スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    与謝野氏が連立の内幕を“暴露”しといて、仕事始めは欠席

    その他 comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
     

    与謝野氏・・・って、この人ダイジョウブなんですか?



    与謝野馨たちあがれ日本共同代表



    たちあがれ与謝野氏が連立の内幕を“暴露”
    「平沼氏は…」
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0106/san_110106_2613710304.html
    産経新聞1月6日(木)14時35分 
     
     
     たちあがれ日本の与謝野馨共同代表は6日昼、BS11の番組収録で、昨年末の民主党政権からの連立への参加打診について「菅直人首相から『たちあがれ日本と協力できないか。平沼赳夫代表を閣僚に取りたい』と2度、話があった。平沼氏は『その方針でやってくれ』と言った」と述べ、平沼氏が参加に前向きだったと明らかにした


    また、与謝野氏は、民主党の岡田克也幹事長と平沼氏の昨年12月22日の会談の様子について「岡田氏が国会の現状、政権運営の苦しさ、未解決の拉致問題を話し、平沼氏が『協力するにやぶさかではない。ただし、亀井(静香国民新党代表)氏のような扱いはしてほしくない』と(応じた)」と明かした。


    ただ、平沼氏を除く所属議員の賛同が得られず、連立参加を見送ったという。たちあがれ日本の連立参加をめぐっては、与謝野氏が参加に前向きな一方、平沼氏は終始反対だったとみられていた。



    昨年12月22日のことは読売新聞ではこう報道されていました。、


    「たちあがれ日本」平沼代表らの記者会見要旨http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101227-OYT1T00910.htm
    2010年12月27日19時45分 読売新聞


    たちあがれ日本の平沼代表と園田幹事長の27日の記者会見要旨は次の通り。


    平沼氏 今回報道されているような形での連立は党としては考えていない。

    園田氏 民主党政権が国会運営に苦しみ、活路を見いだしたいというのが(連立打診の)趣旨であって、我々の考える「日本を救う」という大義名分になっていない申し出だった。

    平沼氏 22日に岡田民主党幹事長と会い、「民主党には人材がいない。拉致問題でも前向きな形を取っていきたい。ついては、ご協力いただきたい」という趣旨の話があった。私は「お互いの考え方をぶつけ合う場は作ってもいい」と話した。私に「力を貸してもらいたい」という雰囲気があったのは事実だが、(入閣要請は)明確にはない。

    園田氏 連立してでも取り組むべき課題は、社会保障と税制抜本改革、経済成長戦略、自主憲法制定、安全保障をしっかりさせることだ。(与謝野馨元官房長官は連立に)前向きで、(連立拒否に)「納得するかと言えば、なかなか納得しない」と言っていた。




    もちろん与謝野氏の暴露に対して、平沼氏は即否定されました。






    たちあがれ・平沼氏、連立参加「私は断るつもりだった」 
    与謝野氏発言を否定
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/110107/stt1101071108001-n1.htm
    2011.1.7 11:07
     

    たちあがれ日本の平沼赳夫代表は7日午前、昨年末の菅政権からの連立参加打診について、「私は民主党の岡田克也幹事長に会うのを断ろうと思っていた」と述べ、参加に前向きだったとする前日の与謝野馨共同代表の発言を否定した。党本部で記者団に語った。


    また、「菅政権は完全に行き詰まっている。内閣を打倒するために徹底的に戦っていきたい。予算案にも明確に反対をしなければならない」と述べ、通常国会での平成23年度予算案採決で反対する意向を明らかにした。


    この日、党本部で開かれた仕事始めには、党所属議員6人のうち5人が出席したが、菅政権との仲介を行った与謝野氏は欠席した。


    連立参加をめぐっては、与謝野氏が6日のBS11の番組収録で「平沼氏が『その方針でやってくれ』と言った」と説明していた。




    え?与謝野氏、欠席されたんだ・・・。
    仕事始めという大事な日に・・・。
    私企業でも、バイトでもよっぽどのことがない限り、休まないと思うけれど・・・。
    それも、自分の発言でこんなになっているというのに・・・。



    こんなことをかいているブログもありました。(※書いている人はともかく内容に共感しました)


    与謝野氏は景気を破壊してでも消費税を訴えるような財政再建原理主義に染まった人物であるし、麻生政権で経済政策司令塔の役割を得ながら、緊縮財政と財政バラマキの間を右往左往し、日本財政を崩壊させた中心人物である。


    国会の質疑でも、事実と反する恫喝まがいの品性下劣の発言を行って、微塵の反省も示さない人物である。


    他方、平沼赳夫氏は信念を貫く政治家であり、経済政策運営でも経済重視の考えを堅持する人物であると見られるが、財政再建原理主義の与謝野氏とは隔たりが大きい。


    いま伝えられている新党は第二自民党の域を出るものとは見えない。第二自民党が創設されても、参院選対策になるとも思えない。


    与謝野馨氏は小泉政権以来、安倍政権、福田政権、麻生政権で政権の要職にあった人物である。自民党の凋落の責任の多くの部分を与謝野氏が負っているはずである。自らの責任を自覚もできない人物に大きな仕事ができるとはまったく考えられない。

    自民党の自己崩壊が始まったようだ。与謝野新党結成は自由民主党の終わりの始まりがいよいよ動き始めたことを示しているように見える。

    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5368.html




    与謝野氏っていったいどういう人なんだろ・・・。
    仲間を悪く言うような人・・・←こういう人は私の中では、要注意人物であります。

    何か、いけすかん奴だわ・・・。



    ---------------

    参考記事

    ▼「問責、謝れば済む話」 たちあがれ・与謝野氏の政権擁護言動に党内外にさざ波 2010.12.1
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101201/stt1012012146011-n1.htm
      
    ▼「疑惑王」与謝野 オリエント貿易との関係。なぜ地検は動かないのか。 2010/02/13
    http://simin-shinbun.iza.ne.jp/blog/entry/1458393/

    ▼サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁 2010年2月14日
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-b892.html

    ▼「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問 2010年2月13日
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-5fb0.html

    ▼尾辻秀久氏が平成の借金財政王与謝野氏を一喝 2010年3月12日
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-1179.html




     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        【禁聞】辛亥革命百年 中國再處大變革關口

        2011年は辛亥革命と中華民国100周年になります。 
        100年前に独裁大清王朝を倒してアジアで最初の民
        主共和国ーー中華民国を創りました。 100年後の
        今日共産党60余年の独裁暴政を経て中国民衆は
        党脱退の大潮流で目覚めて、中国は再び歴史的な
        大変革の瀬戸際に立っています。

        【禁聞】辛亥革命百年 中國再處大變革關口
        http://www.ap.ntdtv.com/b5/20110103/video/46733.html
        (動画)

        全文和訳
        【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
        http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
        【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

        • 愛信さん
        • 2011/01/07 11:04 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM