スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    なぜ、突然メンバー変更?〜「親小沢」ずらり 検察官適格審査会

    小沢一郎関連 comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁

    昨日このような記事が・・・
     
    「親小沢」ずらり 検察官適格審査会
    http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20101023115.html
    2010年10月23日(土)08:00

    検察官の適性を審査する法務省の「検察官適格審査会」の委員に今月になって、「検察批判」の急先鋒(きゅうせんぽう)で民主党の小沢一郎元代表に近い同党の川内博史、辻恵(つじめぐむ)両衆院議員、森裕子参院議員が新たに就任した。

    委員は有識者や国会議員計11人で構成されており、このうち4人が民主党議員に割り当てられている。残留した高山智司(さとし)衆院議員を含めると4人全員が“親小沢”となった。


    左から、川内博史、辻恵、森裕子、高山智司




    ところで、記事にある亜検察官適格審査会って、何でしょうか?Wikiによると下記の通りでした。

    検察官適格審査会とは・・・
    日本の法務省の審議会等の1つで、検察官の罷免の勧告や適格の審査を行う。会長は2010年9月22日現在、日本学士院会員の松尾浩也(画像)

    個々の検察官が職務遂行に適するか否かを審査し、法務大臣に通知することを任務とする。3年に1度の定時審査の他に、法務大臣の請求や職権に基づく随時審査なども行われ得る。一般人も当審査会に検察官の審査を申し出ることができる。

    検察庁法第23条4項の規定により、国会議員6人(衆議院議員4人、参議院議員2人)最高裁判所判事1人(最高裁判事の互選。検察官適格審査会令1条2項)、日弁連(日本弁護士連合会)会長(検察官適格審査会令1条1項2号)、日本学士院会員1人(日本学士院会員の互選。検察官適格審査会令1条2項)、学識経験者2人計11名で構成される。


    この11人うちの9人が「検察官として職務を遂行するに適しない」と判断すれば、罷免を求めることができるそうです。理屈の上では、検事総長を罷免することも可能ということですね。


    で、この検察官適格審査会を構成する委員に、今月に入って動きがあったわけです。
    8日に森裕子参院議員が、そして、19日に川内博史、辻恵両衆院議員があらたに委員となりました。残留した高山智司衆院議員を含めて、4人とも「親小沢」政治とカネを巡る事件で検察と対立した民主党の小沢一郎元代表に近い国会議員の顔触れとなったわけです。

    特に川内、辻の両氏は同党の「取調べの全面可視化を実現する議員連盟」の会長と事務局長で、小沢氏の強制起訴を議決した検察審査会の不透明さを批判している人物、さらに辻氏は、小沢氏の政治資金規正法違反事件を審査した検察審査会事務局に接触して審査手続きの説明を求め、野党から批判された経緯もあります。 


    11人のうち、4人なんてそれほど影響力ないという方もいらっしゃるようですが、なぜ、ここにきて突然身内でかためるの?って思っちゃうわけです。


    確か、小沢氏は、「起訴議決が出ても、潔く受けて立ち、法廷で御身の潔白を晴らします。」って、公言されてたかと記憶するのですが・・・。
    なら、ご自身の「無実」を証明できる場ができたわけでもあるのだから、「潔く」受けてたてばいいのではないのでしょうか?今こんなことをしたら、「工作してる」「手を回してる」と思われても仕方ないのではないでしょうか?

    往生際が悪い の一言です。

    国民の「不信感」「誤解?」をとくには、いい加減、潔く説明責任を果たして欲しいものです。



    ------------

    お願い::

    記事を書く際には、自分なりに時間が許す限り、調べるようにしておりますが、何分基本的な政治知識に乏しい管理人(主婦)ですので、記事ないようにに間違いなどございましたら、ご教示、ご指摘いただけますようよろしくお願いします。





    小沢一郎強制起訴へ

    小沢一郎関連 comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁




    各社、いっせいに報道されたようです。


    民主党の小沢一郎元幹事長を強制起訴へ 検審が起訴議決
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101004/crm1010041546021-n1.htm
    2010.10.4 15:46
     
    小沢一郎元民主党幹事長 民主党の小沢一郎元幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京第5検察審査会(検審)は4日、東京都の市民団体から政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で告発され、嫌疑不十分で不起訴処分となっていた小沢氏について、「起訴議決」を出した。

    小沢氏については4月27日に「起訴相当」議決が出されており、「起訴議決」が出されたことで、改正検察審査会法に基づき、小沢氏は強制起訴される。

    -----------

    小沢氏、強制起訴へ
    http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2010100401000496/1.htm 
    2010年10月4日(月)15時50分配信 共同通信

    「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で東京第5検察審査会は4日、政治資金規正法違反容疑で告発され、嫌疑不十分で不起訴となった小沢一郎民主党元幹事長を強制起訴すべきだと議決したことを公表した。議決は9月14日。議決は、審査員11人の全員一致で「起訴相当」とした4月以来2回目。東京地裁指定の検察官役の弁護士が規正法違反罪で起訴する手続きに入る。小沢氏の刑事責任が法廷で争われることになった。



    でも、これで小沢一郎が無罪となったら、それこそ検察は立つ瀬がないように思うのですが・・・。


    と思っていたら、このようなコメントが・・・。


    すでに検察トップである検事総長が、民主党によって決められていますので、民主党に対する本気の捜査はありません。
    自民党内閣が選んだ前の検事総長は、定年を目前に不自然な辞め方をしています。

    樋渡 利秋(ひわたり としあき 1945年8月4日 - )は第24代検事総長。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%8B%E6%B8%A1%E5%88%A9%E7%A7%8B
    2010年6月17日 検事総長を退任、法務省を退職。8月の定年まで2ヶ月足らずだった。

    大林 宏(おおばやし ひろし、1947年6月17日 - )は日本の検察官、第25代検事総長。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9E%97%E5%AE%8F_(%E6%A4%9C...(記事確認したけど、内容はありませんでした)
    2010年6月17日 - 検事総長



    ほんとなら、おそろしい・・・。



    【速報】小沢、再び不起訴

    小沢一郎関連 comments(0) trackbacks(1) まったけの嫁


    小沢氏、再び不起訴 特捜部 平成19年分虚偽記載容疑
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100930/trl1009301542008-n1.htm
    2010.9.30 15:42
     


    JR東京駅を出て迎えの車に向かう民主党の小沢元幹事長=18日正午 


    民主党の小沢一郎元幹事長(68)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京第1検察審査会が平成19年分の政治資金収支報告書への虚偽記載容疑について「不起訴不当」とした議決を受け、再捜査していた東京地検特捜部は30日、小沢氏を再び嫌疑不十分で不起訴処分とした。19年分については不起訴が確定する。再捜査の一環で小沢氏を再聴取したが、新たな証拠は得られなかったとみられる。

     第1検審は7月の議決で、「秘書に任せていた」とする小沢氏の主張をほぼ全面的に退け、「秘書が独断でなしうるとは考えられない」と指摘していた。

     これを受け、特捜部は小沢氏と衆院議員の石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=ら元秘書3人に聴取を要請したが、元秘書3人は拒否。小沢氏は今月18日に4回目となる事情聴取に応じ、改めて虚偽記載への関与について全面的に否定した。

     小沢氏をめぐっては、16、17年分の虚偽記載容疑について、異なる構成メンバーの東京第5検審が審査しており、今年4月、「起訴相当」と議決。特捜部が5月に再び不起訴としたため、再審査が行われている。再審査で起訴すべきとの議決が出されれば、小沢氏は東京地裁指定の弁護士によって強制起訴される。議決は10月中に出される見通し。






    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM