スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    震災の翌日、献金韓国人に口止め電話してた菅

    笑えないニュース comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁





    菅総理、震災翌日「献金韓国人」に口止め電話〜週刊文春報じる[04/07]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1302400886/


    (東京=聯合ニュース)ハン・サンヨン記者=日本の菅直人総理が政治資金を渡した在日韓国人に口止め電話をかけたと日本の週刊誌、週刊文春が匿名の関係者を引用、4月14日号を通じて報道した。


    在日韓国人K氏を知る民団関係者によれば、菅総理が東日本大地震が発生した次の日の先月12日、彼に電話をかけて「過去も現在も、未来も会ったことがないことにしたい」と念を押したというのだ。


    菅総理はまた、K氏に「状況が落ち着けば何でもできるから、とにかく逃げてくれ」と要請したと同誌は伝えた。


    K氏は在日韓国人の間で有名人として通っており、横浜市内で不動産など複数の会社に勤め、町田市ではパチンコ店を3店経営していることが分かった。


    菅総理の政治資金授受は大地震が発生する一日前の先月10日、朝日新聞の報道で暴露された。同紙は菅総理の政治資金管理団体が外国人の在日韓国人から2006年から2009年にかけて合計104万円の政治献金を受けたと伝えた。


    菅総理は今回の暴露に政治的危機に陥る立場だったが、大地震発生と福島第1原子力発電所事故で日本ではこの問題がそれ以上問題化されることはなかった。


    当時、菅総理は「この在日韓国人は知人を通じて知りあいになり、釣りと食事を一緒にするなど懇意にしていたが、日本名を使っていたので日本国籍と思っていた」と説明したことがある。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) "菅日本総理、政治資金韓国人口止め電話"
    http://www.yonhapnews.co.kr/international/2011/04/07/0602000000
    AKR20110407170300009.HTML




    お仲間にも見放されたってことですか・・・
    それにしても、どうしようもない奴・・・。






    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        富士電、山形で下水消化ガス燃料電池を実証 寒冷地の屋外設置可能に
        http://www.sankeibiz.jp/business/news/110412/bsc1104120502001-n1.htm

        寒冷地の屋外設置を可能にするため、富士電機は燃料電
        池に必要な周辺機器をワンパッケージに納め、パッケージ
        内の熱の流れなどを考慮して機器の配置を工夫。

        東日本大震災で停電しても動き続けた山形市浄化センタ
        ーはガスで発電する燃料電池設備のおかげ。
        近未来の離散発電システムの誕生した、石油ストーブに
        灯油があればよい、同様に燃料電池発電システムには
        海水から取り出せる水素ガスがあればよい。

        【燃料電池の掲示板】最新版
        http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jrh/kfn0.cgi

        • 愛信さん
        • 2011/04/14 9:02 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM