スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    ”いったい、どんな大人に子供たちを育てさせ、どんな国に日本をしたいのか。誇りも失せおどおどと、他国の顔色をうかがいながら暮らす国民を作りたいのか。多くの国から日本は愛され、時には尊敬されているというのに。”(伊沢満氏『愛亡き史観は国を滅ぼす』より)

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    正論11月号はいつもながら、読みどころ満載で、多くの人にぜひ読んでいただきたい内容がたくさんあります。先日は、佐波優子さんの【『ゲン』だけではない 学校図書室にのさばる反日書籍 】を紹介させていただきましたが、今日も、総力特集「はだしのゲン」許すまじ!より伊沢満さんの記事を一部紹介させていただきます。とてもとても大切なことだと思うから・・・。



    愛亡き史観は国を滅ぼす

    脚本家 作家・伊沢満

    自国を愛せぬ日本人の悪疾

    (前略)
     それにしても I love my country. と英語でも何語でもいい「我が国を愛す」と言えば、諸外国では何を今更という顔をされる程度の当たり前のことであるが、この日本ではいきなり「愛国者」という大仰な「烙印」を押され、更にその上に「右翼」と黒々とに気づかぬほどにも病んでいる。自らの生まれ育った場所を好きだ、守りたいと表明することの、どこが「主義」であろう。古今東西変わらぬ、人間の生まれ持った素朴な想いに過ぎぬのに。敗戦を機に、左に振れ過ぎていた68年間の振り子が、真ん中に振り戻しつつあるのが、今の日本ではあるまいか。周囲はその国益にそぐうから右傾と騒いでいるだけのことである。アメリカは我が身の都合のみで、韓国中国とはうまくやってくれと、要するに理不尽に耐えよと押し付けてきているのである。

     ゲンの言い回しを借りて言うなら「安倍ちゃんの唱える程度のことが極右ならのう、世界全てが極右国家じゃわい!」

     現代の日本人には「国土」と国体の差異を考えて欲しい。国土に精神性が添うのが国体である。国体は単なる国境で隔てられる「土地所有」ではない。本来は、民族の精神性と矜持(きょうじ)の集合体が国体であった。狭隘(きょうあい)な民族主義で言うのではない。より良き日本人であろうとすることが、実はよき地球人たり得る道なのだ。そう言い切れる精神性の高さを古来の日本人は有していたではないか。見失ってしまった日本の心を、取り戻すべき時期にさしかかっているのかもしれない。

     自国への愛なき、誇りなき史観は国を衰弱させる。自らが生を受け、育った国への憎悪を与えられた子供は、自国を愛するすべを知らぬ、それゆえ自信と誇りを持たぬ国民となる。国への、即ち先祖への敬愛が失せれば、国はやせ細るばかりである。地球市民という言葉が画餅で偽善的で耳障りであるが、国を愛せぬ者が、なんで世界を愛せるか。ふるさとに無関心な者は、日本へ想いは及ばぬ。地球市民という言葉が成立し得るのは世界各国、せーので仲良し宣言が出来る状態に、等価に成熟した時である。いつの世か国境が撤廃されるなら、それはもはや仏国士とも言うべき人類究極の理想ではあるが、理想にはいまだ遥か遠い。急ぎ過ぎては身を誤る。


    真実の「日本」を子供たちに

     大人に解禁されてある本と、子供が誰でも読める状態にある本とは意味合いが異なる。こと歴史の絡む物語は、子供に対してはフェアでなければならない。マンガの形を取った「教科書」はビジュアルで五感に訴えかけるので、より強烈な洗脳書ともなり得るのである。

     『はだしのゲン』騒動は、形を変えた「教科書問題」である。それが日本人の精神性の聖域である出雲大社と、竹島を擁する島根県で起こったことに、現代の日本の病理を凝縮して、突きつけられたような思いを抱く。

     松江市教育委は「規制すべきではない」という圧倒多数の声に押されて制限を解いたが、問題は事の本質もわきまえず、あるいは確信的に『はだしのゲン』を学校図書室の書架に押し戻した日本人たちであろう。それと共に、彼らは本当に日本人(だけ)だったのだろうか、といつもの疑念がつきまとう。特亜三カ国に捏造の従軍慰安婦や、実体とかけ離れた植民地支配などをネタに(国家政策として)叩かれながら、その上になお、日本の名誉を足蹴にするマンガを読ませ、海外にせっせと送りつける大人たち。いったい、どんな大人に子供たちを育てさせ、どんな国に日本をしたいのか。誇りも失せおどおどと、他国の顔色をうかがいながら暮らす国民を作りたいのか。多くの国から日本は愛され、時には尊敬されているというのに。

     古来の日本人は無益な殺生は慎み、足るを知り過度に食らわず、目に見えぬものへの畏れを失わず、自然と共生の道を選び、食した魚や動物の供養をし、供養は針や人形や、包丁にまで及ぶ。編⊃声劼砲老廓呂箏蓋ぁ鳩の慰霊碑まである。日本の生来の優しさをなぜ、日本の大人たちは、子供たちに教えぬのか

     中国大陸では、戦没した中国人無名戦士の墓に深々とお辞儀をする日本軍人たちの画像が残っていることを、なぜ伝えないのだ。

     一国一文化の、独自の稀有の花を咲かせた国でもあれば、庶民に至るまで、その倫理性の高さ、貧しき層の箸置き一つに見る芸術性、貧しくとも屈託のない笑顔などは、江戸末期より訪れ続けた幾多の外国人から感嘆されている。それらをこそ・・・日本の子供たちには語り伝えたい、誇りを胸に頭(こうべ)高く掲げ未来を歩めよ、と


    ここまで**


    全文を、ぜひ正論11月号でお読みください。
     ↓
    10月1日発売 定価740円



    ※定期購読するとお得(最大18%OFF)です。私も定期購読しとります
    詳細は⇒http://www.fujisan.co.jp/product/1482/




     

    『ゲン』だけではない 学校図書室にのさばる反日書籍 (佐波優子氏・正論11月号より)!

    子供が危ない!(教育・学校) comments(9) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    正論11月号、読んでいます。どれも読み応えありますが、その中でもこの記事はぜひ多くの人に読んでほしいと思いました。特に、子供を持つおかあさんにはぜひとも読んでもらいたい内容です。



    10月1日発売 定価740円


    以下、正論11月号【総力特集『はだしのゲン』許すまじ!】より
    『ゲン』だけではない 学校図書室にのさばる反日書籍

    ジャーナリスト・佐波優子

     案の定、だった。松江市教育委員会の『はだしのゲン』閲覧制限騒動のニュースを聞きながら、「学校の図書室にある問題書籍は、『ゲン』だけなのか。ほかにもあるのではないか」と不安になった。調べてみると、思った以上にあるではないか。かつての日本や日本軍を不当に貶める自虐史観に染まりきった本が、あちこちの学校の図書室に大量に所蔵されていた。

     松江市教委の閲覧制限に反対の一大論陣を張った朝日新聞は、制限撤回の決定を「子供たちが自由に読書する権利が守られた」と勝ち誇って報じた。だが、市教委が示した「(閲覧制限決定)手続きの不備」という撤回理由が示しているように、『ゲン』の内容はほとんど議論になっていない。

     日本兵が女性の首を切り落としたり局部に一升瓶を蹴り込んだりして殺害したという行為を、真実であるかのように描いた『ゲン』を子供たちに詠ませることは明らかに不適切で、『ゲン』騒動の根本的な問題はここにある。「表現の自由」「知る権利」は保障されなければならないとしても、実際にはなかったことを歴史的事実だとして子供に教え込み、母国を呪わせるようなことは、あってはならない。残念ながら、各学校の図書室は、そのような書籍で溢れ、閲覧制限されることもなく子供たちが手に取っているのだ。


    刺激が強すぎる残虐描写

     手始めに関東地方の市区町村の教育委員会や私立学校の幾つかに取材を依頼したが、『はだしのゲン』という言葉を出した途端、軒並み拒否されてしまった。ただ、幾つかの自治体で学校図書室を開放していることが分かった。

     その一つである練馬区立小学校の図書室に行ってみた。図書室担当者に戦争に関する本があるかどうか聞くと、担当者は「まずは、『はだしのゲン』ですね」と全10冊が並んだ書架を示した。「他はこちらです」と2冊の本を渡してくれた。子供たちはこの本で戦争について調べているのだという。

     『私とアジア・太平洋戦争』。2巻と3巻はあるが、1巻はない。児童が借りていると言う。

     第2巻の前書きには「日本は、今から70年あまり前の『満州事変』に始まるアジア・太平洋戦争を起こし、中国をはじめアジアの国ぐにとそこで暮らす人々に大きな被害を与えました」。そうならないために、憲法九条があるとし、以下のように続く。

     「そこで、私たちは次のような内容の本を作ることにしました。

     一、日本がアジア諸国に対して行った侵略・加害の事実・・・」

     これが本当に日本の子供たちが読むべき本なのか?昭和の戦争について第一に学ぶべき知識なのか。驚きながらページをめくると、「従軍慰安婦」という言葉が目に飛び込んできた。「軍の命令で役所や警察が強直し、強制的に日本軍将兵の性的な相手をさせられた女性たちを従軍慰安婦という。中には13、4歳の少女もいた。今では国際連合でも『性奴隷』という言葉が使われている。なぜ日本の女性が性奴隷の対象にならなかったかというと、日本の女性は結婚や出産をしなければならないが、朝鮮や台湾では子供が産まれなくてもいいと思われていたからという見方もある」と書かれている。言いたいことはたくさんあるが、日本人女性の慰安婦は朝鮮人女性よりも多かったという基本的な事実すら踏まえていない。著者の不勉強によるものか意図的な捏造なのかは分からないが、この点だけとっても、学校の図書室に置かれるべき本ではないことは明らかだ。

     第3巻では、東京で開催された「日本軍性奴隷制性を裁く2000年女性国際戦犯法廷」を主催した松井やより氏の体験が語られている。この「裁判」と称した集会は、慰安婦制度は国家ぐるみの奴隷制度だったとして、戦争犯罪として裁く趣旨で開催され、昭和天皇と9人の軍人・政府指導者に「有罪判決」を下したのだが、それがあたかも本当の裁判のように紹介されている。

     児童が実際に借りていた『私とアジア・太平洋戦争』第1巻も、都内の図書館施設で確認した。「日本の朝鮮支配」が特集され、韓国人らの証言と共に、土地が奪われた話、日本語や創氏改名の強制について解説されている。だがこれらは事実ではないことを示す資料が数多く存在する。一方で、日本が大きな役割を果たした近代化についてはまったく触れられていない。

     さらには、中国で日本軍が実施したという捏造話「三光作戦」の解説もある。殺し尽くす、焼き尽くす、奪い尽くす。これにより、中国・華北地方の人口は4千万人から2千5百万人に減ったと書いている。証言者は、村中が虐殺され、隠れていた少女の姉妹は30人の兵士に冒され血だまりの中で死んでいたという話をし、日本軍のことを「獣にも劣るやつらだ」と思ったという。さらに残虐な描写が延々と続く。

     「この本を、小学生が読んでいるんだ」と暗澹とした気持ちになった。子供たちは、学校が用意した本に嘘が並べ立てられているとは夢にも思わないだろう。


    ■「平和」コーナーの本

     神奈川県内でも、図書室を開放しているところがあった。ある高校の図書室で歴史のコーナーを見たが、日本史図鑑などが大半だ。戦争についての本はないのかと思っていると、「平和コーナー」があることに気付いた。歴史から独立していたのだ。一番端にあった図書を手に取った。表紙に『侵略 中国における日本戦犯の告白』とある。日の丸の絵の前に、黒い頭蓋骨がいて眼窩から赤い血を流して泣いている。表紙を開くと様々な残酷な写真が載っていた。2千体以上の頭蓋骨、腹から出る胃腸、血液、生首。その写真の説明も詳細に、グロテスクに書かれている。

     著者を見ると、やはり中国帰還者連絡会(中帰連)だった。シベリア抑留されていた日本人兵士が中国の収容所に移され、残虐行為を緻密に描いた反省文を大量に書かされ帰国した元兵士の団体だ。その中帰連の『三光』も置いてあった。ありもしない日本軍の「三光作戦」は主に中帰連が広めたものだ。

     他は『アジアの声 侵略戦争の証言』(戦争犠牲者を心に刻む会編)、『南京への道』(本多勝一)、『南京・広島・アウシュヴィッツ 戦争と殺戮』(黒田秀俊)『中国人強制連行の記録』(石飛仁)『慰安婦たちの太平洋戦争』(山田盟子)『日本軍毒ガス作戦の村』(石切山英彰)、『南京虐殺と戦争』(曽根一夫)、『従軍慰安婦の話』(西野瑠美子)、『長崎市長への7300通の手紙 天皇の戦争責任をめぐって』(径書房編集部編)、『資料・マレーにおける日本軍の住民虐殺』(東南アジアで考える旅の会)など。

     平和コーナーには約150冊の本があり、すべてが日本の侵略行為を贖罪すべきだという内容だ。「自虐率」10割。日本人として誇りが持てるよう歴史を描いた保守的な立場の書籍は1冊もない。どの本を選ぼうが、生徒たちは母国に絶望的な不信感を抱くだろう。


    ■「2色」の本棚

     千葉県船橋市内にも、小学校の図書室を市民に開放してりうところがあった。図書室に入ると、『朝鮮人従軍慰安婦』という題名が飛び込んできた。鈴木裕子氏の著書だ。吉田清治氏の著書『私の戦争犯罪』を引用し、朝鮮の女性がいかに暴力的に連行されたかが書いてあった。慰安婦たちは「軍馬や軍鳩以下の扱いだった」「皇軍将兵の共同トイレにされた」などという不当で下劣なポルノ紛いの記述もある。

     他には吉田裕氏の『昭和天皇の終戦史』がある。天皇の戦争責任について論じるとの内容だ。山田盟子氏の『慰安婦たちの太平洋戦争』は、「第1章・獣の群れ」「第2章・殺戮の街」・・・穏やかならぬ目次が続く。「第7章・性囚」では、「差し出された慰安婦たちは、性用要具でしかありえなかった」との記述がある。これを子供が読むのかと愕然としていると、後ろで声がした。慌てて本を閉じて振り向くと、男の子が二人いた。「何の本を調べているの?」と手元に閉じた本を覗きこむように顔を近づけてきたので、取材用のノートでさりげなく「慰安婦」という表紙の言葉を隠した。

     「うん、歴史の本だよ。二人はいつもここに来てるの?」

     「そう!本が大好きだから、いつも借りてるの」「先生がね、自分で図書館室の本で調べて勉強しなさいっていうんだ」

     二人はそう言って屈託なく笑い、本を借りて出ていった。本を開き、続きを読み始めると、窓を叩く音がした。さきほどの二人が手を振ってくれていた。

     いつかあの二人もこの本を手に取るのだろうかと思うと、やはり心が沈んだ。

     だがさらに本棚を調べていくと、保守系の本がたくさん並んでいた。なんだ。意外とバランスよく揃えてあるのか。しかし、何かが気にかかる。よく見比べると、自虐史観本は黒く汚れて色褪せ、保守的な本は比較的綺麗だ。なぜだろう。職員に尋ねて、その理由が判明した。自虐史観の本はすべて、図書室開設時などに市教委の選定によって置かれたもので、一方の保守的な本は、平成10年に受付を始めた市民の所蔵要望によって揃えられていたのだ。

     各書籍には5ケタの番号が付けられ、「15000番」くらいまでは教育委員会が選んだ本で、それ以降はすべて市民の要望のあった本だという。いくつか紹介したい。

     114  山田盟子『慰安婦たちに太平洋戦争』
     3802  和久田幸助『日本占領下 香港で何をしたか』
     3824  (共著)『アジアから見たナガサキ 被害と加害』
     4193 平林久枝(編)『強制連行と従軍慰安婦』
     5925 内海愛子『朝鮮人「皇軍」兵士たちの戦争』
     5928 鈴木裕子『朝鮮人従軍慰安婦』
     5943 下嶋哲朗『沖縄・チビリガマの集団自決』
     6044 吉田裕『昭和天皇の終戦史』
     13674 常石敬一『731部隊』
     16163 金完燮、荒木和博・荒木信子(翻訳)『親日派のための弁明』
     16525 黄文雄『中国が葬った歴史の真実』
     16528 下条正男『竹島は日韓どちらのものか』
     16615 東中野修道、小林進、福永慎次郎『南京事件 証拠写真を検証する』
     16708 新しい歴史教科書をつくる会(編)『新しい歴史教科書』
     17096 畠奈津子『南京大虐殺の真実』
     17216  北村稔『南京事件の探究』
     17047 曽野綾子『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実』

     「15000番」を境の、本の内容が正反対に変わっていることがお分かりだろうか。教育委員会が子供たちに詠ませたい本と、住民が読ませたい本、読みたい本は、明らかに異なっているのだ。

     聞けば、「15000番」以降の保守系の本が入ってきたのはおおむね平成14年以降だという。そこで想いだしたのが、この船橋市の市立西図書館で平成13年に起きた「焚書」事件である。女性司書が政治思想に基づき、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書執筆者メンバーらの著作107冊を除籍・廃棄した事件である。この事件をきっかけに、住民が危機感を覚え、子供たちに正しい教育をと願った結果が、図書室の本棚が2色に別れている理由のように思えた。


    自虐図書室と戦う教師

     埼玉県の公立高校に独りで自虐史観図書に立ち向かってきた教師がいる。その井浦氏(仮名)から、勤務校の会議室で話を聞いた。50代で、この学校には今春赴任してきたばかりだ。図書ばかりではなく、教育自体も相当偏っているという。以前の学校では、修学旅行で被爆者に「日本の被害だけでなく、日本が行った加害も勉強してほしい」といわれ、翌年から日本の「加害」を学習してから広島に行くことになった。教材は、図書室にあった本多勝一著の『中国への旅』。生徒の人数分コピーし、「南京大虐殺」の生々しい残酷な描写に生徒たちは、「被害を受けた中国人がいうのだから本当だ、日本軍は酷い」などと感想を述べたという。

     別の高校の修学旅行先は毎年沖縄だった。旅行前後には図書室に沖縄戦について学ぶ棚が設けられ、日本軍が集団自決を強要したなどの誤った記述の本が多数揃えられた。井浦氏は、集団自決の軍命令を否定する曽野綾子氏らの著書数冊を取り入れ、これらの本を参考に全学年の生徒を集めて事前学習を行った。
     

     日本の軍人は沖縄戦で米軍の攻撃から住民の命を守ったこと。軍の命令により集団自決させられたという話が出回った本当の理由は、遺族年金が出れば家族も助かるだろうと当時の日本軍の隊長が軍命だったことにしたこと、生徒たちは静かに聞いていた。感想文には「日本の軍人さんは、沖縄県民を守っていたと知り嬉しかったです。この事実を知らなかったら日本軍は悪い人だと思ったままでした」といった意見が溢れた。

     ほっとした井浦氏だったが、その安堵感は沖縄で崩れ去った。

     ガマ(沖縄戦で住民らが避難した洞窟)見学のガイドは60代の女性だった。「日本軍は沖縄の住民の家に手榴弾を投げて住民を殺したんだ。生き残っている人がいたら、また手榴弾を投げたんだよ」「日本軍は住民が邪魔になり、自殺するように命令したんだ」。生徒たちの表情が重く沈んでいる。ガイドは続けた。

     「沖縄だけじゃない。日本軍は中国各地で中国人を殺しまくったんだ。女性は手当り次第レイプしたんだよ」。気持ち悪くなりしゃがみだした女生徒もいる。ガイドはガマの中で懐中電灯を消させてさらに残虐な話を始めた。たまらなくなりガマから飛び出した生徒もいた。最後に女性はこういった。「憲法九条があるから、守られてきたんだよ」と。

     子供たちの顔は苦痛で歪んでいた。氏は「事前学習は無意味だったのか」と大きな挫折感を覚えたが思い直し、現在の高校に赴任するとまず、図書室を調査した。

     「これが、問題書籍の一部です」。氏は並べた本を指し示した。『はだしのゲン』全10冊が一番上に載っている。その下には『南京大虐殺 日本人への告発』という題名の本があった。帯には「1937年、天皇の軍隊が行った蛮行を実証する」とある。そして『写真集 南京大虐殺』。「南京大虐殺」の証拠とされる写真の多くは別の場所で撮られるなどした捏造モノだと分かっていても、残虐な光景に気分が悪くなる。

     他に『南京への道』(本多勝一)、『日本軍はこうして中国を侵略した』(「中国平和の旅」写真集編集委員)、『写真図説 日本の侵略』(アジア民衆法廷準備会編)など。

     図書室にも、同じような自虐史観本が揃っていた。『従軍慰安婦』(吉見義明著)、『日本人よ、侵略の歴史を忘れるな』(澤昌利)、『戦争犠牲者と日本の戦争責任』(三浦永光)、『長崎市長への7300通の手紙 天皇の戦争責任をめぐって』(径書房編集部編)、『南京からの手紙 日本は中国でなにをしたか』(早乙女勝元編)、『現代史の断面 中国侵略』(ねずまさし)、『イアンフと呼ばれた戦場の少女』(川田文子)、『731部隊の話』(西野瑠美子)・・・。

     とてもすべては書ききれない。一方で、保守系と呼ばれる著書の本はない。これらの本は20年間、この学校にいたベテラン司書が選んだそうだ。彼女は現在、他校で司書を続けているとのことだった。

     井浦氏によれば、それでも、自虐図書はこれまでの勤務校より少ないのだという。

     「これが高校図書室の現状です。生徒たちには、可能性に溢れた大事な3年間を、日本人として生まれてきたことを恥ずかしく思いながら過ごしてほしくない。事実に忠実な本も置くようにして、生徒が正しく歴史を学べるよう努力していきます」

     赴任したばかりだが信念は貫く、という氏の言葉は力強かった。


    伝統を大切に

     「私の子供の頃に比べると、学校の図書室はずいぶん変わったしまいました」。学校教育に詳しい山谷えり子・参議院議員(自民党)は、図書室の現状をこう話す。

     平成17年、山谷氏らは自民党のプロジェクト・チームが過激な性教育についての調査にあわせて学校図書も調べたところ、歴史を自虐的に描く書籍が大量に所蔵されている一方で、伝記や偉人伝が大幅に減っていることが分かったのだという。

     「日教組の先生の中には、伝記を教えることを差別だと思っている人がいるのです。優れた人だけを取り上げるのは差別だというのです。しかし、偉人伝は単なる成功談ではなく、内容のほとんどは失敗談です。みな何度も挑戦して苦労した末に希望を叶えている。子供たちはそこから、諦めない気持ちや継続の大切さを学ぶことができる。仰ぐものがあってそれを目標にできるのは幸せなことであり、それを教える学校図書は宝箱だと思いますが、悲しいことに消えつつあるのです」

     どこまで先人と私たちの絆を断ち切れば気が済むのか。偉人伝が減りつつある流れも反転させることが必要だろう。

     今回の取材では、先人の偉業を子供たちに伝えている学校があることも知った。

     新宿区立津久戸小学校では、道徳授業地区公開講座の一環として、愛校心や日本の文化・伝統を学ぶために地元や日本のために活躍する人たちを招いての授業も行っているという。

     学校図書館担当者に案内していただいた。校内は暖かい木の温もりで満ちている。図書室では日本の伝記や民話など様々な蔵書がある。図書室の向かいには歴史館がある。子供たちが地域や学校の歴史を学べる施設だ。入室して驚いた。入り口には昭和天皇陛下・皇后陛下が、昭和26年当時の青少年赤十字活動の視察として、行幸啓の榮を賜った時の写真があり、さらに奥を見ると戦前の着物などの展示があり、さらに奥には教育勅語が展示されていた。

     明治天皇の行幸啓を賜ったことを校名に留めている川崎市立御幸小・中学校の校長室には、行幸啓の様子を描いた絵画が飾ってあった。地域の自社仏閣見学でも行幸啓の碑に立ち寄り、子供たちに話すのだという。このような学校で学びたいと思った。


    学校図書を変えていこう

     ネット上で学校図書室の所蔵書籍についての体験談を募ると、多くの証言が寄せられた。関東地方に限らず、日本中どの地域でも、慰安婦や日本軍の「侵略」についての本があることが分かった。

     最も多かったのは、慰安婦に関する図書だ。そこで日本兵は強姦魔のように描かれ、彼らの名誉が大きく汚されている。戦地の慰安所で働いていたのは、民間業者によって募集され、お金のために春をひさいだ女性たちだったのに、日本の官憲が強制連行した「性奴隷」だとされている。売春行為と強姦は、全く違うものなのに。

     慰安婦だけでない。「南京大虐殺」や朝鮮「侵略」などという事実無根の話しが図書室で、事実として教えられている。それによって濡れ衣を着せられているのは私たちの父祖である。あの戦争で兵士たちは命懸けで日本を守った。母や妻、子供たちも銃後の護りに一丸となった。先人たちの名誉を、学校教育で貶めることは絶対に許されない。問題は『はだしのゲン』にとどまらないのである。

     船橋市や井浦氏の例で分かるように、子供たちが手にする本は変えることができるのだ。私たちの命を守るために戦った祖父たちの名誉を守るのは、今を生きる我々の使命である。学校図書を変えていこう。先人に学び、感謝できる書籍が図書室に並ぶ日が来ることを願う。


    *****

    最寄の学校の図書室をのぞいて、チェックしてみようっと。
    みなさんも、ぜひぜひチェックして、やばい図書室なら、なんとか声をあげて変えていきましょうよ。








     

    高校生が訪ねた台湾 今、なぜ台湾かー岡山学芸館高校報告 〜日本の伝統や歴史、すなわち先人の生き方の中に「お手本」がある

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    韓国に行くような学校では生徒に”謝罪感想文”を書かせるんですよ。しっかりと”謝罪”すると良い点なんです(笑)

     ↑こんな教育に抗して敢然と立ち上がった学校があります!



    この学校、産経新聞の記事でも紹介されました
     ↓
    日台の高校生 友好深める 岡山学芸館高
    http://sankei.jp.msn.com/region/news/130525/oky13052502020001-n1.htm
    2013.5.25 02:02
     台湾の屏栄高級中(日本では高校)の生徒16人が24日、友好関係にある岡山学芸館高(岡山市東区)を訪れ、授業見学や日本の伝統文化を体験した。高校生による日台交流は全国でも珍しく、両校生徒は親睦を深めた。

     岡山学芸館高生徒の台湾研修旅行を受け入れたのが縁で両校は昨年3月、姉妹校協定を締結。今年3月にも同高から台湾を訪れたが、屏栄高級中の生徒が来日するのは今回が初めて。

     2年連続で訪台した3年生の海野蛍一さん(17)もこの日の再会を心待ちにしていたひとり。「帰国後もネットでいろんなやりとりをしてきた。再会できてうれしい」。

     歓迎式の後、同中の16人は英語や体育の授業を興味深く見学し、同高生徒と机を並べて巻き寿司など日本食をメーンにした昼食を味わった。

     さらに、茶道など日本の伝統文化を体験した屏栄高級中3年生の陳佳恵さん(18)は「来日していろんな交流ができて楽しかった」と話した。

     同高の今年3月の訪台では、生徒20人が李登輝元総統と面会したり、戦前、日本人技師が完成させた烏山頭ダムを見学したりした。社会科の小笠原健二教諭(28)が「台湾講座」を開くなど、日台交流に熱心に取り組んでいる。

    この「高校生が訪ねた台湾」を「岡山学芸館高校」の校長・森靖喜(やすき)氏と記事内で紹介されている小笠原教諭の記事を紹介します。素晴らしい取組だと感じたしだいです。ちなみに、校長先生の森靖喜氏は、日本李登輝友の会岡山県支部の顧問をされています。
     ↓

    以下、歴史通7月号より

    高校生が訪ねた台湾 岡山学芸館高校報告
    今、なぜ台湾かー

     岡山学芸館高校校長・森靖喜
    岡山学芸館高校教諭・小笠原健二

    台湾への研修旅行

     −今日の教育環境からみて、台湾への修学旅行となると、親御さんから反対の声があがるのではないですか。

     森・私が台湾研修旅行に行ってほしいと思ったのは、安倍首相の言う「戦後レジームからの脱却」という考えが出発点です。実は、格好の教材が台湾にはいっぱい残っているのです。

     「百聞は一見に如(し)かず」−私たちが授業するよりも、実際に行って、現地の方々からお話を伺えば、生徒たちは真実の歴史を学べるのです。


     本校は日本の伝統文化に根ざした教育をモットーにしています。日本の伝統や歴史、すなわち先人の生き方の中に「お手本」があると思うのです。

     私立学校の存在意義とは、学力養成は当然のことですが、「価値観教育」、すなわち「その学園独自の、善悪・美醜の基準や物差しを教える教育」にあります。

     そもそも、幼児教育も含め、小・中・高等学校の役割りは、日本人としての基礎作りにあります。すべては基礎があっての「個性」であり「創造性」です。その順序を間違えてはなりません。私たちは日本人として生まれてきているのですから、日本人としての善悪、美醜の感覚・感性を養わねばなりません

     世界中のどんな人でも、その民族の文化・歴史を背負って生きています。何を善とし、美しいと思うか、判断する物差しは各民族で異なることが多々あります。ましてや国と国とが関係する歴史の解釈、例えば戦争の解釈などになれば全く相反する評価になるのは当然です。ジョージ・ワシントンはアメリカでは独立戦争の英雄ですが、イギリスでは反逆者です。明治・大正・昭和の時代の日清・日露・大東亜戦争にも日本には日本の言い分があり、他国には他国の言い分があります。「日本は侵略国家だ」という他国の言い分に従う必要はありません。ましてや、日本人自身が侵略した、などと言うことは、日本の国益を損なうのみならず、これから日本を背負っていく若い人びとの心を腐らせてしまうだけです。

     国際社会を理解するとともに、まずわが民族の文化・歴史の素晴らしさを学び、それに対して誇りを持てる立派な日本人になってほしいのです。

     国際化したからといって、自らの民族の文化・歴史を貶めてはなりません。自らの民族に誇りを持たない人を、国際社会は相手にしません。立派な日本人であることによって、はじめて国の内外から敬意を勝ち得ることができるのです。

     それは、明治時代、台湾の近代化に貢献し、国際連盟の事務局次長になった新渡戸稲造博士が英文で著した『武士道』が世界から賞賛されたことからもうかがえます。

     この日本精神を継承し、立派な日本人としての基礎を養うことで、国際化に対応できる人材を養成することが基本的な教育理念・方針です。

     日本の伝統をこれだけ貶めているのはおかしいということを生徒たちに認識してもらわなければなりません。私立学校の存在価値は、一つの歴史観なり、世界観なり、死生観なり、同じベクトルで教えることが出来ることです。一本の貫く棒のようなものですね。それが嫌なら、来ていただかなくていい。高い学費を払わず、公立に行けばいいんです。「我々はこうした歴史観に基いて教育をします。ご賛同いただけるなら来てください」ということで、なんでもオープンにしています。ですから、台湾に研修旅行に行って異議がある保護者を持つ生徒は入学してきません。


    自虐史観という”金縛り”

     −台湾へは小笠原先生が引率されたんですか。

     小笠原:私はこの学芸館高校出身で、早稲田大学大学院で台湾の研究をしていたんです。在学中や大学生になってからも、理事長室に来てはそこかしこにある本を貸していただいて台湾のことを勉強していました。台湾の歴史教育が専門で、政権が変わるたびにどのような歴史教育を行ってきたのかを研究をしていたこともあり、研修旅行のことで理事長からお声がかかったんです。

     森:ベテランの教員の場合、やっぱり自虐史観が染み込んでいるから、なかなか動けないんです。戦後教育が彼らを”金縛り”にしてしまったんですね。はっきり言って犠牲者ですよ、彼らは。若い連中は柔軟性もあるし、積極的です。公立高校ではそうはいかないでしょう。台湾に研修に行くと言っただけで「ウヨク!」というレッテルを貼られそうですからね。

     −今回が初めてですか?

     森:生徒たちが李登輝先生にお会いできたのは今回が初めてですが、学生を連れての研修旅行は去年からです。

     小笠原:2012年の3月に生徒10名と私で渡台しまして、歴史史跡をまわって台湾を知るという旅行でした。もっとアカデミックなことをしたいと理事長に相談したところ、李登輝先生に会いに行くように、窓口となる方をご紹介いただきました。その方にご協力いただきながら、李登輝先生にお会いすることを主眼に置いて準備を進めてきました。台湾南部の屏東(へいとう)ところの屏栄高校というところと姉妹校を締結しているものですから、交流会をしました。

     森:大歓迎されたそうですよ。

     小笠原:そうなんですよ、生徒の作文を読んでいただければわかりますが、今度は彼らが日本に来るんです。

     森:今年は参加した生徒が20人だったんですが、来年度はもっと増やしたいですね。

     小笠原:先生方も台湾について学校教育で習ってきているわけではないので、理解が難しい面がありますね。

     森:韓国に行くような学校では、謝罪をする感想文を書かされる。”しっかりと謝罪”をするといい点なんですよ(笑)。教育というのは恐ろしいですね。中国で捕虜となった日本人が中国共産党に洗脳教育されたのを、自分たちの手でやっているようなものです。こんな歪んだ歴史教育がまかり通っている。


    李登輝先生の講演
     

     小笠原:李登輝先生は予定では一時間だったんですが、合計2時間半くらいお話ししていただいたんです(要旨、別掲参照←歴史通7月号)。高校生が多かったので、政治の話しというよりは身近な人の話で、烏山頭(うさんとう)ダムをはじめ、台湾の農業水利事業に大きな貢献をした八田與一さんのお話をしていただきました。

     「八田與一さんがなぜこんなにも台湾人に愛されているのか、彼の功績がどれだけ素晴らしいものなのか。それに対して、あなたたちは知らないという状態が戦後の歴史のいびつな状態を物語っている。明日、烏山頭ダムに行ったら新しい発見があるだろうけれども、自分たちの先輩である日本人が海外で大きな功績を残したということを知らない。それはどういういきさつなのか」

     その話の流れの中で、戦後日本の歴史や、なぜころころ総理大臣が変わるのかという話になり、政治哲学のようなお話もしていただきました。

     「東日本大震災のとき、菅総理がヘリコプターに乗って上空から被災地を見ていたが、あんな無慈悲なことは無い。自分は台湾の地震があった時には、すぐに現地に行って何が欲しいかを聞いてそれを発動させた。これがトップの仕事であり、状況を確認するという名目で上から人を見るようなことは絶対にやってはいけない。そういうトップしか育てられないのが日本の問題であって、そこを糺(ただ)していけるのは、正しい歴史観を持って、正しい正義感、政治哲学を持った若い人たちだから、みなさん頑張りなさい」

     子供たちから質問もしたのですが、台湾人の世代間の差と歴史認識についての質問は、李登輝先生から良い質問だと褒められました。

     「日本統治を受けていた方は70代以上の方々で、そういった人たちが亡くなってしまう時期があと10年もすればやってくる。若者たちは日本文化に対して興味があるかもしれないけれども、直接日本統治の歴史に触れたりしたわけではない。そうした時に、我々日本人と台湾人はどうすれば新しい歴史を作っていけるような友好関係が作れると思いますか」

     と李登輝先生に投げかけました。すると先生は、

     「日本統治を受けた人たちが今、社会を担っているわけではない。ほとんど隠居だ。そのなかで新しい世代を作っていくことは容易である。逆に言えば新しい発想が出てくるだろう。問題は、台湾にいる40代後半から60代くらいまでの蒋介石政権で中国教育を受けた世代だ」

     とおっしゃっていました。90年代になってから李登輝先生が推し進められた台湾北教育を受けたのは20代の若者たちです。

     「台湾化教育世代と今の日本の学生さんたちは同世代だから大丈夫。だが、蒋介石の中国化教育を受けた世代が発言権を強めていくことで、日本との政治関係が揺らぐ可能性がある。その下にいる若い世代が力をつけていかないと日本と台湾の関係は中国寄りになってしまうかもしれない。そのへんをしっかりと頭に入れて頑張ってほしい」
     

     というメッセージをいただきました。中台の街をうつむきながら歩いてきたということに対して、「何を言っているんだ。日本は何も悪いことしてない。明日から胸を張って歩いてこい」ともおっしゃっていました。生徒も引率の教師もウルッとしていましたよ。


    武士道は世界最高の倫理観

     −初回はどのような研修旅行だったのですか。

     森:奇美(きみ)実業の許文龍(きょぶんりゅう)さんから40分ほど歴史講義をしていただきました。それを文章でまとめてあるのが『台湾の歴史』という冊子なんです。

     小笠原:これは我々教員の必読書です。全員もっています。

     森:許文龍さんが、社員教育用に日本語で『台湾の歴史』をまとめられたんですよ。このなかで「日本の人たちはだめねぇ」とおっしゃっている。

     「台湾に来て、日本の人達は日本の事を悪くばっかり言うんだよ。日本の歴史を否定的にいうのはおかしい。大体、日本の統治を受けたのは、我々であって、受けた者が言うなら話が分かるけど、当の本人はあの50年間は素晴らしい統治だった。細かいことを言えば区別があったりしたのだろうが、我々はあの当時は素晴らしいと認識しているのであって、なぜ日本人が悪く言うのか」

     これはいいと思って、みんなに読むことを薦めたんです(笑)。私が言っても信用しないけれど、許文龍さんは日本でいえば松下幸之助みたいな人ですから、「実業家の素晴らしい人が言っているんだ」と教職員に伝えました。実業家でいえば、蔡焜燦(さいこんさん)氏もそうですし、最近でいえば、文明史家の黄文雄氏も同じように言っておられる。なにより、李登輝先生がおっしゃっている。

     「武士道は、今世界で通用する最高の倫理観である。君たちはこれを忘れてはいけない。日本には必ずお金が集まってくる。それは、日本精神というものに信用があるからだ。信用があるところには外資も入ってくる。もっと自信を持ちなさい」

     これは研修旅行に行かないといけないと思いました。教職員も生徒も自虐史観で徹底されていますから。ついこの前、4月に新1年生の中で80名、成績トップクラスの医進コース、スーパーVコースなどの3クラスの事前研修をするために、1時間話をしたんです。その冒頭で「君たちが太平洋戦争と習っているのは、正確には大東亜戦争と言うんだよ。目をつぶって手を挙げてほしいのだが、あの戦争は日本が悪かったと思う人」と言ったら全員挙手ですよ。

     −壮観ですね(笑)。

     森:これが現実なんです。小中学校の歴史教育は自虐史観を教えている。これを3年間でどう払拭(ふっしょく)するか。我が学芸館を選んでくれた子たちに、この3年間で歴史認識が変わったと言ってもらわなければ、来てもらった甲斐が無いのです。

     社会科だけではなく、国語でも音楽でも、色々な教科で歴史観に関する話が出来るわけです。たとえば音楽では、邦楽を教えられる先生がいない。それもそのはずです。平成14年の3月31日までは、日本の学習指導要領では、音楽の中に邦楽がない。

     日本の伝統否定教育は、最初はアメリカ占領軍の命令で、柔道も剣道も禁止され、義務教育で音楽の授業に「邦楽」=日本の伝統音楽・お琴や三味線・尺八、雅楽・太鼓などが復活したのは、なんと平成14年4月からでした。道徳教育は未だに教科になっていませんし、したがって、教科書もありません。これを見ても、アメリカ占領軍だけに問題があるとは言えず、日本人自身が日本の伝統を否定してきたことがわかります。日本人のアイデンティティを否定しては、「立派な日本人」は育ちません。


    「七つの習慣」

     −道徳の教科化には反対意見も多いようですね。

     森:戦前の倫理・道徳を現代風にアレンジしてでも、復活させるべきであったにもかかわらず、「道徳教育は軍国主義復活・戦争への道だ」と、自虐史観にとらわれて、日本人としての倫理・道徳教育を実施しなかった。反日教育(自虐史観教育)こそが非行や規範意識の崩壊、自己肯定観喪失の原因でした。
    (※参考:13歳からの道徳教科書 編者:道徳教育をすすめる 有識者の会

     ゆとり教育から、ダメなことはダメとしっかり教える保守的、伝統的、系統的学習に切り替えねばなりません。

     −平成18年、教育基本法が改正され、愛国心を養成することが盛り込まれました。

     森:マスコミも教育界もあまり話題にしませんが、これは画期的な改革です。教育の現場がどう変わればいいのか、教科書がどう変わるのか、それをどうして話題にしないのかと疑問に思っています。想像するに、自虐的史観を持っている「進歩的」な新聞社や大学の教授、評論家たちは、新しい教育基本法が「伝統を重んじる」「宗教的情操」「愛国心」を養成するとしているのに対して反感を持っており、改正に反対しているからでしょう。

     子供たち自ら「ヤル気」をもって勉強をはじめ、さまざまなことに取り組むことを可能にするのが、平成17年、本学園が全国の高等学校で最初に導入した「七つの習慣」という教育プログラムです。これは、アメリカのスチーブン・R・コビー博士が、アメリカ建国から200年間で、色々な分野で成功した人物の成功した原因と条件を調査した上で、成功するために必要な能力を「七つの習慣」としてまとめ、教育プログラムとして開発したものです。
    (※参考:7つの習慣HP

     博士は成功した人物に共通している資質として、誠実、勤勉、謙虚、勇気、正義、忍耐、節制を挙げています。このような徳目を身につける努力が「ヤル気」を育てるのです。

     これらは、日本人が2千年の歴史の中で培(つちか)ってきた伝統的な「日本精神」「武士道精神」と全く同じです。ということは、日本精神は欧米に通用する、世界に通用する倫理観である、といえるのです。しかも、日本の方が古い歴史を持っています。

     台湾の李登輝元総統、蔡焜燦氏、許文龍氏ら3人に共通している「教え」は、清明で誠実な日本精神への賛辞、憧れです。京都大学卒業の李登輝元総統は「日本の武士道は、今現在、世界で通用する最高の倫理観である」と明言し、蔡焜燦氏は「日本人は50年間の台湾統治をもっと誇りにしなさい」といい、許文龍氏は「日本人は戦前を悪く言うが、日本の統治を受けた私がすばらしい統治であったといっているのに、なぜ悪く言うのか理解できない」とおっしゃっています。

     世界では欧米の考え方を「グローバル・スタンダード」とする傾向がありますが、資源が枯渇する時代を迎え、「征服」=自然を食いつくすことを「良し」とする欧米文明に対し、自然と共生する日本文明=日本の伝統的価値観、節約・節制こそが「グローバル・スタンダード」としてふさわしい時代を迎えているのです。私たち日本人は、もっと自信を持つべきです

     自虐史観なんてものは、元はGHQが東京裁判で作ったとはいえ、日本人が拡大再生産して、嘘八百を書きたてたんですから恥ずかしいことです。


    すぐ労働局へ

     −昔の高等師範学校出身の先生のようなしっかりとした考えの先生が追放されてしまいました。

     森:私の父・森嘉吉は岡山学芸館の創立者ですが、もともと旧制の教員だったんです。同僚が漢文の先生で、隼戦闘機が勇ましく飛び立っていく姿を短歌に詠んだら、そのたった一首で追放になった。GHQのスタッフはもちろんそんなことわかりませんから、日本人が仲間の日本人を売っているんです。このことはほとんどメディアに出ない。

     −見えない所でいまだに言論統制をやっている。

     森:優秀な短歌の先生が50代後半になってから学芸館に来たんです。たくさん入選するんですが、そのなかでも朝日新聞の朝日歌壇への入選は高いステータスなんだそうです。生徒も喜んでいますので、作品を出してもいいけれど、広島の平和公園の原爆慰霊碑をたたえる短歌なら賞を取れるが、日本無罪を主張するパール判事をたたえる歌は選ばれないということは知っておくべきだといつも言っているんです。

     −教育の一環でいいんじゃないんですか(笑)。日本のメディアはもちろん、世界のメディアは想像以上にもっとひどいことをやっているという事実を学習できます。

     森:学芸館高校は、元々組合活動がすごかったんです。昭和48年に組合が出来て、私以外は全員組合員でした。昭和50年代はストライキだなんだと毎日大変でした。協力してくれる仲間はだんだん増えてきましたが、最後まで残ったのは委員長と副委員長です。彼らが定年で辞めると、ガラッと雰囲気が変わりました。みんなやる気で溢れています。彼らがいた時は、5時過ぎに補習をやると、すぐ労働局へ駆けこむんです(笑)。

     小笠原:今は20時21時まで教職員は働いていますよ。

     −”運動”をやりたいなら教職の場ではなく、他に行ってほしいですよね。児童・生徒を人質にとる運動は、卑怯です。

     森:学校がどうなろうが、関係ないんですよ。彼らは党活動のほうが大事ですから。理事長の不正だとかを捏造して新聞に売り込んだり、労働局に訴えたり、学校が潰れるようなことばかりするんです。


    パール判事の詩碑

     森:以前、広島の世羅(せら)高校で悲惨な校長自殺事件がありました。広島の高校とは私私立校同士交流があるんですが、わが校の教育方針などを話してもシラーッとしています。

     広島平和記念公園の有名な「安らかに眠ってください。過ちは、繰り返しませぬから」と刻まれた原爆慰霊碑から10分ほど歩いたところに、あのパール判事の詩碑があることは全く知られていません。


    (出典:本照寺 大亜細亜悲願之碑


     昭和27年、パール判事が再来日した際に原爆慰霊碑の内容を知り、
    「原爆を落とした者が反省するなら分かるが、落とされたものが謝って何になるのか」
     と激怒しました
    。その思いを「詩」に記したのが本照寺(広島市中区小町7-24)にある詩碑です。この詩が真実の歴史です。

     天地深く打ち込まれた アジアの悲願

     激動し変転する歴史の流れの中に道一筋につらなる幾多の人達が
     万斛(ばんこく)の思を抱いて 死んでいった
     しかし
     天地深く打ち込まれた
     悲願は消えない
     抑圧されたアジア解放のため
     その厳粛なる誓いに
     いのち捧げた
     魂の上に幸あれ
     ああ 真理よ
     あなたは我が心の中に在る
     その哲示に従って 我は進む

     1952年11月5日 ラダビノード・パール


     この碑文は本照寺のほかに、編⊃声劼筏都霊山護国寺の三か所にあります。


    パール判事の顕彰碑(東京九段・靖国神社内・遊就館前にて撮影)


    パール判事の顕彰碑(京都霊山護国神社にて撮影)
    二つの画像は、ラダ・ビノード・パールーWikipediaより

    (※参考:『パール博士のことば』(東京裁判後、来日されたときの挿話)田中正明著


    国際的「笑われ者」

     森:東京裁判で唯一日本無罪を主張したパール判事ですが、当時日本を断罪した判事、検事もその後、ほとんどがパール判事の見解を支持しています。昭和26年5月、東京裁判を開廷したマッカーサー元帥自身も「あの戦争は、日本にとって自衛のための戦争だった」と証言しています。

     文科省をはじめとして、多くの歴史学者やマスコミが祖国である日本を断罪して悦に入っている現状は、国際的に見たら「笑われ者」でしかないのです。

     その現状を打破し、未来を担う子供たちが国に誇りを持てるように、転換すべき教育の基本を何点か指摘しておきます。

     ‘本を一方的に「悪者」扱いした「東京裁判」の不当性を理解させ、大東亜戦争は日本の自衛のための戦争であり、侵略戦争とばかりはいえないことを理解させる教育へ転換する。立派な日本人を育成するためには、伝統=日本精神=「悪」の大東亜戦争、という図式を破棄しなければなりません。

     △修里燭瓩法⊂赦12年に、中国南京市で日本軍が一般市民を含む30万人を虐殺した、という「南京大虐殺」はまったくの「虚構」であること、また、沖縄戦で軍が集団自決を住民に命令したなどということは作り話であることを明らかにする教育へ転換する。自虐史観の根拠になっている代表的な事例です。

     F本精神は「今、世界で通用する最高の倫理観である」ことを理解し、世界へ発信する教育へ転換する。明治時代の近代化が「和魂洋才」で成功したことから学び、戦後65年間の教育は「洋魂洋才」で日本精神の涵養(かんよう)に失敗したことを反省し、これからは、世界に心を開きながら「和魂和才」の教育へ転換する。

     っ暴共同参画社会基本法を撤廃し、家族・家庭の崩壊を防止するとともに、「家族」を最小単位とする教育へ転換する。



     安倍首相が教育委員会制度の抜本改革と道徳教育をやろうとしておられますが、これは腹を据えてかからないとなりません。戦後レジームを作ってきた「閉ざされた言論空間」は強力ですから、それをひっくり返すということには、噛みつく勢力も多いでしょう。

     それでも、日本のために、そして子供たちのために、尽力していただきたいと思います



    *****************

    産経新聞に掲載の森靖喜校長の記事です
     ↓






    出典:百休庵便り


    素晴らしいと思います。っていうか、当たり前っていうか・・・。

    この思想、考えが、いつかまた「教師」たちの・・・、いや、「日本人」の「当たり前」の感覚・思考になりますように・・・・
    まだまだ、まだまだ先のことかもしれませんが、子供たち、そして未来の子供たちのために、今生きる私たちは、なにか「今できること」を・・・、と思います。
    まずは、そう感じることが大切だと思っとります。


    文中にもありました、「李登輝先生の講演」や、この講演を聞いた生徒の感想文も掲載されています。
     ↓

    歴史通 2013年7月号 ¥860
    出版社名:ワック出版局
    総力特集 歴史検証 アベノミクス

     ※Amazon中古品の出品:¥ 273より(9/20現在)





    ■参考:
    ◎7つの習慣J プログラム

    7つの悪習慣 
    1. 人のせいにする
    2. 目的を持たないで始める
    3. 一番大切なことは後回し
    4. 勝ち負けという考え方
    5. まず自分が話、それから聞くふりをする
    6. 頼れるのは自分だけ
    7. 自分をすり減らす 
      ↓
    7つの習慣 
    1. 自分が選択する
    2. 終わりを考えてから始める
    3. 一番大切なことを優先する
    4. Win-Winを考える
    5. まず相手を理解してから、次に理解される
    6. 相乗効果を発揮する
    7. 自分を磨く

    ◎岡山学芸館高等学校
    http://www.gakugeikan.ed.jp/index.php
    台湾研修旅行の報告が掲載されています

    ◎岡山学芸館清秀中学校・岡山学芸館高等学校ーWikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E9%A4%A8%E6%B8%85%E7%A7%80%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%BB%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E9%A4%A8%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

    ◎岡山学芸館清秀中学校・高等部HP
    http://www.gakugeikan.ed.jp/seishu/index.php





    「明らかにおかしな記述がなぜ検定を通るのか」〜偏向教科書を生む「教科書調査官」という人々〜by 島田洋一氏

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    正論7月号(2012年)より
    偏向教科書を生む「教科書調査官」という人々

    福井県立大学教授・島田洋一


    ■教科書調査官の「選考基準」
     私は昭和63(1988)年4月から平成4(1992)年3月まで4年間、文科省(当時文部省)教科書調査官を務めた。年齢的には、30歳から34歳の時期で、社会科の公民政治分野が担当だった。

     就任に至る経緯を簡単に記しておこう。大学院修了後に3年任期で採用された京都大学法学部助手の最終年度、学部のゼミ以来の指導教官高坂正尭教授から、文科省に教科書調査官としてしばらく行かないかと打診を受けた。先に調査官を務めていた大学院の先輩が、私立大学教官に転ずることとなり、後任の推薦も文科省から頼まれたとのことだった。当時高坂教授は中央教育審議会委員の一人だった。教科書調査官に空きが出ると、各種審議会委員の然るべき人に推薦を依頼するというのが、その頃の文科省における人事慣行だったようだ。

     私は二つ返事で引き受けた。先輩から、大学勤務以上に拘束時間が少なくじっくり本が読めると聞いていたし、「政治の現場が分かり、いい経験になる」という高坂教授の言葉にも素直に頷けた。自分の見識で教科書を多少なりとも良いものに、という客気ないし使命感もあった。

     現在、文科省が定める教科書調査官の「選考基準」(平成21年4月3日初等中等教育局長決定)は、「大学の教授又は准教授の経歴がある者又はこれらに準ずる高度に専門的な学識及び経験を有すると認められる者」と、かつての「大学若しくは高等専門学校・・・において教授若しくは助教授の経歴がある者又は・・・」よりややハードルが上がっている。助手の経歴のみだった私は、今なら門前払いかも知れない。
    (※参考:審議会委員と教科書調査官の役割や選任について / 教科書調査官一覧

     政治、経済、近代史といった分野では、制度に通じたベテラン調査官も欠かせないが、同時に、保守的理念の明確な30代前半ぐらいの人を、5年程度で研究職に斡旋する含みでローテーション的に採用するようなメカニズムも必要だと思う。


    ■「前回と同じ記述だから・・・」
     3月27日、文科省が高校教科書の検定結果を発表した。その中で、中学教科書では一定の改善が進んだ「慰安婦」「北朝鮮」などで、歪んだ記述が堂々と残っていることが問題になった。一例を挙げておこう。

     帝国書院の「地理B」で、朝鮮戦争について、「1950年に両者の対立が激化し、韓国をアメリカ合衆国が、北朝鮮を中国が支援した朝鮮戦争が勃発し」とした記述が、検定意見が付かないまま通っている。
    北の武力侵攻という事実を意識的にぼかしたとんでもない文章である。

     山川出版社の「日本史A」では、
    「北朝鮮に核兵器を放棄させる6ヵ国協議(米・日・中・ロ・韓国・北朝鮮)が難航する一方、日朝間では日本人拉致問題が障害となって政治的交渉は頓挫している」
    という記述が、やはり検定意見が付かずに通っている。
    北が拉致問題で虚偽に虚偽を重ね、「再調査」約束を反故にし、被害者を約束し続けていることが「頓挫」の理由である本質がまったく読み取れない実に意識の低い文章である。

     東京書籍の「日本史A」では、
    「日本の植民地や占領地では、朝鮮人や中国人・フィリピン人・ベトナム人・オランダ人など、多数の女性が『慰安婦』にかりだされた」という記述が、検定意見が付かず合格している。


     こうした明らかにおかしな記述がなぜ検定を通るのか内部にいた経験からいくつか感想を記しておこう。

     私が教科書調査官を務めた1988年からの4年間は非常に恵まれた時期だった。日々、ソ連圏の崩壊が大々的に報道され、そのため、中学「公民」や高校「現代社会」「政治経済」の申請本にある、社会主義国を理想視したような記述には、軒並み検定意見を付けた。当時、教科書の執筆者の5割は極左、4割5分は左翼シンパだったろうが、以前なら「裁判になりますよ」と凄んだはずの連中も、明白過ぎる現実を前にしては、目に怨念を堪えつつ、ある程度の修正はやむなしと半ばあきらめの風情だった。

     教科書検定プロセスの初期に、理科、社会などの教科ごとに、直接の担当を越えて調査官がすべての新規申請本(いわゆる白表紙本)に目を通す「回し読み」という手続きがある。
    調査官室の一角に棚が置かれ、社会科なら地理、日本史、世界史、政治経済などすべての白表紙本が並べられ、各調査官が時間のあるときに適宜自席に持っていき、気付いた点を付箋に書いて貼り付けていく。私も、近現代史関係の記述を中心に、積極的に付箋を貼っていった。

     もっとも、どの指摘を倦怠意見として採用するかは、基本的に当該教科書を担当する調査官の裁量となる(ただし、科目ごとの会議、すなわち日本史調査官会議、政治経済調査官会議などの場で、その判断の適否をめぐり議論ないし調整は行われる)。
    そのため、例えば朝鮮戦争に関するほぼ同じ記述について、政治経済では検定意見が付き、歴史では付かないといったことが往々にして起こった。

     社会科の全体会議の場で、そのギャップを指摘すると、よく返ってきた答えがこうだった。

    「歴史では、前回も付けていないので

     白表紙本においても必ずしも全面的に書き直すわけではない。
    特に歴史の場合、旧版の記述が通常はかなり残る、つまり、「指摘は分かるが、前回検定意見を付けなかったので今回付けると整合性が取れないというわけだ。
    政治経済では「状況が変わった」を理由に、既往にとらわれず検定意見を付けたが、歴史担当の調査官の間では、消極的な姿勢が目立ったように思う。

     そこには構造的な理由がある
    同じ科目の調査官の中に、一人強く消極的な人がいて、その主張が通りがちになると、検定は低い水準で横並びにならざるを得ない。A社の同じ記述は通っているのに、なぜうちはダメなのかという教科書会社のクレームに答えられないからだ。

     一般に、学会での立場を気にするタイプの人は、教科書調査官に向いていないと思う。学会フロアで年に数回顔を合わせる「同僚学者」やその弟子たちが書いた記述に意見を付けることをひどくためらうからだ。
    こうした、間違って調査官になったような人は、できるだけ早く、文科省が人事権を握る大学、研究機関ないし省内の別のポジション(私の時代で言えば、いくつかの国立教育大学や特定の私立大学、「教育課程の基準設定に関する調査」などに当たる一字違いの教科調査官などがそれに当たった)に移ってもらうべきだと思う。当人のその方が特性を活かせるだろう。


     今回問題になった高校教科書の場合は、とりわけ検定について消極意見が通りやすい。
    小中学校は、義務教育であり、児童生徒の発達段階に照らしても、教科書は当然検定の対象になる。そのことに、文科省職員で異論のある人はまずいないだろう。

     一方、大学の教員が講義で使う「教科書」は各自が自由に決められる。文科省の検定が入る余地はない。この点も誰も異論はないだろう。ではその中間、義務教育ではなく、心身ともにかなり発達はしているが、まだ児童福祉法上の「児童」(18歳未満)に当たる高校生向けの教科書はどうなのか。

     文科省内でも、消極検定派ほど、高校教科書は検定の対象外でよいとの考えに傾いていたように思う。そもそも検定の必要がないと考えているわけだから、検定内容が甘くなるのも当然だ

     最後に検定審議会委員の役割について触れておこう。
    先に挙げた帝国、山川、東書などの記述は、仮に調査官が「検定意見なし」と起案しても、審議会委員が意見を付けるよう強く主張すべきだった。それがなかったのは、審議会委員の人選に問題があるということだ。

     審議会の席上で一度主張したくらいでは聞き流されて終わりになる。部会でも全体会議でも執拗に主張し、首尾よく検定意見となった後も、執拗に「直し具合」をチェックせねばならない。それを厭(いと)わぬ保守派の論客が数人審議会に入るなら、事態は改善されるだろう。論客とは、特に、文科省内消極派が繰り出す「前回と同じ記述だから」という切り札的言い訳を、「状況が変わった」その他の切り返しで論破できるという意味である。

     かつて、検定審委員で外務省OBの野田英二郎が、中国共産党の意向を汲んで、扶桑社の中学歴史教科書を不合格とすべく執拗に動いたことがあった。
    外務省官僚時代に叩頭外交(こうとうがいこう:相手国に不必要なほど配慮した、へつらった外交姿勢)で中国を増長させ、教科書にまで介入を招いた責任を自覚するどころか、今度は検定審委員として、「近隣諸国条項」を盾に教科書記述の方を叩頭外交に合わせようとした。
    言語道断の行為だが、しかしあの粘着力は保守派においても大いに学ぶ必要がある。

     なお、検定体制をいくら改善しても、悪い教科書をよい教科書に変えることはできない書き直すのはあくまで、元の執筆者だからだ。
    福島”現実を”みずほの声明文を、検定でよい文章に変えられるだろうか。せいぜい悪さ加減が小さくなるだけだ。
    やはり子供たちによい教科書を届けるためには、よい執筆者が書いたよい教科書の採択を拡げる以外にない。


    ■参考動画

    【藤岡信勝】民潭による「つくる会教科書」採択阻止運動の実態[桜H23/06/14]

    http://youtu.be/O1V2ouJseSo


    こちらのブログもぜひごらんください。現在の教科書の実情がよくわかります。
     ↓
    危険な日本の教科書〜自虐史観を持つ日本人はこうして作られていく
    http://eight-americann.seesaa.net/article/228152284.html




     

    「はだしのゲン」閉架反対署名活動をする人たちは、脱原発プロ市民、朝鮮学校、そして、学童保育指導員・・・

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:日本の危機を救え
    ”子供たちの身近に、こういう連中がいることをどうか知って下さい”
    (共通一次世代さんからいただいたコメントより)


    子供さんをもたれるお母さん、お父さんに、この現実を知っていただくために、拙ブログでも紹介させていただきます。


    以下、【目が覚めて思うこといろいろ】さんブログより抜粋

      
    「はだしのゲン」閉架反対署名活動をする人たち。
    学童保育指導員から脱原発プロ市民、そして朝鮮学校まで全てが繋がる。
    http://bakahabakanarini.blog.fc2.com/blog-entry-184.html


    (前略)さて「はだしのゲン」についてです。

    先日のサンデーモーニングで荻上チキは、
    「非国民とか言って、特定の人達を排除していく空気が醸成され暴力につながることこそが、はだしのゲンで描かれている」と。

    金子勝は
    「少年ジャンプに連載され愛読されていた」
    「社会や政治が変わったことが問題なのだ」
    「戦争を明るく楽しく描けるか?!」


    金子勝。
    さすが、9条教の大御所。
    さすが、自衛隊を「人殺し集団」とテレビで言い放った冷酷な人間。
    これが慶応大学教授!


    彼らは、「今回、なにが問題なのか」を特にテレビでひた隠しにしながら「閉架措置反対!」と拳を上げてるんですよね。

    ★今回の、「はだしのゲン」問題の経緯と詳細は、ブログ「東アジア黙示録」さんが丁寧に書いてくださっていますのでどうぞ。↓

    【反日奇書「はだしのゲン」…返り血浴びる暴力規制 東アジア黙示録】
    【“三光作戦”のまぼろし…戦わなかった毛沢東軍 東アジア黙示録】


    東アジア黙示録さんが書かれている通り、
    日共(日本共産党)&日教組の合作プロパガンダ漫画「はだしのゲン」。
    青年有志の問い掛けが実り、反日メディアが発狂する事態となった。
    問題は閲覧制限ではなく、なぜ暴力コミックが学校図書館にあるかだ。


    「はだしのゲン」に登場する“三光作戦”を「史実だ」と絶叫する痴呆メディアが出現。
    すでに「暴かれ、叩かれ、笑われ」尽くされた捏造史だ。


    コレをひた隠しにするんですよね、マスコミは。


    「はだしのゲン」のWIKIを見ても分かりますが、
    確かに1巻〜4巻
    までは、週刊少年ジャンプ(1973年25号〜1974年39号)で連載されています。
    しかし、5巻以降は、
    1975年〜76年 → 雑誌「市民」
    1977年〜80年 → 雑誌「文化評論」
    1982年〜85年 → 雑誌「教育評論」 
    での連載となっています。

    ★『市民』  =左派系市民誌
    ★『文化評論』=日本共産党系の論壇誌
    ★『教育評論』=日教組の機関紙



    最初の左派系市民誌『市民』というのは、こういう雑誌です
     ↓
    『市民』
    ちなみに、上記URLサイトは立命館大学大学院・先端総合学術研究科にありました。
    う〜ん、さすが「立命館」。「真骨頂」だなぁ・・。

    で、内容を見ると、もう、いかにもなサヨク雑誌ですね。

    発行時期は、
    第一次:1971年3月(1号)〜1974年5月(19号)、勁草書房
    第二次:1975年9月(1号)〜1976年8月(11号)、文化社とあって、
    この第二次刊行物から「はだしのゲン・戦後編」10回に亘って連載されたようです。


    ★私は今まで中身をパラパラとこわごわ覗くような感じでしか見ていないのですが、ネットで調べると・・、

    =========================
    ●ジャンプの管理下にあった4巻までは原爆の悲惨さを描いていますが、 5巻以降は「共産主義者」のための本

    ●単行本で4巻目までの部分で一旦完結している。
    そこまでは掲載誌が『週刊少年ジャンプ』だったこともあり、イデオロギー描写は少なく、ひたすら原爆投下後のグロテスクなシーンが描かれています。

    ●上記の4巻までは松江市も普通に見れると思う。
    勘違いしている人が多いみたいだが、問題になっているのは
    はだしのゲンが少年ジャンプに掲載された当時は4刊で完結。
    5巻以降は日本共産党系の論壇誌『文化評論』、日教組の機関紙『教育評論』で連載。『はだしのゲン』は4巻目迄とそれ以降は別の作品と考えた方がよい。
    マスコミはこの点をきちんと報道せよ。

    ●はだしのゲンの中には<日本が三千万人殺しただの荒唐無稽な中国の主張が事実として書かれてる
    そんな中国のプロパガンダそのものを小学生に読ませようとか洗脳以外の何物でもない
    ゲンがやってるのは中国の反日教育の内容と同じ
    それを共産党や日教組が日本国内でも行うためのツールがゲンだった

    ●はだしのゲン」を小学生に見せることに反対だ。
    戦争の悲惨さ、原爆の残虐さを教えることは大事だが、「はだしのゲン」には事実のみでなく伝聞によるフィクションが、まるで事実であるかのように描かれている
    反日マスコミは、自分たちの思想に合っているから「見せるべき」と言っているのだろう!!
    ===========================

    マスコミ、極左が必死で訴えてることは、全く筋違いな論点からの反論だったわけです。
    というか、論点がはっきりとわかっていて、敢えて報道しない、敢えて触れない。
    「都合の悪いことは伝えない。」
    いつものやり方です。


    ★ここで、毎日新聞の記事を見てみます。↓
    【はだしのゲン:閲覧求めネット署名 5日で1.5万人超 / 毎日新聞 2013年08月20】

    松江市教委が市内の小中学校図書室で漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を求めている問題で、堺市北区の学童保育指導員、樋口徹さん(55)が松江市教委に「自由に読めるよう戻してほしい」と求めるネット署名を始めたところ、5日間で1万5000人を超えた。

    樋口さんが勤める堺市立小学校内の学童保育所には「はだしのゲン」10巻を常備しており、夢中になる子が毎年何人かいるという。
    「子供たちの心の中に平和の芽が育っている」と感じたという樋口さんは、16日夜に署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オルグ)」で署名を呼びかけ、20日午後8時には1万5000人に達した。

    樋口さんは「ファンがいかに多いかを実感した。そういう作品を読ませないのはおかしい」と話し、9月には添えられたメッセージとともに署名を松江市教委に持って行きたいと考えている。

    チェンジ・ドット・オルグは07年に米国で設立され、世界各地で影響力が注目されている署名サイト。
    同サイト日本代表のハリス鈴木絵美さん(29)は「昨年7月に日本語版を開設して以降、これほど急速に署名が集まったケースは初めて」と話している。



    「はだしのゲン」全10巻に夢中になる子が毎年何人かいるという・・・。
    連中にとって成果が上がっているということですね。


    ★記事に出ている、ネット署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オルグ)」。
    【Change.orgーあなたの「発信」とまわりの「賛同」が、社会の明日を変えていく。】

    HPを見てみると
    『「変えたい」を形にする ソーシャルプラットフォーム change.org 』と書かれています。

    WIKIで見ると、「署名・請願キャンペーン組織」で、アムネスティ・インターナショナル動物愛護協会(英語版)といった団体が請願活動を主催するためのサイトを置いているそうです。

    「アムネスティ」といえば、特に「アムネスティ日本」は、北朝鮮にべらぼうに優しく、日本をまるで「北朝鮮よりもずっとずっと人権弾圧が酷い」かのように扱い、死刑廃止を訴える団体ですよね。

    サイト右下を見ると、「メディアからの注目」と書かれていて、
    「ニューヨーク・タイムス」「CNN」の名前がリンク先として出ています。

    CNNの日本での拠点は東京都渋谷区原宿のBS朝日本社ビル『:BS』(コロンブス)内。
    そのビルには、同じニュース専門チャンネルの「朝日ニュースター」の本社も入居しています。
    朝日新聞と提携し、朝日新聞関連のビルの中に事務所があるのです。

    勿論、ニューヨークタイムス東京支社も朝日新聞の本社内に有るのは既にご承知の通り。

    朝日新聞が、あたかも「世界の声です!!」であるかのように報道したいニュースは、
    最初に、ニューヨークタイムス東京支社へ自分たちが書いた「記事」を「そっちからよろしく〜。^^」と送信。
    東京支社からアメリカへ。そしてアメリカから日本へ発信!
    それを朝日新聞が、「天下のニューヨーク・タイムスがこう報道しています!」と報道。
    自分たちの作った記事を逆輸入して、「世界はこんなふうに捉えている!!」と操作をしているんですよね。
    (※韓国の中央日報も全く同じパターンあり。)

    み〜〜〜んな「どす黒い仲間」なんですよね。


    この「Change.org(チェンジ・ドット・オルグ)」に、またまた「ハリス鈴木絵美」も関わっています。
    このサイトが「ROCK THE VOTE」と繋がっているのは明らかですよね。
    「ハリス鈴木絵美」は「Change.org (チェンジ・ドット・オーグ)」の「日本キャンペーンディレクター」だそうです。

    長いな、肩書。カタカナだけどカッコ悪いし。
    毎日新聞が使ってる「日本代表」でええやん。

    ★「ハリス鈴木 絵美」が今まで担当してきた活動はこちら。↓
    【ハリス鈴木 絵美 | Change.org】

    「ファンの力でジブリに国民栄誉賞を!」とか、
    「陸上自衛隊富士総合火力演習会場での携帯の通信状況の改善を求める署名」とか、etc・・・。

    サイト内右下の「もっと見る」をクリックすれば、今までに取り上げてきたものが出てきます、沢山。
    「賛同」したり、「リクルート」したりしてますね。
    「なんなの、これ?」的なものもそれなりにあります。
    でも、ピックアップされたものはいちいち「反日極左なりの理由」がありそうで、私なんか読むだけで不安になってしまいます。

    あ、勿論、当然のことながら「ハリス鈴木 絵美も今回の「はだしのゲン・閉架反対署名活動」に賛同しています。

    ★その「はだしのゲン」のページを見てみます。↓
    【宛先:松江市教育委員会 】
    「生きろゲン!」松江市教育委員会は「はだしのゲン」を松江市内の小中学校図書館で子どもたちが自由に読めるように戻してほしい。
    BY発信者 「はだしのゲン」は世界に誇る名作マンガだと思う人の集まり
    【発信者「はだしのゲン」は世界に誇る名作マンガだと思う人の集まり】

    マスコミが、「反対署名が続々と集まっている!」と騒いでいるのがこのサイトの「署名」のことなんですよね。

    この署名の発信者代表は

    私は堺市で長年、学童保育指導員をしています。
    毎年、学童の子ども達にゲンの絵本版を読み聞かせたり、アニメや実写版のビデオ・DVDを上映してきました。
    学童にはずっと10巻セットを常備しており、多くの子ども達が自ら進んで手にとって読んでいます。

    1年生や2年生の子ども達が、ゲンたちが戦争や原爆で辛い目にあう場面で涙を流し、しかしそれでも苦難に負けず家族や仲間達と共に力を合わせて平和な世界を築くために明るく、たくましく生きていく姿に励まされています。何よりも「戦争はぜったいに起こしてはいけない!」と子ども達の心の中に平和の芽が育っています。


    と最初に書いています。
    ちなみに、この学童保育指導員は、毎日新聞でも堂々と名前が出ていますが、こちらのサイトでもちゃんと名前が出ています。「樋口徹」と。

    この学童保育指導員は、また、サイトでこうも言っています。

    『今回の「決定」が、「慰安婦はいなかった」「強制連行はなかった」など日本の戦争責任を「なかったことにしよう」とするリビジョニスト達の圧力に松江市教委が屈したものといわざるを得ません。』

    ●「リビジョニスト」とかいう言葉って一般の人が使います?
    「歴史修正主義者」の意味として大抵使われるとのことですが、いつもこの言葉の対局にあるものを考えている人でないとこんな言葉使わないと思います。
    ★ネットでこの学童保育指導員のことを調べてみると、下記のサイトが出てきました。↓
    関西大弾圧はねかえそう!2.3全国集会 : 【堺からのアピール】教育基本条例を撤回せよ 2013年02月03日

    『3ヵ月で延べ11人の逮捕』
    イラク戦争(2003年〜)のころより、ささいなことで警察が市民や労働組合員、野宿者を逮捕することが目立っていました。
    団地やマンションにビラ入れたと逮捕。公園トイレの落書きで逮捕。
    組合のストライキで逮捕。野宿者の公園テント排除で逮捕。

    そして今、関西で原発再稼働反対やガレキ広域処理に反対する市民が昨年9月から3ヶ月で次々と延べ11名も逮捕、多くの所でガサが行なわれ、延べ7名が起訴、6名が獄中にいます。

    •大飯再稼働反対と原発道路で抗議したら3ヵ月後に逮捕(9月20日)
    •関西電力本店前抗議行動で「転び公防」逮捕(10月5日)。それに抗議した仲間を「公妨」で令状逮捕(11月16日)
    •ガレキ焼却は危険だと此花区民センター説明会で抗議したら4人逮捕(11月13日)
    •焼却灰の埋立処分場地の公園にいたと逮捕(11月22日)
    •大阪駅前でのガレキ反対街頭宣伝(10月17日)に参加したら、2ヶ月も経って3人令状逮捕(12月9日と11日) 

    これらのことが唯一原発を再稼働し、2月に震災放射能ガレキ焼却を強行しようとする関西でおきています。
    抗議の声を一切許さないという大弾圧です。

    ■憲法研究者が抗議声明
    10月17日の大阪駅頭での街頭宣伝をめぐって12月9日(阪南大学准教授下地真樹氏とN氏)、11日(H氏)逮捕に、70名を超える憲法研究者が、表現の自由を脅かし市民の人権を踏みにじる暴挙であると抗議。
    記者会見で声明をだしました。 

    2人はその後釈放されましたが、H氏は起訴(2つ目)され、勾留されています。

    ■なんでもかんでも「威力業務妨害」乱発
    労働協約を守れとストライキをしたら、労働組合員を「威力業務妨害」で大量逮捕。長期勾留の末、懲役刑の有罪。
    野宿者の強制排除に抗議したら、また、「野宿者に投票権を!」と呼びけたら、これも「威力業務妨害」で逮捕されました。

    警察の反原発運動、市民、労働組合、野宿者への弾圧を許さない、大きな声と行動を!

    関西大弾圧はねかえそう!2.3全国集会 実行委員会

    ■呼びかけ人
    鎌田慧・小林圭二・佐高信・趙博・中山千夏
    (順不同)
    賛同人(順不同)
    ・・・多数。(省略)



    で、この「はだしのゲン」閉架反対署名の発信者(堺市の学童保育指導員)は、この「賛同人」にも名前を出してる人でした。

    このサイトでは他にも、
    今年の8/14 に「私はフィリピンで日本軍に性奴隷にされました」証言集会の告知なども行っていました。

    そして、この証言集会、なんと、公共施設である「大阪市立住まい情報センター」で行われているんです。

    この件について補足すると、1993年の河野談話によって「反日極左連中によって捏造された従軍慰安婦問題」が政府の認めるところとなってしまい、そこから村山富市政権でさらに「捏造慰安婦への謝罪」が急傾斜していってしまった。

    村山内閣は1995年に「アジア女性基金」なるものまで作り、285人の「元慰安婦だった」と名乗るフィリピン、台湾、韓国女性に200万円の賠償金(最初は「見舞金」という言葉だった。)を2007年までかけて渡した。

    この「元慰安婦だった」と名乗り出た女性たちは、そもそも捏造極左弁護士が、東南アジアにわざわざ行き、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という
    内容の広告を出した。
    いわば「焚き付け役」の連中がいたのです。
    (インドネシアに行った高木健一など)
    ※インドネシアの当時のスエノ社会大臣は、事件を焚きつけた日本人達(共産党・朝日新聞・日弁連ら)に対して
    「インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない」
    「しかし日本政府(村山富市首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので戴くが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う」
    「日本との補償問題は1958年の協定により、完結している」
    との声明を発表している。
    (WIKIより)

    反日極左連中は、は「自作自演」、そして、「火のない所に煙を立てて回る」など、日本人に対して売国的行為を行っていたわけです。

    その後も連中は、また、カネに目が眩んだ「捏造慰安婦」探しをし、上記のような「証言集会」などというものを公立の施設を借りて全国で行い、日本を貶め続けているという実態があるということです。



    ★この学童保育指導員のフェイスブックもありました。↓
    【樋口徹 | Facebook】

    トップにはこのような言葉が・・。
     ↓
    福島を忘れるな!原発再稼働を許すな!
    1013原発ゼロ統一行動


    「1013」と言うのはデモをする日「10月13日」のことですね。

    恐ろしいです。
    自分たちの身勝手な思想へと子供たちを洗脳していく。
    しかも学童保育という場で。


    信じられません。

    その他にも驚かされます。
    ★同じく「はだしのゲン・閉架反対署名サイト」からです。↓

    進捗状況・お知らせ
    もうすぐ21,000名、明日(26日)9:00松江市教委に提出します!

    発信者 「はだしのゲン」は世界に誇る名作マンガだと思う人の集まり
    金 有燮(北海道初中高級学校 教務部長) 

    北海道ウリハッキョの図書室にずっと前からある漫画<はだしのゲン>は、子供たちにとてもよく読まれ、ボロボロになり過去2回も買い換えています。間違いなく、一番の人気本です。

    生前、作者の中沢啓治さんは次のように語っていたそうです。

    「当時は朝鮮人差別がひどいときでしょ
    僕もそれに感化された一人だけど、おやじにそれを厳しく叱られてね。
    どういう経緯で朝鮮人が日本に来たのかよく聞かされました。今もチマチョゴリを着た朝鮮の生徒が襲われるのは、そういう人間がまだいるということです。
    歴史を知らないというのは日本人として本当に恥ずかしい事なんです。」(朝鮮新報より)

    そして<はだしのゲン>の作品中には、父の次のようなセリフがあります。
    「お前たちはだまされるんじゃないぞ。
    朝鮮の人や中国の人みんなと仲良くするんだ。
    それが戦争を防ぐたった一つの道だ」
     (Phung-shil Riさんのウォールより)

    なんと素晴しい作品でしょうか。
    これを子供たちに読ませないようにするとは。。。
    ウリハッキョに置かれている<従軍慰安婦>の本などは、もっともっと残虐でしょう。

    先日は、遺骨の発掘まで生徒たちの手で直接行いました。

    過去の歴史が目を覆いたくなるほど悲惨で残虐ならば、それを二度と繰り返さないために、被害者も加害者もその子孫たちがそれを直視すべきであります。

    それにしても加害者と被害者の忘却度数は、かくも違うものなのでしょうか。
    文科省は、「この市教委の決定は違法ではなく問題ない、教育的配慮は必要」と理解を示しました。
    このままではさらに若者たちが右傾化していき、レイシズムやヘイトスピーチが横行するとんでもない社会になってしまうのではないでしょうか。

    <はだしのゲン>の漫画本は、その後注文が殺到し3倍以上の売れ行きだそうです。
    これをきっかけに、さらに多くの方々の目にとまったであろう<はだしのゲン>。
    初めて読む若い読者たちは何を思うのでしょうか。
    この社会の未来を在日の子供たちと共に背負って行く日本の若者たちの良心を、私は信じたいと思うのです。
    そして災い転じて福と為る事を願わずにはいられません。
       https://www.facebook.com/kim.yusop



    吐き気がします。(←同じく:ブログ主加筆)

    原爆を落としたのは米国であって、原爆をとことん憎んでいるはずのゲンの父親が、「朝鮮の人や中国の人みんなと仲良くすることが戦争を防ぐたった一つの道だ」と言ってるらしいです。

    これ、どういう意味ですか?私には意味がわかりません。
    何故「戦争を防ぐたった一つの道」なんでしょうか。

    サザンの桑田もおんなじこと歌ってますよね。「ピースとハイライト」で。

    自分たちが歴史捏造して好き勝手やって、人のものも分捕って、
    恫喝しながらカネをたかって「仲良くしよう」。

    これって、日本人に「言いなりになれ!」ってことですよね。
    日本人に「奴隷になれ!」ってことですよね。

    そう言ってんのと同じじゃないですか。

    「凄惨なイジメ」は全てこの構図と同じじゃないですか。

    ホント吐き気がする。

    それと、「ウリハッキョ」というのは「朝鮮学校」の意味だそうです。
    日本語のサイトで、日本人がわからない言葉を書いてるんですよね。
    慣れていますよね。
    そして、このサイトに来る人もそれに慣れている。
    お仲間なんですよ。

    あぁ、それと、朝鮮学校に「はだしのゲン」が置かれていることも分かりました。
    それだけ「反日思想教育」に便利で都合の良い本だということです


    こんな学校に、民主党は「高校無償化」を適用しようとしました。
    高校無償化は、朝鮮学校への適用こそが民主党にとって最大の目的でした。

    ★フェイスブックのURLもありましたので見てみました。
    【金 有燮 | Facebook】

    「笹の墓標」という長編ドキュメンタリー映画の紹介がありました。

    内容は・・、
    「戦時中のダム工事、鉄道工事への強制連行」「遺骨収集」「在日コリアン」「被害者と加害者」・・・。

    もううんざりです。

    何度も何度も、繰り返し繰り返し。
    「日本は悪である!」「日本人は悪人である!」
    こうして日本人を貶め続ける。


    そして必ず「謝罪と賠償」。
    彼らにはこれしかありません。

    分かち合うことなど絶対にない!

    これが、「はだしのゲン」の閉架反対署名活動を追った結末です。
    「はだしのゲン」は全て反日組織に繋がる。

    どれもこれも全て繋がっています。

    そして、身近に、しかも子供たちのすぐ傍にこの反日連中がいるんです。

    日教組の教師だけじゃない。
    学童保育指導員にもいる。
    知らぬ間に学校で、しかも放課後に子供たちに洗脳教育をしているんです。


    堺市の働くお母さんたち、調べて下さい。
    どこの小学校か分からないですが、実際にいるんです。

    今は「学童保育」じゃなくて「放課後児童クラブ」っていうらしいです。
    「学童保育」という言葉のなにがダメなのか私には分かりません。

    私にはとても恐ろしく感じます。
    まさか、「学童保育指導員」と「はだしのゲン」が繋がるとは思っても見なかったんです。

    あまりに身近です。
    近すぎます。子供たちに。

    でも、これが現実なんです。


    ここまで**




    「はだしのゲン」閲覧制限、松江市教委が撤回〜日本人が行なっていない残虐な行為を捏造して後世に伝えることが本当に日本の子供たちに有益なの?

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    残念なニュースです ↓

    「はだしのゲン」閲覧制限、松江市教委が撤回
    http://digital.asahi.com/articles/OSK201308260031.html?ref=comkiji_txt_end
     原爆や戦争の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」が松江市立小中学校の図書室で自由に読めなくなっている問題で、市教育委員会は26日、教育委員会会議を開き、手続きに不備があったとして、学校現場に求めていた閲覧制限を撤回し、学校の自主性に任せることを決めた。

     この問題をめぐっては市教委が昨年12月、「作品中の暴力描写が過激」などとして、学校の許可がないと子どもたちが閲覧ができない閉架図書にするように市立小中学校の校長会で要請。その後、学校により対応にばらつきがあったため、市教委は今年1月の校長会で閉架を徹底するよう再び要請していた。

     閲覧制限は当時の市教委の事務局レベルの判断で決められ、教育委員会会議に報告されていなかった。
     
     市教委によると、閉架措置に対し、22日までに市に寄せられた意見は電話722件、メール1614件、ファクス140件、郵便物60通に上った。賛成が約600件、反対が約1800件だという。

     市の調査では市立小学校35校、中学校17校のうち約8割の図書館が「はだしのゲン」を置いている。


    ”島根県松江市教育委員会が、「はだしのゲン」を子供が自由に閲覧できない「閉架」の措置を取るよう市内の全市立小中学校に求めていた。
    「残酷描写があるから戦争の悲惨さを伝えられる」と主張する人もいるが、日本人が行なっていない残虐な行為を捏造して後世に伝えることが本当に日本の子供たちに有益なのだろうか?


    この問題のこれまでの経緯、そして、「はだしのゲン」の何が問題なのか、まとめてくださっています。
     ↓

    はだしのゲンを子供が自由に閲覧できない「閉架」に(松江)
    「はだしの…」何が問題か

    http://matome.naver.jp/odai/2137663536746572701



    ■参考

    2ちゃんねるより抜粋

    17 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 10:55:56.83 ID:pulbpD5+T

    2007年 安倍内閣、麻生外相が漫画外交 「はだしのゲン」英語版を全世界に配布し核軍縮訴える
    http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1376950763/


    31 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:01:50.79 ID:Zm2OLpiM0

    >>17
    それ、朝鮮人による強姦虐殺シーンもそのまま載ってる完全版だからね
    学校図書などで利用される版は、何故か朝鮮人による虐殺シーンだけカットされてる


    32 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:02:01.12 ID:gY4Ntuek0

    中国報道:朝鮮人兵が南京大虐殺に参与。子宮を取り出し頭に被せる
    http://www.youtube.com/watch?v=QDcIMV1B1Vg



    33 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:02:39.14 ID:VdrFgdBZ0

    これは制限は当たり前なんだがなあ
    幼少時にあれは結構記憶に残るからな
    年齢指定とかあっていいと思うぞ

    初めて読む漫画があれはかなりショックでかい


    40 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:06:18.65 ID:NMsM3mZ40

    映画や写真は、性器とかクビチョンパとか、一つの映像を持って規制されているのに、
    はだしのゲンは内容がが現実的に起こったことで教育的だからOKってか?
    その理屈なら、女子高生が薬漬けにされて売り飛ばされる無修正AVもOKなのか?ん?


    41 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:06:35.14 ID:rY404emO0

    小学校の頃に見せられたな
    ま、休みの日で学校の体育館で自由参加だったが
    原爆が落ちて手の皮膚がビローンってなってたのと爆風で目玉が飛び出てた奴が印象に残った

    今でも覚えてるな


    45 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:10:25.38 ID:VBHj3n/6P

    「はだしのゲン」閲覧制限になった理由

    ある市民がきっかけ
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm21635125
    ある市民の一部始終
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17718509
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17719567
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17719831
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17719984
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17720469
    (↑5月1日 敗戦国民マンガ「はだしのゲン」で教育する松江市 ◆銑Α

    (※参考:西村斉さんのブログ【山城乃圀企画 "静+動"】の「はだしのゲン」関連記事


    43 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:08:17.44 ID:QgUN87F80

    このまんがって、小学生女子が先生に無理矢理
    上半身ハダカにされてなかったっけ?


    48 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:11:47.35 ID:V+1CCP0R0

    >>43
    俺が読んだのにはあったな、今はどうか知らないけども
    確か実写版の映画でも元のねーちゃん裸にされたてたはず


    53 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:16:20.46 ID:37RqC1WI0

    26 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/08/20(火) 05:11:26.98 ID:bbbUQQTH0
     
    4巻までは少年ジャンプに連載していたが
    5巻以降は日本共産党系の論壇誌『文化評論』、
    日教組の機関紙『教育評論』で連載された。
    5巻から反日色が強まり戦争責任いいだした


    36 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/08/20(火) 05:20:28.67 ID:bbbUQQTH0
     
    共産党員がかかわった歴史認識には歴史資料的な価値はなくなり
    嘘と本当を混ぜたプロパガンダでしかなくなる
    なぜなら彼らにとって歴史とは政治目標ための道具でしかないから



    56 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:18:37.73 ID:0WViMPeF0

    ネタにマジレスするなんてカッコ悪い……ネトウヨが大勝利宣言する松江市『はだしのゲン』閲覧制限問題の真相
    http://www.cyzo.com/2013/08/post_14254.html
    http://www.cyzo.com/2013/08/post_14254_2.html

    (※参考:記事全文 ↓
     行政がまさかのネトウヨに敗北か……? 島根県松江市の教育委員会がマンガ『はだしのゲン』について、昨年12月から市内の全小中学校に対して、教師の許可なく閲覧できない閉架措置を要請し全校が応じていた事件が注目を集めている。

     松江市教育委員会では、閉架措置を決めた契機として市民の一部から「間違った歴史認識を植え付ける」として撤去を求める陳情があったことを挙げている。昨年8月に行われたこの陳情は、12月に不採択になったものの、市教委は「旧日本軍がアジアの人々の首を切ったり女性への性的な乱暴シーンが小中学生には過激」とし、その月の校長会で同作を閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めたとしている。

     新聞などの報道ではいずれも「市民の一部」からの陳情がきっかけとなっているが、実は陳情は松江市民が行ったものではない。なんと、遠く離れた高知市在住の人物が行った者なのである。

     陳情者は、中島康治を名乗り「中島康治と高知市から日本を考える会」なるブログを運営している人物。ブログ内の記事やリンク先を見るに、正統派のネトウヨ……いや「行動する保守」の人物だと思われる。

     松江市の小中学校で閉架措置が行われていることが報じられて以降ブログでは「祝〓ニュース速報」のタイトルで
    <嘘出鱈目はだしのゲンが、松江市の全小中学校で、自由に閲覧できない「閉架」扱いになったようです。いや〜陳情やらなんやらで地味に動き回ってよかったです。>
     と記し、陳情書の画像などを公開している。

     また、過去のエントリーを見ると、この中島氏は地元高知県でも『はだしのゲン』を学校図書館から撤去するように求める陳情を行うも否決されている。

     つまり、松江市教育委員会では陳情が否決されているにもかかわらず「残虐性」を主たる理由として、閉架措置に踏み切ったのである。作品中に描かれた主義主張には、さまざまな意見があるのは確かだ。しかしながら、今回の件は「残虐性」を言い訳にして、特定のイデオロギーに寄った図書を排除しようとする行為いるのだから、トンデモないことである。これがスルーされたら、思想の左右によらず、排除の方便に「残虐性」が使われることになってしまいかねない。

     「市民の意見」といいつつも、実態は、遠く離れた土地に住む別の自治体の市民の意見に屈した松江市教育委員会。

    「松江市は伝統的に右派的な意識の強い土地です。ですので、こうした意見に応じてしまったのではないか」

     と、ある図書館問題の研究者は語る。発端となった陳情者のブログへのアクセスも増えているようで、「市民って松江市民じゃないのか!」と批判が殺到するのは必然であろう。

    ■描かれる主張は掲載誌の空気を読んだだけ?
      さて、随所に見える「反日(ネトウヨ視点)」的な主張ゆえに、左翼による左翼のためのマンガのように批判される『はだしのゲン』。しかし、この作品が汐文社から単行本として刊行され、現在に伝わるまでには思想の左右を超えた運動があったことは、あまり知られていない。

     当初『はだしのゲン』は「週刊少年ジャンプ」1973年25号から1974年39号まで連載(現在の単行本で4巻目まで)された。しかし、集英社は単行本化を躊躇し、原稿は中沢啓治に戻されていた。

    「そこで、日本共産党の同調者でもあったマンガ評論家の石子順氏が、共産党系の出版社である汐文社に単行本化を働きかけました。ところが、当初は共産党の関係者は“マンガなんて……”とひどく抵抗したんです。そうこうしているうちに、単行本化の運動は広がっていき、共産党の一部、自民党の国会議員から日学同(日本学生同盟=民族派学生組織)までが参加するようになっていました」

     と、当時の単行本化に至る経緯を知る関係者は語る。今では左派の側の伝統的な平和学習教材として使われる『はだしのゲン』だが、それが「たかがマンガ」と軽んじられていたとは驚きだ。

     また、前述のように「反日」的なイデオロギーを描いているとされる『はだしのゲン』の単行本化に、保守派や右派までもが参加していた理由はなんなのか。

    「単行本で4巻目までの部分で一旦完結していたからです。掲載誌が『週刊少年ジャンプ』だったこともあり、イデオロギー描写は少なく、ひたすら原爆投下後のグロテスクなシーンが描かれています。ですので、思想に関係なく原爆の悲惨さを伝えなくてはならないと一致できたんです」(前同)

     現在は全10巻の単行本にまとまっている『はだしのゲン』だが、5巻以降は日本共産党系の論壇誌『文化評論』、日教組の機関紙『教育評論』で連載されたものだ。どうも、中沢啓治もプロのマンガ家ゆえに、掲載する媒体に併せて、そこの読者にウケるように描いたと、推測できる。

    「なので『はだしのゲン』は4巻目までと、それ以降は別の作品と考えたほうがよいんですよ」(前同)

     もしかして、我々は中沢センセの「ネタ」に踊らされているだけなのか? だとしたら、メディアリテラシーを身につけさせるためにも、ちゃんと小中学生に読ませたほうがよいよネ!取材・文=昼間たかし)


    63 名無しさん@13周年 : 2013/08/20(火) 11:24:34.31 [ID:kxfDZ0OA0]


    有害図書だからな。 最初に読んだ時はエグい表現だと思ったよ。


    70 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:31:56.90 ID:IJabNMxe0

    肝心の部分を報道せずに世論誘導か
    さすがにマスゴミは酷すぎるな


    ★はだしのゲンを子供が自由に閲覧できない「閉架」に(松江)
    「はだしの…」何が問題か

    http://matome.naver.jp/odai/2137663536746572701


    71: 名無しさん@13周年 2013/08/20(火) 11:32:18.97 ID:/UYbIIJeO

    制限がー規制がーって騒いでるけど 普通に売ってんだよ
    学校の図書館に閉架として置くぐらいで なぜアホみたいに騒ぐかな そっちの方が恐いな

    しかも 教育に関して各教育委員会が判断するのが戦後民主者義の代表の1つだろうに
    それすら覆すのかよ 自分等の意見に合わなければ


    72 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:35:37.61 ID:1sgBk8qj0

    「単行本で4巻目までの部分で一旦完結していたからです。
    掲載誌が『週刊少年ジャンプ』だったこともあり、イデオロギー描写は少なく、ひたすら原爆投下後のグロテスクなシーンが描かれています。

    ですので、思想に関係なく原爆の悲惨さを伝えなくてはならないと一致できたんです」


    (前同)

    現在は全10巻の単行本にまとまっている『はだしのゲン』だが、5巻以降は日本共産党系の論壇誌『文化評論』、日教組の機関紙『教育評論』で連載されたものだ。

    5巻目以降は日本共産党の当時のイデオロギー天皇犯罪 強制連行 シナ人朝鮮人の犯罪を日本軍にすり替える描写 なのを教えないとキチガイになるらしい



    75: 名無しさん@13周年 2013/08/20(火) 11:38:52.78 ID:ErwDeD1H0

    出川哲朗 が子供を「最悪だ」と罵りながら「死ね」「殺す」という意味の首をかき切るしぐさをした事は有名


    77 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:40:24.24 ID:LRm1FoEr0

    反日変態新聞もお喜びのことでしょう

    【毎日新聞】 「『旧日本軍がアジアの人々の首を切るなど過激なシーンがある』はだしのゲンは戦争知る貴重な作品だ」
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376941246/

    (※記事全文は  ↓
    社説:はだしのゲン 戦争知る貴重な作品だ

    原爆や戦争を教育現場で学び、その悲惨さを知る機会を子供たちから奪うことになるのではないか。

    自らの被爆体験を基に描いた故中沢啓治さんの漫画「はだしのゲン」が松江市内の小中学校の図書室で自由に閲覧できなくなったことだ。 

    市教委は昨年12月、過激な描写があるとして、書庫に収める閉架措置を取るよう校長会で求めた。 
    旧日本軍のアジアでの行動などで暴力的な場面があり、子供が自由に読むのは不適切と判断したという。全10巻を保有する39校全てが応じた。

    この措置が先週明らかになると、市教委に全国から抗議や苦情が多数寄せられた。現場の教員からも、子供の知る権利の侵害だという批判が相次いでいる。

    戦争の恐ろしさを知り、平和の尊さを学ぶことは教育の中でも非常に重要な要素だ。 
    平和教育を推進すべき教育委員会がそれを閉ざす対応をとったことには問題があり、撤回すべきだ。 
    また、今回の措置は教育委員が出席する会議には報告していないというが、学校現場の校長らも含めてしっかり議論すべきだろう。

    市教委がこのような判断をしたきっかけは、松江市議会に昨年8月、1人の市民から「誤った歴史認識を子供に植え付ける」 と学校の図書室から撤去を求める陳情があったことだ。  市議会は、過激な部分がある一方で、平和教育の参考書になっているとの意見があり、陳情を不採択にした。 
    だが、独自に検討した市教委は「旧日本軍がアジアの人々の首を切るなど過激なシーンがある」  として小中学生が自由に持ち出して読むのは適切ではないと判断した。 

    1973年から少年漫画誌で連載された「はだしのゲン」は、戦争が人間性を奪う恐ろしさを描いた貴重な作品として高い評価を得てきた。 
    約20カ国語に翻訳され、原爆被害の実相を広く世界に伝えている。 
    松江市教委も、作品が平和教育の重要な教材であること自体は認め、教員の指導で授業に使うことに問題はないと説明している。

     作品に残酷な描写があるのは、戦争や原爆そのものが残酷であり、それを表現しているからだ。行き過ぎた規制は表現の自由を侵す恐れがあるだけでなく、子供たちが考える機会を奪うことにもなる。今回のような規制が前例となってはならない。

     中沢さんは生前、「戦争や原爆というテーマは奥が深い。ゲンを入り口にいろいろと読んで成長してくれれば作者冥利に尽きる」と話している。被爆者が高齢化する一方、戦争を知らない世代が増え、戦争や原爆被害の体験を語り継ぐことがますます重要な時代を迎えている。こうした継承を封じてはならない。
    毎日新聞 2013年08月20日 02時33分 
    http://mainichi.jp/opinion/news/20130820k0000m070105000c.html


    81 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:42:50.66 ID:bdL7LEDO0

    中共が宣伝してる日本兵の蛮行が、そのまま描かれてたな。
    日本兵はあんなことしてないっつーに。



    82 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:43:03.52 ID:MWuiHrrq0

    だいたいさ、
    作者自身が戦争にも行っていない、
    事実の客観性も分からない。

    そんなフィクション作品
    松江市の騒ぎに乗じてステマして
    「子どもに戦争を知ってもらう教材」
    なんて連呼して、勉強させた気になってる
    キムチマスゴミがキモイ。


    85 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:44:42.73 ID:1sgBk8qj0

    中沢啓二は肺ガンになって
    50年以上まえの原爆が原因だと言った

    金の亡者たかり癖のある人間が
    共産党から金をもらってかいた漫画


    (※参考:中沢啓二ーWikipedia


    86 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:45:44.46 ID:OHhQBbVY0

    将来、チョンの漫画家が描いた慰安婦漫画も学校におかれるようになるんでしょ?


    89 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:48:23.07 ID:ZX2/GtZo0

    で?なんて教えるの
    この漫画に描かれたことは全て正しいですとでも?



    90 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:48:39.29 ID:8JSIjSmu0

    ニュースとかだと、ノンフィクションみたいに思ってる人がいたけど、
    所詮はフィクションだからな

    こんな漫画の描写が現実だと思ったら大間違いだよ
    暴力大将のほうがよほどましだ


    95 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:50:09.51 ID:HCpD9dak0

    Wikiみたが出鱈目だな はだしのゲン
    (※参考:はだしのゲンーWikipedia)

    原爆製造・実験時にアインシュタインが立ち会っているが、実際にはアインシュタイン自身は科学者のレオ・シラードの勧めによって原子力エネルギーの軍事利用の可能性に触れたアメリカ大統領宛ての手紙(アインシュタイン=シラードの手紙)に科学者として署名したことは事実であるが、原爆の開発製造には関与していない。
    作者自身はこの描写についての意図は公表していない。

    アメリカ合衆国での翻訳出版では、別人に修正されている。


    96 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:50:12.60 ID:o7IN7TFU0

    黒い雨とか、今の漫画家がリアルに書いたほうが
    もっと読まれるんじゃないのか
    (※参考:黒い雨ーWikipedia


    110 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:55:06.60 ID:bYKTbNcd0

    2-1
    当時の単行本化に至る経緯を知る関係者は語る。今では左派の側の伝統的な平和学習教材として使われる 『はだしのゲン』だが、それが「たかがマンガ」と軽んじられていたとは驚きだ。 また、前述のように「反日」的なイデオロギーを描いているとされる『はだしのゲン』の単行本化に、保守派や右派までもが参加していた理由はなんなのか。

    「単行本で4巻目までの部分で一旦完結していたからです。
    掲載誌が『週刊少年ジャンプ』だったこともあり、イデオロギー描写は少なく、ひたすら原爆投下後のグロテスクなシーンが描かれています。
    ですので、思想に関係なく原爆の悲惨さを伝えなくてはならないと一致できたんです」
    (前同)


    113 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:55:37.46 ID:6zDhGFTr0

    隆太軍団(基本的に原爆孤児集団であり、隆太が強いリーダーシップを執っている)
    近藤隆太(一時期は中岡家で実子同然に暮らすゲンを慕う弟分、ムスビの復讐の為、単独でバー「マドンナ」のマスターとヤクザ2人を射殺して東京へ逃避行。)
    勝子(3人のヤクザを殺した隆太の自首を止めさせ、隆太と共に東京へ逃げた。)
    ムスビ(ヤクザにヤク中にされ内臓が破裂するほどの暴行を受けて川辺に投げ捨てられる)
    ドングリ(隆太とムスビと共にヤクザの鉄砲玉の仕事をしており、仕事中に竜造を射殺したが、その仲間に心臓を撃たれて死亡。)
    ラッキョウ(農家から芋を盗んで逃げる途中に追ってきた百姓に頭を殴打され、「梅干しが食べたいよ…」と名言を残し死亡。)
    カッチン(盗みに侵入した進駐軍駐屯地から逃走中に銃撃を受け負傷、ゲンの手当を受けるも出血多量で死亡した。)
    タヌキ(ゲンに隆太がヤクザの二人組を殺した事を伝えたが、その後の行方は不明)
    信平(警察の追ってから逃げるのを失敗したのか、ムスビ達との再会した時にはいなかったので、その後の行方は不明。)
    明夫(信平同様、警察の追ってから逃げるのを失敗したのか、ムスビ達との再会した時にはいなかったので、その後の行方は不明。)


    129 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:01:30.28 ID:OoGPw1se0

    つか後半は隆太とヤクザのサバイバル漫画だろwwwwwwwwwwww


    133 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:03:27.16 ID:0WViMPeF0

    「はだしのゲン」閲覧制限は正義か?〜最近の保守派の一部はどうも度量が狭くなってきた
    http://www.huffingtonpost.jp/masamizu-kibashiri/post_4936_b_3782532.html


    140 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:05:16.77 ID:EdahfNNo0

    作者が死んですぐにこういう動きしたのがな・・・
    今まで数十年も放置してて、なんでいまさら?って感じ
    しかも、数十年前の子供を取りまく環境に比べて
    相対的にゲンの中の描写の残酷度は落ちてる
    世の中にはもっと酷い残酷描写が
    ゲームや漫画などに溢れている

    いまさら、なんで?
    っていうのが多くの人の正直な感想だと思う


    166 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:14:29.89 ID:bYKTbNcd0

    2-2
    現在は全10巻の単行本にまとまっている『はだしのゲン』だが、5巻以降は●日本共産党系の論壇誌『文化評論』、●日教組の機関紙『教育評論』で連載されたものだ。どうも、中沢啓治もプロのマンガ家ゆえに、掲載する媒体に併せて、そこの読者に●ウケるように描いたと、推測できる。

    「なので『はだしのゲン』は4巻目までと、それ以降は●別の作品と考えたほうがよいんですよ」(前同)

    ※四巻までだな
    公共の場で見せるのは、あとはくそ左翼と言われている人が好きにすればいい。
    ※原爆投下をネタにして金儲けした漫画家が実は原爆投下を一番冒頭くしている訳だ。だから抗議が来るんだろう。 


    143 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:05:37.76 ID:0WViMPeF0

    他市町村は「ゲン」閲覧可能
    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308200051.html


    144 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:06:36.73 ID:1ccwr00V0

    >>140
    ゲームにはR規制がついてるよ
    漫画も小学生のうちは親が監視してるだろ

    ゲンには規制が何もないけどね


    153 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:09:09.07 ID:3ed1WajP0

    朝鮮人による強姦虐殺シーンもそのまま載ってる完全版を使えよ


    156 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:09:52.87 ID:L1SjgdVY0

    >>134
    そもそも思想的に抗議されたんでしょ

    でそれの規制はしないが残酷描写がどうこうと言い出した


    165 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:14:02.87 ID:Fuz5qav+0

    >>156
    だから、残酷描写がないという反論をしない限り、
    思想で判断しているということなんだが。


    159 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:10:51.79 ID:gNY6OhRbO

    マスゴミを敵に回すと怖いねぇ


    170 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:15:32.73 ID:8aX+O2Mp0

    陳情という名の圧力によって閉架に移したのは問題だよなあ


    171 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:16:27.79 ID:a5pvtz1v0

    マスゴミが騒いだ結果ですね

    相変わらずの情報操作
    どっちが自由を奪ってるんだか


    180 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:18:39.32 ID:x2jeiRkp0

    閉架になったのって共産党系掲載分の6〜10巻じゃん
    http://www.j-cast.com/2013/08/19181730.html%0A

    閉架でいいよそんなもん


    181 : 【東電 91.0 %】 :2013/08/20(火) 12:18:53.93 ID:tb4OXUdP0

    やっぱり学校には要らないです…


    189 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:22:15.27 ID:/UYbIIJeO

    あの漫画はさ
    プロパガンダの要素があるわ

    歴史的事実も問題あるわで
    本来、子供に推奨すべき本ではないんだよ

    戦争の悲惨さ悲惨さ言うなら
    写真でも見せとけよ


    195 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:23:43.54 ID:bYKTbNcd0

    図書館側も下記のような注釈文を記載した上で閲覧させればいいのではないかな?

    現在は全10巻の単行本にまとまっている『はだしのゲン』だが、5巻以降は●日本共産党系の論壇誌『文化評論』、●日教組の機関紙『教育評論』で連載されたものだ。
    どうも、中沢啓治もプロのマンガ家ゆえに、掲載する媒体に併せて、そこの読者に●ウケるように描いたと、推測できる。
    「なので『はだしのゲン』は4巻目までと、それ以降は●別の作品と考えたほうがよいんですよ」(前同)



    206 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:29:46.22 ID:yVXYNMBl0

    ヤフーに
    日教組の機関紙に掲載されてたってコメントしようとしても
    ”ご覧になろうとしているページは現在表示できません。”ってなる
    何かいやってもダメ。

    検問されてない?


    215 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:32:17.58 ID:Gyi1nJDC0

    この騒ぎもとを辿れば、原発村が「原爆=原発」って図式を恐れて
    はじめたって説があるけど、本当かな?



    216 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:32:43.41 ID:yVXYNMBl0

    この漫画の内容は、天皇陛下、君が代、大日本帝国を侮辱しています。子供たちを、反日・左翼思想に洗脳するための漫画です。

    TVでは残酷シーンのせいでの論争になっていますが、マスゴミが問題点をすり替えて、大宣伝しています。
     
    wikiより
    >その後、日教組の機関紙『教育評論』で連載を続行する。学校への漫画持ち込みを厳禁とする教師が多い中、「はだしのゲン」だけは校内で堂々と読める唯一の漫画となった結果、1980年代の子供達の間に「ゲン」が広く浸透することとなる。
    >日教組の機関紙『教育評論』で連載を続行



    217 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:32:44.54 ID:RqY8j0VbP

    間違った歴史認識ってどこ?どの部分が間違ってんの?


    223 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:34:40.38 ID:szdAr/gD0

    何だか知らないけど、この騒ぎの中で
    この漫画が「戦争の真実」扱いする奴の多さに
    本当の意味での恐怖を覚えた



    234 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:37:25.91 ID:30yvCcKr0

    閉架って後半の方だけじゃん

    それでブサ連中が火病ってるってことは、やっぱ連中は後半のプロパガンダ部分を子供に読ませたかったんだな
    分かり易いw



    237 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:37:53.97 ID:yVXYNMBl0

    >>223
    ヤフー掲示板が、「戦争の真実」扱いする奴が多すぎる
    反日、左翼思想の漫画だって知られてない



    241 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:39:42.71 ID:PN+L0S+C0

    はだしのゲンを読んでも戦争嫌だな、とは思わなかったな
    戦争は怖いな、とは思ったけど。
    水木しげるの漫画を読んで戦争は嫌だな、兵隊にはなりたくないな とは思った。
    南方に連れて行かれた日本兵の立場が惨めすぎるんだもん。


    245 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:43:05.62 ID:7RnnBtrXO

    問題は、子供にはだしのゲンを読ませたい連中が自民党にもたくさんいることだ。


    235 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:43:05.62 ID:7RnnBtrXO235

    >この漫画の内容は、
    >天皇陛下、君が代、大日本帝国を侮辱しています。 
     
    原爆で親父と姉ちゃんと弟が殺され葬られたのだから
    アメリカと上記のものが恨まれるのは当たり前
    経験してみないとわからないものなのかな?なんか怖いよネトウヨ思想


    249 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:46:16.02 ID:eB72EgI+0

    >>235
    その時点で、アメリカの骨抜き思想教育に洗脳されているのがわかる
    いい加減目を覚ませ日本のサヨクどもは



    257 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:51:50.16 ID:Fk3kDgNQP

    自分が通った小学校には、
    ’世界の拷問’
    という本があった。
    生徒達の間では、超人気の本だった。

    今から考えたら、考えられない状況だったんだよなw


    256 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:50:20.46 ID:Awp1gbN70

    大岡昇平の野火は閲覧制限しなくていいのか?
    南方戦線の極限状態をあそこまで書かれたらやばいだろ


    262 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:54:01.04 ID:Awp1gbN70

    >>259
    日本人だからああなったんだよ。
    あれが異国人なら極限状態になるまえにさっさと投降してる


    265 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:55:19.24 ID:+dABuA0A0

    >>256
    江戸時代の天保の大飢饉の時も人肉食った記録あるし
    戦後もペルーだかで航空機事故の遭難者が
    死んだ人の肉食った事件だってあっただろ。

    こういう話は洋の東西を問わず極限状態ではありえる。


    268 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:58:30.46 ID:bYKTbNcd0

    ’世界の拷問’
    最新版の、それらしき本を昨日本屋で立ち読みした。

    なぜかそこに写真付きで沖縄戦でのことが沢山書かれていて頭をかしげた。
    万歳クリフも出て来るんだ。



    271 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 12:59:08.02 ID:7ooO2vjl0

    日教組と共産党が推奨してる漫画だ
    閲覧禁止なんぞ生ぬるい廃刊にせよ



    273 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:01:20.15 ID:UuLBSZ1n0

    俺が中学の時、はだしのゲンだけじゃなくて他にも複数の戦争関連漫画が置いてあったわ

    すべての漫画が日教組好みの漫画で、遠まわしでいかに日本軍は悪いことをしたのこを書いてた
    たとえば集団で中国の民衆に対し殺人、強姦、略奪、焼き打ちしてるシーンとか未だに覚えてる



    267 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/08/20(火) 12:57:46.12 ID:VNSkTc6Z0

    昨日報道ステーションで
    日本兵の酷い殺戮シーンみたいなのやってたが
    そういう話なの?


    274 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:01:36.84 ID:Lwqs9f7E0

    >>267
    全部読んだけど
    日本の特高は悪かった
    軍人も横暴だった
    そいつらの尻を叩いて戦争賛美した一般人も悪かった
    終戦後横暴になった三国人も悪かった

    人間は悪にも善にも転がるもんだ
    って感じの漫画だと思った


    282 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:06:25.34 ID:DibvFAkIO

    これ、少年ジャンプで連載されてたんだぞ
    当然、人気が全然なくて打ち切りの声が上がったが当時の編集長が
    『この漫画は人気がどうとかでなく掲載する義務が我々にはある』
    と主張して押し切ったんだよな


    283 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:08:28.54 ID:bYKTbNcd0

    NHKと朝日が必死に宣伝していた反原発デモの正体

    官邸前デモの正体
    ★「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会
    東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1F 原水爆禁止日本国民会議 気付
    tel.●3-5289-8224 fax.●3-5289-8223
    ★「コリアン情報ウィークリー」フォーラム平和・人権・環境 (編集:李泳采)
    東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1階
    tel.●3-5289-8222/fax.●3-5289-8223

    完全に一致www


    97 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 11:50:18.45 ID:hRv8NpIL0

    戦争に行ったじいちゃんの話だと
    当時は、兵隊は鼻紙と同じ価値でしかない
    生き残る古参兵はずる賢い悪魔と同じで、
    新兵を死にやすい方をわざと選んで行かせる
    上等兵が意味も無く殴るのは当たり前
    所属してた隊が壊滅して、後方に逃げ帰ったら
    「なぜ隊を離れた、この場で自決せよ」って言われて
    自殺するために森に入ったら、直後に基地が爆撃されて全員爆死
    そこで終戦で2年間 ジャングルでヘビを喰って生き延びたらしい
    こういう話をもっと皆に聞かせるべきだろうってじちゃんに言ったら
    「2度とは話したくない」って


    293 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:17:21.03 ID:YHweAgNr0

    >>97
    俺のジーサンは「兵隊は馬以下。馬のほうが貴重で大切にされた。
    兵隊はハガキ一枚でいくらでも補充できたから。」って言ってた

    そんなジーサンだが口癖は「最近の若いやつはふざけている。
    軍隊で叩きなおすべきだ!」だったw



    294 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 13:18:57.47 ID:Yi+b6AxU0

    >「はだしのゲンは間違った歴史認識を植え付ける」として学校図書館
    >からの撤去を求める市民

    この市民の主張、支離滅裂なんだよね。
    ある時は「事実と異なることが書かれているから置くな」
    別の時は「子供に見せられない表現があるから置くな」
    ブレまくりw



    299 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:11:13.63 ID:hDZs00KjO

    日本は右傾化してるんじゃなくて韓国化してるんだなあ


    302 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:13:46.10 ID:wWDVlHKv0

    教委はマスゴミの煽り耐性なさすぎwww


    304 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:16:52.22 ID:nGAqIyS90

    「はだしのゲン」鳥取市でも閲覧制限
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130820/k10013896451000.html


    306 : 【東電 88.5 %】 :2013/08/20(火) 15:22:17.86 ID:tb4OXUdP0

    >>302
    以前ほど信頼されなくなってきてるとはいえ
    一般的にはマスコミの吊し上げはまだまだ怖いからね

    言論ヤクザ健在ですわ



    307 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:24:24.13 ID:TNdVOSQ10

    >>1
    今は、表現のきつい残酷な映画は子供単独では見られないようにR15とかで規制される時代だよね。
    その規制に合わせれば、閲覧制限は当然。常識が時代と共に変わるのは当たり前。
    これだけ例外にしようとするのもおかしな話だよね。

    戦争の悲惨さを訴える手段はいくらでもあるのに、朝日や毎日が特にこれを推薦する理由は 日本兵の残虐非道であるという中国のプロパガンダを、悲惨さを隠れ蓑にすることで、公然と子供らに植え付けることができるからだよね。

    どうしても閲覧させたいのなら、少なくとも事実に基づかない捏造部分は削除が必要でしょ。
    朝日さん。



    308 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:27:43.84 ID:L1SjgdVY0

    >>302
    一回煽りに屈するとその反対側にも圧力かけられててんてこまいだわな


    311 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:32:42.96 ID:nQ+ETsJU0

    児童ポルノ 規制強化急げ | ニュース | 公明党
    http://www.komei.or.jp/news/detail/20090926_1679

    はだしのゲン禁止


    313 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:35:50.51 ID:nQ+ETsJU0

    >>312
    実際にその規制はあった。

    鉄腕アトム規制というやつ。
    ・SFは不良になる
    ・アトムは肌からだからポルノ
    ・暴力もの
    などの理由で規制された。



    316 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:39:05.33 ID:nQ+ETsJU0

    だからあまり表現規制に走らないほうがいいんだよ。

    こっちはどうなるんだか。
    【地域】被爆者再現人形、撤去を巡り議論 広島平和記念資料館
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376186973/l50


    319 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:40:32.05 ID:yZXj1o4F0

    >>140
    ゲームは規制がかけられてるよ?

    フィクションをさも事実のように、子供に読ませてるのがおかしいんじゃね? グロいのは子供には強烈な印象を植え付けるからな。


    324 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:45:08.75 ID:lfhg78pSP

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg


    325 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:46:06.85 ID:ovN+lsc90

    影響を受けやすい子供の頃に読む必要はないように思う。
    しらないほうがいいこともある
    高校生くらいから興味を抱いた人が読めばいいんじゃないの


    330 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:50:18.45 ID:wWDVlHKv0

    別に子供にこだわる必要ないでしょ
    大きくなってから読めばいいじゃん

    まぁ子供のころから洗脳したいと思うなら話は別だがw


    331 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 15:52:00.54 ID:nQ+ETsJU0

    こういうこと言っているからだめなんだよ。

    BPO「売上や視聴率のために暴力的な表現を行うアニメは規制します」
    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1282213028/
    ジョジョの奇妙な冒険は有害図書指定すべき ※削除済み
    http://saturn2.pr.arena.ne.jp/uwasa/bbs/readres.cgi?bo=manga&vi=1266339012
    児童ポルノ 規制強化急げ | ニュース | 公明党
    http://www.komei.or.jp/news/detail/20090926_1679


    341 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:01:12.78 ID:a1IncKql0

    朝鮮人のモンスタPTAから恫喝うけたのだな

    しかし弁解は大津の澤村と同じような態度だったな
    中澤中猿に恨みあるのか?


    342 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:02:49.61 ID:nQ+ETsJU0

    海外ではファンタジーも叩かれているよ。
    おかしな話だ。

    ハリー・ポッターを学校図書室から追放−豪キリスト教団−
    http://news.2ch.net/newsplus/kako/1007/10070/1007028702.html
    ハリー・ポッター焼却計画「聖なるたき火」=米国教会
    http://news.2ch.net/newsplus/kako/1009/10094/1009435398.html


    346 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:06:43.35 ID:L1SjgdVY0

    >>334
    右も左も表現規制やりたいやつらはいるからな
    どっちも人権とか子供のためとか方便つかいやがる



    358 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:32:48.82 ID:VCbLfRsO0

    反日左翼勢の子供たちへの洗脳教材のひとつ
    それがはだしのゲン


    「はだしのゲン」中沢啓治 天皇陛下を「最高の殺人者」「戦争狂」呼ばわりし、
    支那軍の蛮行を日本軍の仕業にすり替え、
    在日朝鮮人は日本に無理やり強制連行されて来たとする愚劣極まりない極左のプロパガンダ漫画
    はだしのゲンに関する報道でこぼれ落ちていたのは、
    日本の軍人が中国人の首をはねたり、銃剣で妊婦の腹を割いて胎児を取り出したり、
    膣に一升瓶を刺して骨盤を割って殺すといった描写は、
    少年ジャンプではなく、日教組の機関紙『教育評論』に連載されたもの



    362 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:44:42.79 ID:qjdR0TKH0

    >>358
    実はシナ人の通州事件そのものの描写でしょう。


    363 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:50:12.52 ID:FFnfJ3Fz0

    学校に置くんだから、ここは実際はシナ人の行為・・ここはチョン配慮部分・ここは共産党のプロパガンダここは日教組の洗脳部分って、あの先生の教科書のような赤文字を入れたらどうか


    364 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:52:29.61 ID:RqY8j0VbP

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4422646.jpg
    これが気に入らないんだろ?


    367 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 16:55:57.42 ID:qjdR0TKH0

    それを閲覧無制限というなら、通州事件の証拠写真、事実も全国小中学校に対して公開すべきかな
    レイシストチョン、横暴なシナ、腐れブサヨの現状を教えなきゃならないでしょうな


    371 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:24:34.74 ID:zuUbMZdq0

    結局、日教組と教育委員会のマッチポンプかよ。
    残虐表現で6-10巻だけ閉架行き程度にしとけ。

    全く漫画より日教組の方を子供から遠ざけてほしいよ、あんな違憲団体。夏休みで暇な反日教員が抗議したんじゃないのか。



    374 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:27:47.38 ID:T2i7AKrGO

    マンガ嫌韓流のようにさらに有害な漫画もあるのにな。
    あっ、あんな本もともと図書館におかないか。


    375 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:28:30.72 ID:nQ+ETsJU0

    >>374
    図書館によってはありますよ。
    この問題は右も左も関係ないから。



    380 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:32:05.14 ID:cNNCSiUE0

    >>375
    これは学校の図書室の問題だから大あり

    市教vs日教組(左翼)



    387 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:43:23.94 ID:QrLQThXb0

    全校長にアンケート
    松江市教委は19日、全小中学校校長に、市教委の対応の妥当性について意見を求めるアンケートを送付した。

    市教委は、結果を22日に開く市教委会議(5人)に参考資料として提出。
    同会議の議論などを通じ、閉架措置の撤回を含めて対応を再検討する。

    市教委は学校側に閉架を要請したものの、市内外から閉架措置の撤回を求める意見が相次ぎ、再検討を余儀なくされた格好。

    ただ、問題が表面化した後で現場の声を聞く対応に、学校長からは「なぜ今、そんなことを聞くのか。意図がわからない。」 と疑問の声も出ている。

    アンケートは清水伸夫教育長名で、全小中学校50校の校長にメールで送付。市教委の閉架要請への意見と、図書館での置き場所や貸し出し状況の報告を求めた。古川康徳副教育長は「結果は教育委員の判断材料にしてもらう。 (閉架要請が)ひっくり返る可能性がないとはいえない」と話した。

    一方、市教委が閉架要請を市教育委員会会議に報告していなかったことについて福島律子前教育長は19日「報告して議論すべきだった」との認識を示した。
    山陰中央新報  8月20日


    406 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 18:52:52.52 ID:LRIOP5YV0

    日テレの朝のニュースで、日本兵による虐殺やレイプシーンに絡めて
    実際にあった事実を描いたものを閲覧制限するのは許せないみたいな事を言っていたな


    日本のマスゴミこそ視聴制限をして、どういう思想の元でそういう捏造を繰り返すのかの解説を交えて 学校でのメディアリテラシー教育の教材として利用すべきだな


    407 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 19:01:18.12 ID:y7x61QHN0

    >>378
    この漫画は、思想が偏ってるとかの問題ではなく、原爆は実体験らしいからいいけど、その他の資料を参考にして書いた部分は 資料の出所を明かすか、でなかったら、フィクションです。って書かなきゃまずいよ。


    414 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 19:32:54.00 ID:Xx1EfAZoT

    >>397
    表現の規制(言論の自由)と学校図書館での扱いをどうするかは別問題だ
    お前の糞論理だとオリンピックでチョンの政治プロパガンダもお咎め無しになる


    417 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 19:47:46.76 ID:az0/HjFT0

    これを期に検閲制を復活させろよ

    最初から左翼思想を完全に取り締まれば
    いちいち騒ぐバカは出てこないだろ



    379 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 17:31:33.89 ID:x2jeiRkp0

    >>371
    実際そうなってるんだけど?
    ジャンプ掲載分は開架にありますが?


    424 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:03:57.40 ID:O7cOWD08P

    >>379
    へえ、知らなかった。

    自分が小学校でみたのは原爆のあたりだけだったな。
    共産党の機関誌とかに載ったのも単行本化されてるのかしら

    図書館でプロパガンダ作品を扱うかどうかの問題になってくるんだな


    430 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:12:15.90 ID:HCEzjLFz0

    本来なら「犯罪を増長させる恐れがあるものを教材にするのは不適切」で終了の話。
    いいかげん、[女性器に一升瓶」や「仲間の開業資金集めで窃盗」や「仲間がヤク漬けにされた挙句殺された報復として2人を殺害し(計5人)恋人と逃亡」といったエピソードが出てくるマンガを、松山市内の全小中学校学校の図書室には 「平和教育の教材」として配置されているということの異常性に気付けよ。
    一般の図書館ならともかく学校だぞ?

    児ポ作品は性犯罪に結び付くから存在そのものを規制、と言う一方で、主人公サイドの犯罪が正当化されているマンガが「教材」。
    戦争の悲惨さを伝えてるからといって、「自らの目的達成のためなら犯罪も許される」ってストーリーが小中学校で「教材」として用いられてたら 普通の親なら怒るだろ。


    431 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:15:04.90 ID:EINDCTlU0

    規制する必要はなく、興味があるヤツだけに見せる分には構わない。

    が、この時期とかに無理やり小学生に見せるのはやめてほしい。
    オレのように、これでトラウマになった身にもなってほしい。


    434 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:30:11.84 ID:BD7q88cJ0

    「はだしのゲン」って「悪魔の飽食」と同じで
    ノンフィクションに偽装した日共の反日プロパガンダだろ



    443 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:43:11.75 ID:jSFJguzH0

    あれを史実というか歴史資料として扱うのはどうかと思うよ
    「この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません」って書いてあったっけ?



    450 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:50:24.57 ID:QteS8qWy0

    小中学校33,000校、公共図書館3,200館
    これだけあれば左翼の資金源になりますわな



    456 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 20:57:05.31 ID:d0aNfwlK0

    もうさ、戦争の悲劇ならピカドンのアニメで良いじゃん
    小学生どころか幼稚園児でもわかりやすいし
    https://www.youtube.com/watch?v=eEOZ1sBppWs&feature=youtube_gdata_player

    ま、自分もさっき別スレで知ったんだけどね。
    これは子供が見たらトラウマになりそうだわ


    470 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:10:49.91 ID:4nkdwdfVO

    負けんな松江


    472 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:14:18.24 ID:bYKTbNcd0

    ええガッツリ繋がってますん
    ※山本太郎やシバキ隊一水会もロフトでトークショー
    五月末?都内に在るロフトでのトークショーメンバー
    オウムの村井を刺殺した徐裕行(有田ヨシフと入れ替えにトークに参加
    鈴木邦男 一水会元オウム じょうゆう
    有田ヨシフスターリン(シバキ隊の教祖で民団や総連と大の仲良し)


    475 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:17:03.90 ID:hE/Tigjm0

    黒人が出てるってだけで禁書にするのに変な国だぜ。


    490 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:27:54.27 ID:sWwWCFxe0

    ここまでマスコミが過剰反応するってことは、図らずも原水爆被害者利権の一端が 垣間見えたような…あるいは反米中共との長いつながりか


    492 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:30:11.48 ID:bYKTbNcd0

    9条の会がこの夏
    日本各地の公民館や地域の集会所などで劇映画「はだしのゲン」を上映しました。
    平和について親子で考えましょう。
    戦争はしたくはありません。・・・などとビラがまかれた。



    494 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) 21:42:14.63 ID:bYKTbNcd0

    在日朝鮮人・しばき隊の持ってる拡声器のマークは
    首都圏反原発連合のマーク
    野間易通(反原連メンバー)写真付きで8月10日の朝日新聞に寄稿
    平野太一(反原連メンバー) ←民主政権時代官邸パスを持ってた
    中核派の機関紙『前進』でも応援され中核派メンバーも多く参加する
    クローズアップ現代で反原連しばき隊平野太一を持ち上げるNHK
    おはよう日本でしばき隊金展克(AKB48の著作権申請者)と共に嘘をでっちあげるNHK
    2013年07月20日 山本太郎も参加 【選挙フェス】在日韓国人・朝鮮人に選挙権を?


    524 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 00:57:39.74 ID:2TyL49l40

    >>502
    松江市民だが、387にもあるように校長にアンケートをとったとか、
    閲覧制限を2度要請して徹底を図ったとか
    全国報道されてないような詳しい事実関係は報道されているが、
    新聞でもテレビでも論評は一切されていないな。



    525 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 01:03:40.39 ID:nnrpr9R50

    >>502
    >>524と同じく松江市民。
    >>387が新聞に載ったりテレビで放送したくらい。
    市民は割りと無関心。


    532 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 01:38:43.87 ID:nMh0NOru0

    松江市教育委員会は、この『はだしのゲン』の連載経緯を知っていれば まだ合理的な説明できたはずなんだよね。
    少なくとも『週刊少年ジャンプ』の編集陣は子供向けにイデオロギーを前面に 出さないように作品をコントロールしていたし、中沢氏もプロとしてそれに沿って 作品作りをしていた。

    また、急な連載打ち切りという形ではなく、友子の死という形できれいに収めた。
    後半部分の共産党系・旧社会党系のイデオロギーがある程度影響されていて、かつ『仁義なき戦い』の影響も色濃い部分に関しては、開架であっても 取り扱いには注意すべき作品であろう
    『はだしのゲン』しかなかった1970〜1980年代と異なり、今なら こうの史代の『夕凪の街 桜の国』などのイデオロギーを比較的抑えた作品もあるのだから、無理に取り扱いの難しい作品を教育に使う必要もないんだけどね。


    536 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 01:50:31.24 ID:6cxwXEsb0

    子供のよろしくないと判断したのだから、それを貫くことも大事だと思う


    537 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 01:52:00.11 ID:4TvHZpuS0

    >>536
    たしかに
    ブレることでなんか別方向から圧力あったんじゃねーかなと思う


    544 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 04:25:41.00 ID:X34svz0G0

    レイナ・テルゲマイヤー作「9歳のアメリカ人少女がはじめて『はだしのゲン』を読んだとき」
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lafs/20130817/20130817145254.jpg
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lafs/20130818/20130818003636.jpg
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lafs/20130818/20130818005417.jpg

    「はだしのゲン」が各国語版に訳されていることは知っていても実際にどういう読まれ方をしているか、は  このグラフィック・アーチストのサイトを見るまでイメージがわきませんでした。
    2009年の、「Beginnings」と題された作品は彼女が9歳だったころ、父親のオススメで読んだのがたまたま…… という、わずか3ページの短編です。作者の了解をいただいたので日本語訳版を掲載します。
    等身大の、淡々とした、あくまでも私的なエピソード。といえばそれまでですけど、微熱を覆うひんやりした夜景のコマとか個人的には好きですね。
    ちなみに、日本語に訳していいかしら?いま日本ではこんなことになっていて。というメールを送ったら
    >中沢先生の作品が子どもには残酷すぎるとされた、という話は残念です。もちろん「残酷」なんですが、
    >私も、残酷な真実を否定することが何かを解決するとは思えません。
    >これまでに産み出された芸術のなかでも最も重要な作品のひとつ、と私が考えているまさにその作品について、
    >多くのひとにシェアできる機会はうれしいです。
    ってお返事をもらいました。
    いい人や。
    http://lafs.hatenablog.com/entry


    547 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 04:35:47.61 ID:xjSlPbSiO

    天皇否定とか明らかに強い政治主張がみられる、
    過激エログロ要素もちりばめられた
    こんなクセのある古い創作漫画を教材にしないと
    教師は戦争の悲惨さを子供に教えられないのか?



    551 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 04:45:19.01 ID:xjSlPbSiO

    女性が局部に酒瓶だかを入れられるシーンとか
    普通、そんな漫画を小中学校で見せるなんて、ありえないよな。
    しかも事実かどうかも不明だ。
    閉架ぐらい当然だろ。

    でも、戦争の悲惨さを子供に教えるためなら、過激なエログロも良い教材で 戦争の悲惨さを教えるためなら、創作の残虐シーンも事実のようにとらえられてもOKなんだろ 左翼さんにとっては。異常だよ。自覚がないのが恐ろしい。


    557 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 05:12:31.63 ID:Ni9tjWA80

    妊婦の腹を裂く、赤子を銃剣の先に刺して歩く
    膣に一升瓶無理矢理ぶちこんで骨盤砕けて女性死亡
    原爆の瞬間の描写以外がもう立派なエログロ

    閉架には俺は反対だけど、はだしのゲンは子供に見せて
    氏賀Y太は子供に見せるなとか言う人がいたら、俺は首を傾げるよ
    それくらい中沢氏の漫画のエログロっぷりはスゴいのだが
    それわかっていた上で言ってる人がどれだけいるのやら
    「事実だから見せるべき」と言うならば
    氏賀Y太の女子高生コンクリート詰め殺人事件だって
    18禁ではなくすべきとなっちまうが、いいのか?


    558 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 05:15:16.95 ID:d550yeHV0

    >>557
    コンクリ事件は、拡散する連中もいるが、不思議なのは、そういうのを潰そうとしてる不思議な連中もいるのが不思議なんだよね
    加害者でもないのに、なぜ事件が広まったら困るのか?



    577 :名無しさん@13周年:2013/08/21(水) 11:47:56.07 ID:Bta+s815O

    反核で知られたはずの作品が、いつの間にか日本軍の蛮行や昭和天皇の戦争責任のプロパガンダになるのか


    ここまで**



    ■参考
    やまと新聞より
    8/20毎日新聞社説は論点をすり替えるな!
    http://www.yamatopress.com/c/40/187/7819/

    毎日新聞論説委員ははだしのゲンを読んだことがあるのか疑問である。なぜなら社説では撤去の理由が「過激な描写」にあるとしているが、本質は描写の問題ではなく、主人公のゲンが天皇陛下に対して「あいつ」「ばかやろー」「米でももってこい」などと発言していることに象徴される自虐史観、誤った歴史を小中学生に刷り込む悪本であることだ。ところが毎日の社説ではこの点について全く触れずに過激な描写があるから撤去というのはおかしいという論調に終始している。全国では小中学生の子供を持つ親から「強姦(ごうかん)などの性的描写などがあり、小さな子が目にする場所に置くのはどうなのか」などの声が多数寄せられており、描写の点でも悪書であることは明白である。自分の子供がこのような漫画を見たらどう思うだろう。天皇陛下を「バカヤロー」と言い、強姦や首切りをしている生々しい描写がされている漫画を読ませたいと思う親がいるだろうか。戦争の悲惨さを教えるだけなら小中学生向けの本がたくさんある。なぜ「はだしのゲン」でなければならないのか、教育の現場が不適切と判断したことになぜ毎日新聞がこのような社説を掲載するのか、理由は明白である。毎日新聞は「天皇陛下バカヤロー」という考え方にあるからだ。

    このようなマスコミが推進するのがはだしのゲンであり、
    もし学校にはだしのゲンがおいてあるなら直に撤去を申し入れるべきだ。絶対に子供たちに見せてはいけない、目上の人を敬い家族を大切にする日本の歴史、伝統、文化を壊す書物である。また、はだしのゲンは原爆容認、原爆のおかげで戦争が終わったのだから原爆を落としてくれてよかったと書かれている。原爆でなくなった方々に想いを馳せ二度と戦争を起こさないと考えるのが教育ではないのか、毎日の社説は被爆者のこころを大きく傷つけた点も反省すべきである。

    http://youtu.be/mknuJH6txjQ




    【転載】反日奇書「はだしのゲン」〜連中にとっては、教育課程で原爆について学ぶ前に、児童に読ませることが重要なのだ。典型的な自虐史観のインプリント作業である。※署名あり

    子供が危ない!(教育・学校) comments(1) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    「はだしのゲン」は良い本なの?

    朝日、毎日、赤旗の「はだしのゲン」閲覧制限問題の報道より、「はだしのゲン」の真実(あの有田議員もからんでいた? )を多くの人が知るために、拡散したい記事です。
    ※立ち上がった松江市教育委員会と保護者たちを応援する署名も紹介していますので、よろしくお願いします。
     ↓

    以下、東アジア黙示録 さんブログより転載

    反日奇書「はだしのゲン」…返り血浴びる暴力規制  
    http://dogma.at.webry.info/201308/article_7.html
     
    日共&日教組の合作プロパガンダ漫画「はだしのゲン」。
    青年有志の問い掛けが実り、反日メディアが発狂する事態となった。問題は閲覧制限ではなく、なぜ暴力コミックが学校図書館にあるかだ。

    太子党は中共や朝鮮労働党特有の存在ではない。代々木(日本共産党)も似たり寄ったりだ。有田芳生の父親は京都地区の大幹部で、僅か4年間で3度も国政選挙に挑むなどの超エリート党員だった。
     
    幹部党員の子弟を優遇するのが伝統だ。芳生は大学卒業後、代々木直系の宣伝機関・新日本出版に就職。明らかなコネ入社である。そんな縁故採用から有田は『文化評論』の編集に携わることになった。

    ▼機動隊に包囲される有田芳生


    昭和30年代に創刊された『文化評論』は、一般の論壇誌とは全く異なり、代々木の主張を代弁する典型的なプロパガンダ誌だった。そこで連載が始まったのが新編「はだしのゲン」である。
     
    有田芳生が父親のコネで縁故採用されたのが、昭和52年。そして同じ年から『文化評論』で「はだしのゲン」がスタートする。開始時期は偶然の一致にしても、有田は色んな方面で全面的に絡んでくる…

    ▼犯罪カルトの広告塔・有田芳生

     
    再開した「はだしのゲン」が、代々木のプロパガンダ漫画であることを有田は編集者として実体験。さらに反日極左同士のセクト対立で、代々木が「はだしのゲン」を“追放”した経緯もよく知っている。
     
    日本共産党肝いりの反日コミックとして復活した「はだしのゲン」。しかし、作者サイドと反核をめぐる意見対立が勃発し、連載は4年で打ち切りになる。漫画の方向性が「原水禁」的だったという。
     
    総評=社会党系・原水禁と代々木系・原水協の路線対立。どっちもどっちの極左“内ゲバ”に巻き込まれ、『文化評論』から「はだしのゲン」は排除されることになった。単行本の出版計画もボツだ。

    ▼有田が工作担当時代の『文化評論』


    その後、日教組の機関誌『教育評論』が「はだしのゲン」を引き取る形で再び連載が始まったが、こちらもアカ教師のプロパガンダ誌に過ぎない。
     
    「はだしのゲン」について内容が「反日的だ」という批判が多いが、当たり前だ。ジャンプ休載以降は、偏った政治思想に基づき、明確な反日プロパガンダ漫画としてプロデュースされた作品なのである。

    【コミック製作陣の火病爆発】

    「松江市教委の判断は違法ではなく問題ない。子供の発達段階に応じた教育的配慮は必要だと思う」

     
    下村博文文科相は8月21日の定例会見で、そう述べた。島根県の松江市教育委員会が「はだしのゲン」を公立小中学校で“閉架”扱いにしたケースにお墨付きを与えたのだ。下村文科相の英断である。

    ▼会見する下村文科相8月21日(同省HP)


    ところが、反日勢力の巻き返しも熾烈だった。8月22日に開かれた松江市教委の定例会議では、改めて“閉架措置”の是非が問われ、結論が先送りされる事態になった。
     
    今月中旬に“閉架措置”が報道されて以降、松江市には2,000件を超す抗議や意見が寄せられたという。職務に支障を来すレベルの波状型クレームだ。反日勢力の瞬発力を舐めてはいけない。

    また日本図書館協会や島根県教組などが“閉架”を求める政治声明を発表。松江市教委を恫喝し始めた。特に「はだしのゲン」のプロデュース元である日教組は大暴れの見通しだ。

    ▼松江市教育委員会の会議8月22日(産経)


    これから是非をめぐるバトルが激化する予感もする…しかし今になってクローズアップされたことは、狂気の反日プロパガンダ漫画から児童を守る絶好のチャンスでもある。
     
    問題を提起したのは、高知県に住む青年有志だった。昨夏、松江市議会に「はだしのゲン」を学校図書館に相応しくないという陳情書を提出。市議会では不採択となったが、その後、動揺が起こる。

    参照:ブログ『中島康治と高知市から日本を考える会』

    ▼資料室に移動した漫画本(JNN)


    一部報道によれば昨年12月、問題シーンを認識した当時の松江市教委長と事務局が、市内の小中学校49校に制限付きの閲覧を要請。現在まで「はだしのゲン」を野放しにしているのは1校だという。
     
    事実上の封印完成で、陳情した青年有志の圧勝だ。長年放置されてきた洗脳コミックを孤軍奮闘で土俵外に放り投げたのである。それだけに危機感を募らせる反日勢力の阿鼻叫喚もウザい。

    【洗脳の核心部突かれた反日勢力】
     
    朝日新聞と毎日新聞は8月20日付の社説で、熱烈に「はだしのゲン」を絶賛。松江市の“閉架措置”を罵倒した。デジャブ感の強い陳腐なコピペ社説だが、朝日新聞の自爆ぶりが酷い。

    「学校図書館で読める数少ない漫画として『ゲン』を手に取り、初めて原爆に関心を持った子どもも少なくない」(朝日社説)

    この一文が見事に極左・反日教育の実態を映し出している。連中にとっては、教育課程で原爆について学ぶ前に、児童に読ませることが重要なのだ。典型的な自虐史観のインプリント作業である。

    ▼「はだしのゲン」1巻表紙(産経)


    刷り込みは洗脳テクニックの一種だが、そこでは文字情報よりも視覚に訴えるものが効果的で、素早いブレイン・ウォッシュが可能。プロパガンダ漫画として出資された「はだしのゲン」は恰好の“教材”だ。

    「『はだしのゲン』は、戦争が人間性を奪う恐ろしさを描いた貴重な作品として高い評価を得てきた。約20ヵ国語に翻訳され、原爆被害の実相を広く世界に伝えている」(毎日社説)

    参照:社説比較くん『毎日新聞8月20日、朝日新聞 2013年08月20日』

    朝日も毎日も作品中の原爆描写を強調するが、それは別の証言や写真で代替できる。連中が守りたいのは、コミックに含まれる先帝陛下への誹謗中傷・自虐捏造史に他ならない。

    ▼「ゲン」通常版の各巻(産経)


    「はだしのゲン」は、作者の被爆体験を隠れ蓑にした政治プロパガンダ漫画だ。老害左翼たちは、原爆被害を悪用してこの反日コミックを教育現場に浸透させてきた。アカ教師どもの黒い成果である。

    その“成果”をズバリ突かれたのだ。今回、松江市教委サイドが問題視したのも原爆被害に関係するパートではなく、シナ兵特有の蛮行を我が軍に置き替えた歴史捏造の残虐シーンだった。

    反日メディアは初期報道から論点を操作し、まったく関係ない「原爆描写の是非」を主張。そして「表現の自由」といった大風呂敷を広げる。広げ過ぎだ…何か、向うから罠に掛かってきた印象もある。
     
    飛んで火にいる反日クソ虫。一網打尽も簡単だ。

    【教育界の圧力で年齢別グロ規制】

    「社説を書いた各紙の論説委員は、本当に『ゲン』を読んでいるのかと疑問に思う」

     産経の阿比留さんは、最近傑作続きの連載コラムで、そう問い掛ける。グサッとくる指摘だ。筆者もまた「はだしのゲン」を1頁すら読んでいない。恵まれた教育環境だったのかも…

    ▼指摘受けた残虐・性暴行シーン


     
    それでも「各紙の論説委員」とは違って、問題になった箇所は知っている。何巻の何頁か不明だが、味気なく4コマでカットされた残虐シーンだ。

    「歴史認識の問題ではなく、あくまで過激な描写が子供に相応しくないとの判断だ」
     
    松江市の副教育長が説明するように、議論は最初からこの一点に集中。被爆者の諸症状や傷痍軍人のシーンは関係ない。そして「表現の自由」とも無関係だ。下村文科相は、問題点を的確に把握していた。



    「学校図書館は子供の発達段階に応じた教育的配慮が必要。一般的な表現の自由に反することには当てはまらない」
     
    模範解答である。“ヘイトスピーチ”関連のエントリで「表現の自由」に猥褻図画が含まれないことを紹介したが、もうひとつあった。それが、バイオレンス・グロテスク表現だ。

    PG12…12歳未満は保護者らの助言・指導が必要
    R15+…15歳未満の入場・鑑賞を禁止
    R18+…いわゆる18禁

     
    映倫やビデ倫などは映画に厳密な区分を設定している。 レーティングだ。チェックはエロ方面だけではなく、残虐性や麻薬使用も対象。近年、話題になるのが暴力表現で、社会問題化するケースも多い。
     
    中でも教育界から糾弾されて、より厳格な年齢別レーティングを設けているのが、映像ゲーム分野だ。民間審査機関「CERO」は、チェックする暴力描写について次のように明記している。

    ▽出血描写▽身体の分離・欠損描写▽死体描写▽殺傷 etc

    参照:「CERO」HP『年齢別レーティング制度とは?』

    メディアや教育界から槍玉にあげられる「グロ表現」。FPSなどシューティング系は「子供の教育に悪い」と決め付けられ、CERO側は発達段階に応じて細かく区分している。

    ▼CEROの年齢制限ランク


    「はだしのゲン」で問題になった残虐シーンを仮にCEROが判定したら、「レーティングC」は確実で、場合によっては「D」になるかも知れない。刀で首を刎ねるシーンなど問答無用でNGだ。

     一方、メディアの側も実は「規制対象」と認識していた。

    【児童アニメで「一升瓶」はOK?】

    松江市教委の新しい動きを報じたFNNは8月22日、残虐性が指摘された問題のカットを映像で紹介した。そこで、メディアの慎重な取り扱いぶりがハッキリ判った。

    ▼問題になった箇所の報道FNN8月22日

     
    首を刎ねるシーンで、切断部分や飛び散る大量の血をカットしている。1コマを分割する豪快な隠し方。つまり、これは同シーンがテレビ報道的にNGである事実を物語っているのだ。

    先日、ご皇室中傷と憎悪表現をめぐるメディアの矛盾を指摘したばかりだが、これこそ分かり易いケースだろう。NHKも他の民放も同様の規制レベルであることは間違いない。

    ▼問題カットは映さないJNN


    朝日や毎日は「規制」とか「弾圧」とか説教口調で怒鳴るが、系列の放送局ではニュース枠でもオンエアーに慎重な描写。ルーズでの一瞬チラ見せは可能でも、ズームアップは不可能である。

    内戦や要人暗殺などは報道としてオンエアー可能だ。しかし「はだしのゲン」は創作物。放映規制の中でもドラマ・アニメといった創作ジャンルが特に厳しくジャッジされる。

    ▼テレ朝報道も問題シーンは映さず


    最近はグロ表現規制が強まり、流血や身体欠損は深夜アニメでもモザイク処理が施される。果たして、週末朝の低学年向けでアニメ枠で、TBSやテレ朝は「首を刎ねる」シーンを放映できるのか?
     
    系列新聞社の威勢の良い社説に従えば「一升瓶を性器に突っ込む」描写も児童アニメ枠でオンエアー可能だ。しかし、現実的にテレビ局サイドは、暴力表現を細かく判定し、処理・排除を行なっている。

    ▼なぜか無関係のページを紹介(時事)

     
    決してテレビでは放映されない残虐シーン。反日勢力は、それを小学1年生も自由に閲覧できるのが当然だと主張しているのだ。教育界が声高に叫んでいた「暴力表現の悪影響」とは何だったのか…

    構造はシンプル。問題が最初から逆さまになっていたのである。異様な残虐シーンを含む「はだしのゲン」は小中学校の図書館に置いてはいけない書物だった。例外中の例外である。

    ▼糾弾する地方紙も紹介は表紙だけ


    「はだしのゲン」を学校側に購入させ、図書館に忍び込ませたのは日教組の暗黒パワーだ。繰り返すが日教組は同作品のプロデュース集団のひとつ。あからさまな特権行使で、不自然にねじ込んだのだった。
     
    映倫認定なら15R+確実、CEROでもレーティングC確定の残酷描写。それを含む「はだしのゲン」が平然と学校図書館に並んでいることが異常だったのである。

    ▼会見を開く松江市教委8月22日(読売)

     
    松江市教委は、“閉架措置”に改めて説明する必要はない。何故、これまで「はだしのゲン」が例外的に図書館に置かれてきたのか…他の教育委は、ゲーム業界も納得する説明をしなければならないのだ。

    焦点は残虐極まる4カット。そのシーンについて下村文科相は「発達段階に応じた配慮」を求めた。各教育委と日教組は、ゲーム業界に要請した暴力規制・年齢制限と矛盾しない理由を開示する必要がある。

    **************
    【Side story】
    ゲン支援の個人ブログによるとテレ朝の『報道ステーション』か『モーニングバード』で、問題の4コマが放映された模様。どの程度の固定ショットか不明だけれど「首を刎ねる」シーンは映っていた。一方、女性陵辱の下2コマは文字スーパーでうまく隠れている。



    また、これを「歴史の真実」とか言って庇うなら、文科省お墨付きの歴史資料を提示するのが先だ。 

    ◎参考記事:
    イザ8月22日【阿比留瑠比の極言御免】『「はだしのゲン」はどんな本か 「閉架」措置で物議』
    イザ8月21日『松江市教委の「はだしのゲン」閲覧制限要請 文科相「問題ない」』
    FNN8月22日『「はだしのゲン」閲覧制限問題 松江市教育委、来週再び協議へ』
    朝日新聞8月22日『「ゲン、買って読めばいい」閲覧制限陳情の男性』
    産経新聞8月22日『松江市教委、初めて経緯を説明「首はねるなどの描写問題視」』
    中国新聞(共同)8月17日『「はだしのゲン」を閲覧制限』 


    転載ここまで**


    立ち上がった松江市教育委員会と保護者たちを署名で応援しよう!

    賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます 松江市教育委員会 やっぱりいらない! 『はだしのゲン』 閲覧制限支持!松江市応援!
    http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%82%8A%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%B3-%E9%96%B2%E8%A6%A7%E5%88%B6%E9%99%90%E6%94%AF%E6%8C%81-%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E5%BF%9C%E6%8F%B4?share_id=FmzZRRSQSL&utm_campaign=share_button_action_box&utm_medium=facebook&utm_source=share_petition


    ◎その他関連記事
    はだしのゲンを平和教育の教材に使用した広島市教育委員会、広島基町小学校校長から出鱈目回答が来ました(維新政党・新風所属 西村斉さんのブログ)
    http://iyakichi.exblog.jp/19503325/

    【動画】松江市教育委員会 ゲン閉架
    http://youtu.be/--CnL5U9O-w

    【転載】韓国にたらしこまれる日本の教職員の実態?

    子供が危ない!(教育・学校) comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:気になるニュース

    韓国にたらしこまれる日本の教職員の実態?
    http://recollectionsummer.blog72.fc2.com/blog-entry-1276.html

    韓国への修学旅行が後を絶たないのは、向こうがこういうところに熱心だからなんでしょうね。

    【韓国観光公社 日本教員招き韓国への修学旅行をPR】
    聯合ニュース
    韓国観光公社が日本の学校の韓国修学旅行誘致に本格的に乗り出した。
     同公社は先ごろ日本全国の教員約30人を韓国に招き、3泊4日の日程で韓国の教育旅行の魅力を紹介した。同公社が9日、明らかにした。
    教員らはソウルの昌徳女子高校を見学し、青少年交流の事例などを共有した。その後、全羅南道地域に向かい光州市の南道郷土飲食博物館や民俗村「楽安邑城」、起亜自動車工場などを見学した。日本の教員らを同地域に招いたのは今回が初めて。

    まぁ「日本の教職員が、韓国に招かれた」ということだけであれば、さしたる問題でもないんですが。

    どーせ日教組の連中は、元々反日なので、今更何かを刷り込まれるってことでもない(笑)。

    ただ、ちょっとおかしいのはですね。

    冒頭、赤字で示した部分ですが。

    「修学旅行の誘致が目的」で、「観光公社」がやってることなんですよ。
    向こうは完全に「教育」の話ではなく、「商売」目的としてやってるワケです。


    歴史、学術、文化の交流なんかのためにやってることではないんですね。

    この時点で、日本の教職員が行くことは、どうにも不適切だと思えてならないんですが。管轄が違うでしょう。

    また、もしも韓国側が「誘致のために」と、日本の教職員に旅費だのメシだの奢ったとしたら、それこそ大問題です。

    こういうのは、観光公社なんてところが招待する話でもないし。
    それに日本の教職員が嬉々として乗っかっていい話でもない。
    これは、非常に危険なことです。



    何がどう危険か、というと。

    まぁ何度も申しますが、相手は完全に商売目的で招待をしてるワケです。観光公社ですから。

    教職員が、その観光公社から、何らかの接待(旅費やメシ、女は勿論、たとえキムチ1パックでも)受け取ったとしたら。
    「個人の利益のために、教職員という立場を利用した」ことになり、クビが飛びます。


    バレたらクビが飛ぶ。

    つまりそれは、

    韓国観光公社に弱味を握られる

    ってことですよね。

    韓国の観光公社が、「日本の公務員とはどういうものか」を理解しているならば、こういうトラップは当然、仕掛けてくる可能性があります。

    というか、私が観光公社の人間だったら、必ずやるわ(笑)。


    事ほど左様に、この事案というのは、危険だと思うのですね。
    一切の営利が絡まない中で、修学旅行という話はやるべきじゃないんでしょーか。 

    転載元:蘭月のせいじけーざい研究室





    特攻隊員の手記が子供達を変えた〜日本人が本来持つ魂、精神を取り戻す為に拡散し、教育現場で実践出来るよう要望しましょう!

    子供が危ない!(教育・学校) comments(0) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    覚醒!!大和魂と愛国者の瞳 さんブログより

    特攻隊員の手記が子供達を変えた

    現代日本において道徳教育とは何か?を考える材料にして頂ければ幸いです。

    引用(Special Thanks)http://ameblo.jp/cp21/entry-11522421000.html

    愛知県のA中学校は道徳の公開授業を行っています。
    対象学年は3年生、資料は「特攻隊」、主題は「生き方」、狙いは「多くの人々の善意や支えにより、日々の生活や現在の自分があることに感謝し、それに応える」です。


    日本教育再生機構の「教育再生」4月号から、その内容を紹介させて頂きます。
    購読はこちら




    ◆先生:今日の内容は生き方です。今から映像を流すので、どんな内容か考えながら観て下さい。

    ・映像:特攻機が出撃し、米艦の攻撃を受けながら突入するシーン。

    http://youtu.be/0eXsQo-CpOg


    ◆先生:何の映像?

    ・生徒:「戦闘機が映っている。」「船がいっぱい見える。」「特攻隊だ。」

    ◆先生:そう、特攻隊の映像です。特攻隊は今から約60年前のことです。押さえておきたいことは、まず一つ、特攻は民間人を狙った無差別テロではないこと。二つ目は、生きて帰れないと言うことです。三つ目として、特攻は自分から志願したと言うことです。この3点を踏まえた上で、なぜそういうことになったのか、次の資料を見て下さい。

    ・資料:特攻の父と呼ばれた大西中将が、特攻隊編成後、涙ながらに語った言葉を先生が範読。
    【大西中将の思い】
     特攻は外道である。(中略)。しかし特攻により、敵を追い落とすことが出来れば、七分三分の講和が出来る。そのために・・・特攻を行ってでも、フィリピンを最後の戦場にしなければならない。しかしこれは、九分九厘成功の見込などない。ではなぜこのような強行、愚行をするのか?。
     ここに信じてよいことがある。いかなる形の講和になろうとも、日本民族が正に滅びんとする時に当たって、身をもって防いだという若者達がいたという歴史が残る限り、500年後、1000年後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう。

    ◆先生:何のために特攻をしたのでしょう。プリントに書きましょう。

    ・生徒:「未来の日本のため。」「戦争を終わらせる。」「日本が勝つため。」

    ◆先生:では、次に観て欲しいものがあります。隊員の人たちが沢山の遺書を残していますが、その中の二つを紹介します。一つはお兄さん(隊員)から妹に対するもの、もう一つは、隊員からお母さんに宛てて書かれたものです。

    ・資料:「神風特攻隊員大石清伍長『妹へ』」と「回天特攻隊『母へ』」の遺書の文章を映しだし、先生が範読。
    【神風特攻隊員大石清伍長『妹へ』】(大石伍長は、遺書を整備担当の隊員に預け出撃した。)
     なつかしい静ちゃん!おわかれの時がきました。兄ちゃんはいよいよ出げきします。この手紙がとどくころは、沖なわの海に散っています。思いがけない父、母の死で、幼い静ちゃんを一人のこしていくのは、とてもかなしいのですが、ゆるして下さい。

     兄ちゃんのかたみとして静ちゃんの名であずけていた郵便通帳とハンコ、これは静ちゃんが女学校に上がるときにつかって下さい。時計と軍刀も送ります。これも木下のおじさんにたのんで、売ってお金にかえなさい。兄ちゃんのかたみなどより、これからの静ちゃんの人生のほうが大事なのです。

     もうプロペラがまわっています。さあ、出げきです。では兄ちゃんは征きます。泣くなよ静ちゃん。がんばれ。



    http://youtu.be/Q7-fW2WQjG4


    ◆先生:さっきと同じ質問をします。何のために特攻をしたのでしょうか。プリントに書きましょう。

    ・生徒:「家族が安心して暮らせるために。」「大切な人を守るため。」

    ◆先生:特攻隊の人たちは、未来の日本のため、家族のために特攻をしたわけですが、ここで皆さんに観てもらいたい映像があります。

    ・映像:平成16年、伊東市成人式における若者たちの傍若無人ぶり、非常識極まる行為の映像を観る。

    ◆先生:隊員の人たちがこの成人式を見たらどう思うでしょうか。プリントに書きましょう。

    ・生徒:「こんな日本を思って命をかけたわけではない。」「こんな未来のために命をかけたわけではないので悔しい。」「命をかけてまで守ろうとした日本が、こんな状態になって怒っている。」

    ◆では最後に整備担当の隊員の人から静ちゃんにメッセージが届いているので、それを観て下さい。

    ・資料:「大野澤威徳氏の手紙」の映像。
    【大野澤威徳氏の手紙】
     大石静恵ちゃん。突然、見知らぬ者からの手紙で驚かれたことと思います。わたしは大石伍長どのの飛行機がかりの兵隊です。伍長どのは今日、見事に出げきされました。そのとき、この手紙をわたしにあずけていかれました。おとどけいたします。

     伍長どのは静恵ちゃんのつくった人形を大へん大事にしておられました。いつも、その小さな人形を飛行服の背中に吊っておられました。(中略)。伍長どのは、いつも静恵ちゃんといっしょに居るつもりだったのでしょう。同行二人。仏さまの言葉で、そう言います。苦しいときも、さびしいときも、ひとりぼっちではない。いつも仏さまがそばにいてはげましてくださる。伍長どのの仏さまは、きっと静恵ちゃんだったのでしょう。

     けれど今日からは伍長どのが静恵ちゃんの仏さまになって、いつも見ていてくださることと信じます。

     伍長どのは勇かんに敵の空母に体当たりされました。静恵ちゃんもりっぱな兄さんに負けないよう、元気を出して勉強して下さい。さようなら。


    ◆先生:皆さんから隊員の人たちに伝えたいメッセージを書きましょう。それを発表して下さい。

    ・生徒1:命をはってまで日本を守ってくれて感謝します。でも、今を生きている人の中には、そのようなことも知らず生活している人は沢山いると思うし、自分もその一人だったことを恥ずかしく感じます。でも、このことを知ったからには、特攻隊の皆さんの強い決断を見ならい、恥ずかしくない生き方をしたいです。

    ・生徒2:特攻隊員達の活躍がなければ、今の自分たちはなかったかも知れません。あなた方が命をかけて守ったこの日の丸は、自分たちがまた次の世代に受け継いでいきます。ほんとうにありがとうございました。

    ◆先生:最後に今日の授業の感想を書きましょう。それを発表して下さい。

    ・生徒1:今回この場でこんなに大切なことを知れて良かったし、改めて日本人の強さを感じました。その中の一人として、生まれてこられた幸せを心に刻み、これからの人生、悔いを残さず、胸を張って生きていきたいです。

    ・生徒2:けっして特攻隊の皆様がやったことはまちがっていないと思います。正直、成人式の映像を観た時は、「小学生か!」と思いました。ぜひ特攻隊の皆様の活躍の映像を見せてやりたいなと思いました。

    ●以上を紹介して下さった皇學館大学の渡邊毅先生は、まとめの中で次のように記しています。

    このように「日本人の強さを感じ」、「その中の一人として生まれてこられた」幸せを実感し、自分に対する誇りと自信を持てるようになった子は、人をいじめたりしないだろう。

    ・特攻隊の若者たちの現代人と比べものにならない「生の重さ」というものを生徒達は実感し、質の高い生き方をしようとする意欲も喚起出来ただろう。

    ・他の感想に「家族のため日本のために」尽くす生き方は「尊いことだと思う」と書かれていたが、このような意欲が喚起出来る授業が本物の道徳授業であろう。

    ●広島のある県立高校では、韓国に修学旅行に行き、元従軍慰安婦というおばあさんの話を聞かせたあと、「このおばあさんに手をついて謝りましょう」と、生徒に土下座させるするそうです。日教組の自虐教育の現実です。そもそも日教組は道徳教育を否定しています。

    上に紹介した教育と比べて、どちらが子供達をきちんと育てるか、子供達の人生にとってどちらが価値があるか、あまりにも明らかと言うべきです。
     


    引用ここまで


    なんと素晴らしい教育でしょう。
    全国でこのような道徳教育が行われれば、将来の日本は安泰です。

    上記記事は日本教育再生機構発行の有料図書の引用です。
    日本教育再生機構ではサポーターを募集しておられます。
    何卒、ご協力の程、宜しくお願いします。

    日本教育再生機構
    http://www.kyoiku-saisei.jp/index.html

    1 伝統文化を継承し、世界に発信します。
    2 心を重視する道徳教育を充実させます。
    3 男女の違いを尊重し、家族を再興します。
    4 教師力を向上させ、学力を取り戻します。
    5 教育再生を願う志と志をつなぎます。 

    サポーター募集
    http://www.kyoiku-saisei.jp/support/support.html#soukangou

    日本人が本来持つ魂、精神を取り戻す為に拡散し、教育現場で実践出来るよう要望しましょう!


    転載ここまで**


    私も、子をもつ親として、教育の場で行ってほしい内容だと常々感じていたことで、とても共感しました。
    先人の方々の偉業や思いを伝え、子供たちのなかに、先人の方々への感謝の気持ちを芽生えさせるきっかけを大人たちがつくっていくことは、「日本人としての誇り」をもつためにも、とても大切なことだと思います。

    こういったことが、教育の場だけでなく、家庭でも実戦していけたら、とても素晴らしいと思います。

    今、日本で幸せに過ごせることは、決して「当たり前」ではない、ということを感じることができたら、「日本人の本来持つ魂・精神」も同時に備わっているのではないでしょうか。



    これでいいのか自虐史観入試問題〜入試問題で、子供たちにひどく偏った思想の植え付けがされているぞ!

    子供が危ない!(教育・学校) comments(2) trackbacks(0) まったけの嫁
    JUGEMテーマ:教育

    これでいいのか自虐史観入試問題 
    フェリスや立教女学院 伊藤博文暗殺犯を“英雄扱い”

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130412/dms1304121539019-n1.htm
    2013.04.12


    西川議員はパネルを示して、自虐史観に満ちた入試問題を指摘した=10日、衆院予算委員会【拡大

     歴史教科書の自虐史観・反日史観が取り沙汰されるなか、有名私立中学・高校の入試問題にも同様の傾向が見られることが、安倍晋三首相も出席した衆院予算委員会で取り上げられた。この問題を追及した自民党の西川京子衆院議員は「幼気な小学生が、自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強している。これは、教科書以上に大きな問題だ」と訴えている。

     衝撃の指摘は、教育をテーマに行われた10日の同委員会で、西川氏がパネルを使って指摘した。まず、横浜にあるフェリス女学院中学校・高校の2008年入試問題には、こう書かれていた。

     《安重根は、ある日本人を暗殺して処刑されました。韓国では、彼は国のために戦った人物として知られています。彼が暗殺した日本人は、朝鮮支配のために置かれた役所の最初の責任者でしたが、この日本人とは誰のことですか》

     答えは、初代内閣総理大臣で韓国統監だった伊藤博文だ。ただし、伊藤は1909年に韓国併合が閣議決定された後も早期併合に反対し、韓国に同情を寄せていた。その伊藤を暗殺した安重根は殺人犯・テロリストだが、西川氏は同委員会で「あたかも英雄のような、書き方をしている」と問題視した。

     同じパネルには、東京・杉並の立教女学院中学校・高校の11年入試も取り上げられ、次のような質問が記されていた。

     《1937年から本格的に日中戦争が始まりました。この年の12月に、日本は当時の中国の首都を占領し、多くの中国人を殺害しました…》

     南京大虐殺についての記述だが、最近では、これが中国側による戦時プロパガンダで、事実と異なるという見解も根強いそもそも、中国政府が当初主張した被害者数は2万人だったが、現在では30万人まで膨張している。ちなみに、当時の南京市の人口は約20万人とされる。

     こうした入試問題の実態を指摘され、下村博文文科相は「憂慮すべきことがある。客観的な学問的成果に基づき、正しく学び、誇りを持った日本人としてのアイデンティティーが確立されることが重要だ」と答弁した。

     夕刊フジで両校に問い合わせたところ、フェリス女学院中学校・高校は「入試問題に関するお答えはできない」と返答立教女学院中学校・高校は「検定教科書の内容から作問しており、指導要領から逸脱したものとは考えていない。特に意図したものではない」と回答した。

     もし、日本や日本人をおとしめる自虐史観・反日史観による教育が子供たちに行われるとすれば、わが国を内側からむしばみ、壊しかねない。

     西川氏は「こうした教育を受けた日本人は、中国や韓国から間違った歴史を押し付けられても、反論できなくなる。1日も早い教育の立て直しが必要だと警告した。 (安積明子)


    こちらが、10日に行われた西川京子議員の質疑です。
     ↓
    【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会
    自民党:西川京子

    http://youtu.be/yjlfazMLo-c

    ※文字起こしていますので、よろしければご参考ください⇒http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3959




    「幼気な小学生が、自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強している。これは、教科書以上に大きな問題だ」


    入試問題で、ひどく偏った思想の植え付けがされていることが、佐波優子さんの動画からもわかります。以前にもご紹介しましたが、まだ、ご覧になってない方は、ぜひご覧になってください。 (動画下に、文字起こししていますので、動画が見られない方はそちらをご覧くださいませ)
     ↓

    【撫子日和】
    反日思想に汚染される入試問題[桜H23/11/29]
    http://youtu.be/xtVuYQF-Miw

    SakuraSoTV さんが 2011/11/28 にアップロード

    (00:35〜書き起こし)
    佐波優子の「撫子日和」の時間です
    最近、11月も終わりになってきましたが、今、本屋さんに行くと、受験コーナーに多くの受験生がいる状態で、「ああ、もうすぐ受験だなぁ」ということを考えます。
    そこで、ふと、今の受験問題というのは、どういう問題を作っているんだろうと思って、少し興味をもって調べてみました。
    そうしましたら、かなりの学校でですね、たくさんの「問題のある受験の試験問題」を見つけましたので、ま、いろいろとPDFをプリントしてきたんですが、たくさんの問題の中から、私が、これはおかしいんじゃないかなぁ、と思えるものをご紹介したいと思います。

    (1:21〜)
    まず、こちら、東京にある私立中学校の入試問題なんですね。
    これを開けていきますと、まず、このように北海道の地図が出てきます。
    少し大きくしてみましたので、見ていきましょう。
    これは約5枚に渡って、北海道で、アイヌの方々がどのような歴史を送ってきたのか、ということを、問題文として書いているんですが、まず、この問題文の冒頭の文章を見ていきたいと思います。

    「現在の北海道の斜里や網走では、女(←これは、アイヌの女性という意味ですが)は、16、17歳になると、国後島へやられ、無理やり日本の本州からやってきた倭人の商人の相手をさせられる」

    こういった文章が、まず最初に出てくるんですね。
    あの、これ、中学校の入試なので、これを解くのは小学生なんですね。小学校6年生が解くんです。そして、この問題は、約5枚にわたって、アイヌの歴史が書いてあるんですが、他にどんなことが書いているかというと、

    「アイヌの人々の誠実な人柄、ところが倭人たちが酷い仕打ちをした。江戸幕府が、これらの文化や習慣を無理やり、改めさせようとしている」

    ですとか、

    「こうしたアイヌの人たちの豊かな暮らしや文化は、日本の本州からやってきた倭人たちによって、次第に壊され、奪われていきました。アイヌの人たちから見れば、倭人が勝手にやってきて、自分たちの生活の場を荒らした上、公益では倭人が数をごまかしたり、悪いことをする者が多かったのです。そして倭人は、アイヌの人たちをただ同然で働かせたりしました。さらに、本州からやってきた人たちが伝染病を持ち込んだため、アイヌの人口はみるみる減っていきました。
    アイヌの人々を一般の平民と区別するために、旧土人としたうえで、これまでアイヌの人たちが大切にしてきた文化を奪っていきました。
    アイヌの人たちに対して行われた政策は、明治時代に日本の領土とされた沖縄県や、その後日本の植民地となったところでも行われました」

    などなど、6枚にわたって、アイヌの人たちの歴史が書かれているんですね。

    これは、小学校の教科書で、アイヌの人たちのことを書かなければいけない、ということが決まりましたが、それに連動して日本のこのような、入試も変わったそうです。

    が、しかしこのようなですね、あの〜「女性は16、17歳になると、日本の本州からやってきた倭人の商人の相手をさせられる」といった、こういう売春のようなことが行われたということをにおわせるような、入試問題を第1枚目にもってくる、とういは、ほんとにひどいなぁという風に心から思います。

    そして、これは同じ中学校ですけれども、これは戦争について書いたものです。
    問9 の (2) をご覧ください。

    「アジア太平洋戦争中に日本軍が占領した地域について書かれた文章として、間違っているものを次の中から1つ選び、記号で答えなさい。」

    とあります。さ、この中で間違っているのはどれでしょうか。

    ア 日本軍は、住民たちを働かせ、軍が使う飛行場などをつくった。
    イ 日本軍は、占領した地域の資源や食糧を奪い、軍のために使った。
    ウ 日本軍は、占領した地域の人々を日本人とわけへだてなく接した。
    エ 住民たちを、日本につれてきて炭鉱などで働かせた。

    え〜この中で、どれだと思いますか?
    この「間違ったもの」というのは、「ウ」なんですね。

    しかし、「占領した地域の人々は、日本人とわけへだてなく接した」、これをすべて間違っていると、入試で断定してしまっていいのでしょうか。決して良くないと思います。

    そしてこれは、別の中学校の入試問題です。
    これは、おじいちゃんと孫たちが歴史について話している、という問題文なんですが、この部分にご注目ください。

    おじいちゃんが「日本が中国を侵略したんだ」という風に、孫に語りかけていたり非常に偏ったような問題文が見受けられます。

    また、こちらも中学校の入試問題ですが、これは、ま、について、「どのようことが行われてきたか」ということが歴史的な背景がこのように出ているんですけれども

    (5:43〜)
    ま、非核三原則など、核に対してのことが出てきて、最後に、

    「核兵器の脅威によって、逆に戦争が起きるのを抑えられているという意見もあります。しかし、その抑止力に頼らずとも、戦争のない平和な世界を築いていくことが理想といえるでしょう」

    というような、問題文とは思えないような、考えの押し付けのようなものが見受けられます。

    ま、こういった、他にもたくさんあって、時間がありますので、全部は紹介できないんですが、ほんとに中学校の入試問題、これは小学校6年生の生徒たちが解く入試問題というのも、こんなふうに変更してしまっているんだな〜という、あらためて脅威を感じました

    これからどのような入試が行われていくのか、これからも注目して調査していきたいと思います。


    書き起こし6:38まで**


    ■参考
    センター試験で出題された「受験生が耳を疑うような問題」って?
    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3708


    ところで、冒頭で紹介した”これでいいのか自虐史観入試問題 フェリスや立教女学院 伊藤博文暗殺犯を“英雄扱いの記事内容を、Twitterでつぶやいたところ、以下の返信をいただきました。↓




    ”どちらもプロテスタントのアメリカ人が作った学校なのに何で左翼?”

    Wikipediaにも掲載されていますが、安重根は、クリスチャン


    以下、ご参考ください ↓

    以前も記事にしましたが、外国人住民基本法をつくった【外キ協:外登法問題に取り組む全国キリスト教連絡協議会】の事務局所在地は、
     ↓
    〒169-0051
    東京都新宿区西早稲田2-3-18
    日本キリスト教会館52号 RAIK気付

    このアバコビルです


    過去記事と重なりますが、このビルにどんな団体がはいっているかみてみましょう。
     ↓
    日本基督教団出版
    キリスト教学校教育同盟‎
    アクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館‎
    (財)基督教視聴覚
    (財)日本クリスチャンアカデミー‎
    日本キリスト教協議会教育部
    アジアキリスト教教育基金
    日本盲人キリスト教伝道協議会 事務
    日本基督教団東京教区事務所‎
    (社)キリスト教保育連盟‎
    日本キリスト教奉仕団(社会福祉法人)
    日本キリスト教会館
    日本基督教団全国教会婦人会連合
    全国教会幼稚園連絡会
    日本キリスト教保育所同盟
    在日本インターボード宣教師社団
    ・宣教協力協議会
    (社)キリスト教保育連盟 関東部会
    キリスト教学校教育同盟
    日本基督教団
    日本キリスト教協議会
    在日外国人の人権委員会
    在日韓国人問題研究所
    在日本大韓基督教会
    在日韓国基督総会全国青年連合会
    外登法問題と取り組む全国キリスト教連
    平和を実現するキリスト者ネット
    キリスト者女性のネットワーク
    女達の戦争と平和人権基金
    戦時性暴力問題連絡協議会
    難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連>
    石原やめろネットワーク ※終了している模様です
    ・・国際協力NGOセンター(JANIC)
    アジアキリスト教教育基金
    財団法人日本クリスチャンアカデミー
    宗教法人日本バプテスト同盟(プロテスタント系バプテスト派の諸教会・団体の協力組織)
    外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク(代表:田中 宏
    外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会
    外国人人権法連絡会

    そして、
    ・日本てんかん協会
    ・ホンダを許さない!吉本緊急集会事務局
    ・河本を守る市民の会
    ・片山やめろネットワーク

    ぜ〜んぶ住所は
    「新宿区西早稲田2-3-18」 です。


    日本のキリスト教・・・なんか、あやしい感じ・・・。


    ◆追記
    「親日派への弁明」でおなじみの金完燮さんは、安重根は亡国の元凶である李朝派の凶悪犯であり、反日教育が作り出した偽りの偉人であると評しています
    ※参考:【和夫一家殺害事件】事実を「デマ」にしてしまわないよう伝えていきたいこと〜日本の敗戦直後、朝鮮半島の各地でおこった虐殺劇 ←ぜひ読んでいただきたい内容です。


    ”千葉十七(及びその妻)の墓がある宮城県栗原市(旧若柳町)の大林寺には、1981年に安重根の顕彰碑が建立された。また、1992年9月6日からは日韓合同で毎年、安重根・千葉十七夫妻の合同供養が執り行われている”
    ※参考:安重根義士と千葉十七夫妻の日韓合同法要
    http://www.nikkan-bukkyo.or.jp/angishi.html

    この法要をとりおこなっているのは、
     ↓
    一般財団法人日韓仏教福祉協会
    http://www.nikkan-bukkyo.or.jp/
    ”1989年、豊臣秀吉の朝鮮出兵で犠牲となった京都・耳塚の霊魂を慰霊し祖国への奉還に伴い設立された日韓仏教福祉協会(設立者 故・柿沼洗心)を母体として設立されました”
    ※この協会の役員一覧
    http://www.nikkan-bukkyo.or.jp/yakuin.html


    こんなのもでてきました。
     ↓
    治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟 和歌山県本部
    http://wakayama.exblog.jp/12742952


    ◆その他
    第905号 「歴史を知らないとこうなる実例 安重根の顕彰碑が佐賀に」 2011年3月25日
    http://chatky.iza.ne.jp/blog/entry/2244497/

    【活動報告】在特会 4.10 桜井誠会長がテロリスト安重根の顕彰碑を建てた佐賀県の無量寺に対して抗議
    http://zaitokufukuoka.blog137.fc2.com/blog-entry-43.html
     ↑
    在特会さんは、抗議してくださってます。

    リー・ハーヴェイ・オズワルドと安重根と「魔法の銃弾」
    http://blog.livedoor.jp/whokilledxxxxx/archives/14709502.html
    安重根の息子の親日行跡は韓国の学会では公然の秘密ニダ!
    http://specificasia.seesaa.net/article/131302959.html



     

    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM