす危険人物、テロリスト等に適用する条文だ、日本の国会議員に適用するのはおかしい。我々に訪問理由すら聞かずに先週金曜日に決定」


    「未だ、韓国政府の関係者は部屋から出ていったまま。入国拒否の理由の説明はまだない。大使館が韓国政府に説明を求めているようだ。まだ武藤大使は空港に現れていない。韓国政府からある程度回答をもらって説明にくるつもりかな。ただテロリストと同じ扱いは納得できない」


    「韓国政府からまだ回答がないが、16時までに帰らないと部屋を看守付きの部屋に移すと大使館を通じて韓国政府から連絡。強制退去扱いか?訪問目的や内容も聞かないまま、一方的な入国禁止措置、そして看守付きの部屋に移動させようとするこの対応は、おかしいと思う」


    「我々の訪問計画は、竹島領有の活動拠点としている鬱陵島の実情を平和的に視察しようとするものであり、鬱陵島の地で、騒乱を起こしたり、竹島領有活動を行うものでは決してない。訪問目的を聞かずに入国禁止措置は、自由民主主義国家の韓国の対面を自ら汚すことになり、残念に思う」


    「今から看守付きの別室に移されると、通告。まだ韓国政府から回答はないが。携帯も取り上げられる可能性もあるようだ」


    「韓国政府が自民党国会議員を空港の拘置所に移すとの通告を、日本大使館が身体を張って「日韓関係に悪影響を及ぼす」と一旦、押し戻した。それに対する韓国政府の反応はまだ不明」


    「日本大使館を通じて何故入国禁止措置かの回答を韓国政府に求めているが未だ回答がない。18時頃に武藤大使が空港に来られるようだ。その際に韓国政府の反応が大使から聞くことができるかもしれない」(引用ここまで)

     

    日本時間の17時前後に書き込みされたコメントを最後に、佐藤議員のTwitterは途絶えました。韓国においては、日本・韓国交流サイトに「冗談ではなくてピストルを準備しておいた。倭人を殺して英雄になる」という殺害予告が書かれたりしていた上、「携帯も取り上げられる可能性もあるようだ」という書き込みもあったため、とても心配で正直夕食の用意も手に付かなくて・・・。


    残念ながら、目的は果たせませんでしたが、無事帰国される報道を見てほっとした次第です。


    佐藤議員は「我々の訪問計画は、竹島領有の活動拠点としている鬱陵島の実情を平和的に視察しようとするものであり、鬱陵島の地で、騒乱を起こしたり、竹島領有活動を行うものでは決してない」と発言しています。佐藤氏の記事にあるように、今回の入国拒否は韓国の弱さのあらわれだと私も思います。なぜにそんな怖がるのですかね。



    ところで、Twitterのつぶやきの中に、新藤、稲田、佐藤、3議員のことを「工作員だ」とか、「恥知らず」とか、「罰をあたえろ」「謝罪させろ」というものがあることに驚きました。「『来たら殴るぞ』と言われているのに行くアホがいるか・・・」なんてつぶやきも・・・。この人たちは、マスコミに騙されている人たちなのでしょうか。それにしても「日本のため」に行動した3議員を非難するなんて・・・。3議員を非難する方は大概「管」「民主党」を指示しています。つまりは、「日本のために」動かない政治家を支持しているということ・・・。この人たちは本当に日本人なんだろうか・・・と、思ってしまう今日この頃です。
    参考サイト: Twitter SatoMasahisa




    ところで、日本の高校生400人に地図を見せて国境線を書き込む問題を出したところ

    ・尖閣諸島と台湾の間に線を描いた学生
    105人(26.3%)、
    ・南千島列島4つの島を日本領土だと示した学生
    59人(14.8%
    ・韓国と対馬の間及び鬱陵島と独島の間に線を描いた学生
    37人(9.3%
    ・出題の地図に出てきた島を全部日本領土だと答えた学生
    7人(1.8%
    聯合ニュース/韓国語(2011/07/31 08:10)



    この結果、想像していたとはいえ、実際に見るととてもショックですね。
    もっともっと、「竹島」のことを伝えていかないと、竹島が日本の領土であるという事実が消えてなくなってしまいそうです。学校でこの問題を取り上げることは、「在日朝鮮人」に対する「差別」とやらになるのでしょうか?ここは日本。日本のことをきちんと教え、日本のために行動してくれる人たちのことを報道し称えるのことは、ごく自然なことではないのでしょうか。
    そうではない今の日本をとても残念に思います。


    **

    最後にこの記事を・・・


    【外信コラム】
    ソウルからヨボセヨ 鬱陵島の秘密
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/110730/kor11073003400000-n1.htm
    2011.7.30 03:39

     
    領土問題に関心の自民党議員たちが、竹島(韓国名・独島)に近い韓国の鬱陵(ウルルン)島を見学する話が韓国では「上陸阻止!」とか「入国拒否!」などと官民挙げて大騒ぎになっている。韓国人は自由に島根県を訪問し、県庁前で堂々と「独島は韓国のモノ!」と反日デモをやっているのに…。

     
    本土から約200キロの鬱陵島の住民は約1万人。夏場は観光客でにぎわうが、岩山ばかりで海水浴には向かない。

     
    名物はイカとカボチャあめ。本格的なイカ漁は日本統治時代に日本人によってもたらされた。これだけでは観光にならないので近年は「独島」を売りモノにしている。その観光ポイントが「独島博物館」で、展望台には「独島が見える」と大型望遠鏡も備えてある。

     
    ところが博物館の入り口には竹島ではなく何と「対馬は元はわが国の地」という石碑が建っている。さる古文献に出ているというのだが、こんなの日本人に見られたらまずい?

     
    竹島は鬱陵島からは肉眼では見えない。実は鬱陵島の沖には「竹島」という島があって、韓国の古地図に描かれた島はこれなのだ。はるかかなたの「独島」は当時、韓国側の視野にはなかった。それにしても「入国拒否」とは、発展と自信の韓国にしては何とも余裕がなくケチくさい。(黒田勝弘)



    関連記事

    自民党議員の鬱陵島訪問に韓国民猛抗議 / 過激な踏み絵パフォーマンス
    韓国交流サイトに日本人への殺害予告「冗談ではなくてピストルを準備」「倭人を殺して英雄になる」 
    元航空幕僚長・田母神俊雄氏もゴリ押し韓流に違和感「公共電波で韓国の情報戦略に協力するの止めて」


    その他関連記事
    韓国、鬱陵島のヘリ基地を拡張へ 竹島実効支配を強化 2011.7.13
    自民議員団、鬱陵島訪問計画 韓国に上陸阻止論 マスコミや政治主導で興奮 2011.7.20
    自民議員の入国禁止も検討 竹島問題で韓国 2011.7.26
    自民議員に「安全の憂慮」 鬱陵島視察計画で韓国大統領通知指示 2011.7.27
    「実情を見たいだけ」 新藤義孝・自民鬱陵島視察団長インタビュー
    【主張】鬱陵島視察 現場に行かねば分からぬ 2011.7.29
    独島:「自民党議員の韓国訪問めぐり両国関係が悪化」「入国審査台で送り返す」 韓国政府、日本大使を呼んで通知
    【社説】日本では良識ある政治家の代が途絶えたのか
    ・ソウルからヨボセヨ 竹島=北方領土? 2011.5.28
     

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        マスコミが報道しない民主党の実態
        http://www.youtube.com/watch?v=sppB9R6dxMU&nofeather=True


        長崎の有権者を恫喝する民主党議員
        http://www.youtube.com/watch?v=dZ2aEhRuX3Y&nofeather=True

        嘘つきに政治をやらせてはならない。 
        嘘つきに国民の利益や権利を抑圧する法案を作らせては成らない。 

        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • マスコミが報道しない民主党の実態さん
        • 2011/08/02 3:20 PM

        委員は国会同意人事 人権救済機関の基本方針発表 権限強化の余地も
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110802/plc11080210120014-n1.htm

        嘘つきに政治をやらせてはならない。
         嘘つきに国民の利益や権利を抑圧する法案を作らせ
        ては成らない。 偽善的なスローガン「ともに生きていけ
        る社会」を作ると言えども、非日本人の在日朝鮮人や
        在日中国人等の外国人に参政権を付与する国は世界
        中の何処にも無い、葉っぱを食い尽くす青虫の如く
        日本を食い物にする反日売国勢力を1億総中流階級
        の日本民族はけして容認しない。 
        連立与党民主党と野党創価学会公明党の連携作戦
        で葉っぱに群がる青虫のような売国奴達がが酷税で
        1億2000万日本人が食い物にされる。
         早くから判っていたこの問題を今までずーと隠蔽し
        てきた朝鮮人や支那人に支配されている反日売国
        テレビ局・マスコミの捏造報道を徹底的に糾弾する
        日本人の大運動を立ち上げよう。 
        売国法案や外国人参政権、人権擁護法案の成立の
        阻止と改悪国籍法の廃止をしよう。

        【人権擁護法案反対の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
        【人権擁護法案反対タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/08/02 12:56 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM