スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    なでしこジャパン 優勝おめでとう!〜「誰かのために」「何かのために」という人の想いってやっぱりスゴイ

    嬉しいニュース comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    ※7/19更新:マスコミが報じない日の丸、そして、消された動画




    なでしこジャパン

    優勝おめでとう!!






    “折れない心”東北にささぐ
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110718/scr11071821500053-n1.htm
    2011.7.18 21:46



    米国を破って初優勝を果たし、東日本大震災の被災地に向けたメッセージの書かれた日の丸を手にする岩清水選手(後方中央)ら日本イレブン=フランクフルト(共同)
     

    東北とともに。サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表は、東日本大震災の被災地を勇気づけようと戦った。2度もリードされたが、あきらめなかった。ピッチには岩手県出身の選手、そして東京電力福島第1原発事故の影響で活動休止に追い込まれた東電サッカー部の元部員らの姿もあった。(高久清史)

     

    「最高の親孝行」


    東北のみなさんへ 

    忘れたことはありません

     

    表彰式を終えた後、岩手県滝沢村出身のDF、岩清水梓選手(24)がスタンドなどへ向けて掲げた日の丸に、手書きのメッセージが書かれていた。
    岩清水梓選手のメッセージ全文

    滝沢村には生後10カ月までしかいなかったが毎年1月に里帰りし、今年1月にはサッカーの功績が認められ村の特別表彰を受けた。「村では心が落ち着く」と口にするといい、祖父の奨さん(77)は「村の人間ですよ」とほほえむ。

     
    震災後、自身のブログに《被災地のことを考えると正直辛いです。今、私にできることはサッカーを通じて明るいニュースを届けること》と書いた。ブログには「東北とともに」「東北魂」という言葉がたびたび登場した。父の司さん(49)は「熱くなるタイプではないが今大会は気持ちの入り方が違った」。大会直前、娘に「いよいよ始まるな。18日まで帰ってくるな」とメールを送った。返信は「そのつもりで頑張りますわ」と力強かった。

     
    この日、司さんはドイツのスタンドで娘の姿を見守った。試合後、岩清水選手はスタンドの方へ向かい、最前列で司さんとフェンス越しにタッチした。

     

    最高の親孝行。

    娘の思いが東北に届いてくれたらうれしい


    司さんはそう話した。

     
    滝沢村では大会中、村役場近くにある公民館で村民に交じり、前列でテレビ画面を食い入るように見る奨さんの姿があった。「よく頑張った。東北の励みなった」と孫娘をねぎらった。

     

    被災地に元気を


     
    「頑張ってくる」

     
    決勝前、DFの鮫島彩選手(24)から三重県伊賀市のチーム「伊賀FCくノ一」のMF、松長佳恵選手(26)へメールが届いた。2人は東電女子サッカー部「マリーゼ」のチームメートだった。

     
    鮫島選手は女子サッカーの名門、常盤木学園高(仙台市)を経て東電へ入社し第1原発で今年3月まで5年間、事務職として勤務した。震災当日は合宿のため宮崎県へ向かっていて無事だった。

     
    事故の影響で選手は自宅待機となり、今季の活動は自粛した。部員26人のうち鮫島選手や松長選手ら10人ほどは他のチームへ移籍し、他の選手は移籍先を探すなどしている。西沢俊夫社長(60)はサッカー部など実業団スポーツについて「維持できない」と廃止の方針を明言した。

     
    鮫島選手の母、佳代子さん(52)は「マリーゼはすごく仲がよく、娘はみんながばらばらになったことを悲しんでいた」と話す。「こんな状況でサッカーをしていてもいいのだろうか」と悩み抜いたというが、チームメートや支援者から「彩はサッカーを続けたほうがいいから」と背中を押され、米国ボストンのチームへ移籍した。

     
    松長選手は「福島を離れることに申し訳ないと思ったはず。福島の人たち、被災地を元気づけようとプレーしていた」


    大会中には

    みんなのメールが励みになる。

    試合前も後も

    温かいメールをくれるから頑張れる


    とのメールが届いた。


    戦い抜いた仲間へ松長選手はこう伝えたいという。


    「プレッシャーや、いろいろな思いがあっただろうけど、よく戦ってくれた。お疲れさま」



    **

    誰かのために・・・、

    何かのために・・・って想いは

    すごい威力をもっているんですね。

    人を思う「気持ち」「想い」って

    ほんとに素晴らしい。



    それにしても、マスコミが報じない日の丸に




    既に消されてるYouTube動画:女子ワールドカップ 日本 2 - 2 アメリカ (PK 3-1)  



    なんでなんだろ。
    日本にとって嬉しいこと、
    どうして報道しない?





    関連記事
    「日本が一枚上手だった」 米国から応援のファン
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110718/scr11071812460038-n1.htm


    夢駆けた18年 奇跡生む 沢穂希
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110718/scr11071820450049-n1.htm


    「真に崇高な勝利」 アジアの誇りと越
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110718/scr11071819230047-n1.htm

    日本の粘り強さ称賛 「歴史的勝利」とブラジル
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110718/scr11071816470044-n1.htm

    その他サッカーW杯関連記事
    http://sankei.jp.msn.com/sports/topics/sports-14605-t1.htm


     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM