スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【正論】危険!中国人観光客の沖縄誘導〜国防を犠牲にした友好は、自らを骨抜きにすることでしかない。

    沖縄、大丈夫か! comments(4) trackbacks(0) まったけの嫁


    産経新聞【正論】より


    平和安全保障研究所理事長・西原正
    危険!中国人観光客の沖縄誘導 
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110630/plc11063002580002-n1.htm 2011.6.30 02:57


    日本政府は7月1日から、中国人観光客に対して、3年以内なら何度でも日本に出入国できる数次査証(ビザ)を発給。そしてこれには、沖縄で必ず1泊することが条件であるという。しかし、国防上きわめて重要な自衛隊や米軍の基地を持つ沖縄に関して、政府や沖縄県が安全保障上の配慮をどの程度したのか懸念される。

     

    ≪現地1泊条件に数次長期ビザ≫

    この決定は、中国人観光客を優遇し、沖縄県の経済振興を目指したものであり、一定程度以上の収入がある中国人を対象にしたものだという。1回の日本滞在期間は最大90日で、従来の個人観光ビザの有効期間が15日であったのに比べ6倍も長いほか、沖縄を1度訪れれば何度でも日本を出入国できるという。しかもこれまでとは違って、個人旅行が可能になる。

     
    沖縄では仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事をはじめ、関係者が中国へ出向いて観光客の誘致に乗り出し、観光PRに8月まで5000万円の予算を用意しているという。昨年度に沖縄に来た中国人観光客は、2万4700人と前年度比約4割増であった。県の目標は10万人。東日本大震災後、果たして中国人がどれだけ日本に観光に来るかは疑問であるが、それでも、「沖縄なら放射能の心配はない」との判断で観光客は案外増えるかもしれない。

     
    沖縄に中国人客が増えれば、それ目当てに、中国人富豪が土地やホテルの買収を進めるであろう。その際、自国政府の情報収集に協力して、軍事基地近くの土地を買収するかもしれない。さらに中国当局が、観光客に紛らせて情報工作員を沖縄に潜入させ、自衛隊や米軍の訓練状況や武器装備などを偵察することになりかねない。沖縄本島ばかりではない。石垣島などの事情もさぐり、尖閣諸島の防衛に向けた自衛隊や海上保安庁の動きを観察することができる

     

    ≪米軍と自衛隊の情報筒抜けに≫

    昨年8月、仲井真知事が北京を訪問し、中国民用航空局で那覇−北京路線の定期便化を求めたのに対し、民用航空局側は、中国人客のビザ規制を全廃する制度を沖縄で先行的に実施することを提案したという。また、ある要人は「沖縄は中国と関わりも深く、モデル的に行ってはどうか」と促したという(琉球新報、2010年8月20日付※琉球新報については「琉球新報・狼魔人日記」でぜひ検索してみてください

    中国の民間機が那覇空港に入るようになれば、那覇空港を共用する航空自衛隊などの活動は、中国政府に筒抜けとなる。

     
    また、沖縄が中国人観光客への依存度を高めれば、中国はそれを政治的に利用することも可能になる。例えば、米軍基地へのミサイル、特殊無人機などの配備を中止に追い込むため、観光客の沖縄訪問中止などをちらつかせて圧力をかけるといったやり方である。

     
    09年1月に日本が中国の青島に総領事館を開設したとき、その準備手続きの過程で、中国側が沖縄か新潟に総領事館を開設したいと申し入れてきた。日本は安全保障上の理由から沖縄での開設に難色を示したという。当然である。だが、今後多くの中国人が沖縄に出入りし、中国の企業が進出することになれば、中国は総領事館の開設を再度求めてくるであろう。

     
    ひとたび総領事館が那覇にできれば、軍関係者や情報機関の者の常駐が可能になり、米軍基地、自衛隊基地を監視し、さらには反基地工作もできる立場になる。中国にこうした事態を許せば、米国も問題視するのは明らかである。

     

    ≪南沙の今日は尖閣の明日だ≫

    総領事館が開設されなくても、近年の覇権国家的外交を展開する中国の動きから判断して、中国が沖縄県民の反米親中感情を醸成することに、今後はいっそう努力するであろう。沖縄の大学への中国語講座開設、中国留学制度設置などを提供することもあろう。そして、沖縄の大学の中国人留学生を使って尖閣諸島の領有権を主張させることも可能になるだろう。

     
    今、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島などの領有権をめぐり中国とベトナム、中国とフィリピンの対立が激化している。「南沙の今日」が「尖閣の明日」にならない保証は何もない。昨年の中国漁船衝突事件後、米政府高官たちは「尖閣諸島は日米安保条約第5条の適用範囲」と言明した。尖閣を守るためにも、日本には自衛隊強化とともに、在沖米軍の作戦機能向上のため基地の安全確保や不審外国人排除の責務がある。

     
    政府および沖縄県の責任者は、昨年10月に武漢市で3日連続で発生した反日デモの中に、「収回琉球、解放沖縄」と書かれた大きな横断幕があったこと、中国のネット世論に「沖縄奪還」や「沖縄独立運動」がしばしば出ることなどにもっと警戒をすべきである。

     
    中国人観光客への数次ビザはむしろ、沖縄を対象外とするのが防衛上妥当である。中国人には沖縄本島のみ、しかも宿泊するホテルを限定した、1回のみの訪問を許す観光ビザが適切だろう。総領事館開設や民間航空機の定期便化などはむろん論外だ。中国人の土地買収を制限する立法措置も急務である。



    中国との友好は大切だが、

    国防を犠牲にした友好は、

    自らを骨抜きにすることでしかない。



    ***

    外務省によれば、日本がこうした観光数次ビザを発給すること自体、初めてといいます。

    中国については、昨年9月に発生した尖閣諸島沖の日本領海内における中国漁船衝突事件をはじめとして、このところ日本の安全保障を脅かす動きが目立っています。そんな中、自衛隊や米軍の基地が集中し、尖閣のほか離島も多く抱える沖縄県内を、不特定多数の中国人が観光名目で一定期間、自由に出入するのを認める・・・そのことに、問題ないわけがありません。

    政府は、この4月に閣議決定した「規制・制度改革の基本方針」に沿ったものだと位置付けしていますが、このタイミングでの大幅なビザ発給条件の緩和には、やはり首をかしげざるを得ないでしょう。緩和内容も異例というほかありません。

    中国人の日本観光には、不法就労などへの懸念からビザの取得が義務づけられています。しかし、平成12年の団体旅行ビザの解禁に続き、一昨年7月には富裕層限定で個人旅行も可能になりました。昨年7月からは中間所得層にも拡大され、現在は年収6万元(約75万円)以上で、ゴールド以上のクレジットカード所有者なら個人旅行ビザが発給される状態です。

    観光庁によれば、昨年の外国人旅行者による日本国内での支出額は約1兆1490億円だったそうです。このうちトップは中国人で2498億円と2割以上。今回の緩和策には、東日本大震災で急減した購買力の高い中国人観光客を呼び戻す狙いがあるとのことですが・・・。


    ところで、数次ビザの発給対象を「十分な経済力を有する者とその家族」曖昧にしていることが気になります。1回の滞在期間を従来の15日から90日へと大幅延長したうえ、これです。

     
    ちなみに、今回の緩和策については、与党・国民新党の幹部からも拙速だとの批判があったといいます。



    それを押し切ってまで導入にこだわった

    真の理由は何か。

    菅内閣には

    明確で納得がいく説明を求めたい。




    ですよね。
    無理な話だけど・・・。


    **

    関連記事:
    【主張】中国人のビザ緩和 安保の懸念にとどまらぬ
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110703/plc11070303340003-n1.htm

    わかっていますか、チャイナリスク
    http://www.nikaidou.com/archives/6741

    日本脅かす中国「国防動員法」の正体 在日中国人が民兵に!?
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110523/dms1105231605020-n1.htm

    ・愚者の侃々諤々 (´▽`)ノ
    http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968/e/5337623e58bbc849da4845d204549126

    中国での「国防動員法成立」と民族政策 〜(2)
    http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968/e/69ea63587f71f7efb7767a4f9c810993

    中国での「国防動員法成立」と民族政策 〜(3)
    http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968/e/74be5ccb4c9266b863f0ecd7043bbafb

    「中国『国防動員法』の脅威を認識せよ」『週刊新潮』 2010年6月24日号
    http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2010/06/24/%E3%80%8C%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%80%8E%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%84%85%E5%A8%81%E3%82%92%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%81%9B%E3%82%88%E3%80%80%E3%80%8D/

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        富士電機、被災地に燃料電池 介護施設に熱と電力
        http://www.shimbun.denki.or.jp/news/industry/20110720_01.html

        被災地に燃え上がる燃料電池革命の炎、
        世界へ広がるエネルギー産業革命の波が
        脱原発を加速する。

        【燃料電池の掲示板】
        http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
        【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/07/21 12:08 PM

        鹿野道彦研究 かつてのプリンス最後のチャンス 寡黙さゆえに担がれる存在に
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110721/plc11072100100000-n1.htm
        【関連情報】
        [民主党代表選挙情報]
        http://www.aixin.jp/smjh/sjmenu.cgi

        在日朝鮮人や在日支那人が投票できる民主党代表
        選挙は公職選挙法に抵触して日本国憲法違法である。

        【経済・政治の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
        【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

        PS:
        7月21日8:55〜
        予算委員会審議中継を見ていますhttp://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=1010&mode=LIVE&un=4b7c326b6cf420f46eddcc49bcd0a712&ch=n&pars=0.5653559135080011

        • 愛信さん
        • 2011/07/21 10:38 AM

        訂正願います
        誤)台風16号
        正)台風6号

        • 愛信さん
        • 2011/07/20 8:27 PM

        天気予報や台風情報まで捏造する売国反日テレビ局・マスコミ
        http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110720-OYT1T00831.htm?from=navr

        【関連情報】
        静止気象衛星画像(地球)が映し出す台風16号の様子。 
        可視 : 8192 x 8192で見ると大きく見やすいです。
        http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/
        台風16号は午後5時現在、静止気象衛星画像(地球)
        で確認される通り正午ごろにはグズグズになっていて
        熱帯性低気圧に変わっています。 
        夕方のニュースで警戒を呼びかけ、放映されている荒れ
        る海の映像も何時撮影したものか真偽は定かで有り
        ません。 
        皆さんの自分の目で気象衛星の画像をご確認ください。
        反日売国テレビ局・マスコミの捏造・偽装報道に騙され
        ないように気を付けよう。

        【天気・地震の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi
        【天気・地震の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/07/20 7:17 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM