スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    1年前のことを思い出してみよう。テレビなどが批判するということが、どういうことだったかを・・・。

    ブログ(ぼやき含む) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁

    昨年、私も、まったく同じ思いでしたヾ(o´▽`o)ゝ
    そして現在の思いも・・・
     ↓

    ヤフコメ工作員酷すぎ(笑)
    http://ameblo.jp/haruharu195/entry-11546303451.html

    まだ1年も経ってないのですね。
    昨年9月、自民党総裁選に安倍晋三先生が立候補されました。
    私もこれは何としても安倍先生に自民党総裁そして総理になってもらわねばと決意したことを思い出します。自分も何かやらねば!と。

    ご存知の通り、当時は安倍総裁誕生の可能性はかなり低いとされ、石原伸晃氏か石破茂氏か、どちらかという状況だったと記憶しています。

    そして、なぜかマスコミは安倍先生に対して誹謗中傷なんでもありの批判を始めました
    私はテレビはほとんど見ませんが、ネット等の情報からあまりにも酷い差別的な中傷が行われている事を知り、大変な怒りを覚えました。

    しかし、テレビなどが批判するということは、安倍総理誕生は日本にとって良いことなんだなと改めて確信も致しました

    その後、総裁選挙が迫る中、twitter 上で、「安倍晋三先生を総理に!」をテーマにツイート運動が行われる事になり、私も全力で参戦しました。

    そして私のツイートに粘着し激しく罵倒してくる輩が何人も出てきました。

    「安倍晋三が総理?絶対に無いわw」
    「そんな事やってると逆効果ですよ。アベ信者は頭が悪いですねw」
    「こいつらとにかく戦争したいんだな。70年前の日本人と同じ連中だな」
    「安倍が総裁になったら自民党は選挙に負けるだろうな。自爆してろw」


     本当に酷かったです。今でも怒りを覚えます。

    こんな変な連中を相手にしても仕方ないので基本的には無視して、しつこいのはブロックするようにしました。(ただこの方針が徹底出来ていたかどうかは分かりません。もしかすると『あ?コラ!●●●●が!』とか返信した可能性もあります。笑)

    そして、運命の総裁選の日

    私は会社にいたので生中継を見ることが出来ず、手に汗握りながらニュース速報の記事を横目でチェックしていました。安倍晋三氏と石破茂氏が決戦投票となり、もう仕事などしていられませんでした(笑)

    そして、PC画面上にニュース速報が表示されました。

    「自民党総裁に、安倍晋三氏。」

    会社ではすぐ隣にも人はいますが、私は思いっきり両手でガッツポーズしたのを覚えています。もう嬉し泣きしそうでした。本当に。体が熱くなりました。体温38℃くらいになったと思います(笑)

    何だか懐かしいですね。

    あの頃のことを思うと、今は劇的に状況が良くなりました。日銀総裁人事や大胆な金融緩和政策など、ほとんど想定どおりか、想定以上の結果が出ていると思います。
    現時点でこれ以上の結果など望めるでしょうか?

    株価が一時的に下落したと言っても、日経平均13000円、為替はドル円100円近辺です。
    こんな水準を昨年12月の安倍内閣発足時に予想した人はいるでしょうか?

    強気の予想でも、7月の参院選までに日経12000円、ドル円95円くらいではなかったですか?大きく調整して下げて今の水準なら、素晴らしい状況ではないでしょうか。

    とまあ、何だか少し前の話もしてしまいましたが、

    なぜこんなことを思い出したかというと、たまたまヤフーニュースのコメント欄を見てしまい(笑)、その余りに酷い安倍総理批判コメントから、総裁選当時の記憶が甦ったしだいです。

    酷すぎる批判一色のコメント欄を見て、私自身、現状ちょっと油断していたのかも知れないなと反省しております。


    このニュースです。
     ↓  ↓  ↓
    国民所得「10年後150万円増」=安倍首相(時事通信) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000034-jij-pol
    安倍晋三首相が5日、内外情勢調査会の講演で、国民総所得を10年後に1人当たり150万円以上増やすとの目標を打ち出すことが分かった。 (本文引用)


    私、ヤフーコメントはほとんど見ていないのですが、安倍内閣が誕生した頃の「首相動静」は少し見ていて、その時は安倍総理に対して好意的なコメントが多く、嬉しかった記憶があります。

    ところが、現状はもうなんだか無茶苦茶というか、それこそ以前、誹謗中傷されていた時のような根拠のない批判コメントだらけになっていたのです。
    これには驚きました。正直ショックを受けました。



    どんなコメントか上位から見てみましょう。(共感順上から)

    『その所得額以上に物価も税金も上がってますよ。』
    『9人は変わらず1人が1500万増えるんだろ。』
    『300万の年収が、450万になるとは思えない。』
    『国民の所得が増えても物価も高騰していれば同じだけどな。』
    『安倍さん、流石にそれはないと思います・・・』
    『給料が上がらないし、所得税 保険料 消費税が上がるから生活が苦しくなるんじゃないか?寝言は止めてくれ』
    『そのくらいで暮らしが上向くとでも?年金がいつもらえるのかわからないんだからそんなのあてに出来ない。』

    (中略)

    『出ました!アベちゃんのホラ!選挙向けだ、誰も責任は取りません(爆笑) 』
    『総理大臣がこんなこと言いだしたら、いよいよ末期だな・・・・と痛感するね・・・・・ 』
    『サギノミクスの総仕上げですか? 』

    ・・・


    何なのですかね?このコメント、全然なんの根拠もなく不満をぶつけているだけじゃないですか?そしてそういったコメントの「私もそう思う」ボタンが多数クリックされ点数が高く、上位に表示されているのです。

    上位にはまともにこの「国民所得」について論評するコメントは全くなく、投稿順に並べ替えて見たところ、多数の批判コメントに紛れて、わずかにまともなコメントもありました。

    しかしそれらのまともなコメントはすぐに「私はそう思わない」が連打され、まるで評価の低いコメントのように見えてしまいます。
    ましてや安倍総理を応援するような内容であるなら、それこそ集中砲火を浴びせるように「私はそう思わない」のポイントばかりが上がっておりました。また民主党を批判する内容のコメントも同じような扱いでした。


    これはどういうことでしょうか?

    私は普段ツイッターでの情報収集が多いですが、そんなアベノミクス批判コメントのみが多数TLに流れるなんてことはありません。もちろん、金融緩和と財政政策が重要で、成長戦略はいるかな?と言った冷静な分析コメントはあります。そういうのはもちろん必要です。

    ヤフーコメント欄は明らかにおかしいですいわゆる工作員が多数常駐して世論操作をするように特定のコメントを連発しているのではないでしょうか?

    ・民主党にはネット対策の部隊が出来ました。
    ・韓国はご存知の通り、YouTube視聴数の操作など工作は大得意です。
    ・中国や北朝鮮にもネット工作員がいます。


    こういう事実があります。一体どこの工作員なのでしょうかね?

    民主党&韓国&中国&北朝鮮の混合部隊かも知れませんね(笑)


    まあ、ヤフーコメントなど無視すればいいじゃないかという気持ちもあるのですが、やはり多くの人に見られているサイトであるのは間違いないので、ここは気を緩めず、私も頑張ってコメントしてみようかなと考えています。まあ速攻「そう思わない」を連打されるのでしょうけど(笑)。
    それでも以前のことを思えば全然平気です。参院選に向けあらゆる戦いに負けるわけにはいきません。


    そして最後にヤフーではないですが「国民所得150万円増」について、twitter で明治大学の飯田泰之先生が、これぞ経済学者の視点と言えるツイートをされていましたので紹介させて頂きます。いつも勉強になります。やはりまともなコメントを見ておかないと。

    飯田泰之@iida_yasuyuki
    成長戦略に薬のネット販売しか具体的な話が無かったことにあきれるという話はさておき、実はもっと問題なのは10年でGNIを150万円上げるという目標の方ではないかとおもう。
    「そんなの可能なの?」なんて寝ぼけたコメントをしている人もいるが、現在の一人あたりGNIは386万円(2012).150万円はその38%.3%複利10年で1.34+10年で人口は4%減(中中推計)……これって名目GDPの3%目標なんだ。
    これにインフレ目標2%ということは。。。 一人あたりGNI150万円増……って名目3%成長ということ。インフレ2%を引くと実質1%成長目標。目標!?そんなのよほどの時以外達成してる。あまりにも低すぎる目標は大きな問題だ。名目成長率目標をとるなら4%目標で3.5-4.5%だろう。
    とはいえ、成長戦略批判はなんとも難しい。成長戦略批判を理由に成長戦略がどんどん骨抜きにされていく可能性が高いから。中身が無い(もっと規制緩和すれ)ことを理由に現成長戦略を批判する人はこの手の「批判のジレンマ」をどう考えているんだろう。

    (飯田先生のGNIに関するツイート、結合済)


    1年前のことを思い出してみよう。

    安倍総理の誕生など夢物語だった。
    株価13000円、ドル100円など予想できなかった。
     
    油断せずヤフコメにもたまには正論をぶち込んでやろう!


    転載元:逆襲の一般庶民!はるはるぱぱの政経妄言。




    【正論9月号「折節の記」より】日本に原発が導入されたときの状況、発明王「エジソン」の正体とか、ご存知でしたか?

    ブログ(ぼやき含む) comments(5) trackbacks(0) まったけの嫁

    定期購読している【正論】に毎号、連載されている「折節の記」が個人的に好きなんですが、9月号の「折節の記」も、とてもよかった。短い文章でこれだけのことがわかっちゃいますから。
     ↓
    ・エジソンの正体
    ・アイゼンハワーさんのこと
    ・米GE社と米WH社のこと
    ・日本に原発が導入されたときのこと
    ( ↑ これは特に知ってもらいたいです)
    ・米・支那・朝鮮の「嘘」つながり
    ・大津市立皇子山中学のこと

    多くの人に読んでいただき、「え?そうだったんだ」という発見をしてもらえたら、と思います。
    なお、特に注目してほしい部分は、目立つようにフォントを変更させていただいております。


    以下、「折節の記」より
    ==========
    GE社はエジソンが創った会社だ。別名、発明王。「一つの閃(ひらめ)きと九十九の努力だ」とかよさそうな人のように言われるが、どうして、彼の国と同じで根性が悪い。

    彼は何か発明するとすぐ特許を取って似たような研究をしている者を訴訟で潰し利益を独占していった。「一つの閃きと九十九の訴訟」が彼の正体だ。

    エジソンは直流電流で電球を灯すと、すぐ直流送電の特許を取った。これで電気が普及すれば大金持ちになれるはずだったが、いや交流送電の方が効率的とジョージ・ウェスティングハウスが主張した。今も続くGE社の商売敵ウェスティングハウス(WH)社の創業者だ。

    エジソンは早速WH方式の排除を謀った。交流電気は即死すると言い触らし、いっそのこと電気椅子を作ってみたらと米国の残忍な国民性に訴えた。アイデアはすぐに採用され、妻を手斧で殺したウィリアム・ケムラーが電気椅子処刑の第1号になったが、それはエジソンが期待した以上に惨(むご)たらしいものだった。

    GEとWHは原子力発電でも対決した。WHは炉心を巡る一次冷却水から二次冷却水が熱を取り出してタービンを回す加圧水型をつくった。対してGE社製は一次冷却水をタービンに直結させる沸騰水型だった。

    構造は単純だが、単純がそのまま安全とはならない。現に米海軍の原子力潜水艦は大方がWHの加圧水型を採用している。

    この当時、米国は20年続いた民主党政権が倒れ、共和党のアイゼンハワーが大統領に就任した。

    彼は「何もしない大統領」とか「毎週2回ごるふをやった」とか言われた。こういう中傷は民主党を贔屓(ひいき)する米マスコミ界が好んでまき散らしてきた。

    しかし事実は逆だ。民主党が殺戮兵器として使ってきた核を平和利用に転換させたのも、全米をつなくフリーウェーを創らせたのも彼だった。彼はまた民主党が続けてきた日本衰亡政策をやめ、世銀に融資させた。

    日本はそれで新幹線を走らせ、東名を開通させ、東京五輪まで開催できるようになった。

    彼はトルーマンの広島原爆投下に「戦略的にも人道的にも許されない」と反対してきた。しかし原爆は2発も投下された。

    彼は自説の核平和利用を日本から始めようと考えた。資源もエネルギーも不足する日本もそれは歓迎だった。

    しかし民主党は日本の復活には反対だから下院議員のシドニー・エイツは「それなら広島の爆心地に原子炉を建てさせれば面白い」と提案した。大統領は法案を即座に却下した。

    日本はこのとき原発20基を導入した。ただ、その大方が米原潜の積む安全なWH社製加圧水型ではなく、不人気のGE社製沸騰水型だった。第1号炉は東電福島に置かれた。GE社製が多数を占めたのは、電気椅子のときと同じにGEの政治力で、日本側に選択の余地はなかった。

    アイクのせっかくの好意はこの一点で少し曇った。

    福島に来たGEはエジソンそのままの傲慢さで、日本側に炉心設計図も見せず、材質も秘密、ビス1本の変更も許さなかった。

    それで運転したら燃料棒被覆管は破れ、配管は脆性(ぜいせい)破断し、作業員の被曝事故まで起こして何度も炉を停める事態も起きた。

    東電と東芝などメーカーの苦闘がここから始まり、GEの杜撰な原子炉はほとんど別物に見えるほどまで改良された。それが東電柏崎に据えた日本製の沸騰水型だ。

    稼働中に中越沖地震の直撃を受けたが、原子炉はもちろん無傷、自動運転停止に狂いもなかった。


    アイゼンハワーの核平和利用はGEという躓(つまず)きはあったものの着実に日本に根付いていった。その思いを込めて大統領は訪日を計画したが、核アレルギーを煽る朝日新聞中核革マルが大騒ぎして実現されなかった。

    それから半世紀、米民主党の意に反して日本はほぼエネルギー自立を手にしたが、そこに3.11の大津波が福島を襲った。

    米国はGE製が欠陥品と知っている。圧力容器のベントもGE製にはなかった。日本が改良してつけたものだ。大惨事を小惨事に食い止めたのは日本の技術と予見で、責任を感じた米国はだからトモダチ作戦をやった。


    しかし日本の不幸は馬鹿な首相だけではなかった。これを奇貨として「日本が嫌いな勢力」がまたぞろ息を吹き返し、核アレルギーを煽っている。新聞もテレビも「国会前に集まろう、脱原発を叫ぼう」とさもいいこと風に呼びかける。

    「参加者には中核、革マルの活動家」(産経新聞)もいた。音頭は朝日が取る。アイク訪日阻止の顔ぶれと同じではないか。


    その米国でも日本嫌いの民主党政権が戻ってきた。日本が欠陥GEの訴訟を起こさないのを確認した今オバマはそっぽを向いたままだ。代りに自国ではいまや世界一安全な東芝製加圧水型原発の新規建設を決めた。スリーマイル島以来34年ぶりのことだ。

    米国はサダム・フセインを潰し、イラクを混乱に落とした。偉そうに中東を仕切ろうなど百年早い。産油国は黙って油を出していればいいという米国のメッセージが聞こえる。オバマ米国も同じ。偉そうにエネルギー自立なんて思うな。日本は縮こまって知恵さえ出していればいいのだと。


    治の日本に感嘆したイザベラ・バードは朝鮮にも行っている。家は掘立小屋。悪臭を放つドブ。女に名はなく、子を産むとおっぱいをむき出しにする風習はニューギニアにだってない。

    奴隷制も生きていて、民の4割を占めた。彼らに人権はなく、両班は懲らしめに縛った小作人の足の間に棒を入れて足の骨を折る拷問をやる。汚職は日常化していた。

    バードは「内部からの改革は不可能」と匙(さじ)を投げている。


    セオドア・ルーズベルトも実態を知って20世紀早々、朝鮮にあった米国公館を閉じた。前代未聞の「国交謝絶」だった。
    朝鮮が文句を言うと統治能力もない。国じゃあないと答えた。


    そんな朝鮮を「日本だけは思いやりをもって接した」と米公使シルが書いている。

    福沢諭吉もその一人だ。彼は平仮名を真似た諺文を歴史の中から掘り出し、普及させた。ハングルのことだ。

    朝鮮の青年を日本に留学もさせた。しかし彼らは慶応義塾の金庫を壊して金を盗み、遊興(ゆうきょう)にふけった。諭吉は「支那朝鮮に特別の解釈に及ばず」(脱亜論)と失望感を隠さなかったが、平気で恩をあだで返す彼らの習性に多くの日本人は気づかなかった。


    米国は日本の占領を予定してカイロ宣言を出した。その中に「強欲と暴力で領土を盗り」とか「朝鮮人を奴隷にして」とか、事実無根の中傷を紛れ込ませた。

    米国は奴隷が国の基だ。ハワイやフィリピンは騙しと暴力で取った。それが気恥ずかしくて、日本も米国の同類項に見せようという細工だった。戦勝国になったあとはそんなウソも力ずくで通用させられた。


    江沢民は敏で、米国の嘘に乗った
    。「そうです。日本は残虐でした」と絵空事の南京大虐殺をホントだと言い出した。米国が宣教師ベイツに東京裁判で1万2千人と証言させた虐殺者数を江沢民は一挙に30万人に増やして騒いだ。米国は喜び、アイリス・チャンを応援に出し、支那は3兆円のODAを得た。

    朝鮮もそれを見て米国の嘘に乗った
    。「そうです。日本は朝鮮人女を拉致して性の奴隷にしました」。性の奴隷の数を中大の吉見義明は当たるも八卦で8万人としたが、朝鮮側は江沢民を真似て20万人に膨らませた。

    ソウルの日本大使館前には統一教会の日本人信者も加わって慰安婦像が置かれ、米ニュージャージー州パリセイズ市にも「20万人慰安婦」の碑が建てられた。

    偽りの碑文に日本人が怒った。米国がこんなウソを放っておくのかとホワイトハウス宛てにもう3万以上の請願が届けられたと新聞にあった。

    それにヒラリーが答えた。
    「慰安婦(comfort women)ではなく性の奴隷(enforced sex slaves )でしょうが」(朝鮮日報)

    米国は自国の都合に合わせて平気で歴史を歪めてきた。日本が残忍な奴隷国家だと言ったのも米国の都合が生んだ嘘だ。それに支那朝鮮が同調した。嘘がホントっぽく見えてくれば米国は大歓迎だ。ヒラリーは自国の嘘をただ追認しただけだ。

    米国が公平で正しい国なんていう幻想は早く捨てるがいい。


    大兄皇子(天智天皇)と大海人皇子は仲よし兄弟で、力を合わせて蘇我入鹿を討ち、大化の改新をやり、額田王も仲良く愛した。

    兄は奈良から大津に都を移して息子の大友皇子とともに支那文化に没入していくが、弟はそれには納得しなかった。

    大海人皇子は兄の崩ずるのを待って挙兵し大津宮に甥を討ち、天武天皇として即位した。彼は奈良に都を戻し、遣唐使を廃して古事記、万葉集を編み、大和言葉を今に残す様々な事業を行った。大友皇子だったら漢語が公用語化され、支那の支配を受け、今の朝鮮みたいに自国語を失って哀号(アイゴー)とか漢字で泣いてくような国になっていたかもしれない。


    かくて大友皇子とその最期の地は歴史の中に消え、今は大津市立皇子山中学の校名に名残をとどめる。その中学3年生がいじめで自殺に追い込まれる事件が起きた。

    こういう陰湿な事件では日教組と在日差別問題が舞台裏で入り乱れ、舞台中央の野壺からモンスターペアレンツと香山リカが出てきて「いじめる子の心も理解して」とか頓珍漢を言うというのが形になっている。

    米国を引き合いに出すのは気が引けるが、あちらでは苛めは端から警察がやる。殴って40万円も取れば立派な恐喝だ。三浦和義もモデルになった刑事ドラマ「Law & Order」では自殺に追い込むと故殺より重い謀殺で処断される。

    苛めを犯罪でないというのは馬鹿な精神科医だけだ。

    ただ今度の事件にはハングルも絡む。大津の公立中では韓国語が教えられ、修学旅行先も韓国。あちらの先生が来て日本人の罪とかを聞かせて生徒が謝罪する。そんな授業の指導教員が自殺生徒の担任だった。

    外国かぶれの大友皇子の怨霊をふと感じさせる異様さだが、だからなおさらこんな授業はさっさとやめ、日本の心を教えれば苛めなどなくなる。


    ここまで**


    「え?ほんとなの?これ」

    って、疑問を感じられたら、ご自分で調べて確認してください。
    すべて本当のことだということがわかりますから。


    ※定期購読するとお得です
    申込みなど詳細は⇒
    http://www.fujisan.co.jp/product/1482/


     

    鷲尾英一郎尖閣「中国が所有したっていい」←この方は本当に保守なのか考察してみました

    ブログ(ぼやき含む) comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁

    尖閣「中国が所有したっていい」
    農水政務官が発言
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121009/plc12100922410016-n1.htm
    2012.10.9 22:40 [尖閣諸島問題]
    鷲尾英一郎

    鷲尾英一郎農林水産政務官(写真)は9日夜、都内で開いた自身の政治資金パーティーで、沖縄県・尖閣諸島について「尖閣諸島は日本の領土だ。誰が所有しようと関係ない。語弊はあるが中国政府が所有したっていい」と述べた。誰が所有者かということより、固有の領土として尖閣諸島を守る体制強化の方が重要だとの認識を示した発言だが、中国による尖閣購入を容認したとも受け止められかねず、誤解を招く恐れがある。

    政府はすでに尖閣諸島の国有化を閣議決定しているが、鷲尾氏は「誰が所有するかの問題ではない。(中国が所有するなら)日本の登記簿に中国政府と書いてもらったらいいだけの話だ。日本の領土として、われわれが断固たる決意のもと島を守り抜くことが大事だ」と述べ、海上警察権の強化などに取り組む必要性を訴えた。


    「固有の領土として尖閣諸島を守る体制強化の方が重要だ」
    「日本の領土として、われわれが断固たる決意のもと島を守り抜くことが大事だ」
    と述べ、海上警察権の強化などに取り組む必要性を訴えた。


    これは、石原都知事など、今までから保守の方々がずっと言い続けてきてることで、当然、私も同じ思いです。

    でも、これはどうよ?↓

    「誰が所有するかの問題ではない。(中国が所有するなら)日本の登記簿に中国政府と書いてもらったらいいだけの話だ。

    シナ相手に、本気でこんなこと思ってるの ( ̄。 ̄)?
    シナ相手にも通用すると思ってるのか?
    とっても甘すぎると思うのですが・・・。っていうか、恐ろしいことだと・・・。


    このようなことを口にした人物を、選挙前.comで検索してみると・・・
     ↓
    鷲尾英一郎(わしお えいいちろう)
    http://senkyomae.com/p/108.htm
    衆 新潟2区(北陸信越ブロック) 民主
    小選挙区当選

    ・慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会(事務局長) 
    ・永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会 
    ・米国慰安婦決議反対 
    ・国立国会図書館法の一部を改正する法律案 
    ・皇室の伝統を守る一万人大会出席議員 
    ・朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答 
    ・石川知裕代議士の逮捕を考える会 
    政権交代をめざす市民の会関係者 
    ・菅首相の即時退陣と安全性が確認された原発の早期再稼働を要求した議員 
    ・TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員 
    ・「河村発言」支持・「南京虐殺」の虚構を撃つ国民集会(メッセージ送付) 

    また、憲法9条改正論者。自衛隊を軍隊に変更とも主張しておるなどhttp://www.choujintairiku.com/washio18.html
    評価は +4 となっとりますね。


    保守のようですが、「政権交代をめざす市民の会」関係者とありますね。
    ※参考:MPD・平和と民主運動-Wikipedia
    市民の党、MPD・平和と民主運動、めざす会が、人員や資金を融通しながら一体として活動しているのが実態


    「市民の党」といえば、これ ↓

    出典
    ぼやきくっくり


    過去記事(菅首相側、北の拉致容疑者親族の周辺団体に6250万円献金〜民主党議員側からめざす会への献金総額は8740万円 / 北朝鮮に直結した政治団体「市民の会」に対する献金〜この深い闇をどう評価しますか?)でも取り上げましたが、拉致事件容疑者の長男が関連する政治団体に、菅総理と鳩山前総理が多額の献金をしていたという問題に登場しております。 ↓


    出典:ぼやきくっくり


    鷲尾氏は、「超人大陸」で、この献金問題に関して以下のように説明をしています。
    ※動画が見られない方は、動画下に釈明部分の文字起こしがありますので、ぜひご覧ください。
     ↓

    鷲尾英一郎議員が語る デマを流した青山繁晴氏
    (釈明は12:06までです)

    http://youtu.be/8Ngrj68NpEU

    文字起こしここから**

    最近、私の政治団体の件で、事実無根の風評が拡がっております。その件につきましての事実と釈明を、まず冒頭申し上げたいと思います。

    私と私の政治団体「わしお会」とそれから「わしお英一郎東京応援団」から、平成18年、19年に「市民の党」なる団体に対して、数百万円の献金をしたという問題について、その「市民の党」が北朝鮮と関連をする団体であるという、そういう嫌疑がかけられるなかで、「鷲尾は北朝鮮と相通ずるものなのか」と、ま、そんな風評がたっております。

    私はそもそも、その北朝鮮に対して、非常にこう、何といいましょうか、ある意味強硬な立場で今まで政治活動をしてきて参りましたので、そういう意味では、皆さん方からすると、かなり意外な感じを受けられたんではないかと思います。

    え〜そもそもその「市民の党」の代表たる斉藤まさし氏との私の出会いから、この件については皆さんにお話ししなければなりません。

    私は2005年の郵政民営化の選挙、あの小泉ハリケーンの時に民主党から初当選をさせていただきましたが、当時28歳、杉村泰三さんの次に若かったのが私でございます。私は当時、民主党の中でも泡沫候補、いわゆる絶対に当選しない候補として認識されておりました。それはなぜならば、私が公認を受けましたのが、解散の後、8月12日でございました。選挙投票日が9月11日、約1ヶ月しか選挙期間、ございません。私はそれまで、新潟2区という地元に一度も入ったことがございませんでした。また、私の出身地でもございません。そういった関係のなかで、え〜きっとこいつは受からないだろうと、そう、党本部がみなしたのも当然でありました。実際に選挙区に入ってみたところ、私の知人、友人は当然いません。ごくわずか、父親の関係者、親族がいたばかりでございました。

    ま、そこでどうやって選挙をやったらいいのか、私自身も選挙が初体験でございますし、まわりにも親族も選挙に関係するものは誰一人としておりません。ま、そんななかで、え〜縁をたぐってたぐって、実は選挙のプロと言われる集団があるということを私の父の友人が紹介をしていただいた、紹介してくれたわけであります。

    ま、そこで紹介されたのが、「市民の党」の斉藤まさし氏でありました。その当時は「市民の党」という名前すら、私は 知りませんでした(←じゃ、どこまで知ってたの?選挙のプロ集団ってどういう団体かって聞いてないの?お父さまの友人は、どこまでこの集団のこと知ってたの?:ブログ主)

    その斉藤氏が、ビラであるとか、ポスターであるとか、あ〜選挙の戦略含めて、色んな知恵を貸してくださいました。そして、その斉藤氏とそのスタッフの方がですね、ボランティアとして、そのスタッフの方が主に私の選挙事務所に常駐するというかたちで、選挙戦を展開をしてまいりました。

    幸いにも、私自身も、ま、奇跡に近い勝利をさせていただいたわけであります。小選挙区では敗れましたけれども、惜敗率が非常に高かったために、バッジをつけることができました。当時、これは覚えてますけれども、党本部でも奇跡に近い勝利であるというふうに認識しておったと思います。

    そんななかで、私、選挙活動については何も知らないなかで、その斉藤さんはじめ、え〜スタッフにご協力いただいたわけでありまして、じゃあ選挙が終わって、地元活動やっていこうって話しになりました。残念ながら、私はその当時、民主党から選挙活動を指南受けたわけでもなく、そして、地元活動も初めての体験でありました。ある意味私にとっては、当選後、初めての地元活動ということになったわけです。

    しかし、その地元活動をどうやっていいか、誰も教えてくれないなかで、え〜選挙活動を手伝っていただいた斉藤さんから、公設秘書というかたちでの申し出がありました。私としては、当時そこで、よ〜くよく背景を調べることが政治家としてあるべき態度だったのかもしれません。私はその点については、全く調べずに彼と雇用関係を結んだことについて、正直申し上げて不徳の致すところだと、私の未熟さであったと思っております。(←いやぁ、いくら色々親切に?教えてくれたとしても、政治家である自分の秘書を「全く調べず」雇用するなんて、私の中ではありえないんですが・・・。で、この時点で鷲尾氏は、斉藤氏のことをどこまで知ってたんだろ:ブログ主)

    ま、しかしその当時、選挙で非常に力強い支援を、そして、え〜色んな知恵を貸していただいた方に、え〜地元活動が何もわからない私自身が、地元活動も指南をしてもらえる、それに加えて、え〜政治資金も集めてもらえる、そんな申し出がどれだけ有り難かったかということを記憶いたしております。

    ま、そんな経緯で斉藤さんとは雇用関係を結ぶことになりました。

    そして、地元活動をやっていく上で、え〜「市民の党」のスタッフにも大分入ってもらいました。主にポスター貼りの活動をしてもらいました。(←「全く調べてない」人が連れてくる「スタッフ」も調べずにどんどん入れちゃうって、ありえない・・・:ブログ主)

    で、その後ですね、え〜斉藤さんは私に「政治資金を集める」と。

    これはもう雇用当時の、雇用当時の約束でございましたけれども、政治資金を集めるから、政治団体を作らせてほしい、そういう話がございました。私も、当然政治活動には政治資金がつき物であり、え〜1期生の私が、あ〜政治活動のためにある程度資金を集めてくれるということであれば、政治団体の設立を許可するのも、これも私としては当然の成り行きだったと思っております。(←政治資金をある程度集めてくれるからって、素性のわからないまま政治団体も作らせちゃったんですね。大切なお金を扱うところなのにね。ありえない:ブログ主)


    そこで、政治団体をつくることを許可したわけでありますが、その、問題が発生したわけであります。約束していた政治資金集めについては、目標に遠く及ばず、私の政治団体にも一部資金をいただいておりましたが、残念ながら私のあずかり知らない資金の動きが、で判明をいたしました。

    判明をいたしましたのは、実はその政治資金の収支報告書がでたでございました。ですから、初めて知ったのは、平成18年の資金の動きが平成19年、そして平成19年の資金の動きが平成20年になります。

    その平成19年、20年、わかった時点で、これはおかしいと、私のために政治資金を集めていた、あ〜、わけなのに、なぜ私のあずかり知らない政治団体に資金が流れているのかと、こういうことをするのであれば、政治団体については、解散してほしい、その旨、何度も斉藤さんにも申し上げました

    その結果、実際、資金の動きは、平成20年度以降は、私の、ま〜、要するに知らない、承知しない変な団体に対する資金の動きというのはなくなったと、私は認識を致しております。

    ま、しかし、政治団体を解散してくれという私の指示にも似た依頼、については、あ〜残念ながら彼が私の事務所をやめるまでかなえられることはありませんでした。

    最終的には、私が代理人をたてて、その政治団体も解散をするという羽目になったわけであります。(←被害者アピールですか。でも、そんな状態であっても、背景を調べなかったのですよね。この時点でもまだ、「市民の党」との関連団体だということをご存じないわけですよね、ありえない。:ブログ主)

    え〜その政治団体について、経理も含めて、斉藤さんの関係者に任せておったこと、これについても私の未熟さゆえの不徳の致すところだと思っております。

    しかし
    、政治団体が何個もあるなかで、え〜その政治団体の経理という、ある意味実務的に非常に手間のかかる部分、そしてそれには監査人もつけなければいけません。そういったコスト的な部分も含めて、え〜斉藤さんが、あ〜自分のところでしっかりと違法行為のないかたちでやるからと、いう申し出があったときに、非常に有り難い申し出であると、私もその当時、不徳の致すところでありますが、そう思ったわけであります。(←「解散してほしい」と何度もお願いしておきながら、結局は「手間がかかり、コストもかかるところだから」という理由で、そんな素性のわからない団体に、お金をまかせる神経が理解できない、やっぱりありえない:ブログ主)

    ま、このことについては当然私自身が責めを受けなければなりません。ですから、あ〜資金の流れ、後で気付いたら後の祭り、それを隠してしまってはそれこそ本当に違法行為になってしまいます。私は、それはもう仕方のないことだと、私自身の政治責任において、私の知らない団体に対する政治資金の流れは致し方ない、ということで、え〜、公表をしっかりとさせていただいているというわけであります。(←自分が知らなかったんだから仕方ない・・・・ですか、私にはこの感覚がわからない:ブログ主)

    そして、そういう行為を行った秘書を、私の元においておくわけにはいきません。ですから、その方との雇用関係は終了させてもらったと、いうのが経緯でございます。

    ですから、私にとっては、私の承知しない資金の動きをやったという過度で雇用関係を終了させていただいたというのが私の認識でありました。(←あくまで、自分は知らなかった、知った時点で対応したということですね:ブログ主)


    しかしその、産経新聞さんの指摘であったり、地元雑誌の指摘があり、その市民の党が北朝鮮と関係するかに(?)報道されております。

    私はこの北朝鮮と市民の党が関係するということは全く承知をしていなかったことでありますから、あの北朝鮮と関係をしている、だから鷲尾はそこに献金をしているんだから北朝鮮と関係をしていると、いうふうに、言われるのは甚だ遺憾でございます。

    私自身は、北朝鮮と関係している団体だと知らない上で、え〜、しかも勝手にですね、献金をされていた、というのが私自身の認識であります
    ので、え〜、だからこそ、秘書をやめさせたんであって、決して北朝鮮と関係してるからその雇用関係を終結させたとか、北朝鮮と関係してたから政治団体を解散させたわけでもなんでもありません。(←はいはい、「知らなかった」から仕方ないんですよね:ブログ主)

    私が承知しなかったことをやったから解散させた、解雇したということでございますので、その点の認識は皆さま方に誤解があるのであれば、認識をあらためていただきたいと、私はそう思っております。(←素性のわからないまま雇用した相手が、勝手なまねをしたので解散させ、解雇したんだから問題ないでしょ?ってことですよね、これ:ブログ主)

    その北朝鮮との関係については、私も調査中でございます。(←マスコミがとりあげて大騒ぎになってから調査ですか・・・あまりにも遅すぎね?逆にマスコミで騒がれなかったら調べなかったのか?といいたくなる:ブログ主)


    え〜北朝鮮となぜか、スパイをしてるというような、ま、青山さん、青山繁晴さんという方がそういう報道をしておりますけれども、全くの事実無根でございます。

    だいたいスパイというのは、隠密性が求められます。(←この認識、あらためた方がいいのではないかい?:ブログ主)

    私の「わしお会」と、私の名前が冠としてついております。「わしお英一郎東京応援団」、私の名前がそのまま入っております。その団体から、北朝鮮に関係する団体に献金をするということが果たして隠密性があるのかどうか、皆さんもご自身の頭でいただくならば、あ〜、その常識から考えれば、これはスパイ行為ではないということが明白であろうかと思いますし、ましてやその北朝鮮を知ってて、え〜そういう寄附をしてたというのであれば、故意であろうかと(笑)思いますけれども、もし、今の日本でですね、北朝鮮と関係する団体に、正々堂々、自分の政治家の冠の名前のついた、その冠のついた政治団体に寄附する方があったら、教えていただきたい。

    私はまさしく、知らなかったわけでございます。(←はいはい、知らなかったから仕方ないんですよね:ブログ主)

    それから、去年の夏、北朝鮮に行ったということを捜査当局から聞いたというかたちで、これも青山繁晴氏が、だから北朝鮮と関係があるんだというかたちで、私をあげつらっておりますが、私自身、去年全く行った覚えもなにもございません。え〜もしそういうことを報道されるんであれば、公共の電波でおっしゃるんであれば、ぜひ証拠もあわせて提出をしていただきたい。私も公人でありますから、そこはですね、いらぬ風評、誤解を流布されては困ります。その点だけは、皆さまに改めて申し上げておきたいと思います。(以下略)

    文字起こしここまで**


    【ニコニコ動画】鷲尾英一郎議員が語る デマを流した青山繁晴氏

    (※動画内で鷲尾氏が指摘している「青山氏の報道」というのはマスコミがひた隠す中、この献金問題が放送された7月13日の「水曜アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”での、青山さんが語ってくれた「深い闇の真相」のことです。動画を探しましたが、削除されていて見つかりませんでしたので、いつも放送内容を文字起こししてくださっているぼやきくっくりしてさんブログでご確認くださいませ。なお、この記事の続きに、青山さんの発言を抜粋させていただいてますので、よろしければご覧ください)


    要は、

    私は、知らなかった

    ということを言いたいだけの説明のようにうかがえたのですが・・・。

    知っていたのなら「国賊」
    知らなかったのなら「無能」
    どちらにしろ「国会議員失格」

    だと、私は思いますが、いかがですか?


    【我が国のかたち】さんが、この鷲尾氏の動画について記事にされていました。記事内のコメントに強く共感したので抜粋させていただきます。

    以下、我が国のかたちさんより
    民主党の鷲尾英一郎議員が「超人大陸」にて今回の献金騒動に関して説明をしている。生放送ではないので色々練った上で本人としては「最上のもの」を公開したのであろう。

    ところが、動画は突っ込みどころ満載であり、語れば語るほど疑問が吹き出すという不思議な動画に仕上がっている。

    仮に鷲尾氏の言っていることが本当であったとしよう。

    であれば、氏は管理能力が無く、ワキの甘い騙しやすい男である。つまり、この男には物事の判断能力が完全に不足しているのである。

    こういう男は色んなトコから利用され、果ては国家の危機を招く。
    結局、氏の弁明が真実だろうが、嘘であろうがそんなことはどうでも良いのである。嘘であれ、真実であれ即時辞職するのが国のためだ。

    自分の置かれている現状の本質を分析することをせず、「知らぬ間に流れていた資金 これからも誠心誠意国益の為に働く」(超人大陸より)という厚顔無恥なタイトルの動画を公開する姿勢は菅と全く同じだ。

    こういった保身第一の姿勢は民主党議員の特徴である。そう言った意味では、民主の議員に相応しい


    「誰が所有するかの問題ではない。(中国が所有するなら)日本の登記簿に中国政府と書いてもらったらいいだけの話だ。日本の領土として、われわれが断固たる決意のもと島を守り抜くことが大事だ」

    こう鷲尾政務官は言いました。「日本のために、よかれ」と思って言ってるのかわかりませんが、本当に鷲尾氏が言うようにすすめていって、中国につけこまれ、尖閣どころか沖縄、日本が奪われたとしたら・・・、この男はまた、「私は知らなかったから仕方ない」とぬかす 仰るのでしょうかね。


    ■参考:
    田中法相側に中国人経営企業から献金42万円
    「台湾籍であることなどは把握していなかった

    民主・武正議員支部「外国人」と民団幹部から献金発覚
    「いずれも外国人であることは知らなかった

    野田首相、在日韓国人2人から31万円献金
    「外国人からの献金は本人も事務所も全く知らなかった

    前原氏、外国人献金新たに5万円・法人29万円
    「私は在日外国人と知っていたが、献金をもらっている事実を知らなかった
    ※関連:前原氏の政治団体、領収書「偽造」疑惑
    「誰が担当しているのか分からない」 

    古賀潤一郎議員、韓国籍社長から献金 規正法違反の疑い
    「日本国籍を持っていないとは知らなかった

    朝鮮籍と韓国籍の2人から計4万円の政治献金を受け取っていた岡崎トミ子元国家公安委員長
    「2人とも日本名だったので気付かなかった

    赤松広隆が代表を務める民主党愛知県第5区総支部が、2002年〜2005年までの間、外国企業や外国企業と疑われる企業計6社から寄付を受けていたと判明
    「社長や役員の名前が日本人名で、企業名も日本の名前だったため外国企業とわからなかった
    ※ちなみに、寄付をした6社の名前や国名については人権上の問題があるとして明らかにしませんでした。

    朝鮮総連系団体から政治献金 民主党角田義一元参院副議長(引退)
    「資料がないのでわからない

    近藤昭一議員、総連傘下のパチンコマネーから320万円献金
    「私自身の信念もあり、帰化しているかどうかを本人に確認することはしなかった。(会社の)株式保有の比率についても、詳細をすべて調べるのは難しく、把握していなかった


    何が、「知らなかった」だ!
    ふざけんじゃね〜よってんだ (`Д´*)q!!

    日本国民の多くは、こう感じたと思います。


    たとえ、鷲尾政務官が「保守」の考えをもっていても、【我が国のかたち】さんのコメントのように、民主党議員の特徴でもある”わが身の保身第一”の姿勢をお持ちだということです。

    ところで、動画内では、青山さんの発言に対して強く訴えておられますが、民主党議員たちの国民を裏切るような間違った言動について、今まで指摘、言及されたことはあるのでしょうか?
    「本当の仲間」であれば、間違った言動を指摘するのではないでしょうか?
    そして、本当の保守であれば、「日本国民のため」「日本のため」という思いが一番にでてくるのではないでしょうか。


    エセ保守 口先保守に注意しましょう
    (。-`ω´-)



    今一度ご確認を(チラシにとっても便利です)
     ↓

    日本のワル全員集合?民主党の支持(関係)団体のチラシ(←クリックでPDFファイルへ)


    さいごに
    青山さんの発言部分を、ぼやきくっくりさん文字起こしより、抜粋したものです。
     ↓ 続きをご覧ください

    政治家は有権者の鏡。馬鹿を生み出さないためには国民が皆、勉強をしていくしかありません

    ブログ(ぼやき含む) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁

    馬鹿を生み出さないためには国民が皆、勉強をしていくしかありません。政治家はそれを選んだ有権者の鏡なんですから。


    パチンコ屋の倒産を応援するブログ より
     
    事件は玄葉で起きてるんだ!

    【尖閣国有化直前 日中のやり取り判明】

    玄葉外務大臣が、沖縄県の尖閣諸島の国有化について、先に中国の楊外相と意見を交わした際、「東京都の石原知事による購入を阻む唯一の方法」などという表現も使って、中国側から理解を得ようとしていたことが分かりました。

    政府は、今月11日に沖縄県の尖閣諸島を国有化しました。これに先立つ今月8日、ロシアのウラジオストクで開かれたAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の夕食会の場で、玄葉外務大臣は、中国の楊外相と短時間、ことばを交わしました。

    政府関係者によりますと、この中で玄葉大臣は「自分は日中関係は非常に大事だという考えで対応してきており、そのことだけはくれぐれも誤解のないように理解してほしい」と述べました。

    そのうえで尖閣諸島の国有化について、「自分や野中広務元官房長官のように日中関係のことを真剣に考えている人はこの方法しかないと考えている」と、中国との関係が深い政治家の名前を挙げたうえで、「日本政府による島の購入が、東京都の石原知事による購入を阻む唯一の方法だ」とも述べて、中国側の理解を得ようとしていたことが分かりました。

    これに対し楊外相は、「いかなる形であれ、中国の領土主権を害する行為を中国政府は受け入れられない。中国は断固たる措置を取る。日本政府によるこのような行為は、一部の日本国民、特に右翼の関心に応えるために行っているものだ」などと繰り返し主張したということで、両者の溝は埋まらなかったということです。

    この翌日には、野田総理大臣が中国の胡錦涛国家主席とおよそ15分間ことばを交わし、胡錦涛国家主席が「島の購入は、いかなる形であれ違法かつ無効であり、われわれは強く反対する。野田総理大臣には、大局的な観点から誤った決断をされないようにしていただきたい」と述べたのに対し、野田総理大臣は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有の領土であり、われわれはこれを有効に支配している」と述べました。

    19日夜、野田総理大臣は尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモが中国各地で続いていることについて、「国有化するということを、再三、いろいろなルートを通じて中国側に説明してきた。一定の摩擦は起こるだろうとは考えていたが、想定を超えている」と述べています。

    玄葉大臣と楊外相のやり取りからも、日本政府が、尖閣諸島の国有化について、事前に中国側の要人に対して直接説明することで理解を得ようとしたことがうかがえますが、当初の日本側の想定以上に中国側の反発は強いものになりました。 (2012/9/20 NHKニュース)


    日本政府による島の購入が、東京都の石原知事による購入を阻む唯一の方法だ

    と玄葉が中国共産党へ説明したというわけですから、「東京都による尖閣購入を阻止」しなければならない理由が当然あったわけです。

    そして「東京都による尖閣購入を阻止する事」が中国共産党に対して理解をしてもらえる理由になるからこそこう弁解したわけですから、「東京都による尖閣購入阻止」が中国共産党が求めていたものだと考えて間違いないでしょう。

    そうなると中国で報道されていた日媒稱中國將對日提出釣魚島問題解決“三不”原則
    一つ、人を上陸させない事
    二つ、いかなる調査もさせない事
    三つ、いかなる建物も作らない事
    の3条件を日本政府が守れば問題は解決すると中国共産党に要求された。

    ということが真実だったと見て間違いないでしょう。


    この3条件を実現するために、野田(特に岡田克也が積極的に)達が考えついたのが、尖閣の国有化だったというわけです。国有化して日本人を一切近づけさせなければ中国共産党様の要求を満たせる。そう考えたのでしょう。

    ところが国有化という事は事実上日本政府が直接尖閣の領有を内外に示す事になります。また、民主党が下野し、保守政権が成立すればすぐさま開発を行える状態にしたということでもあります。

    野田達が彼らの頭で全力で考え、マスコミによる情報操作まで使って強引に尖閣を購入しましたが、いくら東京都による尖閣購入を阻止するためとは言え、国有化するとは中国共産党もさすがに予想できなかったのでしょう。

    また、野田内閣には一人としてまともに国家観を持っている人間が居ないということでもあります。国が所有するという事の意味を考えずに全力を挙げて強引に国有化したんですからね。この時点で民主党で愛国だの保守だの言っている連中は「なんの思想的土台も持たずに言っている」ということも言えると思います。

    中共は自分達中国共産党の言うことには喜んで従う下っ端それが民主党と考えてるのでしょうが、その下っ端が予想以上の馬鹿しかいないという事を考えられなかったのは中国共産党の分析能力の低さでしょう。


    ブログ主は声を大にして言いたいです。

    「いいか!おまえら中国共産党は民主党政府の事を頭の悪い飼い犬だと思ってるようだが、おまえらの想像以上の馬鹿なんだぞ!
    なめんなよ!」

    馬鹿を生み出さないためには国民が皆、勉強をしていくしかありません。
    政治家はそれを選んだ有権者の鏡なんですから。

    ついでに、野田が心から日本を愛してると言ったようですが、彼が愛しているのは税金で贅沢三昧している今の生活であり、総理の椅子です。

    麻生太郎は「日本が好きなだけなんだよ」とマスコミにたたかれようと党内で麻生降ろしに走る馬鹿(石破もその一人だった)が騒ごうとまずは景気対策と決めてそれに専念しました。

    方や在日韓国人からの違法献金を受けていた野田の発言は

    <丶`∀´>「心から日本を愛してるニダ」

    と全く同じレベルでしょう。

    日本ではなく楽をして贅沢をできる事を彼は愛しているのでしょう。

    ここまで**


    とても共感しました。
    日ごろ感じていることでも、私の文章力では、とうてい人に伝えることはできないと思っておりましたが、その思いを書いてくださったような内容です。


    楽をして贅沢を・・・

    え?って思うような言動をとる識者や政治家、コメンテーターに芸能人、キャスター・・・。
    そして、部落開放同盟や、在日、創価学会をなどの団体・・・、企業・・・がありますが、み〜んなこの「楽をして贅沢をしたい」というとろこで強い信念をもち、その思いが一致するため、へんてこなのに、同じ様なことをいうのでしょうね。


    「楽して贅沢なんて、とんでもない。」

    河本の生保受給問題のとき、正直、「もう年金なんてやめて、貯金も贅沢して使い果たして、生保もらって引き続き楽していこうよ」なんて話が夫婦間ででました。でも、「やっぱできないよね〜、そんなずるいこと」

    私を含め、日本人の感覚は、大概こうだと思います。
    それは、先人から受け継がれた、「日本人としての誇り」があるからだと思います。
    そしてその根底には、「日本が好き」「日本が大切」という、日本人としてはごく当たり前の感覚があるのです。

    こいつら、野田首相をはじめとする民主党の方々をはじめとする、「え?」発言の皆さんには、このごく当たり前の感覚・気持ちがないのだろうな、と私は思っております。

    「日本を大切にしたい」という思いが根底にあるのかないのか・・・。
    そういうことから考えたら、手にとるように彼らのすることがわかるようになりますよ、きっと。

    まぁ、わかればわかるで、今の日本の状況がとってもコワクなるのですが・・・。


    真面目にするのがアホらしくなるので、見ないでください

    ブログ(ぼやき含む) comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁

    こんなの見つけてしまった・・・(´ω`。)
     ↓

    フジテレビ抗議デモに参加する奥様★142 (via tessar) より
    549 :SYsiac962:2011/10/09(日) 14:03:02.44 ID:+uee6+od0

    こんな書き込みみつけました!

    倭猿のみなさーん、聞いてね。
    私、在日3世でーす。
    在日外国人が本国の親族に仕送りした場合、税金から 控除するという特例がある。所得からの控除じゃないよ、税額控除だよ。

    分かり易く言うと、年収1000万円のサラリーマンが払う税金(所得税、住民税) 約150万円は、在日外国人なら全額還付可能で、無税で生活できる。
    朝鮮の親族に仕送りしたことにすれば、最大で年間180万円の税金が還付されるんだ。

    これはすごいことだよ。
    年収約1150万円までなら税金を一銭も払わないで生活できるんだよ。

    すごい優遇でしょ。
    こんなこと在日朝鮮人は、民団の指導でみんな知っている。

    では、朝鮮に親戚の居ない在日はどうするか。
    それはもちろん、「親戚代行会社」があるから、そこに仕送りして、 手数料を払って、ほぼ全額を送金し直してもらう。
    その一方で 日本の税務署に送金証明書を提出して税金を還付してもらうから、在日は高額所得者で無い限り無税なんだよ。

    日本のみなさん、ありがとう。
    この制度が無くならないよう、願っています。
    倭猿のみなさんから、どんどん税金を徴収してくださいね。

    民主党   万歳

    =========

    真面目にするのが、さらにアホらしくなるような記事でごめんなさい。

    でも、「真面目にするなんてアホらしい!」と思いながら、
    「やっぱり真面目にしないと、あかんよなぁ」と思う自分が、バカ正直に思う一方で、
    そんな自分を誇らしく思えたりします。

    やっぱり私は日本人。
    日本人なのだ!


    「本当にいい国だとあらためて思う。先人たちの頑張りのおかげ」←by本田圭祐

    ブログ(ぼやき含む) comments(50) trackbacks(0) まったけの嫁

    先日、サッカー日本代表のエース、本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=が語った内容の一部だけを取り出し、本田選手が朴鍾佑(パク・チョンウ)=23、釜山=の「独島(日本名:竹島)セレモニー」を擁護する発言をしたとかいった記事を目にしましたが・・・↓

    サッカー:本田、朴鍾佑の独島セレモニーを擁護「オレもそうしていたかも」


    W杯最終予選を控える日本代表MF本田圭佑(26=CSKAモスクワ)が「日本」について熱く語った内容は6日付の日刊スポーツ紙面にたっぷり掲載されたもよう。
     ↓

    出典元:にゅーとぴ


    この記事をかるちょまとめブログ さんが全文書き起こししてくださってますのでご覧ください(←感謝です)。

    ■「26歳が見たニッポン」 サッカー日本代表MF 本田圭佑(26=CSKAモスクワ)

    【サッカー】日本代表MF本田圭佑「日本」を熱く語る!
    「本当にいい国だとあらためて思う」
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1347018346/
    ※管理人からの注意書き:本田選手をご批判される方は必ず全文読んでからご批判くださいませ

    ====================================
    ■日本代表MF本田圭佑「日本」を熱く語る!「本当にいい国だとあらためて思う」
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20120906-1012249_m.html
    (9/6日付けの日刊スポーツより書きおこし)

    海外に出たら、日本は本当にいい国だとあら ためて思う。モノのクオリティー、サービス業、すべてにおいてディテールにこだわっている。ここが何につけてもアバウトな外国とは違う。

    これはオレの価値観が日本人寄りだから、という理由ではないと思う。外国人だって日本のサービスを受けたら絶対にいい思いをするはず。その点で、日本は世界トップだと認識している。外国に出てから、日本の良さを感じるようになった。

    それと同時に思うのは 「これを築いたのは誰なんだ?」ということ。オレたちではない。こんな裕福な今日(こんにち)の日本があるのは、先代の人たちの頑張りのおかげだと思っている。

    オレたちは、彼らが頑張って汗水たらして残していってくれたもののおかげで生活できていると思う。

    それが今、いろんな面でまさしく危機を迎えている。オレが言うまでもなく、いろんな人が「日本はそのうち破綻する」と言うのが聞こえてくる。「なんでそうなったのか?」ということを考えないと。

    今のオレたちは何も築いていない。先人の財産を使ってきただけ。感謝して、今からもう一度、頑張らないといけないんじゃないか。

    それなのに浪費した揚げ句、責任のなすり合いが、どの場面どの分野でも繰り広げられているように見える。海外から見ると、より一層、強くそう感じる 。

    なんでここまで言うのか? オレは愛国心というのか、そういう気持ちが強い。例えば、いい悪いは別にして、この間のオリンピックの竹島の問題がある。韓国の選手が試合後にボードを持った。

    いい悪いは別として客観的に見たら、彼は韓国を愛しているんだな、と思った。オレは日本を愛している。もしかしたら同じ状況になれば、同じように行動したかもしれない。それはその場になってみないとわからないことだけど。

    勝ち負けという観点からすると、韓国人が韓国を愛する気持ちに、日本人は負けているんじゃないか。これは政治的な問題ではない。

    単に自分の国を愛しているのか?という気持ちをくらべると、日本は韓国より劣ってるんじゃないか、という気持ちにさせられた。

    政治といえば、日本に帰った時、国会中継をよく見る。見ていると、話がまったく進まない。「まぁ〜、進まない」という感じで「一体誰が進めるの?」そう思って見ていた。リーダーがいない。

    そろそろオレたちの世代が、本物が評価される時代をちゃんと作り出すべきだと思う。本物の定義・哲学を若い人たちがそれぞれ持っていないといけないと思う。本物を選ぶその物差しを、ちゃんと形成していかなければいけないんじゃないか。

    オレがいう本物とは政治家のことであったりする。彼らは税金から給料を得ているわけだし、本物であるべきだと思う。

    日本でのヒーローはアイドルやバラエティー番組のタレントという形になっているけど、そういうアイドル文化は日本、厳密にいうとアジア圏内くらい。

    オレがいいたいのは、日本では日本の政治家こそがスターであるべきだってこと。別にアイドルやタレントを悪くいうつもりはない。彼、彼女たちは、それぞれの立場で一生懸命頑張っている。

    最大の問題は支持する側にあると思う。イベントなどでワイワイ、キャーキャーと楽しむのは構わないけど、そうやって楽しい空気を亨受できる平和というものをはき違えてはいけない。

    今のこの状態は「平和」というより「平和ぼけ」なんじゃないか、と思う。オレの価値観では、平和というものは自分たちの手でつかみ取るもの。本物とは何かということに対してもっと真剣に考え、議論する必要があるんじゃないか。

    本物について、海外でこんな経験をした。海外では1度応援し始めた人を、最後までしっかり応援する文化がある。サッカーでも同じ。いい時はまつりあげて、少しでもだめになったら捨てるように扱うのは日本だけ。

    オランダで、あるチームに実績十分のベテラン選手がいた。ただ、その選手は開幕からしばらくパフォーマンスが物足りなかった。日本だったら「あの選手は終わった」と言われたりする。

    でもオランダの監督やコーチたちの声は違った。その時、聞こえてきたのは「いい選手であることに疑いははない」という言葉。すごく冷静な分析だったと思う。

    マスコミも「技術のある選手が明日(技術)なくなることはない」と伝えていた。サッカーの本質を突いていると思った。マスコミも、監督や選手も「あの選手がどれだけ貢献してきたか忘れたのか?」という論調。これこそ、本物だと思った。

    日本は芸能人であったり影響力のある人でも、政治家でなければ、政治のことをしゃべるとたたかれる。「なんで?」と思う。オレが政治についてしゃべったら「本田、スポーツ選手のくせに政治を語るな」と、たたかれるはず。

    多分、世の中の大多数がそう思うはず。でも、そうではないんじゃないか。オレも日本国民。政治のことを語る資格があるはず。日本をこうしたい、と思うことをしゃべる。

    それが真剣な発言だったら、足を引っ張るんじゃなく、議論する環境をみんなで前を向いて作っていくべきなんじゃないか。

    今は、何でもネガティブにとらえ、悪いところをクローズアップしてしまう。これは日本の悪いところだと思う。もっと素直にならないといけないし、もっと謙虚にならないといけないと思う。

    もちろんオレはサッカー選手。サッカー選手としてピッチの上で結果を出す、それが今の自分に求められていること。そこはもう最低条件だと感じている。結果を出さないと意味がない世界で生きている。

    何を言おうと、オレが試合に勝たないと、オレが点を取らないと、オレがゴールに絡まないと、はっきり言って説得力はなくなる。ただ、オレはまったく結果が出ていない時から、まわりにこう思う、と言い続けてきた。

    中学の時から「W杯で優勝する」と言っていた。その姿勢を変えたことは1度もない。今後もし結果が出なくても、W杯にケガをして出られなくても、オレは言い続ける。

    これがオレだから。「何を本田、エラそうに」と批判されても、構わない。そうやって生きてきた。それが本質だと思っている。誰にでも意見を言う権利があるということを、伝えておきたい。

    「サッカー選手で、日本代表の本田だから言える」のではない。オレたちの世代も、みんなどんどん意見を言ってほしい。そして、みんなが聞く耳を持ってほしい。オレは今、そう言いたい。


    ここまで**


    ステキです。

    日本の先人に感謝したうえで、世界と戦う姿勢にとても共感しました。
    この想いが、本田選手の根っこにあることを知り、ますます好きになりました。


    全文と一部は違います。
    なんでも確かめなきゃだめです、韓国・中国の報道は当然のことながら、今の日本のマスコミの報道もね。

    本日(午後7時30分キックオフ)のイラク戦頑張ってください!
    応援しています!


    無題

    ブログ(ぼやき含む) comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    いつもご訪問いただきありがとうございますm(_ _)m

    今日は、息子のアメフトの試合の応援に今から参ります。

    気になることが多々ありますが、しばし忘れていってまいります

    マツコ・デラックスさん、いいと思いませんか?

    ブログ(ぼやき含む) comments(5) trackbacks(0) まったけの嫁

    「言わせられてるんじゃないの?」「お決まりのパフォーマンスじゃないの?」って突っ込まれても、「いや、そんなことはない!」といえる何の証拠もないですが、まつこデラックスさん、いいのではないか・・・、と思っているブログ主です。
    少し前の動画ですが、ぜひご覧になってみてください。重盛さんの発言もなかなかです。
    ※動画のあとに文字おこししています
     ↓

    20120117「なかよしテレビ」〜日中韓!ホンネで言いたい放題SP
    2012年1月15日放送 13:00 - 14:00 フジテレビ
    http://youtu.be/EpwjM36IMZQ

    NoMoreKoreanWave さんが 2012/01/17 にアップロード
    【動画説明文】少し前までは韓国が国策でK-POP輸出してることさえオフレコだったのに、バレちゃったから仕方なくそこは公言するようになったんでしょうかね。予告にあった「ビルボードにK-POPのチャートがある、J-POPはない」の部分はこのやかましい韓国人のデタラメだと判明してカットされたようです。


    ***

    書き起こしここから**
    ※敬称略

    <まずは、最初のテーマ。「K-POP人気の秘密を韓国代表に聞いて見た>

    上田:じゃあキム先生お願いします。



    キム・キョンジュ(東海大学准教授):そうですね、やっぱりあの圧倒的に力の強さがありますよね。で・・韓国の場合、民主化が87年(1987年)になってやっと達成されたので

    実は表現の自由がそれまであまりなかった。だから、したがって当然その芸能産業というのもあまり発展してなかったんですね。それがここ10年、急激な成長を遂げてるわけですけど、第一の理由は日本のシステムをそのまんま効率的に導入できた事。その中で、日本になくて韓国にあるのが競争システムです。

    で、日本のアイドルとかAKBとか、その中で若干競争システムみたいなので、いわゆる総選挙だとか、じゃんけんだとかそういう大会みたいなのやってますけれども、それ全く自力更生の競争にはなってないですよね。ところが韓国の場合は、もう本当に競争に負けたら、それこそ荷物まとめて田舎に帰るしかないと・・・。

    上田:それぐらい厳しいんだと。

    キム:映像の中で、先ほどそのT−ARAのメンバーも40分しか寝てないって言ってましたけども、むしろその競争が激しすぎてみんな練習に励みすぎて問題になるぐらいですね、ちょっと競争が過多ぎみではありますね。

    マツコ・デラックス:いやあ・・よくしゃべるニューハーフねえ。

    上田:ニューハーフじゃないです、女性です。・・・・。リュウさんお願いします

    リュウ・ヒジュン(作家):例えるならば日本の芸能界はえぇと草野球レベル。韓国の芸能界はプロ野球レベル。

    マツコ
    :あ、ちょっと待って。これちょっとね私、全然納得できないのが・・・。

    上田:ああ言って言って。

    <自信満々の韓国代表に対し、この後マツコが・・今のK−POPに疑問を投げかける>

    マツコ:結局は私ね、K−POPとか見てると、アメリカのパクリにしか見えないのよ。

    リュウそうです

    上田:なるほど。

    マツコ:で、世界で通用するってさっきからずっと言ってるけど、「その世界ってのはどこを指してるの?」っていうね、(リュウ:はい。) いや、ちょっと待ってよ!
    だから、アジアの同じような顔したところでアメリカの模倣品をやって、キャーキャー言われるのが世界の市場だと思われてるんでしたら、それで結構ですけれども。



    リュウ:仰る通りなんです。先ほど先生とお話ししましたけども、日本の芸能界をちょっとだけトレース(マネ)したことがあったんですよ。



    リュウ:でもね、それはダメだってことに気付いた・・・

    マツコ:だから駄目っていうのは何?駄目な理由をまず説明してから言いなさいよ。

    リュウ:世の中に出て行けなかったってこと。

    マツコ:世の中ってのは何処の話をしてるの、だから?

    リュウ:先ほど仰ったように米国の市場に今K−POPは上陸したんですよ

    マツコ上陸しただけでしょ。

    リュウ:その前にEUで今、ファンがついていて産業が成り立っている。

    マツコ:EUってまた大雑把に言うわね。

    リュウ:その前に・・・

    マツコEUのどこの国の誰が支持してるのか言いなさいよ。

    リュウフランスとドイツ、スペインです。正確に言うと。

    マツコ:またEUの中でもちょっと微妙な国が出てきたな。

    (会場笑)

    上田:そこにケチをつけるな・・そこはいい・・・。

    マツコ:・・スペインに申し訳ないわね。

    リュウ中国にアジアからEUに行きそれから北米。最後エンターテイメント最強の地に今降り立っているんですよ。



    リュウJ−POPはそこまですら行けてない。

    マツコていうか、行こうとしてないもん。

    ???
    「そうですよ。」

    リュウ:それは・・・

    マツコアメリカで評価されることが全てなの?あなた達は。

    リュウ:全てではなくて・・・。

    マツコ:K−POPチャートがビルボードに出ることが成功なの?

    リュウ:お金・・・プラス・・・

    (韓国勢が、同時にしゃべりだす)



    ヒョンギ(コメディアン):ちょっと待って。そしたら今、日本がレディガガにめぇちゃハマってるじゃないですか
    。それはもうどういうことなんですか?

    マツコいいじゃない、だからあんたたちの国のやつ(音楽)もちゃんと受け入れてやってんじゃないのよ。

    ヒョンギ:そうそう、だから全てさ・・



    マツコそれでいいじゃないのよ、なんて素敵な国なの。世界の文化を受け入れてる国。なんでよ、何の文句があるのよ。



    (会場笑)←ブログ主はマツコの言葉に泣けてしまいました。

    リュウ:いやいや、そう言ったらキリがない・・・

    マツコ「ありがとう」って言われても文句言われる筋合いはねえんだよ!これだけふところが深い国がどこにあるんだよ他に!



    マツコ出てけ!嫌だったら出てけ!

    ※参考:この部分、2012年1月5日放送分には以下のようにテロップがはいっていたようです
     ↓ ↓ ↓ 


    マツコ受け入れてやってんだよこっちは!お前ら(韓国)もお前ら(中国)も、受け入れてやってんだよ!


     ↑ ※中国人側にフォローを入れるマツコ・デラックス。

    上田:一回血圧だけ測って〜。

    マツコ:意外とすれすれでやってんのよ私は・・。

    上田:アグネスさん、どうぞ。

    アグネス・チャン韓国は、やっぱりさあ3っの国の中で一番人口が少ないんですよね。で、国もやっぱり小っちゃいので国だけで受けてもマーケットが小っちゃすぎる。だから日本とかアメリカとかEUとか出て行かないといけない。そうすると国際的に認められるような基準を持ってないと生き残れないということなので。



    アグネスだから結構やっぱりれレベルが高い。

    上田:最初から見ているところが違うんだと。

    リュウマツコさんはね、アグネス・チャンさんの爪の垢を飲んでね、ちょっとロジカル(論理的)になった方がいいですよ。

    (会場笑)

    キム?:ちょっと待って・・・

    リュウ:キモキャラだけではねそんなん通らない・・・

    マツコ私もね、あんたとはケンカするつもりないからね。

    上田:まあ、とりあえずね、韓国のタレントさんの今すごいところを聞いたけど、東さん反論がある?



    東国原英夫(前宮崎県知事)だから、反論というか、韓国のそういうのはコンテンツ産業をあの輸出産業にしたの。国策でやってんの、国策でやってんです。

    韓国勢のどなたか:その通り!

    東国原それは凄いと思うけど・・・、じゃあ芸能って国策でやることなのか?ってのが一点ね。

    上田:なるほど。


    <韓国では1994年から政府が文化・芸能活動の後押しを開始>



    <コンテンツ振興院を設立し、その年間予算は、なんと、400億円



    <K−POPや映画の海外進出を後押しして、国を挙げて韓流を世界に広めているのだ。>



    <ではなぜ、国策にまでしているのか>

    <韓国の理屈番長リュウが解説!>

    リュウ:アメリカが世界で一番強い国になったのはなぜだかご存知ですか?

    東国原:はい?

    リュウ:アメリカが世界で覇権国家になれた理由って何かご存知ですか?世界でトップのエンターテイメントを持っていること、イコール文化産業としてこの国のブランドをつけるためには、芸能エンターテインメントがすごく非常に大事な要素だと思っているんですね。

    東国原:それはね、アメリカは国策でやってないから。

    上田:田原さんお願いします

    田原総一朗(ジャーナリスト):それは間違っている。アメリカの芸能界がなぜ世界のトップかっていうと、世界中の芸能人を受け入れるから。

    キム:あのね、田原さんおっしゃったように、文化っていうのは、多様性をいかに受け入れるかっていうのはとても大事で、アメリカはそれを受け入れて発達したんだけど、韓国の場合はそれを受け入れる余地がないんです。それは先ほどアグネスチャンがおっしゃったように・・・

    アグネス:チャンさん・・・

    キム:国の規模も小さいので、その代わり出て行くんですね。で、出て行くためには日本向けの、そのいわゆるK-POPアイドルってのがあるし、また、アメリカで今度展開するときには必ずこれまた違うスタイルでやってくると思います。

    マツコ:さっきからず〜っと聞いていると、その国内のね、韓国に住んでいる人たちに対してじゃなくて、いかに韓国がどう思われたいか・・・、世界に韓国がどうっていうところだけで語られてる気がするんだよね。

    上田:重盛さん、なんだ?



    重盛:韓国代表の皆さん見てると、やっぱりどっか見栄っ張りで、なんかきっとそらそうだなって思うところがあって、ヒョンギさんとかもよくこの番組で「僕はすごい韓国で人気があるんです」とか、その、すぐばれる嘘をどうしてつくの・・・・

    (会場爆笑)

    ヒョンギ:(びっくり顔で)なにを・・・

    上田:それじゃセブンさんに聞いてみよう、ね。韓国のタレントさん、この辺がいいんだっていう自慢、ね、ダイジョウブ?顔色がアバターになってるけど・・・。

    (会場爆笑)

    セブン(SE7EN歌手):なかよしテレビに出るって聞いて、すごくいい放送かなぁと思って出たんですけども・・・こんな雰囲気大丈夫かな・・・?

    <いよいよ日本の自慢。マツコが日本の芸能界の素晴らしさを力説するが・・・>

    上田:マツコ、日本の芸能界の自慢できるとこ、教えて。



    マツコ:日本て、もうある程度成熟がすんだ、もう自由主義みたいなもんよ、日本の芸能界は。なら、もう産業としてこれからっていう(韓国)のと、まだ無限の可能性を秘めている(中国の)レベルを一緒に語っちゃいけないけど・・・。

    上田:成熟度が違うの?

    マツコ:私は自由でありたい人間であるから、日本の芸能界っていうか、日本でよかったって心から思ってる。

    東国原:中国や韓国にマツコさんみたいな方、いらっしゃる?

    韓国・中国勢:いない

    上田:じゃ、なんでいないの?

    キム:(韓国は)規制が非常に厳しいです。数年前にあるお笑いの方が実は自分が同性愛者であるということを告白したら、それから以降、一切テレビに出演しておりません。

    日本勢:え〜

    <韓国のテレビ規制 同性愛を告白すると芸能界追放>

    上田:はい、コン・テユさん。

    コン・テユ(俳優):普通、男性と女性が大半じゃないですか。もちろん今日のマツコさんの発言を聞いてて、すごい僕たちも共感するんですけど、でもやっぱり男性と女性に分かれてる中で、そのテレビで発言する方の意見を聞いて共感したいわけじゃないですか、あの男性の・・・

    マツコ:私はむしろ、今なんで私みたいなのが、テレビに出させていただいてるのかって、自分で分析
    すると、男性と女性にしか分け(ら)れないから、うまくいかないのよ。要は男性が男性に対してものを言うのは、プライドの張り合いになってしまうし、異性同士っていうのは、お互いに恋愛対象なわけじゃない。だから、やっぱりほんとのことを言うっていうのは、そういう関係が成立しないっていうことになってしまうくらいデリケートなのよ。

    田原:キムさん、越境?はいいけどね、やっぱり韓国遅れてんだわ。アメリカもかつては同性愛ダメだったんだよ。やっぱ、今よくなったんです。



    キム:確かにね、日本の芸能界において一番優れているところ、おそらく表現の自由というものを徹底的に守ると。

    ※注意:表現の自由が徹底的に守られている?とんでもない!芸能人は韓国のことを悪く言うと、ほされたり、最悪、職を失っちゃいますから。日本を悪くいってもそんなことはないです。それどころか、捏造された自虐史観や反日史観という「嘘」発言をしても何もありません。
    また、日の丸を掲げた反韓デモはほとんど報道されません。徹底的に守られているのは、「表現の自由」より、「報道しない自由」だと思われますが・・・。


    しかしながらその結果、社会がいい方向に向かったのかっていうと、それはちょっと違っていて、韓国はなにも遅れているからまだ考えがかわってないというよりは、韓国の場合は明確に表現の事由よりは一定の規制を与えた方が、例えば青少年の教育ですとか、そちらの方にいいという風に思う・・・



     ↑ ※若い女性韓国人アイドルグループ?の尻振りダンスは、青少年の教育にいいと?


    マツコさんは、故中川昭一氏が大好きで、亡くなられたときにも号泣されたというのは、もうご存知かと思います。「男前だったからね〜」というコメントをよく目にしましたが、当然のことながら、政治家としての中川氏にも惚れこんでおられたのだと思います。
    そういう意味で、マツコさん、いいのではないかと・・・思うブログ主です。


    参考
    国際交流の新しい挑戦が、この番組から始まる。
    カスペ! 『なかよしテレビ〜日中韓!ホンネで言いたい放題SP〜』
    http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/120105-002.html

    おまけ
    20120323「なかよしテレビ」特番
    ※北斗晶が整形 痛そう〜
    http://youtu.be/yndbKuijFSw




    私って、”工作員のキチガイ主婦”だそうです

    ブログ(ぼやき含む) comments(18) trackbacks(0) まったけの嫁

    Twitterにこんなのありまして・・・( ノω-、)  

    (T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・

    (。_ _)シュン・・・


    うちは、工作員でも
    キチガイ主婦でもありませんから!

    絶対負けないから。



    でも、結構こたえるなぁ。こういうのって・・・。
    ・゜゜・(/□\*)・゜゜・



    もっと早くに政治に興味持ってれば、マスゴミにも騙されず、全力­で中川さんを応援できたのにな。

    ブログ(ぼやき含む) comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁


    日本の財布が目の前で盗られている故・中川昭一氏
    http://youtu.be/60T8fBlklVM
    中川昭一 日本の財布が目の前で盗られている



    中川氏が亡くなられた経緯を見て、彼の愛国心は嘘ではなかったこ­とが日に日に感じられます。日本を狙ってる国や組織が少しずつ明­るみに出て来ている。早く国民が気付かなければいけないんでしょ­うね。

    この方こそ、本当に日本を思っている。民主政権に変わった今、日本はシナや韓国に侵略されていく

    何も考えずに子ども手当につられ民主党に投票した自分をはじる。中川さん、もういないんだもんね・・・。酔ってる会見で初めて中川さん知ったけど、もういないんだもんね­・・。寂しいよ中川さーん。。(;ω;`)

    このような事をはっきり言える方は自民党の中にもそうはいないと­思う。まさに今の売国民主党と雲泥の差だ。

    やっぱり軍隊を整備して対抗しないとシナとチョンはすぐ付け上が­る。平和憲法の理念は悪いとは思わんが、周辺国の気質を考えたらあま­りにもお人よしすぎる!

    こう言う素晴らしい政治家達を陥し入れるなんて断じて許せません!!
    政治音痴の大半の国民が政権交代の踊りを踊ってしまったのです。­今民主党を批判しているけれど、責任は民主を支持した国民にあり­ます。訳も解らない子供に選挙権を与えたのと同じです。民主主義­の自由と平等が選挙では悪い結果を生んでしまった。政治に無関心­な人や無知な人が投票する事自体 今の日本を見ると恐ろしい結果になると言う事に気付いて欲しいで­す。むしろ投票には行かないで戴きたいと思っています。

    中川さんは米国にも中国にも媚びず日本を命がけで守ろうとしてい­たんだよね。マスゴミと在日韓国人は政権交代ブームを巧妙に計画的に推し進め­日本人を騙した
    youtubeの【yafoo!の恐怖】で政権交代させた在日韓­国人の本性がわかります。もし在日韓国人が本当に良い人ばかりなら、中川氏は落選しなかったでしょうね。

    彼は父上の代からいわゆる「親米」ではない保守だったようですね­。米国、中国に媚びない政治家だったので、双方から邪魔者扱いされ­ていたことでしょう。親中でも親米でもない、彼のような日本派の国会議員を応援してい­かなければ行けませんね。

    もっと早くに政治に興味持ってれば、マスゴミにも騙されず、全力­で中川さんを応援できたのにな。また、一度くらいはお会いすることできたのにな。氏ねよ、俺。。。

    中川さんも同じくカッコいい政治家だった。サムライ男­児達だった。

    この人は素晴らしかったけど、もう生き返らせることはできない。そろそろ前を向いて、ガス田をどうやって守るかについて、真剣に­考えないとだめだな。

    日本にとって本当に惜しい人を亡くしました。「日本のために、日本国民のために」と、懸命に真面目に頑張って­­おられました。最近の国会議員でありながら、国会にもろくに出席せず、金儲けや­­ゼネコンとの癒着で騒がれている小沢や金持ち鳩山御曹司とその­と­りまきグループ議員たちとは雲泥の違いがあります。

    中国に対して怒る中川氏。尖閣ビデオを隠す民主党政権。違い過ぎる・・・。

    次の選挙では確実に自民などの保守政権になる。首相はひょっとし­たら麻生や安倍になるかもしれない。その時、在日勢力の手先のマスコミは叩­きまくるだろう。しかし違うのは、マスコミを信じない、目覚めた日本国民­が沢山いるということだ。マスコミが叩いても流されずしっかり支援­する。必要ならデモ行進もするだろう。今、フジテレビで立ち上がったよ­うに。全てはつながっていく日本人よ、信じたことを恐れずに実行する­のだ!そうすれば、奴らは引き下がるしかなくなる。



    
    中川昭一のラストメッセージ
    http://youtu.be/eCHQw_khBoE

    中川昭一のラストメッセージ

    

     youtubeだけでもこんなに日本を思っている人たちがいるん­だから、皆で力を合わせれば日本を絶対に守れるはず。中東も変われたんだ。日本にできないはずがない。 

    日本の反日マスコミを許さない

    中川昭一さん、本当に、日本を思うすばらしい政治家だったのです­ね。外部の精力に、スパイされている日本の政治・本当に、国民が監視しないといけないです。メディアに踊らされていたのが、本当にくやしいです。

    マスコミは社会の寄生虫だと思います。戦時中は戦争を鼓舞し、戦­後はGHQに尻尾を振り、反日勢力に媚を売り、自分が生きること­だけを考えている。戦時中に国民を鼓舞して国のために命を投げ出­せと叫んだのは朝日新聞、戦後はくるりと方向を変え、憲法9条を­後生大事に反戦を、反核を煽り、日本の独立を阻止するGHQ政策­を進め,反日在日の手先になって国家解体を煽っている。言動に反省も責任も見識も真実を追求し、見つめる勇気もない。

    いいかい 中川さんの泥酔は 記者会見前に 随行した 外務省局長クラス 日本大使館関係者 さらには マスコミ女性が ワインを強く勧め 乾杯をさせたという つまり強引に 記者会見という 世界に発信する 重要な場を前に 強引に 睡眠薬を常用していた中川昭一さん 国士 次期自民党総裁 総理の筆頭候補だった中川昭一さんを追い詰めた これが真相だ 当時 ワインを強引に勧めた外務省関係者 女性記者 懲戒免職だ!

    この人が総理だったらどんなに良い日本になっていたかと思うと無­念だ。良い政治家はみんな暗殺されてしまう。

    中川さんの泥酔問題を批判する人に、日本政府に竹島尖閣諸島問題­についての文句をいう資格はないと思います。

    TPP参加が言われる今、通商関係の専門家である中川氏が生きて­いたらと思わずにいられない。

    日本という国は、国を想う人間を抹殺するらしい。真実を述べたり正論を言えば「右翼」というレッテルを貼られる。こんな状態がいつまで続くのか。

    中川昭一議員は、常に反日マスコミと戦っておられた。拉致問題に­も真剣に取り組み、亡くなるまで保守本流を貫かれた。日本を救っ­た功績は書ききれないほどある。

    いま、日本は売国詐欺政党に支配されている。中川議員が「日本が­危ない」と最期におっしゃったそうだが、まさに今その通りになっ­ている。中川議員の遺志を継ぎ、我われもがんばらなければならない。


     


    故 中川昭一氏に捧ぐ
    http://youtu.be/-UwmWDVSwRY

    故 中川昭一氏に捧ぐ

    野田豚みたいな無能操り総理はのうのうと生き残り、本当に国益重­視で有能な この人は消される。この国は本当におわっている。 「男の価値は、その連れを見ればわかる」と取引先の社長が言って­いた。後顧の憂いなく、中川さんが国政に邁進できたのもこの奥さ­んあったればこそ。内外に敵を抱え、過激派に命を狙われてもおかしくないのに、命をかけて国を守ろうとした夫を、まさに命がけで­支えていただろう。中川昭一の奇跡は、我々が忘れかけていた「家­族の愛」が原点であると確信する


    *****

    日本のために尽力してくださった政治家の方でした。今の「政治のていたらく」を見れば、この方の「真の価値」がわかります。


    しかし、「あとでわかる」ようでは いけなかったのですね…。私たち国民の目が節穴だったせいで、中川氏を守りきれなかったのが、本当に残念で、悔しいです。


    それにしても、マスゴミの中川氏への攻撃はひどかったです。


    愚かな国民は、その勢いで、氏を落選させてしまいました。「氏の落選」をしむけた、「やつら」。「やつら」のトラップ(罠)にまんまとはまってしまった私たち国民は、本当に「愚か」だったと・・・。



    参考:
    Yahoo!の恐怖
    在日の工作
    〜拡散希望

    魚拓URL:http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=5&board=552022058&tid=cf9qa4nh...
    ※動画は⇒ http://youtu.be/1J1ZEYsR28M

    Re: 中国の反日デモ 2007/ 8/25 21:57 [ No.83344 / 93498 ]
    いよいよ 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)04時32分31秒


    計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。いよいよ始まりますね。自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが、民主党さんにはがんばってもらいましょう。


    まず短期的には在日同胞のお年寄りへの年金支給実現が急務です。生活保護だけでは本当に最低限の生活しか補償できないのが現実です。差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。


    多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、これまでの差別の歴史を考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし日本政府にもその責任があります。在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。


    その次は地方参政権獲得へと山を作っていきましょう。各地のコリアンタウンを基点に、組織的に民主党議員を支援していく体制はすでに整っていますが、足りないものがあれば、各支部ごとにまとめて本部に頼んでください。


    民主党の中での雰囲気醸成や意見の舵取りなどは、同胞議員の先生たちがきちんと動いてくれる予定ですから心配ありません。また北韓同胞との連携も必要になってきますので、支部長レベルでの会合等調整をお願いします。

     ・
    【中略】
     ・
    Re: そうですね 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)08時20分48秒

    しかし予想していたより早かった気がします。ある意味では自民党に感謝する必要がありますね。


    自民党の族議員たちが自分の利権を守るのに必死でr普通の日本国民が日本の政治に興味を持たないように政治家が自分の腹だけを肥やせるようにし続けてきたからこそ、同胞たちの日本マスコミ改革とうまく合って日本の世論を誘導できるようになったのですから。


    今回は民主党の先生がたが頑張って社保庁の年金問題を公開してくれたおかげは大きいですね。
    日本のオンモンに「漁夫の利」というのがありますね。


    日本と中国が我が韓半島を奪い合ううちにロシアが横から奪い去ろうというものですが、これからは日本人同士で利権の奪い合いをしている横から、我々がそれを奪い去るという構造です。与野党と官僚が利権の奪い合いをしているところから、我々が美味しいところをいただける


    日本の一般国民も今は年金や不祥事なんかの目の前のことだけしか見てませんしね。マスコミもそういうところをどんどんやりますから都合がいいですよ。笑いが出るくらいです。


    とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます。


    同じような人たちは自民党にもいます。落選議員に活動資金を献金する、といった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。


    注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね。民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。


    ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、その上でこちらのつらい状況を涙ながらに語れば心底同情してくれます。


    こういった点をうまく使いましょう。



    ======


    私たちは
    もう騙されない!
    騙されるわけにはいかないのです。





     

    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM