スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ナニが性奴隷ですか! 父(麻生徹男)は慰安婦の ”赤ひげ先生” 〜どうか、父の思いを正しく受け止めてほしいのです。降りかかる火の粉を払いのけ、偽りの歴史教育を廃しましょう! (歴史通1月号より)

    慰安婦問題について comments(21) trackbacks(0) まったけの嫁


    ”私たちは自分の手で、子や孫に本当のことを伝えていく必要があります”

    覚醒してから、常々そう思っている中、一人でも多くの人に知ってもらいたい内容が多々ありますが、今日はそのなかの一つを久々にご紹介させていただきます。 どうか、最後までお読みくださいませ。


    歴史通1月号より

    ナニが性奴隷ですか!
    父は慰安婦の”赤ひげ先生”


    元福岡女学院大学非常勤講師 麻生徹男氏二女・天児 都(あまこ くに)

    降りかかる火の粉を払いのけ、偽りの歴史教育を廃しましょう!

    ■濡衣塚の伝説

    福岡市の御笠(みかさ)川と国道3号線にはさまれた石堂橋のたもとに、「濡衣塚」という古跡があります。「無実の罪を負わされる」という意味の「濡れ衣」の語源となったとされる伝説で有名です。その伝説は『筑前続風土記』<聖武天皇の頃(724〜749年)、佐野近世(さのちかよ)と云う人が、京より筑前の守(かみ)として就任したが、京から連れてきた妻が亡くなり、筑前国の女性を後妻とした。後妻が先妻の娘を殺そうとくわだて、海人(あま:海に潜って貝類や海藻を採集する漁を生業とする人)に金品を与え「姫君が夜な夜な私の元に来て釣り衣(着物)を盗んでゆく」と噂をいうように仕組んだ。それを聞き起こった父親が娘の所に行くと、娘は噂通り「濡れた衣」をかぶって寝ていた。これは実は後妻が娘が寝入ったときに着せたものであるが、父は激怒して娘を殺した。その翌年、殺された娘が父親の夢に出てきて二首の歌を詠んだ。父親はその娘に罪が無いことをさとり、後妻を里に返し自分は出家した>

    この言い伝えにより、身に覚えのない罪を負う事を「濡れ衣」を着るというようになりました。私の父、麻生徹男(あそうてつお)も、この伝説のごとく濡れ衣を着せられ、今もなお、その誤解は流布され続けています
    (※参考:麻生徹男ーWikipedia )

    1989(平成元)年に亡くなった父は、37(昭和12)から41(昭和16)にかけて、日本軍の軍医として中国戦線にあり、この間に慰安婦と慰安所の写真資料と慰安婦に関する論文一篇の第一級資料を残しました。

    しかし、この資料が悪用され、父は「慰安婦強制連行」の責任者のごとく言われるようになったのです。

    1993年8月、河野洋平官房長官が発表した、いわゆる「河野談話」により、韓国が盛んに日本の政府に「慰安婦問題の関係者を処罰しろ」と声高に主張しはじめて、その折、私の父のことも話題にのぼりました。ジョージ・ヒックス著『慰安婦』(1995年)は、韓国人のゴーストライターが書いたもので、父について真実ではないことを書いています
    (※参考: ジョージ・ヒックス著『性の奴隷 従軍慰安婦』←ちなみに、本の内容紹介には以下のように書かれています。↓
    著者ジョージ・ヒックスは公文書、慰安婦へのインタビューをとおして、日本政府が隠蔽しつづけている組織された慰安制度を解明、暴露する:「BOOK」データベースより
    いまだに罰せられていない戦時の日本の蛮行、従軍慰安婦制度。当時の公文書、元慰安婦へのインタビューを通して日本政府が隠蔽し続けている組織されたその制度を解明:「MARC」データベースより)

    韓国人たちは「慰安婦強制連行」の責任者として父の処罰を求め、父が既に鬼籍(きせき)に入っている(死亡している)と知ると、娘の私のところに押しかけてきました。当時、私は病院に勤めておりましたが、勤務先にまでしつこく電話をかけてきたのです。

    この降りかかる火の粉を払いのけるという意味で、上海より上海へ』(1993年、石風社)を上梓(じょうし)しました。それは、父が兵站(へいたん)病院の軍医だったころに記した日記をもとにして綴った回想録です。慰安婦たちや慰安所の写真も掲載しました。この本を上梓し事実が世に出てから、資料をとりに来る者はなくなり、非難する声も小さくなり、非常に楽になりましたが、それでも事実を確認せず、いまだに父に濡れ衣を着せようとする人たちがいます。その原因は千田夏光著『従軍慰安婦』(1973年)に父が強制連行の責任者のようにほのめかして書いてあるからです。
    (※参考:千田夏光(せんだかこう)−麻生徹男軍医に関する虚偽記載と謝罪 )

    また、日本も、中国や韓国から濡れ衣を着せられています。慰安婦を韓国は挺身隊とか性奴隷と言っていますが、事実ではありません。そうだとわかっているならいいのですが、最近の、歴史を正しく知らない人たちが、無意識のうちに朝鮮・韓国側になびいていることが心配でなりません。その状況を打破するために、若い人たちに資料を公開しようと、2010年『慰安婦と医療の係わりについて』(梓書院)を上梓したのです。


    ■「花柳病ノ積極的豫防法」

    父・麻生徹男は昭和21年南太平洋の戦地から復員して、祖父の跡を継ぎ産婦人科医として福岡市で働き始めました。昭和32年9月、博多の情報誌「うわさ」に、「戦線女人考」という中国戦線における体験をもとに書いた一文が掲載され、慰安婦のことを紹介しました。
    (※参考:「従軍慰安婦」 軍医麻生徹男「戦線女人考」(写真集):真実を知りたい さんブログ

    父は学生時代から亡くなる直前まで日記をつけており、手紙を受けたこと、誰かに会ったこと、その住所や連絡先などが記されています。これらと書簡をもとに、退院後は「残務整理」と称して精力的に自分の撮った写真を整理し、自分自身の体験を書き残しました。

    父が戦争中に書いたのは、1939(昭和14)年、九江軍医分団の研究会にて花柳(かりゅう)病について講演し、陸軍に提出した「花柳病ノ積極的豫防(よぼう)法」という性病対策レポートです。
    (※参考:「従軍慰安婦」と軍医 麻生徹男

    その父のレポートには、検黴(けんばい:梅毒に感染しているか否かを検査すること)、禁欲、花柳病(性病・性感染症)の認識、狭義の予防法などが書かれております。約100名中、20名程の邦人に花柳病罹患(りかん)者が多く、年齢も高かったことを語り、その結語に、「アルコールの制限、即ちこれに代わるものとして、より高尚なる娯楽施設を必要とす。音楽、活動写真、図書あるいは運動が良い。娼楼(しょうろう:女郎屋)にあらざる軍用娯楽所の設立も希望す。斯(か)くして自ら禁欲を意とせざるの良風を養成す可(べ)きなり。検黴は的確にして厳正なるべし」と書かれています。

    レポートでは娼楼ではない軍用娯楽所(音楽、活動写真、図書など)設立を希望しているのに、なぜ強制連行と結びつけるのでしょうか。娼婦は必要不可欠であると訴えたかのように読み間違え、事実を検証しないまま、広めた人たちがいるのです。


    ■軍隊における性病対策

    父の戦争体験は、中国大陸と南太平洋のニューブリテン島ラバウルの2つの地域でのことです。1938(昭和13)年始めに慰安婦検診を命ぜられ、慰安婦とかかわるようになりました。

    慰安婦については、医療の問題を抜きにしては語れません。そもそも、慰安所が作られたのは、性の管理と、性病の予防管理のためという2つの目的のためです。

    江戸末期から明治初期にかけて、日本人女性にもイギリス軍及び他のヨーロッパ諸国の慰安婦だった人たちがいました。

    日本国内では駆黴(梅)(くばい)院(=娼妓が性病に罹患しているか否かを検査し、罹患していればこれを治療した病院)が1867(慶応3)年、横浜にでき、次いで長崎、神戸にできました。

    港で売春を行う娼妓(しょうぎ)の梅毒罹患の検査を提唱し、巡回指導したのは、英国の軍医ニュートンです。江戸末期に横浜、長崎、神戸に英国の医師が駆黴院を作ったのは、船で寄港するイギリス人及び他のヨーロッパ人の性病感染予防のためであり、これは植民地政策により海外に発展していたヨーロッパの国々の性病対策の方式でした。これにならって日本も明治初年に駆黴院を日本各地に設置していきました。

    その後日本政府は1871(明治4)年に駆黴院をつくるように民部省が示達(じたつ)し、72(明治5)年に大阪、74(明治7)年東京、79(明治12)年福岡に駆黴院が設立されました。明治14年に英国軍の交代時期を利用して、日本は独立して自分たちで検診を行うようになりました。

    日本軍は1918(大正7)年〜22(大正11)年のシベリア出兵の折に、梅毒感染による戦力低下と、その後の壮年層の死亡多発の打撃が大きかったため、その後外地において、慰安所を軍が管理して性病対策を行うようになりました。ヨーロッパのやりかたにならって、上海の慰安所において慰安婦検診を陸戦隊員、領事館警察の立会で週2回行うようになったのです。

    慰安婦は、大東亜戦争の終る1945(昭和20)年8月15日まで続き、その数は推定8万〜14万人と言われています。また、大東亜戦争後、アメリカ軍の慰安婦にされた女性も大勢いました。


    ■婦人科診察台とコンドーム

    父の残した資料は民族間の紛争をあおるため、また、性的興味のために扱われるものではありません。

    父が強制連行の責任者であるかのように扱われた時、「誤解を解くために、事実を書いて本にしたらどうか」と言ったことがありました。しかし、父は「自分は事件の当事者であって、それを解釈するのは他の人なのだ。だから私は自分の体験したことだけを手記として残しておく」と言いました。事実だけを述べる科学者の態度に徹していて、また、後の世代への信頼感がありました。

    どうか、この父の思いを正しく受け止めてほしいのです。

    そこで、私は戦時中の父の日記をまとめた『上海より上海へ』の本の中に、「花柳病ノ積極的豫防法」レポートと、慰安婦関係の写真「戦線女人考」を一括して入れました。父は趣味で写真をやっていまして、昔は今ほど写真に通じた方もいないので、部隊長から写真を撮るように命ぜられていたそうです。

    その中には、写真,里茲Δ福父の考案による「婦人科診察台」もありました。また、写真△蓮崙遊皸貳屐廚箸いΕ灰鵐鼻璽爐任后
    (※参考:突撃一番ーWikipedia
    ※なお、写真は、歴史通1月号にてご覧くださいませ。

    これを本に掲載したのは、慰安婦との係わりは医療に関するものであり、1937年当時、日本が性行為感染に対する対応を行っていたことを知ってもらうためでした。

    (中略)


    ■戸塚弁護士の「性奴隷」発言

    私たちは「慰安婦問題」を正していかねばなりません。そのためには、帚木(帚木 蓬生:ははきぎ ほうせい)さんのような方や、論客の方々のお力も必要でしょう。しかし、彼らに頼ってばかりではなく、まず、私たち一人一人が自分の国の歴史を正しく知ることが大切です

    父の残した資料を巡って、様々な人との出会いがありましたが、アメリカや中国、韓国人の視点で日本を見て、自国を貶めている人たちが多くいることは驚きでした。

    「慰安婦問題」を利用してきた人たちがたくさんいます。国内はもちろん、国外においても日本叩きの道具にされ、日本に対する間違った認識が世界中に流布しているのが現状です。こうした中傷に迎合する人たちがいますが、誤った中傷や非難に反論できる人がたくさんあらわれてほしいと思います。

    私は『上海より上海へ』を上梓した当時、まだ不勉強だったものですから「南京事件が起こったから、レイプ対策として急きょ日本で慰安婦を集めたのだ」と、慰安婦は南京事件の傍証(ぼうしょう=間接の証拠)と一般的に言われていたので、うっかりとその立場で解説を書きました。

    しかし、父の日記、手紙、メモなどを調べ、資料をつぶさに調べていくと、決して南京事件の傍証などではありませんでした。他の方々の研究を見ても、南京事件は蒋介石と、その諜報機関の作り話であることがわかってきました。そして、それを極東国際軍事裁判で事実であるかのように語り、中国人に証言させ、また、その証言を日本人がいまだに信じつづけているのです。

    「性奴隷」という言葉は、1992年2月25日に国連人権委員会で、戸塚悦郎弁護士が、慰安婦を「性奴隷」だとして日本政府を攻撃することに使ったのが始まりで、北朝鮮・韓国が挺身隊と共によく利用し、2007年以降にアメリカで使われるようになりました
    (※参考:従軍慰安婦で、日本の名誉を売った二人の弁護士 by藤岡信勝氏)

    18世紀末よりヨーロッパで売春を取り締まるための法律が考えられましたが、各国は公法の中に売春認可を入れて体面を失うことは避け黙認の形をとり、実際問題として性病蔓延を防ぐために、他方の警察力を使って取り締まりを行ったのです。

    日本も売春を犯罪とみなし、1873(明治6)年に犯姦条例(刑法)を制定しました。しかし実際には守られずに76(明治9)年1月に犯姦条例廃止。府県は売春を行政的に取り締まることとし、2月に娼妓梅毒検査規則を作り、77(明治10)年性病患者統計調査が始まります。
    (※参考:統計表一覧 政府統計の総合窓口

    こんな難しい問題を何も知らない人たちが簡単に「性奴隷」と名付け、犯罪の中に入れられています。奴隷・レイプは犯罪です。私はこうした微妙な問題も常に意識して発言しています。


    ■強姦被害者4千人

    終戦後、中国や朝鮮半島からの引揚者の中の在留邦人女性は、混乱の中でソ連や中国の兵隊や朝鮮人に乱暴をされ、妊娠したり性病に罹患した人がたくさんいました。女性たちは自衛のため髪を短く切り男性の服装をしましたが、それでも逃れることができず、妊婦の多くはそのような姿をした人たちでした。

    戦勝国側の一方的な裁判で戦犯とされた人々の名誉が回復されず70年が経とうとしているこの国には、引揚時に強姦の被害を受けた人たちが少なくとも4千人いて、沈黙のままこの国の政治を見守っています日本は敗戦国として賠償金を払っているのに、条約を締結した後にも補償と言ってお金を要求してくる諸外国の者たちにも、日本が受けた被害を明確に示すべきです。

    ドイツではベルリン陥落後25万人の女性が被害に遭い、それらの被害はきちんと記録に留められています。たとえ密かに処理するような命があったとしても、ドイツのように、事実として資料は残すべきなのです。

    父の資料をまとめ、また、自分自身も勉強を進めていくにあたって、問題の正しい解決において、資料がいかに大切であるかを知りました。


    ■いまだアメリカの洗脳の支配下に

    歴史がきちんと学ばれていないところでは、嘘がとめどなく広がってゆきます。今もなお、日本の子供たちの教科書は、極東裁判で展開されたアメリカのウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(=War Guilt Information Program' 略称WGIP、戦争に対する罪の意識を日本人に植え付ける洗脳計画)によるマインドコントロールのもとにあります。

    戦後60年以上の年月を経て、アメリカによるマインドコントロールの事実が明らかにされているにもかかわらず、日本人がいまだに自虐史観に閉じ込められ、日本が弱体化の一途をたどっているのは、自分達が受けた洗脳と言論弾圧に対する自覚がないからです。自分自身を正当に評価できていない状態にあるのです。

    私たちは自分の手で、子や孫に本当のことを伝えていく必要があります。そして私たちも、親や祖父の世代を「悪」と切り捨て、戦後からの歴史を立ち上げている左派の流れにいつのまにか乗っていて、親や祖父の世代に対する感謝の念を表さずにきたことをお詫びすべきだと思います。

    父祖の世代が命がけで戦ってくださったおかげで今日の私たちがあります。1919年に人種的差別撤廃提案を提出し、戦い続け、植民地支配からアジアの国々を解放したのは私たちの父の世代の人たちでした。

    日本は好戦的な国々に囲まれ、戦いに引き込まれ、戦いを止めることができず敗戦を迎えました。

    平和はお題目ではなく、自衛軍を持って周囲の国々に侵略を許さぬことにより守られます。戦いの勝者に法を守る精神の欠如がありますが、私たちは法の精神を掲げて気高く生きる国家として蘇(よみがえ)りたいものです。

    そのためにも、偽りの歴史を教育から排除して、事実に基づいた教育を行い、自立した日本人の憲法をつくり、アメリカと対等の条約を結ぶことが必要です。政治の道具にされず、深い洞察力をもつ学問の基礎が日本に築かれることを願っています。



    =================

    歴史通 2014年4月号
    出版社:ワック(販売価格 ¥860 )




    上海より上海へ(石風社HPより)
    麻生徹男[著] A5判上製260頁
    定価:本体価格2500円+税
    1993/08/15発行

    兵站病院の産婦人科医 従軍慰安婦・慰安所 第一級写真資料 兵站病院の軍医が克明に記した日記をもとに「残務整理」と称して綴った回想録。看護婦、宣教師、ダンサー、芸人、慰安婦、芸妓、女給……戦争の光と闇に生きた女性たちを、ひとりの人間の目を通して刻む。従軍慰安婦・慰安所第一級写真資料。重要資料「花柳病ノ積極的豫防法」兵士の性病対策レポート。
    ※参考:【書評】
    親子二代にわたる「祈りの書」-森崎和江
     一九三七年の七夕の夜、中国との間で戦闘状態に入った。シナ事変と呼んだ日中戦争はやがて長期戦化詩、太平洋戦争へと拡大した。その三七年の晩秋に召集され、前線へと送られた一軍医の刻名な記録集が、今回遺族の手によって刊行された。麻生徹男著『上海より上海へ』である。副題に「兵站病院の産婦人科医」とある。
     当時著者は九州帝国大学を卒業して産婦人科医となって間もない、若い父親だった。その手記を刊行した天児都(くに)さんは著者の次女で父出征の折は二歳。現在福岡市在住の産婦人科医である。
     同書は私家本として著者が生前にまとめた『戦線女人考など』を中心にし、写真集「戦線女子考」をはじめ、「軍陣医学論文集」や陣中日誌その他加えたもので、日中戦争当時の占領地での陸軍の公私にわたる日常が、いきいきと描かれている。かつて私は私家本『戦線女人考など』を読む折を得て、ひどく感動し、この書の一般への刊行をひそかに願っていた。というのは、同書に朝鮮人従軍慰安婦のことが軍医である著者の体験を通して描かれている上に、写真もまた歴史資料としてこの上もなく貴重だ、ということもあった。けれどもそれ以上に、これら第一級の資料を残した著者の、日常性および非日常性にたいするあくことのない能動性に打たれたのだった。そうした姿勢なしには、戦場における性的慰安の対象である女たちのことも残らなかった。昭和の記録として、半世紀後の私たちの心をゆさぶる力となっている著者の情熱を、何よりも尊く思うのである。
     著者はその私家本の序文に記している。「私達日本人は中国にとって善き隣人ではなかった。わが国振りの国民皆兵を思い、又一九三七年の南京に思いを馳せるなら、一億の大和民族之れ皆戦犯である。私は此の大和民族の一員として一九三七年より四年間、中支の大陸に居た」と。三七年の南京とは、日本軍による中国民衆の虐殺事件である。その直後に著者たちは南京へ入っているのだ。関連の写真も、とっている。
     記録魔のように、こまやかに対象に接近して文章化し、一日も休むことなく日記をつけ、また留守宅に長文の便りを出し、趣味のカメラを多様に駆使して、時にスナップを、時に芸術化を、時に資料化をと、この一医師は軍隊の医師をはみ出して、何かに迫ろうとしつづけているのである。
     こうした生き方が脈々と流れていたからこそ、慰安に関する軍隊への提言も、占領地の民衆の表情も、傷ついた兵士のことも、後世に残していただいた。単に著者が産婦人科医だったから、性の記録が残ったわけではない。そして死を目前にして、当時の体験のありのままを書き記そうと努められた心の内に、先の序文の、「私は此の大和民族の一員として」中支にいたのだ、という痛切なことばが、あたかも時代的原罪のようにひびいていたことを思う。
     著者の体験から半世紀たって、やっと、私たち日本人は、一私人である自分の心の中をさしのぞきながら、当時の人間観がわが心の底にもこびりついていはしないか、と、反省するのである。そして、当時の一将兵が、この記録を残してくれたことの真意を、有難く思う。アジア諸民族の前に頭を垂れつつ、この記録にほっと救われた思いがする。
     そして刊行に踏み切ってくださった遺族の、短い文章が持っている現代文明への批判をふりかえる。天児都さんは、父上の遺稿や写真が、旧軍隊批判という美名にかくれた個人たちの売名行為によって、さまざまに利用されたことをさらりと附記した。それら行為は私には、他民族とか女たちの人格とかを無視して痛みを感ずることのなかった、かつての日本人の人権意識の生き残りのように思えてしまう。同書は、親子二代にわたって表現された日本文化への、祈りの如き書だと、その刊行の必然を思いみている。

    ・多芸多才な軍医による戦時記録-中国文学者・高島俊男
     この本の著者、麻生徹男さんは、九州福岡の産婦人科のお医者さんである。明治四十三年生まれ。四年前になくなっている。
     昭和十二年の秋、二十七歳の時に軍医として大陸の戦線におもむき、三年あまりを上海・南京など長江ぞい各地で勤務した。この本は、麻生医師の手記、およびその間にとった写真を、没後娘さんがまとめたものである。
     この本がめっぽうおもしろいのは、このお医者さんが、おそろしく有能で、多芸で、にぎやかな人だからだ。
     その一々をかぞえあげるならば──
     まず戦場の軍医はふつうの医者よりよほどいそがしい。本職は産婦人科だから兵隊相手のばあい性病が専門であるが、それ以外に外科の手術もするし精神科も見る。重傷でかつぎこまれた兵隊が死ねばあとしまつもする。「人間一人を灰に作り上げるには驚く程の薪が必要であった」とあるように、とことんめんどうを見たのである。
     またレントゲン技師もやる。戦地のレントゲンだからまず電気を作り出すことから始めねばならぬ。したがって部隊の発電機担当者である。移動式X線装置の駆使に関しては国軍第一と陸軍省医務局長からおほめをたまわったそうだから半端な技師ではない。
     このことでもわかるように、このお医者さんは機械に強い。特に自動車が好きである。国産車の性能がうんと悪かった昔のこと、まして戦地だから、整備も修理もやれてはじめて自動車好きだ。そういう人はめったにいないから、この人は部隊の全車両の整備責任者である。あわせて兵器一切の補修担当者である。兵站部隊だから大した兵器はないのだろうが、それにしても便利な人だ。
     ずいぶんといそがしいだろうに、毎日丹念に四種類の日記をつける。英文日記、独文日記、陣中日記、業務に関する資料提出日誌。そのうえ留守宅あての通信。まめだねえ。
     自動車以上に好きなのが写真である。お母さんの家が写真屋だったので子供のころからカメラに親しみ、応召前は関西の写真作家集団に属するプロ級。戦地へは愛機スーパーイコンタを持参し、上海で新鋭機ローライコードU型を手に入れ、部隊の従軍写真帖作成担当者として陸軍報道部写真班の腕章を着用し、とった写真が千数百枚。そのうち精選六十数点を「戦線女人考」と題してまとめたのがこの本の巻頭にそっくりおさめられてあり、なお文中にも多数を配する。題を見てもわかるようにふつうの戦争写真ではない。
     たとえば、その名も高い日本陸軍専用衛生サック「突撃一番」の実物写真、あるいは慰安所および兵站司令部「慰安所規定」の写真など。当時の報道カメラマンでこの種の記録をのこしてくれた人はたんとはいまい。
     しかし何といってもこの人の最大の特徴は写真の題にもある「女人」だ。いつも女の人にかこまれているのである。生まれた時からそうなので、「私は父の経営する福岡産婆養成所の校舎の一部で産まれた。家の周りは色町で、何かにつけて女の多い所であった。初めての応召の時など、博多水茶屋券番の綺麗どころ一行が、紫の券番旗を翳して大挙、駅まで見送ってくれた」という人である。お父さんも婦人科医で、顧客の多い色街に居をかまえ、かねて学校の生徒はすべて助産婦志望の若い娘さんだから、まわりは女ばかりなのだ。
     戦地へ行ってもそうで、まわりはみんな看護婦さん。慰安所では「週二回も何十人もの慰安婦の局部のみ覗かねばならぬ」。占領地には福岡色街の店が多数進出していて、子供のころからなじみの芸者さんたちにたいへんにもてる。
     また非常なダンス好きで、軍務の余暇にはパリッと背広に着かえて、髪の毛だけは急に生えないから坊主頭で、せっせとホールに通う。最前線の武漢へ移動しても、「在った、有った。終に見つけたダンスホール。上海以来、夢の中に、寝ても覚めても忘れることの出来なかった、奇麗に磨かれたフロアと、スウィング・ミュージック」と、ちゃんと見つけてしまうのである。いいのかね、帝国軍人が。
     そしてどこでもナンバーワンの美人ダンサーと仲良くなる。この本も各地のダンサーたちとの交遊を書いた部分が多い。もちろんみな写真つき。
     この人の写真や記録は、日本軍が慰安所をやっていたことの動かせぬ証拠ばかりだから、写真が無断使用されたり、迷惑をこうむることも多かったらしい。娘さんが本を編んだのも、写真の著作権を主張し、あわせて「麻生軍医は朝鮮人慰安婦徴集の首唱者」との中傷に反駁する意図があるようだ。しかしそういう生々しいことを別にしても、一人の多芸多才の軍医の写真と文章による戦時記録として、貴重かつおもしろいものとわたしは思うのである。



    プロフィール・あまこ くに
    1935年生まれ。麻生徹男二女。
    59年九州大学医学部卒。
    60年九州大学大学院入学、
    63年学位授与される。
    67年医療法人親愛天神クリニック産婦人科勤務(2001年3月まで)
    福岡県婦人問題懇活会委員、九州大学医療技術短期大学非常勤講師、財団法人福岡YMCA常議員・理事、日本産婦人科学会福岡地方部会評議員、福岡女学院大学非常勤講師などを歴任。
    著書に『産婦人科医のカルテから』『慰安婦問題の問いかけているもの』(石風社)、
    歌集『水仙川』(不職書院)、『慰安婦と医療の係わりについて』(梓書院)などがある。


    ■参考ブログ
    従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・(日本人と韓国人 その似て非なる事 さんブログより)
    http://14819219.at.webry.info/201111/article_7.html

    「慰安婦と医療の係わりについて」天児都、麻生徹男共著、梓書院、2010年2月発行、¥1,700(税込み)(史実を世界に発信する会 より)
    http://hassin.org/01/data/2099
    ※その他の従軍慰安婦関連資料もぜひご覧くださいませ⇒資料室: 従軍慰安婦関連

    「従軍慰安婦」 と軍医 麻生徹男 (真実を知りたい さんブログより)
    http://hide20.blog.ocn.ne.jp/mokei/2012/03/post_eaa1.html



    ■まったけから
    前回の更新から1か月たっての更新になります。
    何のご挨拶もなく申し訳ありません。

    自宅の玄関先に、押しピン数個落ちてたり、包丁(ナイフ)で切られた柿がいくつか扉の前におかれてたり、きわめつけは、息子の中型バイクにかけているカバーのロープがはさみのようなもので切られてたことがありまして・・・

    これをきっかけに、以前からブログについてあまりいい顔をしてなかった主人が、「ブログのせいで、イヤガラセされてる可能性もあるんちゃうか?もう、ブログやめてくれる?」って・・。

    そんなはっきり言われたら、無視して更新するわけにもいかず、年末年始、時間的に余裕がなかったのもあったりして、今まで更新できずにいました。
    ご心配おかけし、申し訳ありませんでした。

    正直なところ、ブログを離れているうち、「PC不調で、記事アップにも手間取るし、もうこのままやめちゃおうか」と思う気持ちも出てきましたが、やはり、いろんなことが気になり離れることができず、主人が一泊旅行に出ている間に、更新させていただいた次第です。
    今後も更新を続けていきたいと私自身は思っています。主人との兼ね合いで更新ペースが左右されたとしても・・・・。何とか続けていくようにしますので、どうか引き続きよろしくお願いいたします。




     

    朝日前主筆・若宮氏 「慰安婦狩りを実際に行ったという元軍人の話を信じて確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」

    慰安婦問題について comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:「慰安婦」問題について

    【新聞週間2013・社説検証】
    歴史認識−慰安婦問題 河野談話「朝毎VS産読」鮮明に

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101615070019-n1.htm
    2013.10.16 15:04
     慰安婦問題が誤解を招くようになった最大の原因は平成5年8月に出された河野洋平官房長官談話だ

     談話は「従軍慰安婦」という戦後の造語を使い、その募集について「官憲等が直接これに加担したこともあった」と日本の軍や警察による強制連行を認める内容だった。河野氏も会見で「強制連行」があったと明言した。

     当時、産経だけが「政府が何を根拠にこうした結論を導き出したのか必ずしもはっきりしない」「慰安婦のほとんどが『強制連行』だったということが歴史的事実としてひとり歩きしてしまうのは危うい」と河野談話に疑問を提起した。

     他紙は談話を当然の結論として受け止めた

     朝日「被害者の名誉回復への前進である」

     毎日「政府がこれまでの行きがかりから抜け出て率直に歴史を直視したことは一歩前進と認めたい」

     読売「河野官房長官が『心からのお詫(わ)びと反省』の意を表明したのも当然だ」


     当時、宮沢喜一内閣が内外で集めた慰安婦に関する公式文書も発表された。総数は二百数十点に及び、4年7月と5年8月の2回に分けて発表された。


     ◆破綻した「強制連行」説

     ところが、9年3月、河野談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官の証言により、日本政府が集めた公式文書には強制連行を示す証拠がなく、談話発表直前に韓国政府の要請で行った韓国人元慰安婦16人からの聞き取り調査だけで「強制連行」を認めたことが明らかになった

     談話に基づく慰安婦「強制連行」説は破綻した。

     産経は、河野談話が「韓国を満足させるための政治決着の産物だったことも明瞭になった」として河野氏に国会での説明を求めた。

     朝日はなお、「全体として強制と呼ぶべき実態があったのは明らか」と河野談話を擁護した。強制連行を示す資料が見つからなくても、「広義の強制性」はあったとする主張だ。

     読売は「近年のいわゆる従軍慰安婦問題なども、とかくバランスを欠いた形で論じられることが多い」「日本の場合、官憲が『強制連行』したことを示す資料はない」と指摘し、朝日や毎日と距離を置くようになった。

     読売は、元慰安婦への償い金支給事業を行ったアジア女性基金に関する17年2月6日付で「日本政府の一連の対応も、『不見識』としかいいようがないものだった。代表的なものは、一九九三年八月、宮沢政権下の河野洋平官房長官談話だろう」明確に河野談話を批判した。

     その後、河野談話を擁護する朝日・毎日と、談話見直しを求める読売・産経の主張がしばしば対立した。


     ◆「偽りの見解」是正要求

     昨夏、慰安婦問題での日本の対応を不満とする李明博・韓国大統領の竹島不法上陸などを機に、日韓関係が急速に冷え込んだ。

     朝日は、河野談話の見直しを求める一部政治家を批判し、野田佳彦首相に河野談話踏襲を改めて内外に明言するよう求めた。

     これに対し、読売は「河野談話という自民党政権時代の『負の遺産』」の見直し、産経は河野談話の破棄を求めた

     今年7月末、米カリフォルニア州グレンデール市で、韓国系住民の反日運動により慰安婦の少女像が設置された。

     毎日は「日本政府が国際社会に、こうした河野談話やアジア女性基金などの説明を十分にしてこなかったという、外交発信の失敗も大きい」として、あくまで河野談話などの丁寧な説明を求めた。

     これに対し、読売は「歪曲(わいきょく)された歴史が、全米に喧伝(けんでん)されようとしている」と憂慮し、「河野談話が誤解の火種となった」と談話の見直しを求めた。

     産経は河野談話から20年の8月4日付で「偽りの見解」を正すよう求めた。

     日経は河野談話をあまり取り上げていないが、今年8月16日付で「談話を見直せば、政府が一度決めたものを覆すとして、国際的な不信感を募らせることにならないだろうか」と見直し論を疑問視し朝日・毎日に近い立場を示した。


     ■誤報が独り歩き

     慰安婦問題をめぐる誤解の原因は、日本の一部マスコミの誤報にもある。

     戦時中、山口県労務報国会下関支部動員部長だったという吉田清治氏の「韓国・済州島で女性をトラックで強制連行した」との“証言”を、朝日などが平成3年から4年にかけ、勇気ある告白として報じた。

     朝日は4年1月23日付夕刊の論説委員室コラム「窓」でも、「木剣を振るって若い女性を殴り、けり、トラックに詰め込む」「吉田さんらが連行した女性は、少なくみても九百五十人はいた」などと詳しく書いた。

     しかし、現代史家、秦郁彦氏の現地調査で、吉田氏の証言はと判明した。

     朝日の前主筆、若宮啓文氏は先月出した著書『新聞記者』で、「力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」と書いているが、朝日自身はまだ、新聞で訂正していない

     また、朝日と毎日は当初、慰安婦が「女子挺身(ていしん)隊」の名で集められたと繰り返し書いた。

     「挺身隊」は昭和19(1944)年8月の女子挺身勤労令に基づき、軍需工場などに動員された女子勤労挺身隊のことだ。主に女衒(ぜげん)ら民間業者が軍隊用に募集した慰安婦とは異なる。

     その後、慰安婦と挺身隊を混同した記述は、韓国の教科書や日本の教師用指導書などで独り歩きした。

     この誤報も、訂正されていない
    (後略)


    朝日前主筆・若宮氏 「慰安婦狩りを実際に行ったという元軍人の話を信じて確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」


    はぅわ!2ちゃん さんより

    4:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:24:40.27 ID:AAldLhKG0

    勇み足ってのは、最高の日本叩きの記事を発見したと喜び勇んで記事を書いたって意味だろ?悪意のある記事ばかり血眼になって探しているから、そんなことになるんだろう。

    捏造はとっくに明らかになっているのに、朝日新聞は紙上で一度も謝罪していない。
    本来なら一面ぶち抜きで謝罪記事を書くべきなんだ。



    46:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:31:35.52 ID:CqyDog130

    >>4
    社長は辞任だろ。普通。 
     

    82:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:35:49.69 ID:oLQOCETN0

    >>4
    どうせ「事実が報道と異なったことをお詫びします」みたいないい加減な、謝罪といえないものが出るだけだろうなw


    8:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:25:26.25 ID:XUb6qC4O0

    勇み足(わざと


    13:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:26:59.78 ID:VPKLxhwo0

    国会招致しろ
    無責任極まりない



    15:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:27:19.18 ID:r2hqkKpWi

    お詫びして訂正の上、会社解散するくらいしてもいい位の捏造だよな。これのせいで国と国との関係がおかしくなった


    18:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:27:41.18 ID:tukWOh2k0

    福島瑞穂を証人喚問しろ


    21:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:28:09.82 ID:gZ1h+u1X0

    思うんだけど
    朝日はむしろ韓国と日本の関係を急激に悪化させたわけで
    これはこれで役に立ったと言えなくもないな 
     

    24:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:29:01.69 ID:udJYUGg60

    勇み足とか、矮小化するなよ。
    大変な誤報世界的な誤報で、国・国民にどれだけの損害と損益を与えるコトになると思ってんだ。



    26:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:29:22.32 ID:Wxmr6G89i

    >>1
    これは自白と考えて宜しいですか?


    29:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:29:35.96 ID:q/AxTVZn0

    ん??なんだ??この手のひら返し感・・・・。


    42:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:31:18.46 ID:Kcr2HIyaI

    勇み足ww
    それで済むと思うなよ


    45:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:31:34.26 ID:rQgTEQLB0

    それ、勇み足じゃなくって捏造記事って言うんだよ


    55:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:32:43.01 ID:e2kFGKIZ0

    ふつうの感覚ならこんな内容しっかり裏を取らなきゃ、信じられないし信じたくもないはずだけど、嬉しくて嬉しくてつい勇み足になってしまったというわけだな。


    58:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:33:01.17 ID:XV+TwIz+O

    意図した捏造記事は勇み足とは言わない。


    69:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:33:49.86 ID:5NNgJEOO0

    で、どう責任取るんだ?


    79:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:35:16.80 ID:1yJZPti10

    「勇み足」などと言う軽い表現で済まされるような間違いじゃないだろう。
    売春婦をカネで釣って連れて行くのと、本人が嫌がるのを無理やり連れて行くのでは、まったく異なる次元の問題だ。

    嘘つきの朝日新聞にとってはいつものことだろうが、外交問題に発展した後では、責任を持って取り消してもらわないと困る。さもなければ潔く廃刊にするんだな。



    89:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:36:08.86 ID:Bs5EEe+/i

    故意に誤報をする事を捏造っつうんだよ。
    若宮はハッキリと捏造したと認めろ。



    95:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:36:47.18 ID:KjhXGnFrO

    マジ訂正しろって。本当に。


    104:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:37:44.31 ID:FMn3jr+F0

    韓国に逃げた後言ってもな


    105:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:38:01.25 ID:qAFKQ0mwO

    産経が河野談話の基になった証言を引っくり返した
    記事を書いたことに合わせてぶつけてきたのか
    政治家でなく仕掛けた処から切り崩しとは期待がもてる


    117:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:39:26.44 ID:OffzL+JW0

    朝日新聞の社是が引き起こした反日騒動
    捏造アサヒストリーの報道責任は大きい



    119:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:39:44.21 ID:3gMJYEo80

    そんな確認もしてない記事をここまで広めて
    いったいどういうつもりなんだい?



    125:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:40:24.80 ID:v3VAvG8p0

    だから!それを!訂正すれば!全部振り出しに戻るでしょうよ!
    なんでやんないの!?



    138:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:41:50.59 ID:Fgp0tfOQi

    >>125
    何でやんないか?

    社長が首になるから。それだけ。


    127:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:40:35.50 ID:oLQOCETN0

    訂正したら、どっかの国の人達が暴れるんだろうな
    ま、最悪の場合・・・消されるだろうねw
    訂正しなければ、暴れる日本人もいないから安全だろうね 
     
    とすると、わかるよな?



    132:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:40:59.20 ID:clUUuBZ90

    正式に訂正することは恥ではない
    はよせい朝日



    133:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:41:05.70 ID:kd8gjeCN0

    この吉田清治って人、後で「あれは創作だった」て認めてたよね
    それを事実として報じた朝日が訂正・謝罪しないのはおかしいよね



    134:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:41:06.27 ID:pdkEfEH10

    確認せずじゃなく
    わざとだろ


    141:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:42:05.04 ID:tdV8jvef0

    自己弁護ばかりでまったく誤ってないですよね


    154:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:43:12.41 ID:/qgBifI70

    反日左派系のジャーナリストって人種は本当卑怯な奴らよ。心から軽蔑するわ。


    159:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:44:12.45 ID:j7S3Ej/l0

    朝日、毎日の社員は全世界数十億人の人間に対して一人一人にきちんとねつ造記事を書いてしまった経緯と真実はどうなのかを説明して謝罪してまわる責任を負うんじゃないかな? 
     
    可及的速やかに彼らの社内留保金を用いて行動に移してほしい。



    160:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:44:17.06 ID:ocXZHCJl0

    勇み足といわずにだな『捏造』というべきだろ 
     
    その結果なにを招いたかもっと真剣に考えて逝け
    『捏造』よる『世論の煽動』
    これはもう犯罪だよ



    178:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:46:00.36 ID:uK+GytGa0

    若宮さん、
    お願いだからそれ、韓国でも言ってきて。
    韓国じゃまだ、そのレベルのことを信じてる人が大半なんだから。



    179:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:46:12.99 ID:0qHsKaYQ0

    信じられん
    つかよくもまあ今頃になってぬけぬけと


    148:名無しさん@13周年:2013/10/16(水) 16:42:33.83 ID:qLl/8W8P0

    証人喚問って要件厳しかったと思うけど
    どんだけの議員の賛成が必要なんだっけ?

    とにかく朝日と瑞穂は証人喚問してほしいもんだ



    ここまで**


    若宮主筆といえば、今年1月12日付朝日新聞で、「65歳となる今月16日に朝日新聞社を退く」ことを表明し、その後、韓国・東西大学の碩座教授に任命され、3月から一般大学院の日本地域研究科所属として大学院生を対象に講義を行っております。
    ※碩座教授とは寄付金で研究活動をするよう大学が指定した教授のこと。
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359552200/


    以下の記事もご参考くださいませ
     ↓

    「若宮主筆」関連記事

    ・朝日新聞社長、安倍首相と“詫び入れ”会食の噂…主筆退任で紙面も擁護論調?(1/2) | ビジネスジャーナル http://biz-journal.jp/2013/01/post_1405.html
    ・『【朝日新聞】若宮・元主筆「安倍首相の歴史認識でのアベノミステイク、日韓友好を考える私は頭が痛い」』 http://amba.to/ZXtWNZ
    ・『【安倍叩き】朝日新聞の若宮主筆がなんと韓国の東亜日報で安倍叩きをしていた件について』 http://amba.to/12khZlR
    ・『【朝日新聞】若宮・元主筆「安倍首相の歴史認識でのアベノミステイク、日韓友好を考える私は頭が痛い」』 http://amba.to/ZXtWNZ
    ・『麻生太郎が朝日新聞をバッサリ「朝日新聞が2回?偏ってない?」』 http://amba.to/WLO9Tt
    ・「誤報」指摘され逃げる朝日新聞〜我が国を貶め続けた一連の報道への批判にどう答えたか(正論8月号) http://nippon-end.jugem.jp/?eid=4214
    ・安倍さん「従軍慰安婦問題は朝日新聞の誤報。吉田清治という詐欺師が作った話」←これ、日本のマスコミは報じないけど、韓国の朝鮮日報は普通に報じています。 http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3574
    ・今更ですが「河野談話の根拠崩れる」〜韓国が人選した「真実を語れる人」って、こんな人たちだったんだ・・・。証言に対し、裏付け調査や確認作業を一切しなかったってあかんでしょうよ。 http://nippon-end.jugem.jp/?eid=4470


    ※拙ブログカテゴリー「慰安婦問題」記事一覧です。よろしければ過去記事もご覧になってください。
     ↓
    http://nippon-end.jugem.jp/?cid=22


    今更ですが「河野談話の根拠崩れる」〜韓国が人選した「真実を語れる人」って、こんな人たちだったんだ・・・。証言に対し、裏付け調査や確認作業を一切しなかったってあかんでしょうよ。

    慰安婦問題について comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁


    今更ですが、やっと記事になったか、って、感じです。この記事を読んで、「え?そうだったの?」なんて驚かれている人が、結構いたりするのかな・・・と思ったりしています。
     ↓

    元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 
    慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 
    河野談話の根拠崩れる

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n1.htm
    2013.10.16 08:36 

     産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。証言の事実関係はあいまい別の機会での発言との食い違いも目立つほか、氏名や生年すら不正確な例もあり、歴史資料としては通用しない内容だった。

    軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明したことで、河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。

    産経新聞は河野氏に取材を申し入れたが、応じなかった。

     5年7月26日から30日までの5日間、ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。ところが政府は、この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった

     産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、慰安所での体験などが記されている。だまされたり、無理やり連れて行かされたりして客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。

     しかし、資料としての信頼性は薄い。当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、大半の13人が不明・不詳となっている。

     肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する。

    裏付け調査や確認作業は一切せず

     大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。

     また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している

     日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な40人余に5〜6回面会した結果、「証言者が意図的に事実を歪(わい)曲(きょく)していると思われるケース」(安氏)があったため、採用したのは19人だった

     政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない

     談話作成に関わった事務方トップの石原信雄元官房副長官は産経新聞の取材に対し「私は報告書は見ておらず、担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信(しん)憑(ぴょう)性(せい)を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくると語った。


     *  * * * * 

    河野談話作成時に事務方トップだった
    石原信雄元官房副長官
     ↓



    産経新聞のインタビューに次のように語っています。阿比留瑠比さん、佐々木美恵さんの記事です。
     ↓

    【元慰安婦報告書】
    「韓国を信頼し『公正・冷静に語れる人を』と言い韓国は約束した」 石原元官房副長官

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101610180011-n1.htm
    2013.10.16 10:16 

     −−聞き取り調査結果を見ると生年月日や氏名、出身地の明記がない者が多い

     「証言者の身元がかなりあやふやという印象を持ったわけですね。(身元は)証言内容を判断する上で非常に重要な要素だ」

     −−16人の中には、安秉直ソウル大教授(当時)らの調査で信頼性が低いとされ、韓国側の証言集から省かれた人が含まれているようだ

     「信用できない人について日本政府が聞き取りしたと?」

     −−日本の複数の新聞や韓国側の調査に対し、それぞれ異なる証言をした人も含まれている

     「うーん。そういう話になると、基本がおかしくなる。もともとの証言の信(しん)憑(ぴょう)性(せい)が揺らいでくる」

     −−そういうことになる

     「証言者の人選は韓国側が行った私たちは韓国側を信頼し『反日運動をやっておらず、公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ』と言い、韓国側がそれを約束したから調査に行った。その根っこが揺らぐと何をか言わんやだ」

     −−対日裁判を起こした当事者も5人含まれる

     「反日運動に関わっている人は外してくれと言い、韓国側はそうします、と言っていた」

     −−石原さんら日本側の理解はそうでも、現実は違っていた可能性が高い

     「残念ながら、当時の状況では身元調べというか、裏打ちするまで能力がなかった。だから信頼関係でやったわけだ、あくまで。その信頼が崩れるとなると何をか言わんやだ

     −−裁判を起こした5人についても、訴状と安氏、日本政府の聞き取りに対する証言が食い違う

     「ああ、そういうことになると、何が真実かということになってくると、証言自身の信憑性というか、価値が下がってくる

     −−調査報告書では台湾の地名を「娼家」と間違えている箇所もあった

     「証言内容をチェックする時間はなかった。私は担当官の報告を聞いて判断した。紙は見ていない。報告を聞いての心証で河野談話をまとめた

     −−河野談話が強制性を認めた根拠は、16人の証言が決め手だったはずだが

     「そうだ。担当官の報告を聞いて、大部分は家が貧しく泣く泣くなったのだろうが、中には筋の良くない人たちが相当悪(あく)辣(らつ)な手段で集めたということが否定できない。そういう心証であの文書(談話)になった

     −−業者の悪辣な行動は日本軍の責任ではない

     「だから『加藤談話』(平成4年の加藤紘一官房長官談話)は、わが方が直接連行したことを裏付けるものがないので(軍の関与は)ないとした」

     −−聞き取り調査は証拠資料たり得ないのでは

     「(証言者は)真実を語れる人、というのが調査の前提だった。その日本側の善意が裏切られたということになる。それに基づいて世界中に強制的に慰安婦にされたということが事実として広まっていくとなると、全く心外な話だ」

     −−強制性を認めるための調査ではなかったか

     「そんな意図は私にはなかった。国の名誉が関わる問題だから。ただ、役人としては時の政権の方針に従ってやるしかない。一切の弁解はしない」

    *******


    こうやって、どんどん、当時の関係者の方が、証言していってほしいですね。
    河野洋平氏も、黙ってられなくなるくらい・・・。
    たたかれるのを恐れず、どうか当時の正直な思いを証言してほしいものです。
    息子さんの河野太郎氏は、そんな風には思わないのかな・・・。





    【日本人なら応援しようぜ!】 韓国に騙されるアメリカに真実を発信する日本人をご存知ですか?〜谷山雄二朗氏が英語で慰安婦問題の虚構を訴える〜

    慰安婦問題について comments(5) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:歴史認識について

    【動画あり】谷山雄二朗氏が英語で慰安婦問題の虚構を訴える(韓国に騙されるアメリカに真実を発信する日本人)
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/22995770.html
     2013年02月02日03:48 | カテゴリ:管理人おすすめ 
     



    (10:00〜)
    しかし、文玉朱さんはカミングアウトされました。1992年3月のことです。
    彼女は、自らが1942年から1944年までの間、慰安婦として働いたことを証言しました。
    1942年〜1944年の2年間の間に、なんと26,000円も稼いでいたのです。
    ちなみにみなさん、これは東京で家一軒が5000円で買えた時代です。

    というかみなさん、常識的に考えてもみてください。
    わずか2年間で、東京で家を5軒も購入できるほどの報酬を得た人が果たして「性奴隷」なのでしょうか?



    69:(゚o゚)仕組まれた反日デマ暮らし:2013/02/01(金) 22:25:40.26 ID:vKcIvymfO
     
    ☆谷山雄二朗氏が慰安婦問題の虚構をYouTube で訴えました

    (10:00〜)Guantanamo & Comfort Women [Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama]

    http://youtu.be/ijYLNvUPU_A


    谷山雄二朗さんがまたまた慰安婦問題の虚構をYouTube で訴えました。
    説得力のある谷山さんのスピーチを是非ご覧ください。 
     
    今回は、慰安婦として名乗り出てきた最初、
    そして二番目の女性、金学順、文玉珠のことを取り上げて、
    どちらも「一言も」慰安婦に強制されたなどと言っていないということを強調しています。 
     
    文玉珠に至っては2年足らずで26145円も貯金していた台帳が見つかったのですから、
    こんな稼ぎをする「性/奴隷」とは一体何なのかということです。

    これを海外に拡散するために
    英文版Newsletter で下記の通り、4000ほどのアドレスに発信しました。

    平成25年2月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道



    829:名無しさん@13周年:2013/02/01(金) 23:41:12.67 ID:CTWVdvbx0
     
    >>69
    谷山雄二朗氏一人だけがんばってるのは心苦しいです
    日本人なら応援しようぜ

    少なくと今自分達が存在しているのは、命をはった祖先達のおかげ





    *補足
    谷山雄二朗(たにやま ゆうじろう、1973年1月3日 - )は、

    映画監督、Amazon Kindle Author、俳優、作家、映像ディレクター、
    通訳、イベントMC、海外TV番組司会者。


    英国BBC “Hidden Japan Series” レギュラー司会       
    Nickelodeon 子供チャンネル レギュラーMC    
    スカイパーフェクTV 「子供アニメ・ニコロデオン」チャンネルMC       
    TOKYO MX “ゼベックOnline”レギュラー司会    
    名古屋テレビ(メーテレ)“夜だMONDE”レギュラー出演    
    スペースシャワーTV「CHECKER」レギュラーMC    
    テレビ大阪 「バットファクトリー」レギュラーMC

    wikipedia


    ◎政治を行う上での意見・見解
     ↓
    憲法9条改正を提唱
    「自らを自分の手で守らない国が滅びることは、歴史が証明している」。国家としての独立へ。

    「総理大臣が堂々と靖国参拝できる国へ」を提唱
    東京都知事選出馬の際、 靖国の桜の下で街頭演説を行った。"Yasukuni Shrine for World Peace" と英語字幕付きで、外国人にも「1868年の戊辰戦争以来、靖国神社は常に平和を祈る場所である」と主張している。


    http://youtu.be/mbH_LyXTSXk


    日本史の必修化
    トークショーやブログでは、
    「世界で自国の歴史が高校で必修でない国は日本ぐらいだ。21世紀の今、日本をフツーに愛する教育にチェンジすべき」と主張している。

    その他「道州制」の宣言、「国際化」「農業の自由化」などの主張をしている人物です。



    アメリカでのいわゆる「慰安婦碑設置問題」で新たな動きが!アメリカ人も立ち上がった! 一方、日本国内では・・・(´Д`;)ハァ・

    慰安婦問題について comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:歴史認識について

    ヒスイさんからいただいたコメントで知りました。たくさんの人に知ってもらうために、拡散しよっ!(。-_-)ノ
     ↓

    [転載] シェアしてね!
    アメリカでのいわゆる「慰安婦碑設置問題」で新たな動きが!
    アメリカ人も立ち上がった!
    http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/10557315.html

    なでしこりん様のブログ(アメーバブログ)より転載させて頂きました。
    このブログのURL: 
    http://ameblo.jp/fuuko-protector/
    なでしこりんさまのブログ記事は、万一トラブルが起こっても自分で対応することを
    前提に、完全に転載・引用・改作など自由です。
    (以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    シェアしてね!アメリカでのいわゆる「慰安婦碑設置問題」で新たな動きが!アメリカ人も立ち上がった! 
    2013-10-09 22:36:39NEW !
    テーマ:ブログ


    感謝です!
    アメリカのマスコミの中からも「慰安婦碑」を批判の記事が!
    "Public parks aren't the place for foreign political fights."
    私たち日本人は、韓国系以外のアメリカ人と連帯して戦うべきです!

     なでしこりんです。 在米韓国人(もちろん韓国本国や在日韓国人もかかわっています)たちによる、日本中傷を目的にした、いわゆる「慰安婦碑設置問題」で新たな動きがありました。以下、「Los Angeles Daily News 」のニュースから引用します。

    Public parks aren't the place for foreign political fights
    Los Angeles Daily News editorial board
    American parks and monuments shouldn't be used as political battlegrounds by other countries in dispute. 

    Comments
    Jhon Cage
    The U.S. official documents has clearly defined them by Interrogation during W.W.2nd. Aug.20-Sept.10,1944. Details :http://goo.gl/WF15t  "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers.

    Even though Korean people have been insisting that the confort woman issue is "human rights issue" and "exploitation of women's sex", this doesn't seem to me nothing more than haight activity affected by crazy enthusiasm based on their long time anti Japan education.

    If they insist that this is the activity for comprehensive women's rights, not aiming slanderous defamation to Japan, How could they explain about korean domestic miserable situation on prostitution issue? Watch out on your foot first!
     http://www.dailycamera.com/digital-first-media/ci_23906649/comfort-women-parks-japan-korea


    「日本語訳」

    公共の公園は、外国の政治的な戦いの場ではありません。
    ロサンゼルス・デイリーNews編集委員会
    アメリカの公園と記念碑は、論争中の他の国の政治的な戦場として使われるべきではない。


    コメント
    ジョン・ケージ

     アメリカの公文書によると、第二次世界大戦中の尋問によって、それらの事実は明確になっています。尋問は1944年、8月20日〜9月10日に行われました。(詳細はこちら:
    http://goo.gl/WF15t)  「慰安婦」とは、日本軍の兵士のために協力した「売春婦」、「プロの基地追従者」以外の何者でもありません。 

     たとえ「慰安婦問題」が、女性の「人権問題」および「女性の性の搾取」であると韓国人たちが主張していても、これは、私からすれば、それらは長い時間の反日教育に基づいた、正気でない熱狂によって影響を受けた、韓国人による日本人差別活動にしか見えません。

     もし、韓国人たちが「包括的な女性の権利」を求めているのならば、日本に対して悪意ある中傷を行わないことです。 韓国人たちは売春問題に関して韓国国内の悲惨な状況についてどのように説明することができますか? まずは自分の国のことに注意を払いなさい!

     

     以上、誤訳があればご指摘をお願いいたします。 引用されている(詳細はこちら:http://goo.gl/WF15t)は簡単にご覧になれます。皆様の手で、世界中に真実を広めましょう。「真実こそ力なり」です。

     
     
     「正しい歴史認識を英語で発信しよう!」( UndertakerRachさんによる作成) こちらも合わせて拡散お願いいたします。

     韓国や中国による「日本への誹謗・中傷」に対して英語で反論したYoutube映像です。 英語と日本語の字幕が付いています。すごい力作ですよ。 作成者のUndertakerRachこと「Rachel」さんは外国の方です。もう本当に感謝感謝です! http://undertakerrach.gouketu.com/


     自戒の思いを込めて書きますが、どうか感情的になりすぎての不用意な外国人非難は止めて下さい。韓国人にだまされて利用されている外国人も確かにいますが、日本のために戦ってくれている外国人も多いのです。
    「テキサス親父」さん、Jhon Cageさん、Rachelさん、Los Angeles Daily News editorial boardの方たち、etc.・・・・まずは、この方たちへの感謝の気持ちを持ちたいですね。
    私たちが戦うべき相手は、反日を計画し、組織的に動いている韓国人だけでよいのではないですか? 日本に味方してくれる外国人の方たちへの感謝の輪を広げていきましょう! 
    By なでしこりん



    記事に添付されていたのがこの写真。「慰安婦問題=政治活動」を印象付けています。


    http://www.dailycamera.com/digital-first-media/ci_23906649/comfort-women-parks-japan-korea


    転載ここまで**


    一方、日本国内では、危機感なさすぎ・・・。
    地方議会がこれじゃあかんでしょ・・・(´Д`;)ハァ・・・ 
    応援してくれている外国人の方々、また米国で祖国日本のために闘ってくれてる方々に申し訳ないよ・・・(つω`)
     ↓

    島根県議会で可決された慰安婦決議
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131008/plc13100808100006-n1.htm
    自民までも賛成 危機感なし
    ◎身内の対応憤り

    「特定の社だけの取材は受けられない。これから本会議だから…」
     島根県議会が開会した9月12日。議長の五百川純寿(いおがわ・すみひさ)(64)=自民=は言葉を濁して議長室へ消えた。

     同県議会では6月26日に「日本軍『慰安婦』問題への誠実な対応を求める意見書」を賛成多数で可決した。竹島(同県隠岐の島町)問題を抱え、国際問題には敏感であるはずの島根県で、なぜ自民までも賛成に回ったのか。記者の問いに五百川は答えようとしなかった。

     根拠もなく旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官(当時)談話を基にした意見書は超党派によって提案され、民主、共産などに加え、自民も1人を除き賛成し可決された。

     《日本政府は1993(平成5)年『河野談話』によって『慰安婦』への旧日本軍の関与を認めて、歴史研究、歴史教育によってこの事実を次世代に引き継ぐと表明しました。(中略)日本政府がこの問題に誠実に対応することが、国際社会に対するわが国の責任であり、誠意ある対応となるものと信じます》

     採決の際に退席した自民党県議、小沢秀多(63・維新政党・新風党友)は、「われわれ自民党はいわれのない批判に対し敢然と立ち向かい、日本人は強制連行をやっていないと言わなければならないのに、危機感がなさすぎると、身内の対応に憤りを隠せない。

     当初、小沢は本会議で反対討論をしようとしたが、自民会派の幹部から止められた

     「異議を唱えるなら、ペナルティーを科さねばならない」

     小沢は幹部の冷たい言葉を次期県議選で公認しないという脅しと受け取った。心配した支援者らから説得を受け、小沢は反対討論を断念した。議場退席はせめてもの抵抗だった。

    議長選バーター説
    ※バーター:交換、交換条件

     議会関係者の間では「意見書」議案に自民党が賛成した理由について「議長選とのバーターだったのでは」といった噂がまことしやかにささやかれる。6月議会で五百川が議長に選出された際、民主会派は賛成票を投じた。自民と歩調を合わせたのは異例の対応だった

     民主会派の会長、和田章一郎(66)は「そんなひきょうな話はない」と「バーター説」を一蹴したが、ただ一人反対した無所属の成相安信(なりあい・やすのぶ)(61)は「民主との水面下の根回しが優先されたに違いない」といぶかる。

     成相は議案の本会議提出を決めた総務委員会でこう訴えていた。

     「『河野談話』を追認すれば間違った歴史認識が独り歩きすることに島根県議会が手を貸すことになる

     懸念する事態はすでに起こっている

     慰安婦像を設置した米カリフォルニア州グレンデール市議会で7月9日、設置推進派の市議はこう発言した。

     「日本でも多くの市議会が慰安婦問題で決議している。私たちは正しいことをしているのだ」(敬称略)


    (#`д´)ナニヤッツトンジャァ!ボケェ!! 


    文章表現が乱れそうなので、鈴木信行さんのブログコメントを引用させていただきます。私も同じ思いです。
     ↓

    島根県議会が韓国に籠絡された!
    http://ameblo.jp/ishinsya/entry-11631586747.html
    京都府議会が血迷い、竹島がある島根県議会が韓国に籠絡された。
    地方議会で慰安婦問題で韓国の主張を支持する決議が相次いでいる。

    米国では在米日本人が祖国の名誉を守るために在米韓国人の嘘と戦っているのに、祖国日本の地方議会で敵国韓国の援護射撃をしていたのでは、後ろから味方に撃たれているようなものだ。

    地方議員にとっては、ありもしない慰安婦の強制連行や性奴隷などと日本を貶められても関係ないのだろうか。興味もないのか。

    島根県では、竹島の碑を制定した世代の県議会議員が年齢的にも勇退し、新しい世代に交代していることが不見識決議の原因なのだろうか。
    それとも、世代交代で韓国よりの国会議員からの圧力に対処できないのか。
    只単に反日左翼議員とバーター取引でもしたのか。

    地方議会の動きから目が離せない。
    韓国とは一定の距離を取ろう。ほっとけ!



    島根県議会の決議を受けて急遽発足した「島根県議会の歴史認識をただす、実行委員会島根県民の会」の代表世話人、石原倫理(56・維新政党・新風党員)は、県外の知人からこうあきれられるという。

     意見書の撤回を求める石原の懸念は深い。

    「韓国に間違ったメッセージを出してしまい、もはや黙っていられない。このままでは他の自治体に広がりかねない。この問題を大きくしているのは日本人自身だ。本当に情けない」



    ■参考:

    小沢秀多(ひでかず)議員
    島根県議会議員の小沢秀多氏は、「竹島の日」を定める条例を制定するのに力を尽くされた方です(「日本国憲法に足りないもの」より)
    http://blogs.yahoo.co.jp/mozugoe/192888.html

    成相安信WebSite より「平成25年6月定例県議会」
    http://blog.goo.ne.jp/nariai-shinseiki

    ◎島根県議会議員名簿
    http://www.pref.shimane.lg.jp/gikai/gaido/meibo/giinn.html
    島根県議会事務局 
    〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 
    kengikai@pref.shimane.lg.jp



    石原 倫理(ともただ)−Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E5%80%AB%E7%90%86
    日本の右派・保守系の政治運動家。
    島根県安来市出身。日本大学法学部卒業。維新政党・新風福岡県幹事長。2004年の参議院選挙に福岡選挙区から立候補、落選して現在にいたる。松江市在住。北朝鮮に拉致された日本人を救う島根の会(通称「救う会」)事務局長、特定非営利活動法人新風たすけあひ機構の理事でもある。
    東アジア諸国に関心を持ち、学生時代から国際交流活動をおこなっていた。1996年に韓国国内で竹島問題を発端として反日感情が高まる中、日本国民はおろか、竹島を県土としてもつ島根県民さえもが、この問題に無関心であることに疑問を感じ竹島を考える会を発足する。
    また、北朝鮮による日本人拉致事件が陰謀論として一蹴されていた90年代後半から、積極的にこの問題に取り組んでいた。石原の取り組みは地元の地方紙で紹介されたこともある。
    ※Wikipediaに記載されている「石原倫理のホームページ(公式サイト)」ですが、私のPCでは「ファイルは存在しません」と表示されました。検索もしてみましたが、見つかりませんでした。



    【目標50000筆だ!】「河野談話」撤廃を求める 署名のお願い(12月末まで)〜「慰安婦の真実」国民運動を支持し、河野洋平を法廷に引きずり出すことに賛成します

    慰安婦問題について comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:歴史認識について

    先日の記事【なでしこアクションを支持・応援します!「慰安婦めぐる撫子たちの気高き闘い」(大高未貴氏・正論10月号)】でもお伝えしましたが、

    「慰安婦の真実」国民運動 が7月に発足! しました。

    日本を貶めた張本人の河野洋平氏の提訴も視野に入れていくという頼もしいグループです。
    早速の活動を、産経新聞が記事にしています。
     ↓

    【慰安婦問題】
    河野洋平氏を提訴へ 
    「国民運動」談話撤回求める署名も3万超

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130916/plc13091612030003-n1.htm
    2013.9.16 12:00 (1/5ページ)[歴史認識]
     慰安婦問題とは直接関係ないはずの米国に慰安婦の碑が建てられるなど、韓国・中国による慰安婦問題を題材とした日本バッシングが繰り広げられる中、今年7月に発足した「慰安婦の真実」国民運動(加瀬英明代表)が10日、参議院議員会館で記者会見し、騒動を泥沼化させた根源といえる「河野談話」の撤廃を求める署名3万867人分を同日、国に提出したことを報告また近く河野洋平氏個人を提訴する考えも明らかにした。(溝上健良)
    (※参考:安倍総理大臣に「河野談話」撤廃の申し入れ 「つくる会」が撤廃署名3万867筆を提出


    記者会見に臨んだ(左から)山本優美子氏(なでしこアクション代表)、松木国俊氏、加瀬英明氏 =東京・永田町の参議院議員会館


    「中国・韓国の常軌を逸した嫌がらせによって、普通の日本人も『これはおかしい』と気づきはじめた」と訴える大高未貴氏=東京・永田町の参議院議員会館


    「大東亜戦争で戦った兵士の方々の名誉を守れるのは、今を生きている私たちだけ」と訴える佐波優子氏 =5月28日、東京・永田町
    女性論者7氏も堂々主張「河野談話は撤廃を」


     会見で、加瀬代表は「慰安婦問題をめぐっては、全世界で日本はぬぐいがたい深刻な汚名を着せられている。これはひとえに平成5年、河野官房長官が出した談話に発している」と、河野談話の罪深さに言及。続いて松木国俊幹事長がアピール文を読み上げた。問題の全体像と深刻度を確認するためにもここではその全文を紹介しておきたい

    慰安婦像 沈黙は後退


    「慰安婦の真実」に関する国民へのアピール

     いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐって、日本バッシングの風潮が世界的に広がっています。日本の慰安婦は代価を払わない「性奴隷」であったとか、「20世紀最大の人身売買事件」だったとか、ナチスのユダヤ人虐殺に匹敵するホロコーストだったとか、事実無根の途方もない言説がばらまかれています。アメリカの公共施設に朝鮮人慰安婦の像や碑が建てられ、地方議会の非難決議も行われています。韓国、中国、アメリカにロシアまで加わって日本批判を展開しています

     アメリカでの慰安婦問題は1990年代初頭から在米中国、韓国人のロビー活動で始まり、2007年にはアメリカ議会下院での日本非難決議がなされ、引き続いてオーストラリア、オランダ、フランス、EU、フィリピン、台湾と続き、今や日本はこの問題で、四面楚歌ともいうべき深刻な状況に置かれています

     このような事態がもたらされた最大の原因は、日本政府が、何一つ証拠がなかったにもかかわらず、慰安婦の「強制連行」を認めたかのように読める「河野談話」を平成5年(1993年)に発表したことにあります。「河野談話」は、慰安婦の強制連行さえ認めれば事は収まるという韓国側の誘いに乗って、事実を曲げて政治的妥協をはかって作成された文書です。しかし、その結果は全く逆に、「河野談話」こそが強制連行の最大の証拠とされ、各国の日本非難決議の根拠となり、韓国人の妄言に見せかけの信憑性を与えることになったのです。

     あるアメリカの有識者は、「古今東西、軍隊と売春婦はつきものであり、それについて謝罪したのは有史以来日本政府だけである」と指摘しました。そして「そのような当たり前の事に謝罪したのは、本当はもっと悪いことをしていて、それを隠すためではないかとさえ勘ぐられている」と言います。日本を貶めようとする外国の謀略に乗せられ、国益を無視して安易に発した「河野談話」が、慰安婦問題で日本を苦境の縁に立たせた元凶なのです。

     日本国民がこのいわれのない屈辱に対して怒らないとしたら、それは日本国家の精神の死を意味します。私たちはどんなことがあってもこの汚名を私たちの子々孫々に負わせることはできません。

     今年7月、この問題を憂慮する個人・団体が集まり、私たちは〈「慰安婦の真実」国民運動〉を結成しました。今後は日本国内外の多くの同志と広く連携をとり「河野談話」の撤回運動を初めとする、日本の汚名をそそぐための様々な運動を展開していきます。

     国民の皆様には、我々の救国運動に深いご理解をいただき、深甚なるご支援を賜りますよう、心よりお願いいたします。

    平成25年9月10日 「慰安婦の真実」国民運動 代表 加瀬英明



    国家への裏切り行為

     慰安婦問題がここまで反日勢力に利用されることになった元凶は、「韓国側の誘いに乗って、事実を曲げて政治的妥協をはかって作成された文書」である河野談話にある、というわけで、当然ながら出席者からは河野洋平氏に対する厳しい声が相次いだ。藤岡信勝幹事は「政治家としての国家に対する裏切り行為を、司法の場で問う意義はあるのではないか」として、河野洋平氏に対する民事訴訟を起こす考えを示した。

     河野談話氏をめぐっては、石川県在住の諸橋茂一氏がかつて、東京地検に河野氏を刑事告発したものの「時効」を理由に却下された経緯がある
    (※参考:諸橋茂一の言語道断 / アパ・懸賞論文 「真の近現代史観」 (日本人としての自信と誇りを取り戻そう!) 平成20年7月11日 諸橋茂一 /
    今回は民事で責任を問う方針で準備が進められており、年内にも提訴できる見通しという。

     さらに国民運動としては慰安婦問題をあおってきた研究者との公開討論呼びかけも含め、講演会の開催や意見広告の掲載、全国に40以上ある「慰安婦決議」をした自治体への抗議といった活動を進めていく方針が示された。「なでしこアクション」の山本優美子代表は、慰安婦像が設置された米カリフォルニア州グレンデール市に住む日本人女性が肩身の狭い思いをしている現状を報告し、外務省の無策ぶりを告発した。

    慰安婦像「賛同」は虚偽 東大阪市が抗議

     それにしても、米ニューヨークの街路を「慰安婦通り」と命名しようとするなど、反日勢力の活動は尋常ではない。もしかして、日本のみならず米国に対しても「軍隊と性」の問題に向き合うよう促しているのかもしれない。それを止めるつもりはないが、その前に韓国は自らを省みる必要があるはずだ。その内容については『悪韓論』(室谷克実著、新潮新書)に詳しいのでここでは繰り返さない。あわせて『面白いけど笑えない中国の話』(竹田恒泰著、ビジネス社)、『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(SAPIO編集部編、小学館)もお勧めだ。



    書評『悪韓論』室谷克実著

     ジャーナリストの大高未貴氏は、慰安婦問題をあおっている“司令塔”は在米の中国勢力であることを指摘し、「おかげさまで中国・韓国の常軌を逸した嫌がらせによって、普通の日本人も『これはおかしい』と気づきはじめました。今こそ自虐史観から脱却するチャンスを中国・韓国から与えていただいたと感謝して、日本再生のために頑張っていきましょう」と訴えた。中国・韓国は図らずも、日本人の目を覚まさせようとしているのかもしれない。

    米国にいる日本攻撃の主役

     実は第1次安倍政権の平成19年3月、当時は社民党に所属していた辻元清美衆院議員の質問主意書に答えて、政府は「河野談話」に関連し「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定している。閣議決定は官房長官談話よりも重いものであり、この時点で根拠が崩れた河野談話は空文化しているはずなのだが、いまだにその亡霊が猛威をふるっている

    韓国につける薬は… 私はなぜ、韓国に入国できなかったのか 月刊正論10月号

     国民運動では、この閣議決定の再確認や、河野談話の撤廃ないし新談話の発表などを、国や政治家に働きかけていくことにしている。反日勢力の悪質なデマを許さないためにも、その根拠となっている河野談話の「最終処分」が急務だろう。

    記者会見の全容は、西村幸祐さんの西村幸祐放送局でご覧になれます。
     ↓
    「慰安婦の真実」国民運動 発足記者会見
    http://broadcast.kohyu.jpn.com/2013/09/post-58.html


    「慰安婦の真実」国民運動を支持し、河野洋平を法廷に引きづり出すことに賛成の方は、ぜひ署名にご協力を!!

    第2期分「河野談話」撤廃を求める 署名のお願い
    http://www.tsukurukai.com/konodanwa-shomei.html

    平成25年5月28日の「緊急国民集会 橋下発言と『従軍慰安婦』問題の本質 ―政府は速やかに河野談話を撤廃せよ―」の集会決議により、「河野談話」撤廃を求める署名を募集いたします。ご賛同いただける方は、以下のフォームよりご署名下さい。

    署名用紙は、こちらからダウンロードできます
    konodanwa.pdf
    フォームからも送信できます
    http://www.tsukurukai.com/konodanwa-shomei.html
    内閣総理大臣 安倍晋三 殿

    私たちは事実無根の「従軍慰安婦」問題を広げ狃悪の根源瓩箸覆辰討い襦峅鰐鄰模叩廚梁やかな撤廃を強く求めます。

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐって、日本バッシングの風潮が世界的に広がっています。日本の慰安婦は代価を払わない「性奴隷」であったとか、「二十世紀最大の人身売買事件」だったとか、明らかに事実無根の言説がばらまかれています。アメリカの公共施設に朝鮮人慰安婦の像が建てられ、地方議会の決議も行われています。韓国、中国、アメリカにロシアまで加わって日本批判を展開しています。今や日本はこの問題で、四面楚歌ともいうべき深刻な状況に置かれるにいたりました。

    このような事態がもたらされた最大の原因は、日本政府が、何一つ証拠がなかったにもかかわらず慰安婦の「強制連行」を認めたかのように読める「河野談話」を平成五年(一九九三年)に発表したことにあります。「河野談話」は、慰安婦の強制連行さえ認めればことは収まるという韓国側の誘いにのって、事実を曲げて政治的妥協をはかった文書です。しかし、結果は全く逆に、その後は「河野談話」が強制連行の最大の証拠にされ、教科書にまでに載るにいたりました。

    日本国民がこのいわれのない侮辱に怒らなくなったとしたら、それは日本国家の精神の死を意味します。私たちは、どんなことがあってもこの汚名を私たちの子々孫々に負わせることはできません。「河野談話」の明確な撤廃なくして、日本の戦後は終わりません。その汚名をそそぐ第一歩として、日本政府に「河野談話」の速やかな撤廃を求めます。


    一人でも多くの方に、この署名活動を知っていただくために、Twitterなどでの署名の呼びかけをぜひお願いいたします。そして、皆の力で、何としても5万票達成させましょう!

    なお、「慰安婦の真実」国民運動に関する情報は当面の間、「慰安婦の真実」国民運動ブログで随時発信されるとのことですので、ぜひともご覧いただき、各運動にご協力をお願いいたします。


    ***

    ところで、韓国軍がベトナム戦争でベトナム人女性に対して行った乱暴狼藉は記憶の片隅にもないようですね・・・。
     ↓

    ベトナム訪問の朴大統領、過去の戦争を謝罪せず
    韓国紙は奇妙な解釈と皮肉

    (2013.9.11)
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130911/frn1309110835000-n1.htm
      ベトナム訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が過去の戦争の歴史について謝罪発言などまったくせず、ベトナム側も何ら要求していないことが韓国で話題になっている。10日付の新聞論調では、韓国が日本に対してしきりに「歴史直視」を要求していることと矛盾するではないかとの皮肉も出ている(ハンギョレ新聞社説)。 

     韓国は1960〜70年代のベトナム戦争で米軍支援のため延べ30万人以上の部隊を派兵し、部分的に“住民虐殺事件”もあったとされる。ベトナム統一後、両国は92年に国交を結んだが、ベトナムは韓国に対し謝罪や反省、補償など一切求めなかった。 

     しかし2001年、金大中(キム・デジュン)大統領がベトナム訪問の際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”した。これに対し当時、野党だった朴槿恵ハンナラ党副総裁は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と批判した経緯がある。 

     ベトナム派兵は父・朴正煕(チョンヒ)大統領(当時)の決断で行われたものだが、朴槿恵大統領は今回の訪問に際しベトナムの国父ホー・チ・ミンの廟(びょう)参拝、献花の時を含め戦争の歴史にはまったく触れず、もっぱら経済協力問題に終始した

     中央日報は1面トップ記事で「父の時代の歴史に対する和解」とし「過去につい ての両国の成熟した立場と、間違った歴史認識にとらわれている日本を比較することになる」「日本への圧迫の意味もある」と奇妙な解釈を加えている

     
    ”他人に厳しく自分に甘くとは、個人ではよくあることだが韓国の日本に対する恫喝は、このレベルの問題ではなく、国際常識をはるかに逸脱している。
    結局、韓国のヤクザまがいの恫喝に唯々諾々と応じてきた日本の卑屈な態度が悪かったことになる。ヤクザの恫喝に応じたら永久に続くのと同じだ。
    韓国のゆすりたかりには、毅然と断るに止まらず、反撃にかかるべきだ。”
    狼魔人日記さんより抜粋)


    そうだそうだ!!

    政府も反撃の狼煙を上げとります
     ↓
    政府、韓国の水産物輸入禁止でWTO提訴を検討
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130914/plc13091401300000-n1.htm



    ■さいごに「狼魔人日記」さんの【おまけ】です。
    ぜひ、こちらも「拡散」お願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
    http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/94ecd667a29c0be20db40e83f32451d4

    慰安婦問題で国内の反日勢との議論は既に勝負がついており「慰安婦は存在したが、戦地売春婦であり、強制連行などはなかった」というのが定説となっており、「従軍」慰安婦の文言は教科書は勿論、捏造元の朝日新聞さえ「従軍慰安婦」の文言は避けるようになった矢先の「橋下発言」であった。

    おかげで今では平気で「従軍慰安婦」と強制連行を印象つける文言が各メディアを闊歩し、海外では慰安婦に代わり、「性奴隷」という侮辱的文言がまかり通るようになった。
    海外向けの情報戦争は言葉の問題があり、国内の情報戦争より数段難しい。
    機会を見て下記英文を拡散して頂きたい。


    ★The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes【Gemki Fujii 藤井厳喜】
    【動画】http://youtu.be/aqvMNKWOW7g

    【The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes】
    《Please spread this message to as many as possible!》

    Koreans claim that C.W. were sex slaves abducted by the Japanese armed forces.
    However, the claim has no ground at all.
    Thorough research reveals that Comfort Women were nothing but, professional prostitutes who were paid for their services.
    Koreans fabricated history to accuse Japan.
    No former Comfort Women ever proved that she was abducted by Japanese armed forces.


    以上、署名及び、拡散に、どうかご協力お願いいたします。





    【なでしこアクションを支持・応援します!】「慰安婦めぐる撫子たちの気高き闘い」(大高未貴氏・正論10月号) ※ちなみに、あの吉見義明氏は、慰安所を管理していたのは日本軍ではなく、”業者”だと自ら認めております

    慰安婦問題について comments(5) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:歴史認識について

    日本にいると、アメリカをはじめとする外国で起きていることを、報道だけで全てを知ることは難しいです。ましてや、国の名誉だけでなく、私たちの子孫の名誉の問題でもある「慰安婦問題」に関しては、詳細な内容は誰かが伝えてくれないと知る由もありませんが、「なでしこアクション」は、アメリカでの韓国のロビー活動を丁寧な説明文で日本国内の私たちに伝え、一緒に「声をあげよう」と、抗議先や抗議文の文例などを掲載してくれており、私も強く支持・応援しているブログです!
     ↓

    なでしこアクション
    Japanese Women for justice and Peace
    正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク 「慰安婦=性奴隷」のウソに終止符を!

    http://nadesiko-action.org/


    男性が抗議すると、「セカンドレイプ」って言われたりするそうで・・・。
    ”それなら私たち女性が声をあげましょうよ!!”

    そんななでしこアクション代表の山本優美子さんを支持・応援します!
     ↓

    【山本ゆみこ氏】「慰安婦」「独島」のウソを暴く! 韓国糾弾国民集会

    http://youtu.be/2-km_SyXXH4


    そして、なでしこアクションさんも協力されているこちらの応援も!
    慰安婦問題を取り組む個人・諸団体の連絡組織として7月29日に結成されたものです
     ↓

    「慰安婦の真実」国民運動
    慰安婦問題を取組む個人・諸団体の連絡組織

    http://ameblo.jp/ianfushinjitu/
    ※代表:加瀬英明
    史実を世界に発信する会の代表もされています
    (外交評論家)
     幹事長:松木國俊氏(韓国問題の専門家)が幹事長に就任しました。


    この、なでしこアクションさんの活動を、ジャーナリストの大高未貴さんが、正論10月号【特集:韓国につける薬はあるのか】で記事にされています。
    すでになでしこアクションさんの素晴らしい活動は多くの方が周知されているかと思いますが、この記事からさらに支持・応援してくださる方が増えれば・・・、そう思ったしだいです。


    以下、正論10月号記事より

    韓国・サヨクの謀略には負けない!
    「慰安婦」めぐる撫子たちの気高き闘い

    日本で、アメリカで、国連で、続けられる反日活動。祖国の名誉は私たちが守る!

    「国連記念日」という新たな策動

     今年8月14日夕、東京・新宿駅からほど近い柏木公園は騒然としていた。毎年この日を国連の「日本軍『慰安婦』メモリアルデー」とするべく、慰安婦問題で日本を糾弾している「韓国挺身隊問題対策議会」のメンバーや、それを支援する日本の「バウラック(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター)などの計約100人が気勢を上げ、機動隊員がその倍以上の人数で彼らをびっしりと取り巻いている。さらにその外側には日の丸を掲げた集団が、「なんで外国人がこんなデモをすんだ!半島へ帰れ!」「ふざけんな、売国奴!」と罵声を浴びせていた。
    (※参考:VAWW RAC「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター」HP / VAWW-NETジャパン HP / 所謂「女性国際戦犯法廷」 その異常性と賛同団体・個人女性国際戦犯法廷の正体 / バウネットとバウラックは親戚ですか?朝鮮総連もかかわっているのですか?慰安婦問題は金になるのですか?

     1991(平成3)年のこの日、韓国で、金学順(キム・ハクスン)さん(97年12月死去)が記者会見して「日本軍の慰安婦だった」と名乗りを上げた。金さんは14歳で親に40円でキーセン(日本でいう置屋)に売られ、17歳で彼女を買った義父に中国の慰安所に連れていかれた人身売買の被害者だった。だが、朝日新聞(植村隆記者)が直前の8月11日、≪戦場に連行され、日本軍相手に売春行為を強いられた≫慰安婦の1人と誤報したことで、「慰安婦強制連行」という捏造話が広まる発端となったことはよく知られている。
    (※参考:金学順さんとはこんな人です金学順(キム・ハクスン)



    出典:在日朝鮮人の戯言


     それでも、反日に凝り固まった運動家たちにとっては「プロパガンダは真実より強し」である。「8月14日」を国連記念日にしようと意気込む柏木公園のデモ隊は、慰安婦の名前を書き連ねた白い提灯を先頭に行進を始めた。

     ところが「慰安婦メモリアルデー」のアピール行進のはずなのに、先導車から流れてくるのは「憲法改正反対!」だの「安倍政権は戦争のできる国にしようとしている!」という安倍政権批判の金切り声ばかり。「全労連婦人部会」などという団体の幟(のぼり)も見えた。

     一方、沿道には「日本を貶めるな!」「おじいちゃんの名誉を汚すな!」と声を発し、「慰安婦問題は歴史の捏造」と書かれたプラカードを掲げる女性たちがいた。主にネット上で、慰安婦問題での日本の名誉回復を訴えている女性団体なでしこアクションそよ風のメンバーたちだ。彼女たちの訴えには、通りがかりの人たちも足を止め、頷いたり拍手をしたりしていた


    (※出典:【暗躍列島を追う】慰安婦問題に日本女性が決起 韓国の歴史捏造を暴く!


    捏造話で名誉を貶められる悔しさ

     ここ数年、アメリカで慰安婦問題を利用した韓国人らの反日活動が盛んに展開されている。2010年のニュージャージー州パリセイズ・パーク市に続き、昨年はニューヨーク州ナッソー郡に、慰安婦問題の石碑が現地の韓国人らによって設置された。さらに今年7月30日にはカリフォルニア州のグレンデール市に、ソウルの日本大使館前に置かれたのと同じような慰安婦増が設置された。

     地元の議会や自治体を巻き込んだ韓国人らの動きに危機感を覚えた在米の日本人たちと連携し、石碑や像の設置阻止に立ち上がっているのが、「なでしこアクション」(以下「なでしこ」=山本優美子代表)

     在米韓国人らが石碑の設置などを働きかけている自治体の関係者に直接設置しないよう要請したり、日本国内にも情報を提供して建立反対の声を現地に届けるよう呼びかけたり。さらには冒頭の「国連メモリアルデー」行動への抗議活動のように、慰安婦問題に関連した動きがあれば、現場にも積極的に駆けつけている

    ******************

     筆者も今年6月23日、「なでしこ」の誘いを受け、反日団体が都内で開いたシンポジウムに参加した。「『慰安婦』バッシングを越えて〜河野談話と日本の責任」と題したシンポを主催したのは、「国連メモリアルデー」行動にも姿を見せた「バウラック:VAWW RAC:「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター」)。旧称は「バウネット:VAWW-NET」で、2001年に『女性国際戦犯法廷』なる茶番劇を東京で主催し、昭和天皇に「有罪判決」を下して話題になった団体と言えば、多くの読者がご存じだろう。
    (※参考:VAWW RAC「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター」HP / VAWW-NETジャパン HP / 所謂「女性国際戦犯法廷」 その異常性と賛同団体・個人女性国際戦犯法廷の正体

     「なでしこ」たちの活動を取り上げる本稿のテーマからは逸脱するが、このシンポが興味深かったので、以下に紹介させていただきたい。

     同行した「撫子」メンバーのNさんは、韓国ドラマの翻訳などを生業とする女性で、韓国語に堪能だ。会場に向かう途中、

    個人的には韓国の文化が好きですし、ドラマの翻訳も楽しいですが、慰安婦問題での韓国の悪乗りは許せません。でももっと悪いには韓国に嘘を吹き込んでまわった日本人ですよね自国の歴史を捏造してまで自国を貶める人たちとは一体どんな人物なのか、今日はこの目で確かめにきました

    と語っていた。

     シンポの講師はバウラック共同代表の西野留美子氏や中央大学教授・吉見義明氏、元NHKディレクターで「女たちの戦争と平和資料館」館長の池田恵理子氏ら。彼らの眠たくなるようなプロパガンダ演説が終わって、質問コーナーとなった。
    (※参考:「軍による強制連行」はなかった…西野留美子さん謝罪してね /「女たちの戦争と平和資料館」行ってきました  / 池田恵理子という反日活動家


    会場からの回答者指名の一番人気はやはり、この問題で日本を糾弾している勢力の理論的支柱である吉見教授だった。吉見教授は手渡された質問用紙を訥々(とつとつ)と読み上げ、時に雄弁に、時に気弱そうな小さな声で回答を繰り返した。

     意味不明瞭な箇所もあるが、できるだけ史実に彼らの発言を再現する。回答の後の≪≫内は、Nさん、「自治基本条例反対の会」会長の村田春樹氏、及び筆者による、吉見教授訥らへの反論である。

     【質問】元慰安婦の宋神道さんは日本軍の軍曹と結婚したと聞いていますが本当でしょうか。

     【回答(西野氏)】結婚したわけではありません。終戦直後、軍人が民間人になりすますために妻役が必要であり、それが宋さんだった。民間人になった、だから一緒に行こうと言われたということです。宋さんも軍がなくなり周囲に軍人もいなくなり、行き場もなくなりどこに行けば良いのかわからない、他の慰安婦の方も殆どがそうだったのですね。それでその元軍曹の言葉に一縷(いちる)の望みをかけて一緒に日本に渡ってきたんです。日本に着いたとたんに「ここにも進駐軍がいる。ここでパン助でもやれ」と言われて捨てられた、というのが経緯です。

     ≪日本軍に強制連行され売春まで強要されていたとしたら、チャンスがあれば逃げるだろう。「行き場を失った」ということは、親に売られたので家にも帰れないということではないか。

     宋神道さんは93年、日本政府を相手に、「国会における公式謝罪」「謝罪文の交付」「損害賠償金767億5893万7500円」を求めて東京地裁に提訴(ただし損害賠償の請求額は、多すぎたため一部請求として1億2千万円に変更)したが、03年に最高裁で敗訴が確定している。本人の口述によれば16歳で知人の朝鮮人女性に騙され、平壌に行き、新義州の紹介所で朝鮮人男性に慰安所に売られたというのだから、騙した朝鮮人を告訴するならともかく、何故日本政府を訴えるのか訳がわからない

    (※参考:宋神道、朝鮮女に売られ、朝鮮男に買われた!


     【質問】強制連行を目撃した人の証言があるのでしょうか。

     【回答(吉見氏)】強制連行を軍による略取と理解すると、中国の山西省のケースでは村全体の証言が残っています。インドネシアでオランダのご婦人が収容所から連行されたケースがあり、このときは収容所の人たちが反対して暴動が起きたという記録があります。それ以外のケースでは現場を見たというわけではないのですが、そういうことを聞いたという元日本軍人軍属従軍記者の方の証言がかなりあります。(声が小さくなる)特に多いのが誘拐されてきたという話を聞いたというのがあります。

     なぜ朝鮮人女性について触れないのか。強制連行がなかったから、こんな説明しかできないのだろう≫


     【質問】慰安婦が稼ぎで家を建てたとか、給与明細が出てきたという話がありますが本当ですか。

     【回答(吉見氏)】家を建てたなんていうのは全く証拠はないですね。まあ噂に過ぎない。給与明細はビルマにいた文玉珠(ムン・オクジュ)さんの郵便貯金のことだと思います。これは本物ですが、1945年には月に5000円くらいの貯金があります。1945年はビルマは凄いインフレで5000円といっても殆ど価値がない。軍人は軍票を持っていても仕方が無いので文さんにチップとして渡し、それを郵便貯金したのです。ビルマのインフレが内地に波及しないようにしていたので仮にあの時点で文さんが朝鮮に帰ったとしてもおそらく金は引き出せなかったのではないかと思います。

     文玉珠さんは著書「ビルマ戦線楯師団の『慰安婦』だった私」で、日本円1000円で家を建て、5000円を兄に送ったが、兄が浪費してしまったと書いている。当時の5000円は価値がなかったというのも、苦し紛れの答えだ≫
    (※参考:文玉珠さんのコピペをどんどん貼りましょう


     【質問】河野談話に「官憲等が直接これに加担したことがあった」との文言がありますが、具体的には何を指しているのでしょうか。

     【回答(吉見氏)】推測ですが、スマラン事件について河野談話が出される前年に新聞で大きく報道されましたのでこれが当然意識されたことと思う。(消え入りそうな声)フィリピンの女性たちが裁判を起こしているケースでは官憲が直接加担している。この女性たちの証言は河野談話の一つの根拠に成っていると思う。只これは推測です

     ≪インドネシアのスマラン事件では、実際に軍紀違反があったとみられ、4カ所の慰安所が閉鎖され、戦後、軍法会議で一人処刑、11人がBC級戦犯として処罰されている。しかし、何故ここでもまたフィリピンを持ち出し朝鮮が出てこないのか?自分たちが金科玉条のごとく支持している河野談話の根拠も、推測でしか説明できていない


     【質問】「当時の朝鮮では警察官の8割が朝鮮人だったのに、どのようにして連行していたのか」という意見があります。私はそれにどう対応したら良いのでしょうか。

     【回答(吉見氏)】えー、あのー、どういう趣旨のご質問かわかりにくいのですが。(しどろもどろになり)たとえばですね、軍官憲が選定した業者の中に朝鮮人がいたというケースが、誘拐・人身売買した朝鮮人の責任は問わねばならないでしょうね。その女性たちを軍の施設である慰安所に入れた場合は当然軍が責任を問われるのではないでしょうかね。

     答えになっていない。それなら何故、朝鮮人の責任を問う活動をしないのか


     【質問】慰安婦の年収はいくらくらいだったのでしょうか。

     【回答(吉見氏)】これはちょっとわからないですね。慰安所に通う軍人はお金を払っていたと思うのですが、業者が管理しており、その中のいくらかが慰安婦にいくと思うのですが、もろもろの名目で差し引かれますので。食費とか前借金もありますし、それほど多くは彼女たちにいくことはなかったと思います。

     ≪これも答えになっていない。それに、慰安所を管理していたのは日本軍ではなく、”業者”だと吉見教授自ら認めていることは重要だ

     

     最後に筆者のこんな愚問もとりあげられた。
    「現在の吉見先生の理論では、強制連行ではない公娼も性奴隷としています。現在日本で性産業に従事している韓国女性は6万人と言われていますが、彼女たちも気の毒な性奴隷なのでバウラックの方で救済活動などもしていただけないでしょうか」

     【回答(吉見氏)】大きな問題ですので余力があれば・・・(消え入るような声)。

     ≪つまり何もしないということだろう。偽善者ではないか!≫


     前述した通り、慰安婦問題で韓国の側に立って我が国を糾弾する日本人グループの中心人物である吉見教授にしてからが、このレベルなのである
    Nさんも
    こんなあやふやな、破綻した理論で日本を貶めようとしているんですね。呆れましたが、日本人と韓国人の違いもよくわからない国連やアメリカを舞台にした情報戦では、彼らのでっち上げが受け入れられるのが悔しい
    と眉をひそめていた。


    在米日本人女性からの悲痛な訴え
     

     長身でスレンダーな「なでしこ」リーダー、山本優美子さんに都内の喫茶店で話を聞いた(以下、質問はすべて筆者)。

     −活動を始めたきっかけは

     「メンバーは、ごく普通の主婦が中心です。こうした政治的な活動には縁はなかったのですが、ネットで慰安婦問題について『何か変だね』と意見交換をしているうちに、『日本もきちんと反論しなければ、私たちの子供たちの代まで(韓国による)嘘の宣伝で罪を背負わされてしまう』と危機感を覚え、HPを立ち上げたところ、予想以上に多くの仲間が参加してくれました。

    昨年、米下院の『慰安婦決議』撤回の請願署名の呼びかけを行ったら、3万1000人以上の署名が集まりました。米国では1か月以内に2万5000人以上の署名を集めた請願は、自動的に審議される仕組みになっていますから、いずれ見直しが行われるでしょう。
    (※参考:
    米国下院 慰安婦決議 撤廃 オバマ大統領府への請願←署名画面が表示されるうちは署名できます


    男性が慰安婦問題を口にすると、橋下徹大阪市長の発言のように『女性の人権問題だ』と論点をすり替えられてしまいますしかし、これは国の名誉だけでなく、私たちの子孫の名誉の問題でもあるのです



     −皆さんの活動に対する韓国やアメリカの反応は

     「韓国の中央日報紙は今年1月13日、『NY州議員が慰安婦決議案を上程すると、議員には数百のメールが殺到した』『電子メール・テロはなでしこアクションという日本の極右団体が主導した』と報じました(苦笑い)。
    (※参考記事:
    日本の極右団体の妨害でも慰安婦決議採択したニューヨーク州上院(1)(2)

    このテロリスト扱いには驚きましたが、アメリカには公正中立な報道姿勢のメディアもあることが分かり、勇気づけられています。

    バーゲン州のノースジャージCOMは、韓国や、本来は必要のない謝罪をしたことを説明して事態を余計に悪化させている日本の外務省の言い分を乗せる一方、私にもメール取材し、
    ≪なでしこアクションは豊富に資金援助をうけた日本の極右グループではなく、慰安婦問題に関心のある日本女性の草の根の集まりで、政治的な組織には属しておらず、この数週間で議員や新聞社にメールを送った。慰安婦の文言は事実ではなく、我が国と先人への侮辱であり、名誉を汚すものだ≫というコメントをそのまま掲載してくれました。

    微力ながら私たちの草の根活動が少しでも多くのアメリカの方々に真実を知ってもらうきっかけになればと願ってやみません」



     −7月30日、グレンデールでの慰安婦像設置を阻止できなかったのは悔しかったですね。

     「そうですね。でも現地の日本人が多数公聴会に出席し、反対の意思表明をしたのは大きな前進です。たとえ公聴会が出来レースとはいえ、それまで韓国系のロビー団体は日本人が反論するなど予想もしていなかったので、かなり動揺していたそうです。
    (※参考動画:
    【なでしこアクション】また決まったアメリカでの慰安婦象設置と今後


    除幕式の現場に行ったなでしこの仲間によると、白人でも黒人でもないアジア系の野次馬がウロウロしていて、彼らに『何故来たのか?』と聞いたら『日当を貰ってきた』と言ったそうです。おそらく韓国のロビー団体が雇ったのでしょう。碑を設置した町では、かえって韓国人のイメージが悪化し、商売がしにくくなって他の州に引っ越すという事例も出てきているようです」


     −民間で活動する苦労は

     「一番大変なのは米国の仲間とやり取りする際の時差です。明け方の3時、4時に起きて交信、情報交換をしています」

     −山本さんの使命感を、なにがそこまで奮い立たせているのですか

     「父祖の名誉と日本の子孫のためにというのが本音です。それから・・・これを見てください。(鞄から、『なでしこ』宛に送られてきた在米日本人女性のメールを印刷した紙を取り出す。以下引用)」
     ≪アメリカにいて一番感じるのは、ここで日本人に何か起こっても日本政府は何もしてくれないんだということは皆さん肝に銘じています。子供たちはアメリカで歴史を学びます。当然日本に配慮された教科書を使うはずはなく、ニュースなどでも反日デモや、中韓が主張する捏造談ばかり。歴史を学びだす6年生くらいから、日本人であることが恥ずかしく思えてくるようです。少なからず中韓の子供たちからの嫌がらせも受けます。親に言わなくなる年頃でもあり、1人で戦っているんだと思うと胸が詰まります。(わが子もそうでした・・・今思うと良く耐えたと思います)。こんなことがあっても、日本語学校に通っている子供たちには将来日本を担って貰いたく、また日本人として誇りを持って世界で生きていってほしいという親の願いで、現地校と両立させているのです。正しい歴史教育が低学年から出来るように教科書や資料を出してほしいものです。日本人の子供たちは、どうして日本を信じ、誇りを持てばよいのでしょうか。(略)10年後、20年後、100年後の日本を考えた時、日本国としての凛とした対応が望まれます≫

     −韓国は今度もアメリカの20カ所ほどで慰安婦の碑などの建設を計画しています。

     「アメリカの多くのお母さんたちから届く、こうした訴えを聞くと、黙っていられません。要請や抗議のメールなんて送っても効果ないなんて思わないでほしいんです。相手が迷惑がるほどの数を送って初めて相手が反応します。慰安婦問題は、最後には政府、外務省、政治家に動いてもらわなくてはなりませんが、それを待っているだけでは何も変わりません。議論・勉強・知識武装も大切ですが、その先一歩、何か行動していただきたい。皆さんそれぞれ普段の生活があるので、簡単なこと、出来ること、1か月に1本でいいです。メール、FAX、電話、手紙を出してほしい。その数が今の10倍、100倍になれば変わると思います。日本が堂々と国益に適った主張のできる環境を私たちが作っていきたいのです」


    執拗に対日攻撃を続ける韓国人の心理とは

     アメリカの心理学雑誌『サイコロジー・トゥディ』元編集長サム・キーン氏が、各国の戦時中の戦意高揚ポスターやアジテーションの文章を分析した大著『敵の顔』で、「戦争を正当化する病理はパラノイアによる」と書いている。「貪欲さ、残酷さ、加虐性など、自らの気に入らない部分は敵の資質としてのみ認識」「自分の内には認めたくない性格のすべてを他人に推しつけることで、パラノイアは不安と罪悪感を縮小する」

     慰安婦問題での韓国の執拗なまでの日本攻撃は、「武器なき戦争」のレベルに達しているといえる。そして、キーン氏の分析はそんな韓国人の心理を的確に言い当てているように思えてならないのだ。

     韓国の大手紙「朝鮮日報」によると、米国内の外国人売春婦で最も多いのが韓国人女性で23.5%。2位のタイ(11.7%)の倍以上だ。日本国内でも6万〜8万の韓国人女性が売春に従事しており、外国人女性としてはダントツである。04年、韓国内の売春禁止法が強化されて以降、彼女たちが海外に流出し、世界一の「売春輸出大国」となっているのである。

     一方、韓国内では般若のような白塗り、白装束の売春婦が数百人規模で「仕事を自由にさせろ」とデモをする光景が、ネットで全世界に流れていた。彼女たちは「私たちは性労働者」「成人男女の私的な行為に法律が介入するのは違憲」などと法廷で主張し、現在憲法裁判所で審議が進められている。韓国全土で性産業に従事する女性は約27万人。07年の政府の調査では性産業の経済規模は1兆2377億円と試算されている。

     現代でさえそうなのに、売春が公認されていた70年前、慰安婦を集めるのに手荒な「強制連行」が本当に必要だったのか、冷静に考えれば誰にでもわかる。

     韓国は李氏朝鮮時代から売春大国であり、いまも変わらない。慰安婦問題で対日攻撃に勤(いそ)しむ彼らの心理状態は、キーン氏のいう「自分の内には認めたくない性格のすべてを他人に押しつけることで、不安と罪悪を縮小する」パラノイアに他ならないだろう。

     事実の捏造も魂胆もミエミエの韓国のプロパガンダに我が国が押されっぱなしの状況下、市井の日本女性たちが異議申し立ての声を上げ始めたのは大きな意義がある。しかし、ここまで問題をこじらせた日本のメディアと、放置した政治家たちの責任は限りなく重い。


    ここまで**


    月刊正論2013年10月号

    8月31日発売 定価740円
    http://www.fujisan.co.jp/product/1482/b/952472/

    定期購読すると、1年で13冊 (←7%OFF)
    ※デジタル版は 680円で、定期購読すると、1年(12冊)7200円(←18%OFF)


    ぜひご購入して、他の記事も読んでください!
    それか、来月からいかがですか?




    【韓国のロビー活動】8月14日を慰安婦の国連記念日に?慰安婦テーマの絵本制作を追った映画公開?従軍慰安婦のドキュメンタリー番組放送?

    慰安婦問題について comments(3) trackbacks(0) まったけの嫁
    ※8/11:西村幸祐氏の動画を追加しました

    先日、聯合ニュースが以下のような記事をだしました。

    旧日本軍が組織的に慰安所を管理 韓国で新資料公開
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/08/08/0400000000AJP20130808002400882.HTML
    2013/08/08 16:23
    【ソウル聯合ニュース】戦時中に日本軍が占領地で慰安所を直接管理していたことを示す資料が新たに公開された。

     高麗大学の韓国史研究所は8日、1940年代にビルマ(現在のミャンマー)とシンガポールに滞在し、日本人が運営する慰安所で従業員として働いていた朝鮮人が残した日記の原本を公開した。

     同研究所によると、日記の作成者(1905〜79年)は経済的理由から42年に朝鮮を離れて東南アジアに向かい、同年8月20日から44年末まで2年余り現地に滞在した。43年から翌年にかけ、日記で慰安所や慰安婦についてつづっている。

     日記によると、作成者は毎日午前、日本軍の兵站(へいたん)司令部に慰安婦に関する営業報告を提出していた。43年1月12日の日記には「航空隊所属慰安所の収入報告書を連隊本部に提出した」と書き残している。当時の日本軍が慰安所を直接管理していたことが分かる。

     また、日記には結婚後に慰安婦をやめた女性らが日本軍の復帰命令を受け、再び慰安婦に戻ったとの記録もある。43年7月29日の日記には「以前に村山さんの慰安所で慰安婦をしていて、夫婦生活を送るため出ていった春代と弘子は、今回兵站の命令で再び慰安婦として『きんせん館』に来ることになった」とある。

     韓国史研究所の朴漢竜(パク・ハンヨン)研究教授はこれについて「軍が絶対的な人事・命令権を持ち慰安婦に直接命令を下し、管理していたことを示すものだ」と指摘した

     日記には、日本の軍医が慰安婦の診察を行っていたことや、慰安所の移動を日本軍が管理していたことも記録されている。「第55師団から(慰安所を)マンダレーに近いイエウに移転せよという命令が…に下った。慰安婦一同は絶対に反対するという」(43年3月10日)、「…は司令部の命令に耐え切れず、慰安所をイエウに移すことになった」(43年3月14日)などと記されている。

     さらに、44年4月6日の日記には「第4次慰安団」という言葉が登場し、日本軍が少なくとも4回にわたり組織的に慰安婦を募集していたと推測できる

     「第4次慰安団」の存在は、米軍が45年11月に作成した調査報告書にある「42年7月10日に慰安婦703人と業者約90人が釜山港を出港した」という記録とも一致する。

     朴研究教授は「この日記は現地の日本軍と朝鮮総督府、朝鮮司令部が組織的に慰安婦の強制動員に介入したことを示すもの。元慰安婦に関する真実究明などに有用に活用されるだろう」と話した


    公開された日記の原本=8日、ソウル(聯合ニュース)
    "일본군
    조직적으로 위안부 동원·관리"…자료 공개(韓国語)
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2013/08/08/0200000000AKR20130808109500004.HTML


    ■参考 西村幸祐氏の動画です ↓(8/11追記)
    【従軍慰安婦】朝鮮人慰安所従業員の日記に記された「真実」とは[桜H25/8/7]

    http://www.youtube.com/watch?v=NysR6geeh1U&feature=share&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
    【動画概要文より】公開日: 2013/08/07 
    毎年8月になると、戦争に関する「新事実」を公表してきた日本のマスメディア。今年は­毎日新聞が、慰安所で働いていた朝鮮人従業員の日記を公開した。現在韓国人が主張して­いるところの「性奴隷」の境遇とはどのようなものだったのか?欠落している「慰安婦募­集の実態」とともに、慰安婦の真実に迫っていきたいと思います。



    私は、ほぼ毎日ここをのぞくようにしています。⇒聯合ニュース(韓日関係)  
    日本のマスコミが報道しないことを知ることができたりするので・・・
    というわけで、韓国の報道紙をのぞいてみたら・・・(時間が無いので、記事のみお伝えさせていただきます)
     ↓

    8月14日を慰安婦の国連記念日に=日本の市民団体
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/08/0200000000AJP20130808001200882.HTML 2013/08/08 11:15
    【東京聯合ニュース】旧日本軍従軍慰安婦問題の解決を目指し日本各地で活動する団体・個人によるネットワーク、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動(全国行動)が、8月14日を国連の公式記念日にするためのキャンペーンを展開している。

     1991年8月14日、元慰安婦の故金学順(キム・ハクスン)さんは被害事実を公の場で証言し、慰安婦問題を国際社会に知らせるきっかけをつくった。

     全国行動はホームページを通じ、この日を国連記念日にしようと呼びかけるとともに、記念日の名称について意見を募っている。現在、日本の約50団体がキャンペーンに賛同している

     
    慰安婦:日本の市民団体「8月14日を国連記念日に」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/08/2013080800930.html
    日本の市民団体ネットワーク、日本軍慰安婦メモリアルデー制定を国連に働き掛け


    「8月14日を『国連の日本軍慰安婦メモリアルデー』にしよう」

     旧日本軍慰安婦問題の解決を目指す日本の市民団体44団体でつくる「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」(以下、全国行動)が、全世界の市民団体と協力し、8月14日を日本軍慰安婦被害者のメモリアルデーとすることを国連に働き掛ける運動を繰り広げている。

     8月14日は、韓国の故・金学順(キム・ハクスン)さんが1991年に日本軍慰安婦の被害者として初めて被害の事実を公の場で証言した日だ。金さんの証言によって慰安婦問題が国際問題化し、93年に日本政府は慰安婦動員の強制性を認めた河野談話を発表した。

     「全国行動」の渡辺美奈共同代表は7日「金さんの勇気ある証言をきっかけに、世界各地で被害女性が口を開き始め、日本軍の性奴隷制の実態が明らかになった」として「戦争での性暴力の問題を公論化した金さんの勇気と慰安婦問題の真実を再度確認する記念日の制定は、強制動員された慰安婦の問題を否定しようとする日本政府への圧力にもなるはず」と語った。

     国連に記念日の制定を訴える集会は今月14日、東京、名古屋、大阪、広島など日本の主な都市のほか、韓国、台湾、フィリピン、カナダ、オランダ、ドイツ、米国などでも開かれる予定だ。

     渡辺氏は「メモリアルデーの制定については、昨年12月に台湾で開かれた全世界の慰安婦被害者関連市民団体の会議で話し合われた。今年に入り、日本国内で慰安婦を否定しようとする発言が相次ぎ、国連レベルで記念日を制定する必要性がより切実になった」と語った。国連の記念日を制定する場合、国連総会での決議を経て決定する。

     渡辺氏は「今すぐ国連記念日に指定されるというのは難しいだろうが、全世界の市民団体が力を合わせれば不可能なことではない。メモリアルデーを制定する運動が、日本で歴史的事実を消し去ろうとする勢力に対抗するきっかけになると思う」と語った。同氏はまた「日本政府は、証言や裁判記録など多数の証拠が新たに出てきているにもかかわらず、河野談話の発表以降20年もこれを調査せず、強制連行を直接指示した文書がないなどと言い逃れをして歴史的事実を否定している。日本政府が歴史的真実を否定すればするほど、国際的に孤立するということに気付くべき」と主張した。

     渡辺氏は「私たちの目標は単に日本政府による河野談話の修正を阻止することではなく、慰安婦問題に関する正確な調査、謝罪、賠償、そして関連する事実を教科書に載せて歴史の教訓として残すこと」と強調した。全国行動は今月11日、東京で慰安婦関連の国際シンポジウムを開催する。
    東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


    慰安婦問題の解決訴えるイベント 日米などで来週開催
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/07/0200000000AJP20130807002800882.HTML 2013/08/07 16:45
    【ソウル聯合ニュース】8月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)を前に、世界各地で旧日本軍従軍慰安婦問題の解決を訴えるイベントが開催される。

     市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は7日、ソウルの日本大使館前で行った水曜集会(慰安婦問題の解決を訴える定例の集会)で、14日にカナダや米国、フィリピン、ドイツ、日本などで「世界慰安婦の日」のイベントを行うと明らかにした

     「世界慰安婦の日」は、1991年8月14日に元慰安婦の故金学順(キム・ハクスン)さん(当時67歳)が「慰安婦の真実」を否定する日本政府に対抗し、自身の被害を公の場で証言したことを記念する日で、昨年12月に「日本軍『慰安婦』問題解決のためのアジア連帯会議」が制定した。

     14日のイベントは展示会、文化行事、集会などさまざまな形で行われ、慰安婦問題の解決を訴える「1億人の署名運動」も併せて実施される。挺対協は「イベントを通じ被害者の名誉と人権の回復、日本政府の謝罪と賠償を求めたい」としている

    慰安婦テーマの絵本制作を追った映画公開へ
    =韓国

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/07/0200000000AJP20130807001600882.HTML 2013/08/07 15:51
    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の従軍慰安婦だったシム・ダルヨンさんは押し花が唯一の趣味。美しい色と形をそのまま乾燥させた花は、シムさんの奪われた青春を象徴するかのようだ。

     絵本作家の権倫徳(クォン・ユンドク)氏は、シムさんの証言を基に従軍慰安婦の物語を絵本にして平和の大切さを伝えようと決心した。

     この計画は2007年に韓国と日本、中国の絵本作家が、それぞれが考える「平和」を絵本で表現し、同時出版する企画がきっかけとなった。韓国の出版社「サゲジョル(四季の意味)」が日本の出版社「童心社」とともに企画した。

     韓国で今月公開されるドキュメンタリー映画「描きたいもの」(原題)は権氏が絵本「花のおばあさん」(原題)を完成させるまでを記録したものだ。

     当初、慰安婦だったおばあさんの絵本をつくるという権氏の計画にはたくさんの支持があった。だが、権氏のスケッチが次第に具体化していくと状況は一変した。

     日本軍が配った避妊具と天皇を並べて描いたスケッチに、日本の出版社側が難色を示した。日本の軍人個人の過ちではなく戦争に動員される状況そのものの残忍性を表現するため、顔のない軍人を描いたこともやはり子どもたちに見せるには残忍だという指摘を受けた。

     また、子どもたちに「戦争」や「侵略」を説明するのは難しいという理由で、日本軍が慰安婦の少女の髪をつかんで引っ張っていく場面を修正してほしいと言われた。

     権氏は絵本作家の創作を侵害するこうした指摘に不満を示しながらも、3カ国で平和の絵本を出版するという大義のためスケッチを何度も修正した。

     こうした時間の流れとともに権氏の心境にも変化があった。権氏個人にも口には出せない心の傷があり、絵本を書きながらあふれる感情を描いた。自身の苦痛を絵本に反映せざるを得なかった。

     しかし、3年という時間が経ち、自ら傷を癒してさらに成長し、子どもたちに元慰安婦の女性たちが抱える痛みや平和の価値をどう伝えるのが良いのか答えを見つけた。

     こうして完成させた絵本は韓国と日本の小学生を対象にしたモニタリングで大きな反響を得た。権氏の絵本に接した日本の子どもたちは「そんなことがあったなんて知りませんでした。とてもショックです」と感想を話した

     こうした成果があったにもかかわらず、権氏の絵本は韓国でのみ出版される。童心社は権氏の絵本を評価しながらも、日本の右翼からの攻撃を警戒し出版をためらっている。その間、絵本の主人公になったシムさんが亡くなった。

     4年余りの過程を丁寧に記録したこのドキュメンタリー映画は、シムさんの現実を映し、戦争という歴史の犠牲になった女性の痛み、またその歴史が今どう失われていくのかを映し出す。

     元慰安婦の証言に耳を傾けてこなかった韓国社会の無関心も痛感させられる。絵本の中の切なく美しい花と少女の絵を映した映画のエンディングも涙を誘う。

     同作の監督を務めたクォン・ヒョ監督と製作スタッフ、配給会社は公開を前に特別試写会を開き、その収益金全額を「日本軍慰安婦歴史館建立基金」に寄付する予定だ。
     同作は15日に韓国で封切られる。
    映画のワンシーン=(聯合ニュース)


    韓国KBS 従軍慰安婦のドキュメンタリー番組放送へ
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/07/0200000000AJP20130807002400882.HTML 2013/08/07 15:42
    【ソウル聯合ニュース】KBSのドキュメンタリー番組「パノラマ」で、8月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)に合わせ、旧日本軍の従軍慰安婦に焦点を当てたプログラムが放送される

     8日に「アジアの被害者たち」、15日に「望郷の恨」をテーマに午後10時から放送する。

     従軍慰安婦は1930年代ごろから日本軍の士気を高めるという名目で、日本の植民地だった朝鮮半島やアジア各地に存在した。若い女性たちが仕事を紹介するとだまされ、慰安婦として人身売買された。

     非人道的な生活を強いられた女性たちは、日本軍が敗北すると自決を迫られたり、現地で自殺に追い込まれた。運良く母国に戻っても、周囲の冷たい視線にさらされた。

     制作スタッフは日本軍が組織的で体系的な慰安婦募集、運営、隠蔽(いんぺい)を行ったとする国内外の文書や証言を通じ、日本政府と軍が主導した慰安婦制度の実像を描いた。

     7カ月間に8カ国を回って各地の元慰安婦から証言を得た。また、鳩山由紀夫元首相や、1995年に「村山談話」を通じ植民地支配を謝罪した村山富市元首相のインタビューも収めた

     元慰安婦の証言を取材したドキュメンタリー番組のワンシーン=(聯合ニュース)

    慰安婦決議 世界で55件採択=日本地方議会は41件
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/07/07/0200000000AJP20130707000800882.HTML
    2013/07/07 12:28

    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の従軍慰安婦問題の解決を求め世界の議会が採択した決議が14年間で55件に達したことが分かった。そのうち41件が日本の地方議会で採択された。

     韓国政府機関の「対日抗争期の強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」は7日、先月までに各国の議会が採択した従軍慰安婦に関連する決議が韓国を除く8カ国・地域の中央・地方議会で計55件と集計されたと明らかにした。

     地域別では日本が41件で最多米国が8件、オーストラリア、オランダ、カナダ、フィリピン、台湾、欧州連合(EU)がそれぞれ1件だった。
     米カリフォルニア州下院が1999年8月23日にマイク・ホンダ議員の主導で採択した旧日本軍の戦争犯罪に関する決議が第1号で、翌日には同州上院でも採択された。


     その後、連邦議員に選出されたホンダ議員の働きかけにより2007年7月に連邦下院で同様の内容の決議が満場一致で採択された。連邦下院の採択はその後、各国で慰安婦関連決議が採択される起爆剤となった。2013年にはニューヨーク州上下院、ニュージャージー州上下院、イリノイ州下院で関連決議が採択された。

     米国以外では2007年にオーストラリア上院、オランダ下院、カナダ下院で、2008年にはフィリピン下院、台湾の立法院(国会)で相次ぎ採択。EU欧州議会も2007年12月に決議を採択した。

     加害国の日本では1990年代以降、慰安婦問題の解決を求める市民団体の活動が活発化。2008年3月に兵庫県宝塚市議会が日本の地方議会として初めて、慰安婦問題への政府の誠実な対応を求める意見書を採択した。2013年3月に京都府議会、6月には独島問題を抱える島根県の県議会でも採択されるなど、41の地方議会で同様の意見書が採択された。衆議院、参議院での採択はない。

     各国議会の決議では日本政府に対し▼慰安婦の強制動員および性奴隷化を認め、歴史的責任を受け入れること▼被害者に対する謝罪と補償▼加害事実に対する歴史教育――などを求めている。

     オーストラリアやカナダなどは日本政府対する謝罪勧告にとどまるが、米カリフォルニア州、EU、フィリピン、台湾などは被害者に対する補償を求めている。日本の地方議会は国際社会による糾弾の動きに言及し、慰安婦の強制動員を求めた1993年の「河野談話」を継承・発展させ問題を解決するよう要求している。

     支援委員会は「日本の多数の地方議会でさえ普遍的人権を尊重して戦争犯罪を警戒する市民の意思を集約し、政府に問題解決を促していることが確認された」と指摘。安倍晋三首相ら政治家に対し歴史歪曲(わいきょく)の動きを中止し、市民の常識を尊重して問題解決に乗り出すよう求めた。


    ■その他関連記事
    北朝鮮 韓国団体(挺対協)に慰安婦問題討論会の開催提案
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/04/0200000000AJP20130804000900882.HTML
    2013/08/04 14:48


    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の従軍慰安婦問題の解決を目指す市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は4日、北朝鮮の団体から慰安婦問題に関する討論会の開催提案を受けたと明らかにした。
     提案したのは、北朝鮮の「朝鮮日本軍性奴隷および強制連行被害者問題対策委員会(朝対委)」。朝対委は今月29日ごろ、中国遼寧省・瀋陽で日本の性奴隷犯罪、歴史歪曲(わいきょく)、独島領有権主張、軍国主義復活などをテーマとした討論会の開催を提案した。討論会には南北の団体および海外女性団体が出席するとしている。

     挺対協は5月に朝対委委員長宛てに、今月13日にソウルで開催する慰安婦問題の国際シンポジウム出席と9月に開かれる国連人権理事会定例会議への南北共同出席を要請する文書を送っている。文書は韓国統一部の許可を受けて送付した。
     これに対し、朝対委は先月31日に返信を送り、「日本の反民族的、反人倫的行為を暴露・断罪する多様な連帯活動を展開することで意見が一致した」と討論会の開催を提案してきた。挺対協によると、現在の南北情勢を踏まえると、北朝鮮の出席者が韓国を訪問するのは難しいため中国での討論会を提案してきたという。
     挺対協は「提案の内容を実行できるよう、積極的に議論し返答する計画だ」と話した。

    *********
    ソウル居住の元慰安婦女性ら 来年から生活補助金受給
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/07/16/0200000000AJP20130716000800882.HTML
    2013/07/16 10:01


    【ソウル聯合ニュース】元慰安婦の女性らに来年から毎月70万ウォン(約6万2000円)の生活補助金が支援される。
     ソウル市議会によると、独島領土主権守護および日本植民地被害者支援特別委員会が発議した「ソウル特別市日帝日本軍慰安婦被害者支援条例案」が12日の定例会で可決した。条例案はソウル市が元慰安婦の女性らに生活補助金70万ウォンと死亡時に弔慰金100万ウォンを支援することを盛り込んでいる。来年に発効する。
     支援を受けるのは、関連法律に基づき生活安定支援対象者に指定されている元慰安婦のうち、ソウル市に居住する女性ら。対象者は30〜40人程度で、年間1億8700万ウォンの予算が必要になるとみられる。
     特別委の委員長は「元慰安婦の女性らに対する生活安定と名誉回復活動支援を制度的に明文化したことで、慰安婦問題に対する歴史的観点を確立し、元慰安婦の女性らの人権を保護するもの」と説明した。

    ***********
    ヒロインにハン・ガヨン=『最後の慰安婦』
    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/09/2013080900619.html

     新人女優ハン・ガヨンが映画『最後の慰安婦』(イム・ソン監督)のヒロイン役に起用された。
     所属事務所ロハス・エンターテインメントが8日発表したところによると、ハン・ガヨンは同作のヒロイン、ヨニ役にキャスティングされ、現在撮影真っ最中だという。
     同作は、太平洋戦争時の慰安婦の痛みを描く作品。元慰安婦たちの証言やインタビュー、徹底した考証を経て、慰安所や病院内部など当時の様子を再現し、悲劇的な状況をそのまま作品に取り入れる予定だ。
     ハン・ガヨンは所属事務所を通じて「シナリオと、監督が約10年にわたり準備した資料を見て、元慰安婦たちが暮らしている『ナヌムの家』にも行ってきた。無念な思いを抱く元慰安婦たちの話が本当に胸に響いた。慰安婦という歴史的な事実を多くの人に伝えるため、この映画に絶対出演したいと思った」と語った。



    VAWW RAC「従軍慰安婦」プロパガンダの実態【村田春樹氏の動画】〜吉田清治のことがやばくなってきたからって論点をすり替えてきてるぞ! ※しなりさんはNHKの大道具さんだとか・・・

    慰安婦問題について comments(4) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:韓国

    吉田清治のことがやばくなってきたからって、
    論点をすり替えてきてるぞ!

    村田春樹さんの説明は、本当にわかりやすいです。
    ぜひご覧になってください!
    ※後日、文字起こししたいと思っております・・・

    【村田春樹】VAWW RAC「従軍慰安婦」プロパガンダの実態
    [桜H25/8/5]

    http://youtu.be/h77spz_J6b4


    動画説明文:
    自己陶酔の偽善に浸りながら、従軍慰安婦を飯のタネに活動する反日日本人。新装開店し­たかれらの拠点「VAWW RAC」は、今日もデタラメな政治宣伝に余念がない。本日は、彼らのような反日日本人­の定点観測を行っている村田春樹氏をお招きし、その情けない「すりかえ論法」の数々や­、閉鎖された言論空間を公の場に晒して頂きます。



    さくらチャンネルの討論会もおすすめです。
     ↓
    【討論!】中国の属国化した韓国と慰安婦問題1〜3[桜H25/8/3] 
    パネリスト:
     大高未貴(ジャーナリスト)
     中山成彬(衆議院議員)
     西岡力(「救う会」全国協議会会長・東京基督教大学教授)
     水間政憲(ジャーナリスト)
     村田春樹(外国人参政権に反対する会東京代表・自治基本条例に反対する市民の会会長)
     山本優美子(「なでしこアクション」代表)
    司会:水島総

    1/3
    http://youtu.be/aSv3fguas7k

    2/3 http://youtu.be/M3AIDQcgABc
    3/3 http://youtu.be/Wwcxb-yP46U



    ところで、動画1/3の、30:30あたりから、サッカーの旭日旗の問題が話題になるのですが・・・・

    「東アジアカップで旭日旗振り回した、しばき隊の「しなりさん」­はNHKの大道具さんだ」
    だからNHKは、しばき隊のメンバーをあたかも一般人のように出­演させ
    在特会を非難する特集を組めたんですね。納得だわー (動画に寄せられたコメントより)


    驚いたっていうか、やっぱりなって感じですかね・・・。


    ■参考:サッカー日韓戦の旭日旗応援はNHKの自作自演だった事が発覚!!!!!!


    「河野談話」から20年 根拠になった証言の公開要求=韓国〜「慰安婦問題解決を目指す韓国の市民団体」のみなさま、テキサス親父さんのように、アメリカの公文書図書館から慰安婦の調査報告書を取り寄せてください!

    慰安婦問題について comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁


    この動画、ご覧になられましたか?
    ※動画がご覧になれない方は、動画説明文の後ろに、文字起こしを記載していますので、そちらをぜひご覧ください。

    字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレの巻!
     [2013/7/22公開]
    http://youtu.be/ggQaYD37Jm4

    【動画解説】
    以前より慰安婦問題に関して様々な事を調べているテキサス親父が最近発見したネット上­に上がっている1944年に報告された「尋問調書」に注目した。しかし、ネット上にあ­る物の中には、捏造された物が多く存在し、その米軍の報告書とされている物が本物であ­るかという疑問を持った。
    そこで、以前も竹島問題で「マッカーサー電文」が本物であるかどうかの確認を依頼した­ワシントンDC郊外にある「国立公文書館」へ問い合わせた。
    約2週間後にそこから一通の手紙がテキサス親父に届いた。
    その中には、そのネット上に上がっていた内容と同じ物の原本のコピーが同封され、間違­いなく米軍が慰安婦の捕虜達に尋問した一部始終が記載されている書類だった。

    この中には、次のようなことが書いてあった。
    この書類はこちらからご覧頂けます。→ http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm

    ・慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた。
    ・町へ出かけて化粧品や洋服など好きな物を買っていた。
    ・時間の関係で全てのお客(兵士)にサービスができない事を悔やんでいた。
    ・日本人の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をしたり様々なイベント­を一緒に仲良くやていた。
    ・借入金がある慰安婦は、その返済が終われば希望があれば国へ帰ることも出来た。
    ・日本の兵士と結婚する者もいた。


    さらにこの尋問をした米兵の主観として「慰安婦達は、日本人の基準でも、白人の基準で­も綺麗な女達ではない」と書かれている。要するに慰安婦は「不細工」だったと言う事が書かれている。

    テキサス親父はこの慰安婦問題はアメリカでもプロパガンダに利用できない位にきっちり­とした規則の上に成り立っており、20万人強制的に「性奴隷」などにされた事実はない­と言っている。
    卑怯者が大嫌いなテキサス親父は、これらの朝鮮人の揺動者に乗せられ、慰安婦の碑や慰­安婦像を建てた、または、建てる準備をしているいくつかの米国の自治体に対しても激し­い批判を浴びせている。

    米国の最高裁判所では、この慰安婦問題は米国の裁判所が扱う問題ではないと朝鮮人達の­訴えを2006年に退けており、現在は、地域密着のロビー活動に専念して、何カ所かで­嘘を誠に歪曲させることに成功し、そこに騙されている米国人がいるのも事実。
    この手法は、日本での朝鮮学校への学費の援助も同様で、日本が国として各種学校としか­認めていない為、地方自治体を騙し、恐喝して日本国民が払った税金をむしり取っている­のと同様。

    吉田清治の捏造本「私の戦争犯罪」から始まったこの慰安婦問題は、強制があったにせよ­無かったにせよ、1965年に調印した「日韓基本条約」で解決済み。
    今こそ、日本はこの朝鮮人達のデタラメな振る舞いに対して毅然とした態度をとり、事実­を突きつけ世界に拡散すべきであることは言うまでもない。


    文字起こしここから**

    ハ〜イ!やぁ みんな!
    南朝鮮と日本の間に両国を苛立たせる問題があるんだ。「慰安婦」問題だ
    南朝鮮人は大東亜戦争とその以前に日本人が「強制的」に20万人の南朝鮮の女性を売春婦にして「性奴隷」にしたと主張しているんだ。日本人はそれに対して「間違ってる」と言っているんだ。これらの女性達は「志願して来て雇用され」日本帝国軍の慰安所で働いていたんだとな。
    あれこれ議論されているんだが、最近1944年に米軍が書いたという書類がインターネットにあるという事を聞いたんだ。1944年と言えばまだ戦争が行われている年だよな。
    米軍が慰安婦に「聞き取り調査」をしたんだ。 それによれば「慰安婦」は日本によって「強制されたものでは無く雇用されたものだ」とあったんだ。いくつかのバージョンがあるこの書類を見てその書類が本物なのか疑問になるよな?俺もそう思ったんだ 俺も疑問視したんだ。

    なのでワシントンDC郊外にある国立公文書館に連絡を取ったんだ。電話をしたら「文書で送ってくれ」って事だったのでそうしたんだ。
    さ〜〜て! 昨日この封筒で返事をくれたんだ。この封筒の中にまさにインターネットにあったその書類がはいってたんだ。彼等がそれが本物である事を確認したんだ。 
    これは1944年に米国軍がフィリピンで慰安婦を「捕まえて」書いた間違いなく本物の報告書だってな。

    なぜおれが「救出」じゃなく「捕まえて」っていったか分かるか?
    彼女らは捕えられたからだ。彼女等は米軍の進撃に遭い、日本軍と共に逃れていたんだ。日本軍のすぐ後ろにこの慰安婦達はいたんだ。離れちまったんだ。
    そして混乱し迷っている所を捕まえられたんだ。
    その後に米国軍に「聴取」されたんだ。

    思い出してくれよ!1944年だぜ!戦争中の真っ只中だぜ。戦中には日本軍も米軍も白軍に有利に働く事に関しては、プロパガンダに利用してたんだぜ。
    米軍がこの日本軍の慰安所で働いていたから「慰安婦」「売春婦」を捕まえた訳だから、米軍はこう言えたはずだよな。
    「彼女等は売春を強要されてたんだ!」
    「日本人はどれだけ酷い奴等かわかるだろ!」 
    でもそうじゃないんだ。そう言えなかったんだ。それが「嘘」になるからな。
     
    この報告書で米軍は事実を報告し、これらの女性達は「志願して雇用された」訳で、日本軍が力づくで朝鮮半島から20万人の女性を連れて来た訳じゃ無いって言ってるんだ。
     
    もし慰安婦が20万人いたのなら、彼女達は「雇用」され対価として「高額を支給され」ていたんだ。この報告書の興味深い所なんだが、この報告書にはこれらの女性達は「日本人の基準に照らしても白人の基準に照らしても綺麗じゃない」って書いてあるんだ。「綺麗じゃなかった」ってんだ。
    言い換えれば米軍が言ってるのはこれらの女性達は、「ブーッサイク!」だって言ってるんだぜ。そういう事だぜ!
     
    東京の靖国神社の横に戦争博物館があるんだが、遊就館に行くと戦国時代から 戦国時代そして江戸時代から大東亜戦争までだと思うが、日本の軍に関する歴史が展示されているんだ。

    だが俺がそこで見つけられなかった軍の装備が何かわかるか?
    俺は確実に大日本帝国軍はこういう命令を下していたと思うぜ。
    これだぜ! 何で彼等はこれを・・・ウハッ!これを2つ持てよ!って言ってた筈だぜ!イェ〜イ! 彼女等がそこまでブサイクだったんだから。1つは慰安婦に被せて 1つは日本の軍人用にな。そうすりゃ慰安婦に被せた袋が抜け落ちても、兵士の頭にはもう一枚あるからな。   アッハッハッハッハッハ! 
    俺がこの状況を小馬鹿にしてるって?そうだぜ!
    何故ならこの状況を好都合だと考え、利用している事にムカついているからな!

    この報告書は更にこう続けているんだ。
    女性達は大金を持って楽しんでいて、洋服や化粧品や他にも、自分達の為の物を買うことができて街に出かけていたんだぜ。
    「性奴隷」がそんな事ができるか?「性奴隷」がそんな大金を稼げるか?
     借金を返したら家にだって帰ってたんだぜ。
    「性奴隷」がそんな事できるか?
     
    慰安婦の中にはこんな不平を言ってる者も居たんだぜ。
    日本の兵士との時間が足りなくて、すべての兵士達を迎え入れることができず、「来てくれる兵士達みんなに奉仕できなくて残念だ」って言ってるんだぜ!
    「性奴隷」がそんな考えをするか?

    報告書は更にこう続いているんだ。
    慰安婦達は日本軍の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックに行ったり娯楽や宴会をしたり。
    「性奴隷」がそんな事するかよ?

    1944年の米国軍の報告書によれば、彼女達は雇用されていたんだ。ここで審議は終わりだ!
    俺等はここに彼女等は雇用されていたって証拠を手にしたからな。

    聞いてくれ!
    朝鮮人達は現在ここ合衆国を慰安婦に捧げる慰安婦碑や慰安婦像なんかで汚染しているんだ。「日本軍に強制されて性奴隷にされた」って主張してな。
    お前等は『嘘吐き』だ!そんな事は起きてない!

     
    俺はお前等を『嘘吐き』って呼ぶぜ!大東亜戦争中の米国軍よりもな。当然これを戦争のプロパガンダに使えたであろう米軍よりもな。
     
    しかし彼女等はこの『慰安婦は雇用された』と真実を語っているんだ。

    記念碑だかを汚染させているニューヨーク州ロングアイランド゙のナッソー郡に、ニュージャージー州にデトロイトの馬鹿者達へ
    お前等は「慰安婦香具師」に取り込まれてるんだぜ!

    それに、最近南朝鮮のソウルにある日本大使館前に建てた慰安婦像と同じ物を建てる事を可決した。カリフォルニア州グランデール市の市議会議員のマヌケ野郎ども!
    それを建てる時にはこうしてくれないか?正確さを期す為にな。頭に紙袋被せろや!
    ハッハッハツハッハッハッハッハッハッハッハ!

    さてみんな!またな!貴方に神の祝福がありますように。アメリカに神の祝福がありますように。貴方のいる国に神の祝福がありますように。
    国の為に戦うため徴兵され、紙袋を二枚持参しなきゃならない様な慰安婦達をあてがわれた可哀想な兵士達にも、神の祝福がありますように。
    1枚は貴方の為に。もう1枚は売春婦の為にな。ハッハッハッ!
     
    日本の兵士達こそ、「日本政府は謝罪と賠償しる」って言わなきゃならないぜ。
    不細工な奴等ばかりを慰安所に雇い入れたんだからな!また会おう!以上

    文字起こしここまで**

    -------------------------

    ■参考動画
    97歳男性から安倍総理への手紙「従軍慰安婦強制連行など絶対ありません」
    http://youtu.be/n07nCLejxr0



    先日、こんな記事がでていました。

    「河野談話」から20年 根拠になった証言の公開要求=韓国
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000003-yonh-kr
    聯合ニュース 8月4日(日)12時12分配信
    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍従軍慰安婦の強制性を認め、1993年に当時の河野洋平官房長官が日本政府の公式見解として謝罪を表明した「河野談話」が発表されてから4日で丸20年となった。この間、河野談話の根拠となった日本政府の聞き取り調査に協力した元慰安婦の証言者16人のうち生存者は、わずか2人に減った。慰安婦問題解決を目指す韓国の市民団体などは、時間との闘いという危機感の下、日本が政府調査団の聞き取り資料を公開して真相解明につなげることを求めている

     従軍慰安婦問題の解決に取り組む「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」によると、93年に来韓した日本調査団の聞き取り調査で証言した被害者のうち生存しているのは87歳と82歳の2人だけだという。挺対協は1〜2か月に1回のペースで2人のもとを訪問しているが、1人は深刻な認知症を患い、もう1人は高血圧と糖尿病に苦しんでいるという。
     河野談話については、日本与党・自民党を中心とした保守勢力が「自虐史観」などと批判の対象にしているほか、「慰安婦の強制性を示す証拠はない」などとする意見が出ている。日本政界では河野談話の修正を求める声も上がっている。

     こうした中、高齢の元慰安婦は次々と亡くなっている。2011年8月には70人だったが、ここ2年で56人に減った。このため一刻も早く、日本政府から誠意のこもった謝罪と反省を引きだす必要があるとの指摘が出ている。

     93年に日本政府が16人に対して実施した調査の被害者証言を公開するよう、韓国政府が日本政府に対し強く要求すべきだとの声も出ている。
     日本政府は被害者の人権保護を理由に証言を非公開にしているが、韓国政府が発刊した被害者の口述資料が存在することなどを根拠に、日本が非公開を貫くのは無理があるとの見方も多い。

     朝鮮半島からの強制徴用被害者の賠償訴訟を勝訴に導いた崔鳳泰(チェ・ボンテ)弁護士は「河野談話の根拠になった証言資料を公開することで、日本政府は慰安婦動員の強制性に異議をはさむ余地がないことを明らかにすべきだ。証言者は事実上、証言の公開に同意している。韓国政府がどれだけ強い意志を持って日本政府に公開を求められるかが鍵だ」と話す。
    最終更新:8月4日(日)12時12分


    出典:どや速


    「慰安婦問題解決を目指す韓国の市民団体」のみなさま、テキサス親父さんのように、アメリカの公文書図書館から慰安婦の調査報告書を取り寄せてください!


    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM