スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    【拡散希望】新藤竹島での韓国の暴挙〜海洋科学基地と住民宿泊所の工事計画〜

    竹島を絶対渡さない comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    新藤 義孝(自民党衆議院議員)公式ウェブサイト週刊新藤 より 
     

    民主党政権が続けば日本の領土が中国・ロシア・韓国に奪われてしまいます!
    国も竹島の不法占拠をさらに強化する動きを強めているようです!


    緊急報告!
    竹島での韓国の暴挙
    〜海洋科学基地と住民宿泊所の工事計画〜
     





    竹島での韓国の暴挙が止まりません。
    私のホームページには
    関係資料や動画がたくさんありますので、
    是非ご覧になってください。



    竹島は歴史的にも国際法上も我が国固有の領土ですが、韓国によって不法占拠が続いています。
    特に昨年の政権交代以降、外交に不慣れで軸足の定まらない民主党政権の足下を見透かしたかのように、韓国は竹島の不法占拠をさらに強化する動きを強めているのです。
    その竹島で、韓国による新たな動きが起こっています。我が国にとって、とても見逃すことのできない重大問題なのですが、政府が事態を明らかにしないため、マスコミもほとんど報道いたしません。
    今号では私から皆様に緊急報告させていただきます。

    -----------------

    ◆ 海洋科学基地の工事発注の動き


     昨年、韓国海洋研究院が竹島北西1 キロの沖合に「海洋科学基地」なるものの建設を計画していることが明らかになりました。(参考記事:独島に海洋科学基地を建設) 
    基地は地上15階建て相当のヘリポートを備えた構築物であり、総工事費は373億ウォン(約26億円)、竹島近海の海洋観測を行うと共に、韓国実行支配の強化を目論んだものです。

     当初この基地は、昨年6月に設計を完了して 9月に着工、2013年に完成という予定でした。
     しかし、この情報を韓国側の国内報道から手に入れ、それを元に追求した私の国会質問等、日本国内の反発が功を奏したのか、昨年半ば以降、工事契約の発注がストップしていました。

     ところが、本年1月24日の建設経済新聞、及び1月28日の毎日新聞(いずれも韓国紙電子版・韓国語)の報道によると、韓国海洋研究院は1月24日、海洋科学基地の建設工事の契約締結を調達庁に依頼。調達庁はこれを受けて工事の設計図を作成し、入札参加資格を決めた上で、間もなく入札を行う予定であるというのです。

     これが事実であれば、我が国の領海に他国の構築物が新たに建設されることになり、重大な主権侵害となることは明らかです。

    ------------------

    ◆ 住民宿泊所の拡張工事完成


     ほかにも竹島では、より多くの韓国人を居住可能とするため、既設の宿泊所の拡張工事が昨年より行われております。1月19日のソウル新聞(韓国紙電子版・韓国語)によると、この工事が本年4 月までに完成、5月に竣工式が開かれる予定という記事が掲載されました。
     現在の宿泊所は地上2階、全体面積118.92屬任垢、この拡張工事によって地下4 階、全体面積373.14屬般3倍の規模となり、最大で40人が同時に居住できるようになるとのことです。

     今現在、竹島に韓国の宿泊所が存在すること自体も大問題ですが、竹島の韓国既存施設がノーチェックで改築されることは、政権交代前の日韓関係ではあり得なかったことなのです。
     我々自民党が政権を担っていた最近の10年間では、竹島で新たな動きがあればどんな小さな事でも見逃さず抗議し、阻止してきました。

     韓国が竹島周辺海域で海流調査を強行した平成18年 7 月には、小泉政権が実際に海上保安庁の巡視船を派遣し、韓国調査船を追尾の上、調査をやめさせたこともあるのです。

    --------------------

    ◆ 公表せず、抗議しない民主党政権


     政権交代した一昨年の9月、その年が開けた昨年の2月頃から動き始めた竹島の様々な韓国側計画について、私は委員会や本会議場で何度も政府に対して「韓国に抗議をしたのか、国民にこの事実を公表すべきではないか」と質問を繰り返してきました。民主党政権の答弁は、

    ○「外交上の個別のやりとり及び事実確認の詳細について明らかにすることは差し控えたい」
    ○「政府は累次にわたり竹島の領有権の問題に関する我が国の立場を明確に申し入れてきている」

    と云うだけで、国会にも国民にも何ら状況を説明していません


     そして、日韓の総理と大統領、外務大臣同士は年に何度も会談したり国際会議などで接触しておりますが、民主党政権になって以来、首脳間では、日本側から韓国に対し抗議するどころか、竹島問題そのものを話題にしたという会談結果が報道されたことはないのです


    --------------------

    ◆ 韓国への誤ったメッセージ


     東シナ海上の「離於礁(蘇岩礁)」は中国と韓国がその領有権を巡って争っていますが、韓国は1995年から2001年にかけて、中国の抗議を無視し、今回竹島で建設予定と同様の海洋科学基地建設を強行しています。(参考記事:もう一つの島(領土)問題


     日本政府がこのまま何も対応しなければ、離於礁と同様に基地を建設されてしまうことは目に見えています。(表紙写真を参照)
     日本国と日本国民は、日本の領土である竹島に韓国による新たな大規模施設建設を容認することが出来るのでしょうか?


     現在の日本と韓国両政府が提唱する、「新たな日韓の未来関係」とは、日本側の領土や国家主権をないがしろにした中で構築しようとしているのでしょうか?
     日韓のこれまで築いてきた信頼関係を粉々にしてしまう韓国側の動きに対し、事実を確認しているにもかかわらず、何も抗議しないばかりか、主権者である日本国民に公表すらしない日本政府の対応は、竹島問題に関し暗黙の了解を与えている、という韓国への誤ったメッセージになってしまっています。

    ---------------

    ◆ 日本のとるべき対応策


     私は政府にこれまで求めていた、

     〇実を日本国民に早急に公表すること
    ◆ヾ攅饑府に対し強く抗議し、計画の即時中止を求めること
     竹島の施設建設に関する両国間の外交協議の場を設けること

    の各事項を再度、申し入れます。

    ・ 2 月 8 日には政府に対する質問主意書を提出いたしました。
    ・ 2 月10日には自民党の領土に関する特命委員会を開催し、私から状況報告を行いました。

     私だけではありません。竹島問題に関わっている学者や研究者、さらには関係団体の皆さんも強い危機感を訴えています。

     島根県の竹島領土確立隠岐期成同盟会からは、会長である隠岐の島町長が緊急要望を直接届けに国会の私の部屋までお出でになりました。

      2月22日に行われる島根県主催の「竹島の日」記念式典と「竹島教育フォーラム」には自民党より私が参加し、情勢を訴えて参ります。

     あらゆる機会を捉え、この度の韓国による竹島開発の暴挙を阻止しなければなりません。まずは多くの国民に竹島で何が起きているのかを知ってもらう必要があります。
     週刊新藤を読んでいただいている皆様にもご理解とご協力を切にお願い申し上げます。


     新 藤 義 孝

    --------------------

    民主党に政権交代してから、尖閣衝突事件、露大統領の北方領土上陸、そして、この新藤議員の報告による韓国の竹島の暴挙・・・。

    佐藤正久議員もご自身のHPにて、この件を訴えておられます。

     

    政権交代以降、領土に関して様々なことが起きている。

    説明のあった竹島の改修内容については下記の通り
    ・ヘリポートの改修
    ・海洋科学基地の建設
    ・竹島周辺海域の地質調査
    ・漁業者宿泊所の拡張工事
    ・太陽光発電所の建設
    ・鬱陵島〜竹島間に定期航路開設
    ヘリポートの改修に至っては30年ぶりである

    ここで注意すべきは中国、ロシア、韓国の3カ国が領土に関するアプローチを同時期に行っていることである。これは偶然なのだろうか。このハネムーン期間を狙って起こっているといえるだろう。

    さらに、歴史問題ではロシアと中国は終戦後の北方領土不法占拠等を肯定化する対日戦に関する認識を同じくする声明を発表し、北方領土ではロシアの開発に対し韓国企業が資本を入れるなどこれらが連携する動きを加速している。

    我が国はロシア、中国、韓国の連携が強化される前にハネムーン状態を脱し、対し強いメッセージ出さなければならない。強いメッセージとは言葉ではなく、行動である

    政治家は国民の先頭に立ち行動しなければならないことは言うまでもない。民主党政権をつとめて早くハネムーン状態から引きずり出すとともに、自由民主党としても民主党に求めるだけはなく自ら行動することが重要である。



    こういった「日本を思う」発言をマスコミは国民に伝えてくれない・・・。
    そして、政府はこういった「日本を思う」発言をする議員を監視対象にする・・・。





    狂っているとしか思えない。

    最近は、以前にましてより強くそう思います。「日本の危機」がすぐ目の前まできているようにさえ感じられます。


    なのに、今の「日本の危機」を「知らない」「感じない」国民が多く存在します。
    国とマスコミがぐるになって、こういった「国思う」発言や情報をひた隠しにするために・・・。
    mattakeはいつも、「テレビは虚像の世界」と私に言っていました。そんな人間でも、テレビの影響は多大なものだと見受けられます。

    民主党は、与党のあいだに開き直って、いろんなことをしそうな気がしてなりません。
    日本の与党がそんな状態であることを見越して、中国・韓国・ロシア・北朝鮮のワル知恵軍団国が一気に責めてきているように思います。

    民主党が解散するまでに、日本を売られないよう、何としてでも守らないと・・・。


    だから、この新藤議員の報告もできるだけたくさんの方に知らせたいと思います。
    賛同いただいた方は、ぜひご協力お願いします。








    竹島の現状→韓国に不法占拠・実効支配されているのです。







     

    ■参考記事

    2011年01月16日、【竹島近くの日本の領海に、ヘリポート完成と同時に、韓国が海洋科学基地を建設する件】 について、新藤議員は次のような質問を武正副大臣にされています。

    新藤: 韓国の国土海洋部が、竹島海洋科学基地を本年(平成22年)の九月に着工して、2013年に完成予定、こういう記事が出た。
    竹島の北西1キロの付近に、暗礁地帯にリグのようなものを建てて、そして海洋科学基地をつくるんだと。そして、これはことしの6月に設計完了を見込んでいて、(平成22年)9月に着工。竹島のヘリポートがちょうど9月ごろに竣工する予定になっているわけですけれども、相前後してこういう海洋科学基地をつくるということが、これは予算も決まっているし、実施する、こういう記事が出ているわけです。

    そして、この科学基地は、竹島の主権を強化させる基盤となる、それから、韓国のEEZ確保に有利、このように述べられていますけれども。

    竹島の北西1キロに建設されるということですが、これは日本の領海じゃないんですか。


    武正副大臣
    :御指摘の報道は承知をしております。 先ほどの御質問の点でありますけれども、当然、新政権、もう半年を経過しておりますが、外交の継続性ということは守ってきているということでございます。

    それから、今の点でありますが、ちょっとその場所について、報道は承知しておりますけれども、1キロということでは、ちょっと今、確認をいたしますもえとら より)



    新藤議員が報告されているようなことが起きているというのに、外務省 副大臣会見記録(要旨)には昨年4月以降、今月3日の定例記者会見でも報告はありません。
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/fuku/index.html

    ちなみに、昨年4月の記者会見の記録はというと・・・↓。

    4月8日竹島問題

    【共同通信 土屋記者】竹島問題について伺います。岡田外相は竹島問題について、「不法占拠という言葉を使わない。信念でやられている」というように仰っておりますが、それは外務省としての統一的な考え方でしょうか、それとも、岡田外相個人の考え方でしょうか。

    【武正副大臣】昨日の外務委員会でも、私の方から明確に述べましたように、外務省としての見解とすれば、ホームページに載っているとおりです。

    【共同通信 土屋記者】武正副大臣は答弁を求められれば、「不法占拠」とういう言葉を使うことはやぶさかではないという考え方でよろしいでしょうか。

    【武正副大臣】ホームページに載っているとおりということです。(←口でちゃんと説明せいっちゅうねん。)

    【共同通信 土屋記者】岡田大臣は昨日の小野寺議員とのやりとりの中で、「国益とか、外交だ」と、小野寺議員が外務副大臣をやっていたという経験を踏まえて、「そのくらいのことは分かっていらっしゃるでしょう」と述べたと思いますが、それを考えると、外交、もしくは国益上、その表現は使わない方が望ましいという立場と考えてよろしいでしょうか。

    【武正副大臣】外務大臣の真意というのは、ご本人に確かめていただくのがよろしいのではないかと思います。(←・・・・)


    4月15日竹島問題

    【共同通信 斎藤記者】竹島問題についてお伺いしたいのですけれども、岡田大臣はこの前の答弁で、政権交代後の首脳会談、外相会談で竹島問題を明示的に議題として取り上げたことはないと答弁されたと記憶しております。
     一方で、政府答弁書、また武正副大臣ご自身も委員会で発言されているのですが、具体的な外交的なやり取りは明らかにできないけれども、韓国側で何か動きがあれば、累次、適切な対応を取っているという発言がありました。
     そこで質問なのですが、外相会談、首脳会談で取り上げていないと岡田大臣が言われいて、一方では、何か動きがあれば、累次適切な対応を取っているとすると、この整合性がよくわからないのですが、この部分について説明いただけますでしょうか。

    【武正副大臣】ちょうど、昨日の外務委員会でも私からたしか答弁したと思うのですが、外交青書についての、韓国政府からの申入れということにもきちんと日本政府の立場を、これはこれまでのやり方として在外公館で韓国の外交通商部あて、或いは在京大使館あてには外務省担当課からという形で申入れなりをこれまで行ってきているということであります。ですから、そういったことも含めて、政府として累次、我が国の立場を申し入れてきているということであります。
     また、今、首脳会談についても少し触れていたかと思いますが、私も委員会にいましたが、岡田外務大臣は外相会談では取り上げていないというように言っていたかと思うのですが、ちょっと私も議事録をもう一回見てみたいと思います。

    【共同通信 斎藤記者】今の関連なのですが、韓国メディアの報道、または外務委員会の委員の方々などが、竹島での韓国の、例えばヘリポートの改修であるとか、いわゆる韓国側の動きを紹介しているわけなのですが、政府としては、最近の韓国側の竹島を巡る動きについて、いわゆる実効支配を強化していると、つまりこれまでよりも実効支配が強まってきているという認識はお持ちでしょうか。

    【武正副大臣】どうしてもさまざまな報道が先に伝わるというところがありますので、まずは報道の事実、実態について確認をするということは、外交ルートで行っております。それに対して、どういうような回答があるかということも含めて、実態の把握に努めるということが、まず大事だと思っております。
     ですから、今の答えとすると、さまざまな報道がありますけれども、そういった事実確認、実態把握ということに努めているというところです


    島根県知事定例記者会見(月2回行われているようです)

    4月(第1回)定例記者会見(4月9日)

    質問事項
    3.竹島に関する岡田外務大臣の発言について
     
    時事通信:7日に衆(議)院の外務委員会で岡田外相が韓国の竹島の実効支配について不法占拠という言葉を使わなかったんですが、知事自体は、竹島、韓国に実効支配されていることについて、認識としては不法占拠という認識をお持ちなんでしょうか。

    溝口知事:外務省自身も、そこは公式に言っていますから、そこは変わりないと思いますよ。それから公開したいろんなパンフレットとかについても同様な立場でやっていますから、政府の立場は変わっていないと思います。

    時事通信:知事自身も、それは不法占拠だと思われますか。

    溝口知事:我々の方は、そういうことを言っているわけですね。

    時事通信:そうすると、岡田外相がそういう言葉を使わないと、不必要な摩擦を招かないように使わないというふうに言ったんですが、そのことは(どう考えられますか)。

    溝口知事:そこは、そういう法律的なことは別に、法律論、いろんなあれからしますと、いずれにしても問題を解決するためには両者が話し合うことにならなきゃいけないという関連でおっしゃっているのかどうかですね。私もやりとりの詳細は知りませんが、法律論、あるいはいろんな経緯論という問題がありますね。それはそういう問題として我々も主張しなければいけないですが、いずれにしても、韓国の考えと日本の考えとは違うわけですね。だから、その考えの違いを調整するようなことをしないと解決にならんわけですから、解決するためにどうしたらいいかという問題は、また別途あるということですね。

    時事通信:この言葉を使わないということに理解は示されるんですか。

    溝口知事:いやいや、そんなことを申し上げているわけじゃなくて、いずれにしても外交交渉で問題を解決しなければいけないということであります。

    時事通信:(不法占拠という言葉を)使って、きちんと日本としての立場を外務大臣として示してほしいという思いがあるのかどうかというところは(どうですか)。

    溝口知事:それはどういう文脈でそういう議論がなされているかということをちょっと私も承知していませんから、今は推測で言っているだけの話ですが、法律論、竹島の領有権の問題ということになれば、日本の領土であるということでありまして、それについて今の状況を見ると、韓国側がそういう権利を侵害しているわけでしょう。それは一つある。しかし、その問題を解決するためには、韓国側と日本側は考えが違うわけですから、国家間の領土問題は国家間の問題ですから、何らかの形で両国政府が話をする、外交交渉する、その努力もしなければいけないという両方あるということですね。

    時事通信:県としてこういう要望があるという、県としての考え方をお伺いしたいんですけども。

    溝口知事:県としては、竹島は日本に領有権がある、日本の領土ですから、そういう主張はきちっとやっていかなければいけませ。他方で、問題を解決するためには外交交渉を早くやってほしいと、この2点だろうと思いますね。
    ※( )内は、広聴広報課が書き足した部分です。


    2月7日竹島問題について

    産経新聞:竹島の問題でちょっとお伺いしたいんですけど、韓国の報道では、竹島周辺の独島海洋総合科学基地の設置工事が間もなく始まる、今週中にもう入札が行われるんじゃないかという報道なんですけども、それについて島根県は情報を把握されてるのかということと、島根県の対応について伺いたいんですが。

    溝口知事:御指摘のような韓国における報道につきましては、担当課が把握をして、私も承知をしております。

    それで、外務省に問い合わせたところ、韓国の海洋科学基地の件は外務省も承知しており、本件を含め累次にわたり明確に我が国の立場を申し入れているという回答を得ております。政府として情報の収集に努め、今後も適切に対応していくことが必要だというふうに考えております。

    産経新聞:それは何か従来から言っている主張だと思うんですけども、さらに基礎工事が始まる前に県の方から外務省を通じて抗議したりとか、そういう考えはないですか。

    溝口知事:外交の問題でありますから、国において適切に対応するように我々も引き続き求めていきたいと思います。

    産経新聞:その中で、2月22日に竹島の日を迎えますが、そこに向けて、今回はどういうスタンスで式典に臨まれるか、お聞かせいただけますか。

    溝口知事:やはりこの竹島の問題につきましては、平和裏に、外交的に解決をしなければならないということで、政府にそういう努力をさらにやっていただきたいということが一つです。

    それから、そのためには国民の方々が竹島問題を正しく理解をしていただくということが必要ですから、国においても国民の方々に正しい情報等を提供する、あるいは啓発活動をされる、そういうことをやっていただきたいと。

    それから、それに関連して教育についても、教育の場においても竹島の問題について正しい理解が得られるように、教科書等における取り扱いを含め、適切に対応してもらいたいと。そういうものが進むよう、県としてもさらに県民の皆さんと一緒になって努力をしていきたいと。

    それから、啓発の関係では、竹島について、政府における窓口ですね、そういう啓発でありますとかいろんな問題が多岐にわたっていますから、窓口になるようなところを設置してほしいという要望も引き続きやっていきたいということであります。

    産経新聞:今年の式典は、何か趣向を変えたりとかという考えはありますか。

    溝口知事:趣向ですか。

    産経新聞:内容をちょっと見直したりとか。

    溝口知事:やはり県民の方、あるいは各界の方の意見などもああいう場で紹介をしていただくというようなことを始めておりますけども、そういうことも引き続きやっていきたいというふうに思います。




     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        米トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものだと米国人が告発
        http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-643.html
        韓国人は、日本人の猿真似をテレビの前で堂々とし
        たり、無用な嫌疑を吹っ掛けて日本を貶めるているが、
        その行動のせいで逆に世界で嫌われていることを知
        るべきだな。
        http://www.youtube.com/watch?v=W7G-FGL4el0&nofeather=True
        (動画)
        詳細は
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/02/15 9:54 AM

        「子宮頸癌ワクチン」 打つ?打たない?
        http://wishcomestrue.ti-da.net/e2969927.html
        次の世代は、子供がいない社会。 ぞっとします。
        女の子のお子さんをお持ちの、お父さん、お母さんは、
        慎重な判断をお願いします。
        【関連情報】
        【新型ウイルスの掲示板】新型ワクチン健康被害、
        救済制度スタート
        【新型ウイルスの掲示板】ワクチン接種 妊婦と持病
        のある人、きょうから受け付け

        自国民へ有害ワクチン、断種(子供を出来なくする)
        ワクチンを注射する国の狂った政策を直ちに停止しさ
        せよう。
        詳細は
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/02/15 2:20 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM