スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    この青年は社会の被害者〜22歳で生活保護の男性

    生活保護不正受給を許さない comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁



    22歳で生活保護の男性…小学生のころから「バイ菌」と避けられ、仕事してもうまくいかず孤独に生きる
    2010年12月28日

    今日の朝日新聞第3面の特集 孤族の国より 「22歳で生活保護」
    アパートの1室。壁には美少女アニメのポスターやカレンダー、雑誌や漫画が積みあがる。昨年鬱病の診断を受けた。離婚した親の援助も受けられず21歳の若さで生活保護を申請した。

    最後に働いたのは、巨大な冷蔵庫の中だった。くるぶしまで届く分厚いコートを羽織り、手には軍手。冷凍された弁当の食材を指定された数だけ振り分ける。次第に足先がしびれ、感覚がなくなる。時給は千円。翌朝のボードに、食材の数のミスが張り出される。また自分だ。「一緒だと仕事にならない」と同僚。「簡単なことなのに」と上司。遠まわしに解雇を宣告された。

    高校を卒業し、郷里の岩手県から上京してアニメ・ゲーム製作の専門学校に進学したが、希望の職には就けず、非正規労働を繰り返した。宅配便の荷物の仕分け、携帯派遣、風俗情報誌・・・・。だが、なぜか何をやっても人より遅い。いつも追われるように職場を去る。生きる資格がない、と社会から宣告されたような気がする。

    思えば小学生のころから、同級生に近づいただけで「バイ菌」と避けられた。過去をさかのぼってもいい思いでは見当たらない。唯一の例外は高校生のとき、県で俳句大会の1位になったこと。22年の人生で、あのころがもっとも輝いていた。今でも俳句雑誌に投稿を続けている。一生結婚なんて考えられない。生活保護がなければ路上生活か自殺しか・・・・
    この年末はしばらく部屋から出られず、1日1食、白米やインスタントラーメンだけですごした。

    いま定期的にしていることはブログに思いを書き込むことだけ
    「一生、結婚なんかできない。生活保護なかったら路上生活か自殺するしか・・・」


    写真は22歳の男性の自室。
    好きなアニメの本やポスター、ロボットの玩具などで雑然としていた=埼玉県川越市


    痛いニュースより

    この朝日の記事からすると、

    なんて可哀想なの?この青年は社会の被害者だ。可哀想だからどんどん生活保護の金額を上げてもっとリッチで快適な生活をさせてあげなくっちゃ。

    と考えているのでしょうか・・・。
    しかし、よく見るとテレビも薄型・・・。ブログやってるってことはPCもあるわけだろうし。 PCあれば娯楽は十分なわけで・・・。毎月のネット代も認められてるんだ・・・。そんでもって、趣味のグッズもこんなに購入できちゃうんだ・・・。っていうか、趣味にもお金使えるくらいの余裕あるんだ・・・(^_^)

    仕事しないでも、一日中ネットでアニメ見てマンガ見て、俳句書いてブログ書いて、生活できるんだ・・・。趣味や娯楽の部分になかなかお金が回らない我が家からしたら、羨ましくも思える生活・・・。

    20まで専門学校行って、21で仕事辞めて、22で生活保護・・・。社会に出て2年で生活保護ゲットだなんて今の時代これもエリートコースかもね。  


    記事はいかにも苦しそうに書いてるけど・・・。
    >この年末はしばらく部屋から出られず、1日1食、白米やインスタントラーメンだけですごした。
    これって、漫画とかフィギュアとか買ってるからじゃないのですか? PCのネット代毎月支払ってるからではないですか?趣味や娯楽の控えめにして1日3食とればすむことでは?と思いますが・・・。(←こういうこと書いたら「何もわかっていない」というご意見が必ず入るのですが・・・)

    こんな生活してたら、よっぽど自分の意志を持たない限り、生活保護からは抜けられないと思います。 実際ハローワークの求人なんて、生活保護費以下のお給料(初任給ならほとんどがそうではないでしょうか?私、勤続8年で初任給よりあがりましたが、生保より少ないです。)ってのがほとんど。足運んで、仕事みつけて働いても、収入は減るは、自分の時間はなくなるは、仕事での悩みもでてくるは、疲れもでてくるは、で、やっぱり働く気なんか起こらないでしょう。ましてや、生活保護受給してるときと同じ生活を求めたら、まずそんな仕事見つからないだろうし・・・。

    この方、鬱のようですが、生活保護より年収少ない人が知ったらその人もきっと欝になるでしょう。ただ、それでも頑張るわけで・・・。


    今なら就職するより生保もらうほうがお得かもよ
    就活失敗したら、うつ病になる原因あるわけだし、自己申告だから、「仕事できません」って病院の先生にいって診断書書いてもらって生保受け。

    息子にそんなこと言ってしまいそう・・・。(←といっても絶対そんなことさせないけど。)


    今の日本は、頑張ったら頑張っただけ負け・・・。
    残念ながら、そう思わずにはいられない状況。こういう記事を見るたび、そう思ってしまう。


    生保は援助してもらえるけれど、最低限の生活で、「早く抜け出したい」というレベルであるべき。居心地いいレベルなんておかしい話です。 こんな甘い経験したらもう二度と仕事なんてできない。生活保護受給生活でもPCも買えるしネットもできちゃう・・・。生活保護受給家庭って、モノ自体がなかなか買えないって思ってる人たくさんいらっしゃるのでしょうね。私も数年前までそう信じていた人ですから。
    (※病院に勤めているとき、生保マークの女性が指に大きな宝石のついた指輪を何個もしていたのを見たことがきっかけでいろんなこと知りました。)

    それから、自宅に少なくとも1ヶ月に一度は監査に行くべき。拒否した受給者は生保停止というペナルティをつければ拒否するものもいなくなるでしょうよ。
    お年寄りや、糖尿病などを患って働けなくて受給している人でも、「そろそろ働きなさい」と生保を打ち切られたりするという話をきいたことがあるけど、そういう期限みたいなものは決まっているのでしょうか・・・。国は、生保受給者に仕事の世話や訓練をしたりして社会復帰させることに力をいれるべき、これがムリならせめて、地域の掃除させるとか何かしら地域に貢献するような仕事を義務付けるべきだと思います。

    手足が不自由、あるいは視覚聴覚における障害者の方、仕事をされています。うつ病なんて本人のやる気の問題だと思います。(自分の経験からそう思います)


    まぁ、22歳から生保申請してこんな生活送っている人間に、「やる気」が期待できるとは思えませんが・・・。それなら、最初から生保は申請せず職場で頑張っているでしょう。


    ・働いたら負け
    ・こいつの一生は安泰だな
    ・俺も生活保護受給者になって、好きな本に囲まれて暮らしたいデス
    ・生活保護があれば、三食昼寝つきゲーム三昧できる
    ・ナマポっていうルールが存在する以上 、それを有効利用するのは非難されることじゃない
    ・ナマポって最初は罪悪感があると思うけど、その感情を吹っ切ればすべての苦痛から開放されたすばらしい世界が待っているのではないかと思っている
    ・ナマポ組が勝ち組であることは揺ぎ無い事実。
    ・生活保護をうまく貰える奴はある意味、貰えず馬鹿正直に生きてる奴より頭が良いんだろな。


    2チャンネルにはこういうコメントがかかれているけれど、こういう気持ちになって頑張る意欲をなくしてしまう若者が増えないことを願うばかりです。


    -------------

    ちなみに、生活保護受給には、保有資産を処分する必要があります。
    :自家用車
    :生命保険
    :持ち家(ローンが残っているとき・完済している持家は状況により要相談)
    :パソコン(福祉事務所が個別的に判断しているのが現状のため曖昧である)
    :預貯金(合計数万円程度は認められるが、それ以上は生活費に消費してから申請)

    ※預貯金はタンス預金だとわからない。

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        ×:2チャンネル
        ○:2ちゃんねる

        嘘を嘘と見抜けない人がこういう事を書いちゃうのは結構恥ずかしいよね
        そもそも、この人の閉鎖したブログでは
        出会い系サイトのバイト以外は自分から辞めてます。

        ただ同情を買うためにウソを並べてるだけですよ

        それに生活保護を受給するには【1】資産の有無、【2】親族で助けてくれる人がいるかどうか、【3】収入額、【4】本当に働けないのか、という4つの代表的な基準があります。

        彼の場合は、【2】と【4】が気になるります。

        うつ病やアスペルガー症候群や前科持ちだけでは普通は申請は通りません!
        そして、彼は両親との交流も健在です。
        実の母親は足立区に住んでますし、実の父親は川崎市に住んでます。

        あとこれは、大差がないでどうでもいい事ですが22歳ではなく21歳から受給されてます。
        今は24歳で罪悪感の欠片すらなくやりたい放題です。
        手に負えませんwww

        京都府職員労働組合
        http://www.k-fusyoku.jp/merumaga/10melmaga/topix/seiho.html
        ↑こんなのにも参加してるしな

        生活保護を羨ましがってる人に聞きたいのだが
        国が破綻したらどうするの?

        金は紙クズに変わるんだぞ
        理解してるか?

        香月 佐山というペンネームを使ってアニ・ヲタ活動をしつつ、単発アルバイトもしています。本名も自分で公開していて、佐藤 匠と言います。両親は何故か川崎市に住んでいます。
        詳しくは以下のページを見て下さい。当人のブログのURLなどが挙げられています。実際にはまともに働いた事も無く、学生生活を終えて生活保護受給までは3カ月しかありません。遊び呆けていますよ。テレビにも出演していて、動画のURLも有るので、興味が有れば顔も見れます。
        http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1581392.html

        • こいつは生活保護費を詐取しているので有名な奴ですさん
        • 2011/02/14 6:13 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM