スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    こんなわが国の外交窓口に頼るしかない今の日本はどうかしてる・・・ロシア・中国・韓国の好きにさせてはいけない!

    笑えないニュース comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁


     産経Web記事【主張】より



    北方領土 不法占拠をG8で訴えよ
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110518/plc11051803090003-n1.htm 2011.5.18 03:09
     
    イワノフ副大統領
    イワノフ副首相

    イワノフ副首相ら5閣僚をはじめとするロシアの大型政府代表団が、日本側の中止要請を無視し東日本大震災後では初めて、北方領土の択捉島と国後島を訪問した(←日本側の中止要請っていってもどのくらいのものだったか疑問ですが・・・※参考記事:露副首相らの北方領土訪問「止めるよう言った」原田大使会見

     
    震災下であろうとなかろうと、日本固有の領土に対する不法占拠を恒久化しようというロシアの国家意思を鮮明にしたものだ。断じて許されない(←そうだそうだ)


    松本剛明外相は訪問翌日の16日に、ベールイ駐日ロシア大使を外務省に呼び、「日本の原則的立場と相いれず、わが国国民の感情を傷つけるもので遺憾だ」と抗議を申し入れた。当然である。

     
    その松本外相はしかし、震災直後の3月21日にロシア軍機が日本領空に接近した翌日には、「お見舞いや支援をいただいている気持ちを信じてお付き合いしていく」として抗議を見送っている(←松本外相は中国大使館による都内の土地取得問題の対応でも相当大きな問題がある人物で・・・。)

    そんな甘い認識や姿勢はロシアには通用しないということを、菅直人政権は今回の訪問強行で、改めて銘記しなければならない。支援は支援、領土は領土、別問題であるとわきまえるべきだろう。

     
    イワノフ副首相は、クリール諸島(千島列島と北方領土)で進む「社会経済発展計画」で、2015年までに150億ルーブル(約430億円)を投資すると強調し、サハリン州のホロシャビン知事は、さらに160億ルーブルが発展計画の資金に上積みされるとの見通しを示した。ロシアは巨額の政府資金を注ぎ込むことで、不法支配を固定化し、強化しようとしている。(←こんなこと誰にだってわかるだろ)


    一方の日本経済が震災で一時的にせよ、失速しかねない中、ロシア側は領土問題で嵩(かさ)にかかって対日強硬姿勢に出ているのだ。日露領土交渉の後退に伴い、「双方受け入れ可能な譲歩」を求める声も北海道などに出ていると聞く。

     
    だが、あきらめてはいけない。戦後の混乱に乗じて領土を侵略し占拠し続ける国際法上の非道を、訴え続けなければならない主権問題で譲ってはならないのだ

     
    菅首相は2月7日の「北方領土の日」全国大会で、昨年11月のメドベージェフ・ロシア大統領の国後島訪問を、「許し難い暴挙だ」と糾弾した以上、不法占拠解消へ向けた国際世論を、政権として喚起、形成していくべきだろう。それがロシアへの牽制(けんせい)ともなる。

     
    さしあたり、自ら出席する26日からのフランス・ドービルでの主要国(G8)首脳会議が、その手始めとなる。




    震災後、ロシアに実効支配をさらに強化されつつある北方領土。その北方領土を韓国議員が訪問するそうです。なんでよ?  ↓


    韓国国会議員、初の北方領土訪問へ 竹島「実効支配」強化狙う?
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/110519/kor11051921030001-n1.htm 2011.5.20 00:29


    韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)をめぐって韓国の領有権確定に向けた政策や立法を審議する韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」(定員18人)に所属する野党議員3人が、22日から北方領土の国後島訪問を計画していることが19日、委員会関係者への取材で分かった。韓国の国会議員が北方領土を訪問するのは初めてという。

     
    ロシアのメドベージェフ大統領が昨年11月に国後島を訪れて以降、ロシアは中国や韓国に北方四島への投資を呼びかけるなど領土問題に第三国を巻き込む戦術を鮮明にしており、韓国議員の北方領土訪問計画は、事態がロシアの思惑通りに進みつつあることを示している。

     
    委員会に所属する議員の事務所は訪問目的を「日本との領有権問題がある地域の支配・管理状況の視察」と説明している。一行は22日にロシア極東サハリン州のユジノサハリンスクへ向け出発。航空便が確保できれば24日までに国後島に渡る予定。

     
    韓国側は近年、竹島周辺で海洋研究基地の建設を計画する一方、今年3月の検定結果公表の際には日本の中学教科書の記述内容について強く反発するなど、竹島の「領有」を繰り返しアピールしてきた。こうした経緯から国後島訪問には韓国の竹島への「実効支配」強化を強調する狙いがあるとみられる。

     
    ロシアは東日本大震災を受け、日本への迅速な人道支援に動くなど対日関係改善のシグナルを送っていたが、15日にはイワノフ副首相ら5閣僚が択捉、国後両島に乗り込んでインフラ整備の加速を打ち出すなど、領土問題では強硬な立場を変えていない。

     
    プーチン前政権期のロシアは、領土交渉に応じる考えを示す一方で北方領土の「ロシア化」に乗り出し、日本に譲歩を迫る戦術をとった。ロシアによる強硬姿勢の背景として、最高実力者、プーチン首相(前大統領)の大統領返り咲きを視野に、有利な立場で領土交渉を再開する思惑も一部識者から指摘されている。

     
    原田親仁駐露大使は19日、「(訪問が)行われるのであれば、日本の北方領土に対する基本的な立場と相いれない(互いの主張や立場が相反していて 両立しない)」と述べた。(←なんか口だけのような気がしてならないid-yynx9Porzteb~001.gif



    そんな中、21日から都内で日中韓首脳会談が開催されます・・・。中韓首脳が被災地を訪問し、避難住民を「激励」するそうです。仕掛け人は中国の温家宝首相で、キーワードは「尖閣」だとのこと。

    昨秋の中国漁船衝突事件で、日本国民の対中感情はいっそう悪化しました。西太平洋制覇という長期戦略を進める中国にとって、日本の対中警戒感の高まりは戦略推進の大きな障害となるわけで・・・。温首相は、避難住民を激励する映像が流れるように仕掛けて、日本人の警戒心を解くことを狙っているのです。


    さらに隠された意図もあるようです。米軍の「トモダチ作戦」が大きな成果を挙げ、日米同盟は強化されました。けれども、米首脳はまだ被災地を訪れていません。中国で「映画スター」との異名をとる温首相はおそらく、被災者の手を取り、涙を流す“名演技”で、何とか劣勢を挽回したいと考えているのでしょう。お得意の「ナミダ作戦」には用心が必要なようです 。(※参考記事:石平氏「温首相の『ナミダ作戦』にご用心」 日中韓首脳会議


    菅首相は5日、松本剛明外相と公邸で会談し、「3国の協力関係は進んでいる。東日本大震災はあったが前向きな会談にしたい」と述べたそうですが、だ〜れもあんたに期待なんかしてないと思います。期待どころか、心配で心配でしょうがないのですが・・・。


    日本を守るという信条のかけらも見られない人物が、外交に携わっている・・・。私たちのたいせつな「日本」が人質にとられているような・・・そんな感覚に陥る今日この頃です。


    ファイル0742.gif


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        西田昌司「非常事態の認識がない菅政権。これこそ非常事態だ!」
        http://www.youtube.com/watch?v=Z_rLjuAeCeE&nofeather=True
        (動画)

        民主党はもはや「論ずるに値しない」政党です。政策・政権運
        営、危機管理・安全保障・外交など「すべてにおいてダメ」です。
        話になりません。

        【動画ニュース掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
        【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


        • 愛信さん
        • 2011/05/20 2:06 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM