スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【絶対見て欲しい動画・署名のお願い5/22必着】中国大使館による都内土地買収問題/浜田和幸議員インタビュー/5/16 参院・決算委員会/5/17 参院・外交防衛員会

    拡散したいブログ見つけた comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    たびたびの追記申し訳ございません
    ※【重要】 署名の締切日は22日です(22日必着)。署名を始めてくださった方のブログ⇒署名二十二日必着で御願いいたします〜草莽の記
    ※17日の委員会の動画、3本あるのに気づいたので追加しました。


    中国大使館による都内の土地取得問題についていち早く発信された、浜田和幸氏
    出演の動画です。
    ※詳細をご存知でない方はまずこちらの記事をご覧ください ⇒ 震災の陰で土地を買い漁る中国|浜田和幸オフィシャルブログ

    「まさか、右翼と呼ばないで」さんで動画についての解説をされていたので、そちらを参考にコメントさせていただきました。


    【浜田和幸】中国大使館による都内土地買収問題[桜H23/5/16]

    http://youtu.be/8spPVJGoA6E


    投稿者さま説明コメント:中国大使館による、準国有地とも言える都内一等地の買収問題をブログで取り上げておられた浜田和幸参議院議員をお訪ねし、本日と明日に予定されている国会委員会質問を前に­、政府の特別の配慮があったと見られる土地買収の問題点や、安全保障上の脅威についてお聞きしたインタビューの模様をお送りします。
    ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/



    この動画で浜田さんがいろいろ解説してくれています。続く防衛委員会予告編もしていました。端的に分かりたい人はこの動画をどうぞ。

    次の参院決算委の動画からは政府の陰謀が垣間見れます。やっぱり感が強まるいい証拠だと思うので、別の意味でお勧めします。自分で感じることが大事ですから。
     ↓

    H23/05/16 参院決算委・浜田和幸【中国大使館による都内の土地取得問題】1〜3

    http://youtu.be/Om4B2fjrpYI

    投稿者さま説明コメント:これぞ、まさに「国を売り渡す=売国」だ!!



    「日本は中国の土地を買えない一方で、中国は日本の土地を買えるというのは外交上の対等性の上で問題はないか?」という質問に対し、高橋外務副大臣は「中国では日本だけでなくて誰も土地を買えないから問題ない」と、中国国内での平等性を持ちだすという、小学生でも分かるような明らかな論点をずらしでごまかす発言をしていました。外務省が外交上の対等性や日本の国益というものをまったく考慮していないことのまぎれもない証拠になります。

    「もしも大使館が別の目的で使い出した時に規制はかけられるのか」というやり取りがありましたが、これはあとで規制かけるとかなんとかは相手が悪すぎるから絶対に駄目。白紙撤回させるべきです。私たちも立ち上がらないといけません。



    参院・外交防衛委員会「中国による日本の土地取得」2011.05.17 1

    http://youtu.be/kQaeNVjR4do


    投稿者さま説明コメント:浜田和幸「都心の中国大使館のすぐそばに1700坪(合計3000坪超)の土地を取得したことは適切か?」松本外務大臣「公館の用地として取得されたので問題ない」 中国大使館が都心一等地取得 超党派領土議連、規制求める声続出 http://p.tl/GDqT



    参院・外交防衛委員会「中国による日本の土地取得」2011.05.17-2

    http://youtu.be/xsA7NsK7_sU


    投稿者さまコメント
    浜田和幸「日本は中国で土地取得できないのに、なぜ中国に土地の取得を認めるのか?」
    高橋外務副大臣「土地はフランス大使館も持っているし、イタリアの大使館の方が土地が広い」
    浜田和幸「フランスやイタリアと違って、中国とは領土をめぐって係争中だ」

    浜田和幸「中国の国防動員法について検討したことは?」
    北澤防衛大臣「中国は隣接した友好国なので、中国が日本国内で何かするとは考えていない」



    この動画では、浜田議員はシナの国防動員法について鋭い指摘をしています。(8:00〜)錯乱、テロの拠点になる関連性。北沢防衛大臣が国防動員法と可能性について「考えたことも検討したこともない」と答えましたよ!!
    松本外務大臣もその態度がおかしい。シナの代表者みたいな返答。一生懸命擁護に終始している。これは見ないといけないですよ。見たら身に沁みます。
    (なぜ中国のことをシナと呼ぶかについてはこちら⇒http://rescuetheislands.web.fc2.com/name_sina.pdf
     

    国防動員法についてはこちらのファイルにまとめました。テレビや新聞ではまったくと言っていいほど報道されませんが、国防上きわめて重要な事実なのでできる限り広めてくださいhttp://bit.ly/mjBx7w 「国民が知らない反日の実態」より転載したもの)


    それから中国の戦略に超限戦というものにも触れられています。(9:30〜)「超限戦は単に戦争手段の多様化を示すだけではなく、それに対応した安全保障政策や戦略の研究の必要を主張している。」とあるように、中国の戦略と対等に渡り合うためには、私たちも相手の出方をかなり研究したうえで注意深く対応していかなければいけないことが分かります。



    参院・外交防衛委員会「中国による日本の土地取得」2011.05.17-3

    http://youtu.be/I72Izm-6Nrs


    日本の買収された森林の半分までがシナによる取得だと浜田議員が指摘。


    投稿者さまこめんと
    浜田和幸
    「外国資本による日本の買収を食い止める考えはないか?」
    高橋外務副大臣「WTO協定で加盟国の国民が我が国の土地を取得することは保証されているので、制限することは認められない」
    ※以降、TPPの危険性


    浜田和幸公式HP (動画欄)にも後日動画がアップされる予定です。↓
    http://www.youtube.com/user/kazuyukihamada


    ******

    中国文化センター 孔子センターという言葉が浜田さんの口から出たので 調べてみたら下記の事実が出てきて 青くなった。今までちらちら見てはいたのだけど あんまり忙しくて深く考える暇がなかったのです。大学と老人介護を盗られてしまっているなという印象を持ちました。いやーーーーー根深く入り込まれてるな これは!!どうするよ!?


    孔子学院
    Wikiより)


    孔子学院については欧米より批判的な評価も受けている。
    孔子学院の組織はブリティッシュ・カウンシルやゲーテ・インスティトゥートのような他の文化組織と異なり、孔子学院が大学の中で活動し、そこで教授される講座内容には特定の影響力が行使されているとの指摘され、設置大学の教育機関としての健全性を脅かすものであると指摘されている。

    また孔子学院が中国政府の組織であることより、スウェーデンの国会は孔子学院が国内の教壇を中国政府に提供することになるという懸念を表明ている。またカナダ安全情報局は、孔子学院が欧米諸国の民心掌握のための中国政府の試みの一部であるとのコメントを表明している。
    2010年にアメリカカリフォルニア州ハシエンダハイツ市の中学校に「孔子学院(「孔子学堂)」が開設される際、地域住民より孔子学院は国策事業であり、孔子学院を通じて共産主義に依拠した教材で生徒を洗脳するものであり、米国の利益を擁護するため黙認できないと批判され波紋が広がっている。



    日本でも 早稲田、立命館、桜美林、愛知 北陸 札幌 岡山商科大学、大阪産業大学 関西外国語大学 工学院大学、福山大学など軒並み手を突っ込まれているのを見て 驚愕しました。老人と若者を盗られている。全国の土地を買い漁られている。森林と水資源を盗られている。大都市に軍事基地を持とうとしている。政府を掌握している。財界人を取り込んでいる。マスコミを盗られて久しい。もう何をしているかはっきりしません?どうするよ!!?? 


    気抜いちゃ 駄目だ ここからは一歩も!!!

    *******

    テレビや新聞では報道されないため日本がこのような状況に陥っているという危機意識を持つのは容易なことではありませんが、これが日本が直面している現実です。


    *******
    今現在、東京都港区の一等地が中国大使館に売却されようとしています。 なんどしてでも阻止したいです。売却中止を求める署名にご協力ください。


    現在土地売却中止を求める署名や反対意見提出を呼び掛けています⇒ 草莽の記 by杉田謙一氏

     
    署名用紙のダウンロードはこちらから取り出せます(PDF) 
      ↓
    http://politomo.jp/aichi/wp-content/uploads/2011/05/3e0b0a8b49917e9cc753be94369a068e.pdf

    22日必着

    ぜひとも、ご協力お願いいたします。
    そして日本を守ってくれる議員さんの応援よろしくお願いします。
     

     

    *****

    以下、
    【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 さまも声をあげておられます
    ※管理人したろうさま、ありがとうございます。
     
    *****

    動画からもわかるように、浜田議員のこれらの質問に対し、

    「わが国の国土を金さえ払ってくれればいくらでも外国政府に売るというわけで、売国政権としか思えません。」(浜田和幸オフィシャルブログさまより)

    との言葉に象徴されるおぞましい政府の対応でございます。


    とくに外務省ならびに外務大臣の対応には、相当大きな問題がありそうです。


    《浜田和幸オフィシャルブログさまより》
    「今回、中国大使館が60億円で落札した国家公務員共済組合連合会が所有する土地に関しては、中国政府は3年前から外務省に相談を持ちかけていた」
    「外務省は日中関係の歴史に配慮し、今回の土地取得に関し、今後も介入する考えはないこと」
    「土地取得については、『中国による外交活動の範囲内』として、中国の意図や日本の将来への影響については、まったく『想像力』のかけらもない答弁」

    《小野寺五典氏の衆議院外務委員会の質問に対する回答の中から》 
    ・松本外務大臣は、「外交関係に関するウィーン条約第21条」を理由に、土地の売却を認めている理由としているが、ここで日本が中国に対して取得を容易にしなければならないのはあくまで「公館」や「施設」であって、「土地」ではない。また、「取得」する権利は必ずしも「所有権」のことではないはず。条約の解釈が誤っているか、中国に有利・日本に不利な拡大解釈により、国益を害する人物は外務大臣として適格で無い。



    <参考>外交関係に関するウィーン条約 第21条◆
    http://www1.doshisha.ac.jp/~karai/intlaw/docs/diplomat.htm


    ・第二十一条 1 接受国は、派遣国が自国の使節団のために必要な公館を接受国の法令に従つて接受国の領域内で取得することを容易にし、又は派遣国が取得以外の方法で施設を入手することを助けなければならない。
    2 接受国は、また、必要な場合には、使節団が使節団の構成員のための適当な施設を入手することを助けなければならない。



    一方、この土地売買については、まもなく契約期限を迎えると思われます。

    ※本件の中国大使館の入札公告は既に公開されていません。が、他の物件の入札公告はすべて同じ公告文になっていますので、ご参考までに紹介いたします。


    <参考>国家公務員共済組合連合会HPより
    「一般競争入札予定物件情報」入札公告書◆

    「9.契約等 : 落札者は、落札決定の日から30日以内で連合会の指定する日に、連合会の指定する契約書により、連合会の指定する場所で契約を締結しなければなりません。 」
    ・落札は4月下旬ですから、すぐにでも契約締結は可能であるはずです。
    ・この入札公告と同じ内容で公告されていたのなら、あと1週間程度で契約締結期限が来るものと思われます。



    しかし、現時点でこの問題は大きく報じられておりません。

    そこで今般、「害務大臣、辞めちゃえば?で、世論を喚起する作戦!」を立て、
     ・松本外相(+外務省)へ1点集中して大臣辞任を求め、・実際に辞任に追い込めば世論をも喚起出来るのではないかとの考えで、「外国政府にいくらでも土地を売る、文字通りの『売国』松本外務大臣への辞任要求文」を駄文ながら公開させて頂くことに致しました。


    <参考>:松本 剛明(ウィキペディア)◆
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%89%9B%E6%98%8E
    ※浅尾慶一郎や松井孝治らとともに『1000万人移民受け入れ構想』を提唱したメンバーの1人
    ※高祖父は 初代内閣総理大臣の伊藤博文 などの記述あり。



    ★大臣辞任の事態になれば、マスコミはその原因たるこの問題を報じざるを得ないはずです
    私たちにやれること、思いついたら何でもやりましょう!

    送信に関しましては、ペンネームで結構です。
    ご賛同頂ける方は、何とぞ宜しくお願い申し上げます。
    拡散も宜しくお願い申し上げます。


    ******
    メール・FAXの送信と文例について

    1.松本剛明外務大臣への送信先と文例
    ◆送信先:
    松本剛明外務大臣
    松本たけあきオフィシャルウェブサイト
    http://www.m-takeaki.jp/
    「街頭演説」の項に、「毎週月曜日 AM7:45〜AM8:30 山陽電車姫路駅前において行っております」との記述あり。

    上記サイトの中の「お問い合わせ」
    info-matsumoto@memenet.or.jp

    松本たけあき後援会
    〒670-0972
    姫路市手柄1丁目124
    TEL:079-282-5516(代)
    FAX:079-282-5517

    国会事務所
    〒100-8981
    千代田区永田町2-2-1衆議院第1議員会館707号室
    TEL:03-3508-7214
    FAX:03-3508-3214


    外務省 ご意見・ご感想
    https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
    ※メールフォーム 1,000字以内です。


    【超短文文例】
    「外国政府に無制限に土地を売る害務大臣は辞任せよ。 国民」※これだけでもOK!とにかく多くの声を届けて辞任に追い込みましょう!
    info-matsumoto@memenet.or.jp



    ★無料FAXのご紹介
    http://free2010jp.seesaa.net/article/137331934.html
    ※但し、文章コピーして、一旦Wardに張り付けて、保存形式をpdfで保存しないと文字化けして相手にFAXが届きますのでご注意ください。


    文例:「外国政府にいくらでも土地を売る、文字通りの『売国奴』松本外務大臣への辞任要求文 *利用・改変可*


    外務大臣 松本剛明 様

    「外務大臣の辞任を要求いたします」

    平成23年5月  日
    住所
    氏名


    突然の送信、失礼致します。


    単刀直入に申し上げます。本日この手紙を送信申し上げましたのは、貴殿に外務大臣職を辞して頂きたいからでございます。


    去る4月下旬、中国大使館が60億円で落札した国家公務員共済組合連合会が所有する土地に関しては、既に良識ある多くの国民から売却反対の意見が届いていることと存じます。


    この問題に関し、5月13日に小野寺五典衆議院議員が、16日と17日には浜田和幸参議院議員が国会で質問をなさっておられますが、この答弁を拝聴しました限り、失礼ながら貴殿には、一国の外務大臣としての資質は見受けられません。
    これは貴殿だけでなく、外務省職員の方々にも申し上げたいことでございます。


    答弁を拝聴しますと、外務省は「日中関係の歴史に配慮し、今回の土地取得に関し、今後も介入する考えはない」とのことでございますが、「歴史の配慮」とわが国の土地を売却すること、この両者に一体何の関連があるのでしょうか。


    そもそも中国に対して、歴史のどの局面に配慮しておられるのですか。
    例えばそれが「南京事件」であるとするならば、敗戦国に押し付けられた自虐史観をそのまま受け入れておられ、既に多くの客観的事実によりなされた歴史判断を無視しているとしか考えらず、貴殿や外務省官僚の皆々様は余りにも不勉強であり、一般国民にも劣る見識しかない方々に、外交という重責をお任せするのは、国民として大いに不安があるとの認識を新たにいたします。


    また、中国政府は当該土地の取得に関し、3年前から外務省に相談を持ちかけていたとのことでございました。だとすれば、外務省はこの3年の間ずっと中国に対する「売国」の意図があり、その機会を伺っていたのではございませんか。そしてこの件に関する、外務大臣ならびに外務省官僚に対する中国からの見返りは何であるのか、国民としては大いに興味のあるところでございます。


    昨年より名古屋や新潟においても市内の一等地を中国領事館が買い取る交渉を進められ、地元住民の方々の猛烈な反対運動が起き、棚上げ状態となっております。まして都心の一等地が大使館用地として売却されるとなれば、その非常識な対応に全国から非難の声が集まる事は自明の理であります。


    5677平方メートルといえば、小さな軍事基地であれば建設可能ではないでしょうか。都心の一等地であれば広大といえる広さの土地を提供し中国に大きく利する事になってしまいます。


    土地取得について貴殿は、「中国による外交活動の範囲内」と断言されておられますが、中国では2010年7月1日に「国防動員法」なる法律が施行され、中国と日本の有事の際には日本に居住する中国人にも兵役が課され、決起することが可能になるそうでございます。


    首都東京の一等地において、「治外法権」となる広大な大使館用地を反日国家・中国に提供することは、防衛・外交・首都機能・経済活動・都民の人命のすべてを人質として差し出しかねないことであり、これは即座に日本の存亡に関わることになりかねません。


    また貴殿は、「外交関係に関するウィーン条約第21条」を理由に、土地の売却を認めている理由としておられますが、ここで日本が中国に対して取得を容易にしなければならないのはあくまで「公館」や「施設」であって、「土地」ではないと推察されます。また、「取得」する権利は必ずしも「所有権」のことではないのではございませんか。これは条約の解釈が誤っているか、中国に有利・日本に不利な拡大解釈であると思われます。


    中国の意図や日本の将来への影響について、想像力の欠片もない答弁を繰り返され、更にはあくまで日本側に不利な条約の解釈をなさる貴殿に、わが国の外務大臣として適性があるとは到底考えられず、これ以上貴殿に外務をお任せする限り、どこまで国益が貶められるかわかりません。


    人事に尽くしがたい自然災害による混乱に乗じ、わが国の国土を金さえ払ってくれればいくらでも外国政府に売るという、文字通りの「売国」政権について、国民に報道もなされないままに進行している事態を大変憂慮しております。


    殆どの国民は、政策の違いこそあれどの政党も国民のために存在していると信じております。恐らくは、貴殿の選挙区の有権者もそうでありましょう。
    しかし貴殿が与党民主党に席を置き、外務大臣を続けられる限り、そう遠く無い将来、有権者は貴殿が日本の国益を損ねる「売国奴」であると知ることになりましょう。そうなれば貴殿の父祖から代々築き上げられて来られた信頼関係を一気に失うことになりかねません。


    現時点で、地元兵庫県第11区・姫路市の有権者は伊藤博文という偉人を高祖父に持つ貴殿に心からの信頼を寄せておられるでしょう。しかし、貴殿がわが国の史上稀に見る売国奴であることを知れば、貴殿を選出したことを全国に恥じ入らなければならない事になるでありましょう。


    「治外法権」となる広大な大使館用地を提供した影響、また、わが国の国土を金さえ払ってくれればいくらでも外国政府に売るという態度により、後々私自身や私の家族に何らかの悪い結果を招く可能性に対し、貴殿は一体どのような責任を取られるおつもりなのでしょうか。


    貴殿は今後、高祖父の偉業に泥を塗り、有権者に罵倒され、将来に亘り日本全国民に恨まれ続けるでありましょうが、これはすべて外務省官僚ならびに貴殿自身の所業が招いたことでございます。
    これ以上、貴殿自身、また貴殿が地元有権者を始めとするわが国の国民を子々孫々に至るまで不幸な事態に貶めることの無きよう、一刻も早い辞任を求めます。

    以上



    その他の議員・関係機関に対して
    要望のある方のために、送信先を紹介いたしております


    電凸・FAX送信先
    都民の声総合窓口
     生活文化局広報広聴部都民の声課
     電話 03-5320-7725
     FAX  03-5388-1233


    主要政党電話・FAX要望先一覧
    民主党 菅直人代表  
    03-3595-9988
    03-3595-9961
    国民新党 亀井静香代表
    03-5275-2671
    03-5275-2675
    自民党 谷垣禎一総裁
    03-3581-6211
    03-5511-8855
    たちあがれ日本 平沼赳夫代表
    03-3582-8111
    03-3582-8112
    みんなの党 渡辺喜美代表
    03-5216-3710
    03-5216-3711
    新党改革 舛添要一代表
    03-6277-8105
    03-6277-8115


    メール送信先
    東京都庁
    koe@metro.tokyo.jp

    菅総理大臣
    http://www.n-kan.jp/
    ご意見箱:kan-naoto@nifty.com

    岡田幹事長
    http://www.katsuya.net/
    お問い合わせ:webmaster@katsuya.net

    枝野官房長官
    http://www.edano.gr.jp/
    ご意見:http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html

    野田佳彦財務大臣
    ・E-mail:post@nodayoshi.gr.jp
    ・船橋事務所
    274−0077 船橋市薬円台6−6−8−202
    TEL047−496−1110 FAX047−496−1222
    ・国会事務所
    100−8981 千代田区永田町2−2−1−441
    TEL03−3508−7141 FAX03−3508−3441


    国会議員
    民主党・国民新党・自民党・たちあがれ日本・みんなの党 各議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。下記のエクセルを開いて、ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)ご面倒ですがよろしくお願いいたします。


    参議院議員 H22.7.11改選後.xls
    衆議院議員.xls

    自民 衆・参議院議員 改訂  メール専用.xls
    民主党 衆・参議員 改訂 メール専用.xls
    たちあがれ日本 議員連絡先  メール専用.xls
    国民新党 議員連絡先  メール専用.xls
    みんなの党衆・参議院議員 メール専用.xls



    政府・政党
    首相官邸・ご意見募集
    http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

    各府省への政策に関する意見・要望
    (外務省、内閣官房、内閣府など)
    http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

    民主党・ご意見フォーム
    http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html

    国民新党・国民の声を聞く
    http://www.kokumin.or.jp/opinion/

    自民党に物申す!
    http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html


    都道府県議会
    都道県議会事務局.xls

    ※メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
    1.上記エクセルデータを利用した、メールを一括して送信できるソフトのご紹介もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。

    2.また、読者の方よりコメント欄にて別ソフトをご紹介頂きました(ご紹介有難うございました)。メールを一括して送信できるソフトのご紹介2こちらのソフトもまたご自身の判断でご利用下さいませ。

    ******

    【mattakeコメ】
    動画からもわかるように、浜田議員の質問に対する答弁の様子を見ていたら、いいように動いてくれるとは思えません。このまま、日本の中心地東京に中国の治外法権となる大きな地域ができることは、今後の日本にとっていいとは思えません。政治に疎い主婦の私でさえ、そう感じます。子供たちに「危険」が及ぶようなことは何としてでもやめてもらうよう、声をあげていきたいと思います。
    どうぞ、ご協力お願いいたします。切に願います。






    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        政府、ハーグ条約加盟を決定 窓口は外務省に
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110519/plc11051910250011-n1.htm

        【関連情報】
        「女性差別撤廃条約議定書批准審議」、国連を使って夫婦別
        姓、人権擁護法や外国人参政権等を推進すべく、女子差別
        撤廃条約選択議定書を批准させようと、 左派勢力が自民党
        に働きかけています。
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj0.cgi

        日本人社会の破壊者が次々と打ち出す施策ハーグ条約加盟、
        反日売国テレビ局・マスコミは報道を隠蔽・捏造して日本国
        民に問題点を知らせない。 1億2000万人の日本国民の
        総力を結集して日本のお国柄を破壊するこれらの法案の成
        立、批准に断固反対しよう。

        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        ps:
        5月19日13:00〜本会議審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40995&live=yes&media_type=wb
        (動画)

        • 愛信さん
        • 2011/05/19 1:36 PM

        第177回国会審議中継
        5月19日9:00〜
        安全保障委員会審議中継を見ています、支那の尖閣諸島上陸関連質疑
        http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40996&live=yes&media_type=wb

        【動画ニュース掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
        【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/05/19 10:14 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM